パラメトリック イコライザー。 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) >EQP

イコライザー・エフェクターについて【エレキギター博士】

パラメトリック イコライザー

こんにちは。 前回はとは何か、使う際に心がけたい事などをご紹介させて頂きましたが、今回は各パラメーターの役割の解説や、使う際のコツをお教えします!• 各パラメーターの解説 の主要パラメーターは3つです。 コンプレッサーと比べるとシンプルで、効果もわかりやすいと思います。 Frequency(フリークエンシー) これは直訳すると周波数で、つまりはで補正する音域を設定するパラメーターです。 低く設定すれば低音に、高く設定すれば高音にが作用するようになります。 ツマミの上にFrequencyと書かれている事は少なく、freqなどというように略して書かれている事が多いです。 Gain(ゲイン) なんとなくお分かりかと思いますが、ゲインはFrequencyで設定した周波数帯をどの程度補正するかを決めるパラメーターです。 プラス側に振ればブースト、マイナス側に振ればカットされます。 ついでに、でマイナス側に補正する事をアッテネートとか言ったりします。 ちょっとカッコ良く言いたい時にはアッテネートと言いましょう。 まあカットの方が分かり易いので普段は普通にカットと言ってください。 Q こちらは名前からはどんなパラメーターであるのか想像がしづらいかと思います。 恥ずかしながら、Qがどんな言葉の頭文字なのか、または頭文字ですらないのかどうかは僕も知りません。 とにかくQというパラメーターがあります。 こちらはFrequencyで設定した周波数の近辺の周波数をどれくらい巻き込んで補正するかを設定するパラメーターです。 Qを最大値まで上げると、Frequencyで設定した周波数をほぼピンポイントで補正する尖った効きになり、Qを下げていくと段々とが効く範囲が広がっていきます。 言葉では説明するのが少し難しいのですが、ソフト上のほとんどのには分かりやすいグラフが表示されますので、触ってみれば一発で分かるかと思います。 の2通りの使い方 には大きく分けると2通りの使い方があります。 1つは、広めのQで広い範囲を補正して音の大体のキャラクターを決める使い方です。 恐らく、普通はこういった使い方をする事が多いと思います。 これに関しては特にコツ等はありません。 好きにやりましょう。 ただ1つ注意点があるとすれば、要らない低音はなるべくカットしておくように心がけると良いです。 あっちこっちのトラックで不必要な低音が鳴っていると低音楽器の音が濁りますし、音圧も出しづらくなってしまいます。 2つ目の使い方は、Qを大きめにしてピンポイントで不必要な周波数をカットする使い方です。 ソフトウェア音源などの音に対してはこういった補正をする必要は無い事が多いのですが、生楽器の音を録音してみた場合には思いも寄らない帯域が妙に強調されて聴こえてしまったりする事が多いので、そういった時に良く使う手法です。 この使い方で大事なのはカットしたい邪魔な音の周波数を正確に割り出す事なのですが、これはやり方さえ知っていれば簡単に出来ます。 まずはトラックのフェーダーを下げて音量をごく小さくします。 がアウトプットレベルを設定できるものであればそれを絞りましょう。 次にQを最大値に設定して、のカーブが最も尖った状態にしましょう。 そしてゲインもマックスにします。 最初に音量を絞ったのは、ここでゲインを上げとによって耳やスピーカーに悪影響を及ぼさない為です。 そしてその状態でFrequencyツマミを動かして邪魔な音を探します。 でやっている場合、画面上では尖った角の様な形のグラフが左右に動いている状態になります。 この状態で音を鳴らしながら邪魔な音を探っていると、明らかに不必要な周波数が見つかる事があります。 それが見つかったら後は最大値になっているゲインをマイナス側に動かせば、邪魔な音をピンポイントでカットする事ができます。 ソフトウェア音源の音や、最初から上手く音作りがされた状態で録音された音であれば無理をしてこれをやる必要はありません。 ただ、もし音に無駄な響きが混じっていると感じた場合には、是非お試しください。 まとめ 大体の音のキャラクターを決める場合には、Qを小さめ(広め)に設定してアバウトに音作りをしましょう。 そこまで深く考える必要は無いと思います。 低音カットには気を気張ります。 ピンポイントで邪魔な音をカットしたい場合には、Qを最大(一番狭く)にして更にゲインも最大に設定してから邪魔な音を探ってみましょう。 その際にはトラックの音量を下げることを忘れずに! それでは! 前回の記事はこちら takuroq.

次の

【5分でわかるDTM】EQ(イコライザー)の基礎知識

パラメトリック イコライザー

ただ見た目が似ているだけではありません。 完全ディスクリート回路設計、そしてCineMagトランスやプレミアムチューブといったトップエンドのパーツを使用し、音質にこだわり現代的に再構築されました。 手頃な価格であなたの音楽に輝きを与えます。 2 x 8. 9 x 15. 5W ビンテージ・イコライザーの名機「EQP-1A」をモデルにした『EQP-WA』。 オリジナルを再現しつつも、より細かいイコライジングができる設計になっています。 多くの方は「EQP-1A」の実機を使用したことは無いと思いますが、、私もその一人です。 実際に『EQP-WA』を使ってみました。 まず、EQをバイパスができる仕様となっており、バイパス時にも音に影響を与え、真空管ならではの温かくなめらかな音色へと変貌させます。 これだけでも十分に使用する価値があります。 次にイコライザーをONにし、ボーカルで試してみました。 まずはハイとローのブーストつまみから。 どの帯域を上げても音の艶や抜けの良さが増し、イコライザー無しの音と比較するとその差は歴然。 空気感までもよりリアルになり、一度使うと常に掛けっぱなしにしたくなるようなやみつきのサウンドになります。 一方カットの効果も抜群で、狙った帯域をより太く存在感のある音に簡単に作りだすことができました。 つまみが少なくシンプルな設定で音質をワンランクもツーランクも上げてくれる魔法のエフェクトだと感じました。 「EQP-1A」をモデリングしたプラグインソフトも出ていますが、この素晴らしいサウンドを『EQP-WA』で体験してもらいたいです。 ブーンというハムノイズが乗る時もありますが、個人的には気にならないレベルです。 楽器の音に輪郭を出し、フレーズを明瞭に、心地よい中低域のハリと、煌びやかながら痛さの無い高域のツヤを与えてくれます。 もちろん、その逆でメロウでありながらアンサンブルに埋もれないスイートな音色もつくれます。 設計上、当然ではありますがEQをバイパスしたラインアンプのみの状態では音量レベルが上がります。 高価なプラグインセットより、こちらに投資したいと思えるアナログ機器です。

次の

パラメトリック・イコライザー

パラメトリック イコライザー

立ち上げ方 まずはオーディオトラックにイコライザーを立ち上げましょう。 Inserts > 一番上のスロット > EQ > StudioEQ 画面の見方 イコライザーが立ち上がりました!画面の見方をご説明します。 バンド 低音域・中低音域・中高音域・高音域 の4つのバンドが用意されています。 各バンドに以下のコントローラーが用意されています。 Freq 調整する周波数を決めます。 Q 周波数の幅を決めます。 Gain 選んだ周波数の音量を、増減させます。 Filter Type フィルターのタイプを変更します。 カーブ表示 現在のイコライザーの設定を、カーブで確認できる画面です。 Reset ALT+クリックで全ての設定をリセットします。 Spectrum スペクトラムアナライザーを有効にします。 アウトプット イコライザーを設定した後に出力する音量を調整します。 Autoにすると、自動的に適切な出力音量となります。

次の