バッサリ 情報。 横浜流星、髪をバッサリ切って男らしさがマシマシ… 『with』で眼福ビジュアル満載(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

「リモートでできたでしょ」加藤浩次、手越祐也の“会食理由”をバッサリ!(2020年6月25日)|BIGLOBEニュース

バッサリ 情報

女優・(15)が、2014年の『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』以来、6年ぶりとなる主演映画『星の子』(2020年全国公開)が21日にクラインクインを迎え、役作りのために芦田が髪を30センチ以上カットした最新画像が到着した。 芦田は「7年くらい前に『パシフィック・リム』という映画で演じた時に今と同じくらいに切ったので、その後は結構ずっと長くて、切った瞬間は『首が軽い!』と思いました」とコメントを寄せている。 原作は、デビュー作『こちらあみ子』を第24回賞受賞で飾り、最新作『むらさきのスカートの女』で令和初の第161回芥川賞を受賞した今村夏子氏の同名小説。 今村氏の作品が映像化されるのは今回が初となる。 監督・脚本は、『さよなら渓谷』(13年)で第35回モスクワ国際映画祭・審査員特別賞受賞、さんの遺作の一本となった『日日是好日』(18年)も手がけた氏が務める。 本作で芦田が演じるのは、自身と同じ中学3年生の主人公「ちひろ」。 大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたが、その両親はちひろが生まれた時の病気を奇跡的に治してしまった「あやしい宗教」を深く信じてしまっている。 髪をバッサリカットした理由に芦田は「原作を読ませて頂き、イメージしていたちひろを自分が演じる事を想像したとき、ちひろは前の自分のような髪の長さではないなと感じ、髪を切りたいと思いました」と説明。 撮影を初日を迎え「こうして制服を着て、学校に来て撮影していくうちに、どんとんちひろになっていく感じというか、『いよいよ始まるぞ!』という高揚感があります」とコメント。 ファンに向け「今回、映画『星の子』で林ちひろ役を演じさせて頂きます。 髪を切ったことで自分のイメージの中のちひろに近づけたような気がしています。 これから約1ヶ月間ちひろに寄り添って、スタッフさん・共演者の皆さんと一緒に、たくさんの方に感動して頂ける作品がつくれるように頑張っていきたいと思っております。 ご期待ください!」とメッセージを寄せている。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

ひろゆき、宮迫の態度をバッサリ 「答えはだいたい出ている」: J

バッサリ 情報

会見を終え会場を後にする手越 元NHKアナウンサーの下重暁子(84)が24日、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」に生出演。 ジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」手越祐也(32)が23日に行った記者会見について、バッサリと批判した。 手越の会見について、下重は「この人の生きている社会は、ファンと事務所しかない」と指摘。 さらに「社会にはいろんな人がいるんですよ。 もっと勉強をしないといけない」とピシャリ。 続けて「人に迷惑をかけない。 そこをきちんと踏まえておかないと絶対に成功しないと思います」「社会の捉え方が私たちとは違うなと思う」と話した。 会見で手越は、週刊誌で報じられた新型コロナウイルスの感染拡大に伴って緊急事態宣言が発令された期間中に女性らとの酒席に参加したことについて、医療従事者や実業家らと今後について話をしていたと説明していた。 これについて下重は「私、この実業家っていうのが引っかかるんですよ。 一体何なんですか? そこをはっきり言わないとだめですよ」と厳しくコメントした。

次の

ひろゆき、宮迫の態度をバッサリ 「答えはだいたい出ている」: J

バッサリ 情報

笠原(左)は小笠原瑛作にTKO勝利している強豪だ 対戦相手の笠原は、ABEMAのYouTubeチャンネルのインタビューで「天心選手の穴は見つけた」と語っていたが、「全然それは何とも思ってないです。 今までそう言ってきた選手は、何十人も居て(穴を)突いてこれなかったので。 過去の動画を見たからと言って、そこが穴かと言えばそういうわけではない」と全く問題にしていない様子だ。 対戦相手の印象を聞かれると「手足が長いことですね。 自分より10cm以上高くていいなあと思います。 自分に(その身長が)あったら何が出来るかなとか考えました。 だからこその強みを持っているという感覚はあります」と恐れ知らずな部分があるという。 一昨年の大晦日、那須川(右)はメイウェザーと拳を交えた これまでの那須川の対戦相手は右構えの選手が多く、サウスポーとの戦いは2019年3月のフェデリコ・ローマ戦以来になる。 笠原がサウスポーであることについても、「TEPPENジムは7割以上がサウスポーですし、白鳥大珠という高身長でスピードの早い選手とバチバチにやっているから」との理由で、問題ないとした。 今回は年下の選手との対戦になるが「僕も20歳の時にチャレンジマッチしてメイウェザーと戦いました。 迎え撃つ気持ちはないですけど(笠原の)今後に活きてくれれば良い。 気は抜いてないし、一瞬で終わる可能性も全然あるので、感覚ではいつも通りの試合をします」と瞬き厳禁の試合を予感させた。 那須川(右)は「一瞬で終わる可能性もある」と悲した SNSでは「楽な相手を選んだ」との書き込みも見られたが、それに関しては「言う人は僕がどれだけ強い選手とやっても言いますよ。 そう言う人を否定するわけでもないし、賛否両論を巻き起こせたので掴みはOKかなと思いますね」とむしろ美味しいと語った。 選考の際には「リストの中で一番強い相手は誰なんですか? って聞いた時に笠原選手と言われたのでじゃそれでお願いします」と話したという。 笠原との対戦に向けて、「(笠原は)若さと勢いがありますよね。 負けをそこまで知らないので全然良いと思います。 今後も格闘技界を引っ張ってくれる選手になれるかというのもあると思うので、しっかりと差を見せようとは思ってます」と意気込んだ。

次の