宮本から君へ ネタバレ 漫画。 映画『宮本から君へ』のあらすじ結末ネタバレ!キャストや原作漫画、監督など徹底解説!

宮本から君へ|ドラマ出演キャスト一覧とあらすじ。原作情報も

宮本から君へ ネタバレ 漫画

宮本から君へ最終回ネタバレ! 原作漫画はまだまだストーリーが続きます。 ここでは原作漫画のそれぞれのネタバレについて見ていきたいと思います。 「ニチヨン」との競合対決 宮本浩は、尊敬する先輩営業マン・神保和男とともに「ワカムラ文具」の新規案件に意気込んでいく。 しかしライバル「ニチヨン」の営業マン益戸景が手ごわく、マルキタは劣勢に立たされる。 宮本の先輩:神保和夫が独立 神保先輩が会社を辞めて独立すると知り、最後の仕事が花道になるように宮本浩は奔走し、宮本浩にとっても初の大仕事になっていく。 中野靖子と交際 入社2年目。 宮本浩は化粧品メーカーのOL綾部栞と出会う一方で、同僚・中野靖子と間で揺れていく。 明るい性格の綾部栞に惹かれていくが、進展はなかった。 恋愛関係になったのは、心に深い傷を抱える中野靖子のほうだった。 馬淵事件 泉谷建設の馬淵部長に体当たりの営業をしかけ新規顧客の獲得に奔走する宮本浩。 中野靖子との恋も順調だったが、宮本浩が泥酔したその横で、中野靖子がレ〇プされる事件が発生。 犯人は泉谷建設の馬淵部長の息子・拓馬だったが、宮本浩は返り討ちにされ前歯を数本折られる。 レ〇プ被害にあい身も心も傷ついた中野靖子。 さらに追い打ちをかけるように妊娠が発覚。 子供の父親は、元彼氏・裕二か、宮本浩なのか、出産しないとわからない状態。 宮本浩は復讐を誓い、馬淵部長から息子の居場所を聞き出し、いざ対決。 屈強な拓馬に指を折られるなどボコボコにされるが、素手で急所をひねりつぶし一気に形勢逆転。 拓馬を全治2~3ヶ月のボコボコにし謝罪させた。 復讐を果たした宮本浩は中野靖子に再会し、結婚を申し込んだ。 宮本浩は「家族のために金を稼ぐ」という働く目的ができた。 会社命令で上司とともに馬淵部長に謝罪に行き、馬淵部長も謝罪したのだった。 最終回 結婚を決めた宮本浩は、中野靖子を連れて実家へ。 母親は中野靖子の妊娠を見抜き、何の説明もしようとしない息子の態度に悲しむ。 次に、中野靖子の故郷・小樽へ行き、彼女の両親にできちゃった結婚の挨拶。 母と妹は祝福してくれたが、上京するときにこういうマネはしないと約束したのに、選択の余地のない話をいきなり持ってきては筋が通らないと、祝福しなかった。 東京に戻ると、宮本浩は街で偶然、甲田美沙子と再会する。 祐奈は英会話スクールのオーストラリア人の彼氏がいるという。 甲田美沙子自身はというと、復縁した彼氏に昨日またフラれたといい、宮本浩はわざと憎まれ口をきいて別れた。 結末ネタバレ 神保先輩は結婚した嫁との間に生まれた可愛い赤ん坊がいる。 だが神保先輩の会社は、嫁には内緒だがもうすぐ潰れるという。 春、宮本浩が仕事中、中野靖子が自宅アパートで破水した。 陣痛に耐えながら必死になって電話をかけるが、夕べ宮本浩のせいでおぼしたビールのせいで壊れていた。 そのうち子供が出てきはじめ、中野靖子は「宮本!」と叫ぶ。 すると胸騒ぎがした宮本浩が仕事を抜けて自宅に駆け付けた。 救急車を呼ぶが間に合わず、部屋で無理やり出産した。 男の子だった。 エピローグ あれから18年、長男は学費を自分で稼いで東大を目指す秀才になった。 そして宮本家は幸運に恵まれ、LOTO6で1億円をあてて11人を子供をもつ大家族になり、テレビの大家族シリーズにも出演。 1億円は「幸せは半分でいい」という持論から、嫁の靖子の反対を押し切って5000万円を慈善団体に寄付した。 新井さんの連載デビュー作として昭和の人気作として認められた作品になります。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。 宮本浩役:池松壮亮 文具メーカー「マルキタ」の新人社員。 未熟で営業スマイルひとつできず、自分が社会で生きていく意味を思い悩んでいる。 田島薫役:柄本時生 宮本の同期でありよい相談相手。 関西弁がトレードマーク。 小田三紀彦役:星田英利 宮本や田島の上司でマルキタ営業部の課長。 甲田美沙子役:華村あすか 自動車メーカー・トヨサンの受付嬢。 宮本が駅のホームで一目ぼれをする。 大芝役:新名基浩 宮本、田島の同期。 とぼけた性格で度々周囲をイラつかせる。 岡 崎部長役:古舘寛治 マルキタ営業部の部長。 宮本が仕事で失敗して説教するも小田に説得され、いつも宮本の尻拭いをする。 安達辰也役:高橋和也 宮本と神保の取引先の文具問屋ハタダの営業マン。 益戸景役:浅香航大 ライバルメーカー・ニチヨンの手ごわい営業マンで、策略家。 手段を選ばず仕事を取りに行く。 宮本と神保の最大のライバル。 島貫康治役:酒井敏也 文具の仲卸業者ワカムラ文具の嫌味な営業部長。 ワカムラからハタダ経由で大手製薬メーカーの案件を宮本らの勤めるマルキタ、益戸の勤めるニチヨンを競わせる。 中野靖子役:蒼井優 神保の友人で一緒に会社を立ち上げる仲間の一人。 飲み会の席で宮本と出会い意気投合する。 神保和夫役:松山ケンイチ 宮本の勤めるマルキタの先輩社員。 人づきあいがうまく営業先でも人気者だが、独立するためマルキタを退職予定で、営業先を宮本に引き継ぐ。 最終回のあらすじ コンペ結果が出る日。 「仕事取れなかったらどないするつもりや」…強気だった宮本(池松壮亮)の心に、小田課長(星田英利)の一言が突き刺さる。 営業から戻ってもまだ連絡はなく、不安にさいなまれる宮本。 神保和夫(松山ケンイチ)、小田課長、岡崎部長(古舘寛治)らも神妙な面持ちだ。 そんな中、宮本の携帯電話に着信が…。 コンペの結果を伝える、安達辰也(高橋和也)からの電話だった。 はたしてコンペの結果は如何に!? 最終回までの見逃し無料動画配信.

次の

映画『宮本から君へ』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

宮本から君へ ネタバレ 漫画

【スポンサードリンク】 ストーリー展開は過去のどんなドラマに近いか!? 「宮本から君へ」は、原作漫画が20年以上も前に発売されてからようやく映像化されたので作者も感慨深いだろう。 また、2009年にもリニューアル発売されているので実は隠れた名作品でファンが多いことから今回の実写化につながったのではないだろうか。 絵柄がちょっと・・・・という人もいるかもしれないが今回のドラマでは素晴らしく豪華な俳優陣が出演しているので驚くほど豪華な深夜ドラマになるだろう。 で、主人公の宮本は文具メーカーでさえないサラリーマンをやっていて上司や周りの仲間からも特段評価はされていない存在。 こういう形から入るドラマ、結構あるよね~。 とくに上司に最初は怒られっぱなしの主人公。 だが、ある日電車のホームでとある女性に一目ぼれをしてしまった宮本。 しかし、同僚には「あまりにも高嶺の花すぎる」と言われてしまう。 それもそうだ。 相手は、お嬢様である甲田美沙子だった。 仕事もダメダメで、恋愛もダメダメだったがここから絶望しながらも人として成長していくというのがお決まりだろう。 【スポンサードリンク】 結末ネタバレ さて、ドラマ「宮本から君へ」最終回のネタバレをしよう。 まず結末から言うと、同じ会社から独立した先輩の知人である中野靖子と一緒になる。 このドラマの負の部分は、靖子がとある男に襲われたり嫌な目にあってしまうことがあるからなのだ。 でも、仕事はダメだけど付き合うと決めた宮本はこの女性を一生守る気概で生きていくことを宣言する。 仕事も、周りのサポートが徐々に受けられるようになり実は最初に一目惚れした美沙子も彼のことを評価することになるのではないか。 原作と漫画は違う可能性はあるが、社会人として成長した先には誰と結ばれるのだろうか。 この作品に観る違った角度からの視点と感想 最近は、20年、30年以上も前に好評だった原作小説や漫画が映像化されることが多い。 今回、このドラマの主人公を務める池松壮亮も偶然か「銀と金」という20年以上前に人気を呼んだ漫画のドラマに最近出演したばかりだ。 ちょっと暗めのテイストが入った深夜帯は池松壮亮に任せておけということか 笑 いずれにせよ、漫画がどのようにドラマでリニューアルされるかが楽しみだ。 毎日見る、同じ電車に乗る憧れのお嬢様風の綺麗な女性。 そこには、同僚の田島も来たがとても手が届かない存在と言う。 そして宮本が就職した文具会社へ出社して仕事をしていると、朝起きて仕事行って帰る毎日に飽き飽きしていた。 次の日、またまたホームで彼女を待っていたが今までずっと2か月間声をかけられずに見ていただけだった。 しかし、あるところで得た情報では彼女の名前は「甲田美沙子」で自分の会社の近くの企業で受付をしていることがわかった。 仕事は、文具の営業にいくがお店の人に邪険にされる。 美沙子の後についていったら、子供が途中で偶然クレヨンを落とした。 宮本が子供のために拾っていたら、美沙子も何も言わずに一緒に拾ってくれた。 でも、宮本は話しかけられず美沙子もクレヨンを子供に拾ってあげたらそのまま去っていった。 居酒屋で、社会人の厳しさを酔っぱらって語る宮本。 学校にいたことろは、イケメンとか運動ができるとかもっと単純なことで評価されていたけど社会ではそうはいかないと。 田島がそれにツッコむが酔ってもみ合いになる。 「何かでっかいことがしたいんだよ~~~~~!」と叫ぶ宮本。 そして次の日もホームで後ろから美沙子を見ている宮本。 でも、この日はいつもの宮本とは違った。 なんと、後ろから電車を待っている美沙子に近づいて美沙子が電車に乗ろうとした瞬間・・・「ちょっと待ってください!!!!僕の名前は!宮本浩です!」といきなり叫んだ。 それに対する美沙子は驚いた様子で「はい」と言っただけ。 でも、こっから宮本のつまらない生活は好転し始めた。 後日、仕事で新規開拓の営業に行ったが上手くプレゼンができなくてとまどっていた。 そのことを、ホームで美沙子と話して笑っていた。 そう、美沙子と通勤中に話すようになったのだった。 その話の最中に美沙子から合コンに誘われた。 大人しいと思ったら意外と積極的なんだな~。 合コンに舞い上がる宮本。 それを聞いた田島は、当然合コンメンバーに入り戦略を練る。 そしてコンドームを宮本に渡す。 目立たない大芝も参加で3人揃う。 次の日、美沙子と通勤中に話している時に彼女が元カノと同じものを使っていたことが判明。 そして合コン当日。 美沙子のお店に入ると女子3人がいて、自己紹介が始まった。 しかし、そのうちのユナちゃんという女性がおっちょこちょいすぎていきなりビールをこぼす。 しかし、その後はギャグに徹した田島のおかげでそれなりに盛り上がっていた。 席替えして、ユナちゃんと話す宮本だがユナちゃんから尊敬の念をいい渡される。 というのも、駅のホームでいきなり美沙子に声をかけた宮本の勇気と度胸に感心したからだ。 だから美沙子は宮本と会ってみたいというユナちゃんと話す機会を設けたのだ。 すると突然、事件が起きた。 ユナちゃんが宮本のためにコートを持ってきたがその際にフルーツポンチの中に宮本のコンドームが入ってしまったのだ。 全員が何だろうと覗く・・・・ピンチ! 続く・・。

次の

宮本から君へ|ドラマ出演キャスト一覧とあらすじ。原作情報も

宮本から君へ ネタバレ 漫画

【スポンサードリンク】 ストーリー展開は過去のどんなドラマに近いか!? 「宮本から君へ」は、原作漫画が20年以上も前に発売されてからようやく映像化されたので作者も感慨深いだろう。 また、2009年にもリニューアル発売されているので実は隠れた名作品でファンが多いことから今回の実写化につながったのではないだろうか。 絵柄がちょっと・・・・という人もいるかもしれないが今回のドラマでは素晴らしく豪華な俳優陣が出演しているので驚くほど豪華な深夜ドラマになるだろう。 で、主人公の宮本は文具メーカーでさえないサラリーマンをやっていて上司や周りの仲間からも特段評価はされていない存在。 こういう形から入るドラマ、結構あるよね~。 とくに上司に最初は怒られっぱなしの主人公。 だが、ある日電車のホームでとある女性に一目ぼれをしてしまった宮本。 しかし、同僚には「あまりにも高嶺の花すぎる」と言われてしまう。 それもそうだ。 相手は、お嬢様である甲田美沙子だった。 仕事もダメダメで、恋愛もダメダメだったがここから絶望しながらも人として成長していくというのがお決まりだろう。 【スポンサードリンク】 結末ネタバレ さて、ドラマ「宮本から君へ」最終回のネタバレをしよう。 まず結末から言うと、同じ会社から独立した先輩の知人である中野靖子と一緒になる。 このドラマの負の部分は、靖子がとある男に襲われたり嫌な目にあってしまうことがあるからなのだ。 でも、仕事はダメだけど付き合うと決めた宮本はこの女性を一生守る気概で生きていくことを宣言する。 仕事も、周りのサポートが徐々に受けられるようになり実は最初に一目惚れした美沙子も彼のことを評価することになるのではないか。 原作と漫画は違う可能性はあるが、社会人として成長した先には誰と結ばれるのだろうか。 この作品に観る違った角度からの視点と感想 最近は、20年、30年以上も前に好評だった原作小説や漫画が映像化されることが多い。 今回、このドラマの主人公を務める池松壮亮も偶然か「銀と金」という20年以上前に人気を呼んだ漫画のドラマに最近出演したばかりだ。 ちょっと暗めのテイストが入った深夜帯は池松壮亮に任せておけということか 笑 いずれにせよ、漫画がどのようにドラマでリニューアルされるかが楽しみだ。 毎日見る、同じ電車に乗る憧れのお嬢様風の綺麗な女性。 そこには、同僚の田島も来たがとても手が届かない存在と言う。 そして宮本が就職した文具会社へ出社して仕事をしていると、朝起きて仕事行って帰る毎日に飽き飽きしていた。 次の日、またまたホームで彼女を待っていたが今までずっと2か月間声をかけられずに見ていただけだった。 しかし、あるところで得た情報では彼女の名前は「甲田美沙子」で自分の会社の近くの企業で受付をしていることがわかった。 仕事は、文具の営業にいくがお店の人に邪険にされる。 美沙子の後についていったら、子供が途中で偶然クレヨンを落とした。 宮本が子供のために拾っていたら、美沙子も何も言わずに一緒に拾ってくれた。 でも、宮本は話しかけられず美沙子もクレヨンを子供に拾ってあげたらそのまま去っていった。 居酒屋で、社会人の厳しさを酔っぱらって語る宮本。 学校にいたことろは、イケメンとか運動ができるとかもっと単純なことで評価されていたけど社会ではそうはいかないと。 田島がそれにツッコむが酔ってもみ合いになる。 「何かでっかいことがしたいんだよ~~~~~!」と叫ぶ宮本。 そして次の日もホームで後ろから美沙子を見ている宮本。 でも、この日はいつもの宮本とは違った。 なんと、後ろから電車を待っている美沙子に近づいて美沙子が電車に乗ろうとした瞬間・・・「ちょっと待ってください!!!!僕の名前は!宮本浩です!」といきなり叫んだ。 それに対する美沙子は驚いた様子で「はい」と言っただけ。 でも、こっから宮本のつまらない生活は好転し始めた。 後日、仕事で新規開拓の営業に行ったが上手くプレゼンができなくてとまどっていた。 そのことを、ホームで美沙子と話して笑っていた。 そう、美沙子と通勤中に話すようになったのだった。 その話の最中に美沙子から合コンに誘われた。 大人しいと思ったら意外と積極的なんだな~。 合コンに舞い上がる宮本。 それを聞いた田島は、当然合コンメンバーに入り戦略を練る。 そしてコンドームを宮本に渡す。 目立たない大芝も参加で3人揃う。 次の日、美沙子と通勤中に話している時に彼女が元カノと同じものを使っていたことが判明。 そして合コン当日。 美沙子のお店に入ると女子3人がいて、自己紹介が始まった。 しかし、そのうちのユナちゃんという女性がおっちょこちょいすぎていきなりビールをこぼす。 しかし、その後はギャグに徹した田島のおかげでそれなりに盛り上がっていた。 席替えして、ユナちゃんと話す宮本だがユナちゃんから尊敬の念をいい渡される。 というのも、駅のホームでいきなり美沙子に声をかけた宮本の勇気と度胸に感心したからだ。 だから美沙子は宮本と会ってみたいというユナちゃんと話す機会を設けたのだ。 すると突然、事件が起きた。 ユナちゃんが宮本のためにコートを持ってきたがその際にフルーツポンチの中に宮本のコンドームが入ってしまったのだ。 全員が何だろうと覗く・・・・ピンチ! 続く・・。

次の