ダルゴナコーヒー 作り方 簡単。 話題のダルゴナコーヒーとは?アレンジやスイーツでも楽しもう!

ガッテン流泡コーヒーのレシピで簡単ダルゴナコーヒーの作り方。

ダルゴナコーヒー 作り方 簡単

こんな時だからこそ、普段できないことにチャレンジしてみたり、おうちで過ごす時間を有意義にしようと試みている人が多いのではないでしょうか。 名前の「ダルゴナ」というのは韓国語で、日本でいう砂糖菓子の「カルメ焼き」のことを指します。 確かに、カルメ焼きとダルゴナコーヒーの上の部分の色味など似ている感じがします。 出来上がったものをミルクの上に浮かべればなんともう完成! めちゃくちゃ簡単なんです。 大まかな流れをつかんでもらったところで、詳しく説明していきます。 材料(1人分) ・インスタントコーヒー……大さじ2杯 ・砂糖(フロストシュガー)……大さじ2杯 ・水(お湯)……大さじ2杯 ・ミルク……お好みの量 インスタントコーヒーは自宅にあるものを使用します。 砂糖は普通の砂糖でも平気なのですが、私が初めて作ったときに溶け切らず、じゃりじゃりとした食感が残ってしまったのでそれ以降は溶けやすい顆粒状のフロストシュガーを使っています。 おうちに普通の砂糖しかなくて溶け残りが心配な方は、水の代わりにお湯を使って溶けやすくするのもおすすめです。 始めは基本的な材料で作ってみて、あとで自分の好みの材料に変えていくのもいいかもしれません。 使用する道具 ・ボウル ・ホイッパー(電動ミキサー) ホイップを作るための道具を用意します。 電動ミキサーがあるとめちゃくちゃ時短かつ楽! 私は電動ミキサーに頼っています。 1人分であれば、100均などに売っているミルクフォーマーも、電動ミキサーに比べると泡立てる力は弱いですがなかなか使えます。 ホイッパーで自分の腕力のみで作る人は結構覚悟しておいた方がいいです……忍耐力が試されます。 油断していると作業場が悲惨なことになります……。 コーヒーの汚れは布につくと落ちにくいし、砂糖なども使っていてこびりつくのでめちゃくちゃ掃除が大変。 ……私は初回でやらかして家族に呆れた顔をされました。 材料をなじませた段階では結構黒っぽいですが……(お湯を使ったので若干曇ってます) 1分後には最初の倍くらいの量に泡立ち、色も薄まってきます。 もこもこに泡立って角がたつくらいになったら完成です! ここまで大体5分くらいでした。 私は家族にコーヒーが飲めない人がいるので、インスタントコーヒーをココアに変えて作ったりもしています。 置き換えるだけで色々なドリンクでアレンジできるので、お好みのフレーバーで楽しんでみてください。 8 作成.

次の

流行りの「ダルゴナコーヒー」の簡単な作り方♡

ダルゴナコーヒー 作り方 簡単

ガッテン流泡コーヒーの作り方 まず初めにガッテン流泡コーヒーの作り方をご説明します。 材料 1人分 インスタントコーヒー 小さじ2(スプレードライタイプがおすすめ) 砂糖 大さじ1(上白糖がおすすめ) 水 30ml 牛乳 150ml程度 ペットボトル 1本(500mlくらいのもの) 漏斗 ない場合はオーブンシートやワックスペーパーをカットする コーヒーについて注意点 インスタントコーヒーじゃないと作れないので注意してください。 またスプレードライタイプじゃなくても作ることができますが、作り比べたところ溶けやすさが違うかなと感じました。 もしスプレードライタイプのようにしたい場合はミルで細かくすれば大丈夫です。 砂糖について お砂糖は泡をキープさせるのに必要なのでいれてください。 ちなみにラカントでも上手に作ることができたので糖質が気になる方はそちらもおすすめです。 その他、牛乳以外に豆乳でも同じように作ることができます。 レシピ動画 ない場合はペーパーをカットし半分に折ってそこにコーヒーや砂糖を乗せて注ぎ入れると失敗がないです。 こんな感じになったらOKです。 2、グラスに氷を入れる。 3、1の泡コーヒーを注ぎ入れる。 4、最後に好みの量の牛乳を注ぎ入れる。 マドラーなどで軽く混ぜたら完成です。 全体的にクリーミーでとっても美味しいカフェオレになります。 韓国の泡コーヒー、簡単ダルゴナコーヒーの作り方 『 ダルゴナコーヒー』とは韓国で生まれた泡コーヒーのこと。 コロナウイルスの影響でステイホームを楽しむ人々の間で流行したのがきっかけに、日本にも登場しました。 ダルゴナコーヒーの場合は本来はハンドミキサーでしっかり泡立てるのが特徴ですが、ない方もいると思うのでガッテン流を使うと簡単に作ることができます。 上と作り方はほぼ同じで、最後の段階でいれる順番を変えるだけ。 氷もなしの方がそれっぽく仕上がります。 1、グラスに先に牛乳を注ぎ入れる。 2、泡コーヒーを上に注ぐ。 これだけです。 上のレシピでも時間が経つと2層になるのですが、ダルゴナコーヒーのほうが見た目がきれいな2層に分かれます。 作ってみたいという方は是非試してみてください。 このレシピの感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 お子さんと一緒にやっても楽しいです。 泡の部分はお砂糖入りで甘いので、ノンカフェインで作ったら子供も喜んで飲んでいました。 ノンカフェインのインスタントコーヒーでも同じように作れるので、カフェインがダメな方にもおすすめ。 お家でカフェ風の2層コーヒーが楽しめるのでおすすめですよ。 もともと我が家はネスカフェバリスタを使っていて泡コーヒーは日ごろから飲んでいたので飲んだ感じとしてはそれほど目新しくはなかったのですが、 未経験の方は新発見の美味しさになると思います。 以上『 ガッテン流泡コーヒーのレシピと簡単ダルゴナコーヒー風』のご紹介でした。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 我が家はネスカフェバリスタやグストを使っているのですがボタン1つで同じような泡コーヒーが楽しめるのでふわもこの泡ののどごしや食感が好きな方にはかなりおすすめですよ。 時々無料で試供品の配布やキャンペーンもありお得に楽しめます。 泡レシピならこちらもおすすめ。

次の

【スッキリ】ダルゴナコーヒーって何?作り方を紹介!

ダルゴナコーヒー 作り方 簡単

チョコレートソース:大さじ1• コーヒー(インスタント):大さじ1• 砂糖:大さじ2• 熱湯:大さじ2• 牛乳:お好みの量 作り方 基本的に 普通のダルゴナコーヒーの作り方とほぼ同じです。 違うのは最初に コーヒー、砂糖、お湯を混ぜる際に チョコソースを一緒に入れるところだけです。 分量は必ず砂糖とお湯の量に対して、コーヒーとチョコソースが半分ずつの割合になるようにしましょう。 まずは牛乳以外の材料を混ぜ合わせます 2. コーヒーがクリーム状になったら牛乳を6〜7割ほどグラスに注ぎ、泡立てたクリームをのせて完成です 4. お好みでチョコソースをトッピングしてみてください 色も鮮やかで見た目もSNS映えしそうですね パウダーを変えれば色んな色もできますし、色々なラテが楽しめますよ まとめ• ダルゴナコーヒーは韓国発祥のコーヒー• ダルゴナコーヒーの作り方は、 インスタントコーヒー、砂糖、お湯、1:1:1の割合でかき混ぜてクリームを作り、牛乳の上にのせて出来る• ダルゴナコーヒーは様々なアレンジレシピを楽しむことが出来る。 コーヒーが飲めない方には、抹茶パウダーやココアパウダーを使ったダルゴナコーヒー風のラテもおすすめ いかがでしたでしょうか、とても簡単なのでぜひ作って流行にのってみるのはいかがでしょうか。 ダルゴナコーヒーでおいしいお家カフェ時間を楽しんでくださいね。

次の