我々だ ゾム受け。 我々だ ゾム受け 漫画

ゾムさんが受けまくるBL短編小説集

我々だ ゾム受け

概要 メンバーカラーは黄緑。 マイクラシリーズの期待の狂人。 味方最大の脅威。 暗殺者。 特殊工作員。 ガチのFPS民。 サイコパス。 潔癖症。 問題作「ロボロをプロデュース」の製作者。 エロ小僧。 彼が視点主の、マイクラスカブロシリーズなどの編集も務める。 現在はブロマガの編集長も務めている。 海底より音も無く侵攻する技術を持ち、マグマの展開具合を見て学ぶ、すれ違いざまに顔面にマグマをぶっかけるという下手なテロリストよりもテロリスト。 グルッペン氏いわく「ゲームスキルと戦闘性にステータスをガン振りしている戦闘狂」。 悪戯の常習犯であり、場合によっては他のメンバー(主にトントン、ロボロ、コネシマ、ショッピ)と組んで行う事もある。 エロ小僧弄りされることがあるが、めちゃくちゃ恥ずかしがる。 敵は殺すが味方も殺す。 いつの間にか敵地の塹壕に隠し通路を作り、そこから侵入・暗殺・貴重品の強奪・逃走経路の隠滅まで行うなど、戦闘とそれに関する頭の回転に関しては一線級の模様。 その為トントンから作戦の相談を受けるシーンも度々見られる。 なお一級線すぎてマイクラ人狼ではバレる事も多い。 ガチのFPS民らしく、L4D2においても初心者三人を連れてゲームを先導するPSを公開。 ゴール前では瀕死の仲間を問答無用で射殺。 特殊感染者が敵でもスナイプで防衛。 ゲームによってはジャイアニズムを行い部下や弱小国から没収や圧力を行うが見事報復される事もある。 ハンターとなった場合、相手によっては取り引き(という名の脅し)を行う。 かなりの大食いであり、腹いっぱいの相手に食べ物を食べさせ苦痛に歪む表情を見ることを好み、その行為を「食害」と評される。 ただしロボロに敵わず逆食害を受けたこともある。 最近は一度に食べきれる量が減ってきたと少し気にしている。 なお、この様子をモチーフとしたTRPG企画『その男、食害につき』もYouTubeで公開中。 『psは殺意でカバー』と宣言しているように、相手が敵ならたとえ身内だろうとコラボ相手だろうと誰でも容赦がない。 自身のサイコパスが効かないらっだぁとは不仲であるようだが、それはここだけの話。 メンバーからは「ゾム大佐」「ゾムーク」「 マケドニアの)兄貴」などと呼ばれる。 特徴的な笑い方をする事が多く、数年後のカルタ決め生放送でそれを指摘された際、「そんな笑い方したっけ?」と本人が述べるほど変わりまくっている。 我々式大喜利ではかなり危ない回答をしまくっているらしくよくカットされている。 またコネシマと同様、鬱先生の暴露ネタを非常に好む。 マイクラスキンは背面にクリーパーを模したスキン(フードを脱ぐとハゲ)。 背面から見るとクリーパーと酷似しており、他メンバーが見間違えてひやりとすることもある。 匠は親戚。 立ち絵は目元が暗いフード付きのつなぎを着た男性。 語録 「なんかもう穴見たらマグマ入れたくなるもん」 - ウィザー12体VS我々 part1 「無事に渡れると思うなよ!?」 - 【GTA5】本気のトライアスロン、開催! 関連記事 親記事.

次の

受け 漫画 我々だ ショッピ

我々だ ゾム受け

極力戦争は避けていけ、だがやむを得ない場合は殺してもいいゾ」 「りょーかーい」 「では解散! 今日は明日に向けて早く寝るように!」 ぞろぞろと部屋からみんなが出ていく。 そして大先生と俺だけが残った、 「ゾム……」 「なんか用か? そんな顔して」 大先生が深刻そうな顔をしてこちらを見つめてくる 「今回の戦争少し周りを見て行動してほしいんだ」 「……なんや? そんなにおれ心配なんか? 」 大先生はこちらをじっと見つめ難しい顔をしているだけだ。 「…わかったよ」 返事をした途端顔をふにゃっとやわらげて「じゃ、おやすみ」と出ていってしまった。 大先生なんかおかしくないか? 大先生がおかしいのはいつものことか…でもなんか違う気が… そんなことを考えながら自室へと向かって行った。 水を飲もうとしたその時小さな物音がした。 バッとナイフを構える 敵?! ……なわけないか、でもこんな遅くまで起きてるの知られたら怒られるやろな…しかも戦争の前日…早く部屋戻るか。 そっと気配を消し誰にも気が付かれないように…… 「ゾム? 」 「! 」 やばい! 見つかった! 「トン…トン」 「なにやってるん? 」 あかんやつやこれ声がもうあかんもん 「えっと……トイレ……そう! 夜ご飯いっぱい食べすぎてさお腹痛くなったんよ!」 我ながら見苦しい嘘だと思うがもう言い逃れはできない。 「ふーん…明日の為に早く寝とけよ」 「……え? あっうん! おやすみ! ゾムが寝坊するなんてこともあるんだなーなんか昨日眠れないような事があったんですかねぇ? 」 少し怒りめの声でトントンが言ってくる。 すでにみんなは準備が出来ているようだ。 「えーっと…」 トントンからゆっくりと目を逸らす。 「いまは急いで準備しろ、出発時刻まであまり時間はないゾ」 「わかった! すぐ準備するな!」 トントンから逃げるように支度を始める。 そういえばなんか変な夢みた気がするんやけど…何やったかな? ……まぁいっか忘れるぐらいの事やしな。 よし 「準備できたで〜」 「わかった。 では作戦開始まであと10分だ! 各自自分の配置につけ! 」 「ハイルグルッペン! 「みんな無線はちゃんと繋がってるか? 」 「こちらトントンちゃんと繋がってるでー」 「こちらゾム、ひとらんも繋がってる」 「えーこちら鬱つながってるあとしんぺい神もな」 「では作戦確認だゾムとひとらんは敵本土の監視、大先生は後衛で本土を落とされないように守れ! しんぺい神は怪我の治療、トントンは俺と一緒に前衛の戦闘員な! 」 『おう! 』 「各自作戦開始! 「こちらゾム中間地点まで到達」 「了解! くれぐれも戦闘は…」 「わかってるよ…」 そういえば… 「ひとらん? いまどこら辺? 」 「……」 「ひとらん? ひとらん?! 」 「グルッペン! ひとらんと無線つながんない! 」 「……なにかあったのかもしれん。 ゾム1度ひとらんの所に行ってくれないか? 」 「わかった! ひとらんと会ったら連絡する」 ダッと走り出す。 無線から大先生がなんか叫んでるようか声が聞こえた気がしたけど向こうの話やろな。 ひとらんが行った道を走っていくと敵がいっぱい固まってる場所があった。 スっとナイフを抜き出す。 『極力戦闘は避けていけ』 ふとグルッペンの言葉が頭をよぎる。 今回は緊急やもんな... ってか集まってきてるんちゃう? 目立ちすぎたんかなぁ これはグルッペンに怒られるな…1回連絡いれとくか…… 「グルッペン、今敵と戦闘になってるんやけどひとらんがみつかr……」 ザシュッ 「……ッチ」 右手に深手を負ってしまった。 やべ、やらかしたか… 「ゾム! 大丈夫か!ゾム! 」 「大丈夫やでーちょっと傷を負っただけやからっ! 」 「…トントン! ゾムの所に行けるか? 」 「おう! 任せとけ」 「ゾム! トントンが今からそっちに行くからそれまで死ぬなよ! 」 「りょうかいっ」 トントンか……じゃあちゃんと持ちこたえんとなぁ! …どうする? 時間はだいぶたったと思うがトントン大丈夫やんかな? グサッ 「か…はっ」 「……ひと…らん? おまっなんで! 」 なん…で?! ひとらんが…敵!? 「……ごめんなゾムちょっと眠っててくれへん? 」 「ひと……らn」 そして俺は意識を手放した。 ……いやでも! 敵だという確証はない! 信じたくない……そんなことあってたまるか!なぁひとらん… 一旦落ち着いたほうが良さそうやな… えーっと黒い……目が見えないってことが目隠しでもされてんやろうな…手足は縛られてる… けど頑張れば解けるかな…地面は冷たい…床か? 室内なんかな、戦争はどうなったん? どっちが勝ったん? 「っく……」 目隠しが外された なんで…信じたくなかったのに… 「ひとらん……」 目の前には何人かの兵士とひとらんが立っている。 「ゾム……ごめんな」 ひとらん…そんな… 「…なんで! 」 ひとらんは口を開けようとしない…ただじっと何かを我慢してるようにたっているだけだ。 裏切り……なんか? 何か事情がある。 とかもありえるよな? ガチャ 重たい扉が開かれる 「オスマンっ」 「ひとらんちゃんと仕事してきたんだね。 長期に渡ってお疲れめう」 敵軍リーダーのオスマン……か... 殺した方がいいんだろうけど… 実際を言うとまだ腹から血が出てるし痛みも酷いから満足には動けなさそうなんだよなぁ… ……大先生が周りみて行動しろってこうゆうことだったんや……じゃあ大先生はわかってた? 「ゾムー考えても状況は変わらないめうよ? 」 オスマンが顔を覗き込んでくる 無理だと思うが暴れてみるか… 「ひとらん……信じたくなかったよ! 」 サバイバルナイフを取り出し手と足の拘束を瞬時に解く。 「っ至急!拷問室に兵士を要求すr」 「んなことさせるか…よっ! 」 「ぐあぁっ」 よっしまず1人! ひとらんも……ずっと見てるだけやな… 『緊急! 敵軍2名を視認! もうすぐこちらまで来られます!』 グルッペンとトントン……かなぁ〜いまちょっと楽しくなってきたのにな〜 「うっ……」 力が抜けてその場に倒れた 「やっと効いてきためうー」 「効い……た? 」 「ゾムは結構なんでもできちゃいそうですぐに逃げちゃうって思ったからクスリうっといためう」 「睡眠系と……もう一つはなんだと思う? 」 「っこんっなの全…然っ」 やばい…目眩がする……これは本格的にやばいかもしれない… 「意識手放した方が楽だと思うめうな〜」 「まぁその後は大変だけど……ね」 オスマンのその声を最後に俺の記憶は失われた。 数日後 Sideグルッペン 「トントン…ゾムは…」 「まだ寝てるで、ペ神によるともうすぐで目覚めるらしいけどな」 戦争の日、ゾムが敵地で暴れている所を俺とトントンで抑えて帰還した。 ゾムはケタケタと笑い、狂ったように殺し続けていた…その瞳は血に濡れ新緑の色が濁った色に変わっていた。 「そうか……やはり俺の……」 「俺のせいとでも言いたいんか?」 「…っ! 」 言おうとしてたことをトントンに言われ体をビクリと揺らす 「でも……実際…」 「グル氏はなんも悪くない!ゾムも今回は仕方なかったんや! 今回は……今回は予想ができないことがあったやろ? 」 「ひとらんらん……か…」 拠点に戻った後大先生から「げどちゃんが裏切った……げどちゃん敵のスパイやってん……」 と報告を受けた。 その時俺はその事を受け止められずに、大先生の胸ぐらを掴み壁に押し付けた。 「もう1度いってみろ」 「... 俺だって信じたくないよ!……けど! 」 「クソっ……」 あの時は大先生に悪いことしたな… 『みんなーゾムが起きたよー』 無線からしんぺい神の声が聞こえた バンッ 「ゾムが起きたって! 」 Sideゾム 「あ、ゾム起きたん? 」 「しんぺい神? あれ俺なんで……っ! 」 起き上がろうとすると腹部に強烈な痛みが走った 「まだ治ってないんやから寝とけー」 そっか俺ひとらんに刺されて…… あれ? でもあの後敵陣に連れてかれて……記憶がはっきりせぇへんな… 『みんなーゾムが起きたよー』 バンッ 医務室の扉が乱暴に開かれた 「ゾムが起きたって! 」 グルッペンがすごい顔で入ってきた 「おーグルッペン、ゾムまだ完全に治りきってはないから騒ぐなよー」 「あぁ」 ………… 「……グルッペン俺何日ぐらい寝てたん? 」 「た…しか8日……だと…思うゾ」 走ってきたのか肩で息をしながら喋り出す 俺そんなに寝てたんかぁ〜 「そうだなんか俺記憶がはっきりせぇへんやけどなんか知っとる? 」 「……」 何故か沈黙が続く。 「ゾムが覚えてる記憶教えてくれへん? ひとらんを探しに行ってから敵地で記憶を失うまで…… 「……じゃあクスリのせいなんかぁ〜」 「俺なんかやらかしたん? 」 「ゾムなー敵地で暴れててん」 「そうなん? えっと良かったってこと? 」 「んーとな暴れてたまではよかったんやけど……」 「俺達が近づいた時にこっちまで襲いかかってきたんだゾ」 それまでずっと口を閉じていたグルッペンが話し出す。 「俺が? 」 「そうだ」 「グルッペン達を? 」 「…そうだ」 襲う……ってことは殺そうとしてたってことやんな……俺が…… 「あのっ! ごめっ」 「言っとくけどゾムは悪くないゾ」 「っ! 」 「薬盛られてたんやろ? 」 「せやけど……っ! 」 「まぁ流石に味方最大の脅威って言われてるほどのゾムに襲われたら無傷じゃすまなかったけどな!」 「……ごめん」 「無傷じゃなかったって言ってもすぐに治るぐらいやったから大丈夫やで」 「でも……怪我は……したんやろ? 」 「そんなことよr『ゾム! 』」 大先生がトントンの声を遮って部屋に入って来る。 ズンズンとベッドの近くに寄ってくる。 「ゾム! 怪我は?! 」 「お、おう大丈夫やで」 「よかったぁまじで心配したんやでー」 心配……しててくれたんか… 「ゾム」 「なんやトントン」 「俺たちの言いたいこと……わかるよな? 」 「……」 「何よりもお前が無事でよかったんよ」 「みんな心配してたんだゾ」 「ほんとゾムがこんなことになるなんて思ったことなかったからな」 「ゾムが寝てる間みんな毎日心配して仕事あんまやってないしなw」 「……」 みんな…… 「ゾム! 」 『おかえり! 今回は二作目ですがコレ見て前作も見たってひといんのかな? w まぁ暇でもう暇すぎて死にそう〜って時にでも呼んでもらえれば光栄です! 今はテスト期間ですが、テスト期間が終わったらもっといっぱい書くと思うのでお楽しみ に!多分楽しみにしてる人いない! あとひとらんがどうなったってことは気にしないで下さいw.

次の

#ゾム #〇〇の主役は我々だ! はっぴーえんど(?)

我々だ ゾム受け

概要 メンバーカラーは黄緑。 マイクラシリーズの期待の狂人。 味方最大の脅威。 暗殺者。 特殊工作員。 ガチのFPS民。 サイコパス。 潔癖症。 問題作「ロボロをプロデュース」の製作者。 エロ小僧。 彼が視点主の、マイクラスカブロシリーズなどの編集も務める。 現在はブロマガの編集長も務めている。 海底より音も無く侵攻する技術を持ち、マグマの展開具合を見て学ぶ、すれ違いざまに顔面にマグマをぶっかけるという下手なテロリストよりもテロリスト。 グルッペン氏いわく「ゲームスキルと戦闘性にステータスをガン振りしている戦闘狂」。 悪戯の常習犯であり、場合によっては他のメンバー(主にトントン、ロボロ、コネシマ、ショッピ)と組んで行う事もある。 エロ小僧弄りされることがあるが、めちゃくちゃ恥ずかしがる。 敵は殺すが味方も殺す。 いつの間にか敵地の塹壕に隠し通路を作り、そこから侵入・暗殺・貴重品の強奪・逃走経路の隠滅まで行うなど、戦闘とそれに関する頭の回転に関しては一線級の模様。 その為トントンから作戦の相談を受けるシーンも度々見られる。 なお一級線すぎてマイクラ人狼ではバレる事も多い。 ガチのFPS民らしく、L4D2においても初心者三人を連れてゲームを先導するPSを公開。 ゴール前では瀕死の仲間を問答無用で射殺。 特殊感染者が敵でもスナイプで防衛。 ゲームによってはジャイアニズムを行い部下や弱小国から没収や圧力を行うが見事報復される事もある。 ハンターとなった場合、相手によっては取り引き(という名の脅し)を行う。 かなりの大食いであり、腹いっぱいの相手に食べ物を食べさせ苦痛に歪む表情を見ることを好み、その行為を「食害」と評される。 ただしロボロに敵わず逆食害を受けたこともある。 最近は一度に食べきれる量が減ってきたと少し気にしている。 なお、この様子をモチーフとしたTRPG企画『その男、食害につき』もYouTubeで公開中。 『psは殺意でカバー』と宣言しているように、相手が敵ならたとえ身内だろうとコラボ相手だろうと誰でも容赦がない。 自身のサイコパスが効かないらっだぁとは不仲であるようだが、それはここだけの話。 メンバーからは「ゾム大佐」「ゾムーク」「 マケドニアの)兄貴」などと呼ばれる。 特徴的な笑い方をする事が多く、数年後のカルタ決め生放送でそれを指摘された際、「そんな笑い方したっけ?」と本人が述べるほど変わりまくっている。 我々式大喜利ではかなり危ない回答をしまくっているらしくよくカットされている。 またコネシマと同様、鬱先生の暴露ネタを非常に好む。 マイクラスキンは背面にクリーパーを模したスキン(フードを脱ぐとハゲ)。 背面から見るとクリーパーと酷似しており、他メンバーが見間違えてひやりとすることもある。 匠は親戚。 立ち絵は目元が暗いフード付きのつなぎを着た男性。 語録 「なんかもう穴見たらマグマ入れたくなるもん」 - ウィザー12体VS我々 part1 「無事に渡れると思うなよ!?」 - 【GTA5】本気のトライアスロン、開催! 関連記事 親記事.

次の