メイカセブン あんぱん 売り切れ。 メイカセブン

本当に美味しい“あんぱん”はこれ!「墨田・江東パンまつり」で見つけた絶品8種食べくらべレポート(1/3)

メイカセブン あんぱん 売り切れ

「パン・オブ・ザ・イヤー2018」のあんぱん部門で金賞を受賞した江東区大島にあるパン屋さん「メイカセブン」に行ってみました。 メイカセブン 「メイカセブン」は、東京都江東区大島にあるパン屋さんで、パン好きのコミュニティサイト「パンスタ」で年に1度選出している「パン・オブ・ザ・イヤー2018」のあんぱん部門で金賞を受賞した「あんぱん」などを販売しています。 「メイカセブン」の看板メニューの「あんぱん」と「ぶどうパン」は、いずれも中身がぎっしり詰まった質感たっぷりの見た目でインパクトがあります。 場所・アクセス 「メイカセブン」の場所はこちら。 最寄り駅の「大島駅」から徒歩5分~8分程度の場所にあります。 予約(数週間待ち) 「メイカセブン」の看板メニューの「あんぱん」と「ぶどうパン」は人気のため予約を取ろうとすると数週間先となりますが、朝の開店と同時に並べば、当日販売分を購入できます。 「メイカセブン」の開店時間はこちら。 ちなみに、当日販売分の「あんぱん」は1人6個までと決まっています。 お店外観・混み具合 「メイカセブン」は大島のこちらの商店街にあります。 商店街に入ると、人が並んでるお店が見えてきます。 こちらが「メイカセブン」。 土日祝日の開店は8時30分からですが、8時20分には6人ほど並んでました。 並んで待っている人のために先着4人まではイスが用意されてました。 そして、オープン時には気づけば20人ほど並んでました。 オープン(お客さんなだれ込む) オープンすると、順番に入店しますが、中に入ると各々が取りたいパンを求めてパンに向かいますので、途中から人がなだれ込む感じになります。 「あんぱん」は朝一なら比較的多く置かれてますので人がなだれ込んでもなくなりはしませんでしたが、「ぶどうパン」は気づけば最後の一斤になってました。 店内の様子 店内にはパンの販売コーナーとイートインコーナーがありました。 こちらがパンの販売コーナー。 こちらがイートインコーナー。 開店待ちの方はみんなテイクアウト目的だったようで、訪問した日はイートインコーナーを利用する方はいませんでした。 <スポンサーリンク> 購入したパン 購入したパン(とても重かった) こちらが今回購入したパン。 「ぶどうパン」一斤とあんぱん4個。 たいていこれだけだと重くないですが、どれもずっしり中身が入ってるパンなので、持ち帰るビニール袋がとても重かったです。。。 あんぱん(羊羹みたい) まずは「あんぱん」。 大きさは手の平サイズですが、ずっしり重い。 「あんぱん」には「おぐらあん」と「こしあん」の2種類があり、1人合計6個まで購入できますが、わが家はそんなに食べないので、それぞれ2個ずつ購入。 まずは「おぐらあん」。 真っ二つに切ってみると、こんな感じ。 「薄皮」と謳われてますが、本当に皮が薄い。 早速食べてみると、パンというより「あんこ」そのものを食べてる感じ。 続いては「こしあん」。 「おぐらあん」もけっこうこしてる感じだったので、素人の私にはそんなに違いがわかりませんでした。 こちらも皮が薄い「あんこ」ぎっしりの「あんぱん」。 2個目にもなると、「あんこ」をそのまま食べてるというより、羊羹を食べてるような感じでした。 ぶどうパン(こっちもぎっしり) 続いて「ぶどうパン」。 ここまでぎっしりとぶどうが詰まったパンは初体験。 干しぶどうは好みもあるかと思いますが、このずっしり感はなかなか他のパンでは体験できません。 感想(味より見た目かな) 今回購入した「メイカセブン」の「あんぱん」と「ぶどうパン」は食べ応えのあるパンでしたが、どちらかというと、味というより見た目のインパクトが残るパンでした。 どちらも想像通りの「美味しいあんこのパン」と「美味しいぶどうのパン」という感じでしたが、他では食べたことないという感じではなく、「これだよね!」という美味しさ。 予想を裏切ったのは写真通りのパンの中身の詰め込み具合。 1度は買ってみても面白いパンかと思います。 そんな感じのたっぷり・ずっしりお腹に残る「メイカセブン」のパンでした。 最後までお読みいただきありがとうございました。 イクメンサーファーたまジロー tamajirooo.

次の

あんぱんとぶどうぱん

メイカセブン あんぱん 売り切れ

東陽町にあるモンシェールはどんな店? 東陽町のモンシェールはNHKの「ドキュメント72時間」で紹介されたパン工場で、デニッシュが激ウマと評判です。 確実に購入できる狙い目の時間帯は? モンシェールは24時間営業ですが、いつ行っても買えると思いきや、デニッシュは大人気なので、売り切れて買えないことも多々あります。 買いに行っても売り切れて買えないとなると残念すぎます。 だけど、安心してください! 確実に買える時間があります。 モンシェールのパンは 10時と 14時にパンが焼きあがるので、その時間に行けば間違いなく購入できます! もしくは、 予約して買いに行けば間違いないです。 【東陽町】モンシェールのパンのメニューは? モンシェールのメニューを紹介します。 5斤サイズでの販売になっています。 食べてみると、食感はサックサク!! そして、バターの香りが口の中にふわーっと広がります。 味はほんのり甘いやさしい味で、めっちゃうまい! トーストして食べてみて、人気の理由がわかりました! 焼かずに食べても、正直そこまでの感動はありませんでしたが、トーストして食べると感動レベル!! プレーン2斤で980円は高いという声もありますが、値段相応だと思います。 東陽町のモンシェールのパンはTwitterでも話題! お土産はこちらで購入。 お家でリベイクしていただくのが楽しみ。

次の

薄皮あんぱんが人気のメイカセブン!おすすめパンやお取り寄せ情報も

メイカセブン あんぱん 売り切れ

合成保存料を使用していないため、メイカセブンの薄皮あんぱんの賞味期限は3日です。 食中毒予防のためにも、予約の際この点は念押しされます。 出来立てを発送してくれますが、手元に届くのは早くても翌日。 実質賞味期限は2日です。 ただでさえボリュームたっぷりのメイカセブンの薄皮あんぱん。 お取り寄せは最小単位でも6個入りなので、食べきれるか不安になる人もいるかもしれません。 せっかくの薄皮あんぱんを無駄にするのは忍びないので、小食な人は、涙をのんで諦めるしかないのでしょうか。 心配しなくても、メイカセブンの薄皮あんぱんは冷凍保存ができます。 しかも個包装になっているので、そのまま冷凍庫に入れるだけととても簡単です。 解凍は自然解凍がおすすめです。 半解凍の薄皮あんぱんは、また違った美味しさで、夏などわざわざ冷凍してから食べるという人もいるほどです。

次の