ダーク メイジ。 前バージョンからの変更点について

【ドラクエウォーク】メイジドラキーのこころ/出現場所

ダーク メイジ

ダークメイジとダークビショップ 本作の兵種は、 ・初級の兵種には初級試験パス ・中級の兵種には中級試験パス ・上級の兵種には上級試験パス ・最上級の兵種には最上級試験パス 上記のように資格試験に必要な試験パスが異なりますが、これらの試験パスは道具屋などで購入することが出来ます。 ただ、中級の兵種にある「ダークメイジ」と上級の兵種にある「ダークビショップ」の資格試験には 「闇魔法試験パス」と呼ばれるアイテムが必要になります。 「ダークメイジ」は男性限定の兵種で、「ダークビショップ」は「ダークメイジ」を獲得しているキャラクターの上級試験に出現するため、簡単に言えばどちらも男性限定の兵種ということです。 死神騎士は本編進行中は基本的に無視するのが推奨される強敵です。 第一部の白雲の章であれば、 ・EP4「女神再誕の儀」の課題出撃 ・EP6「死神の噂」の課題出撃 ・EP8「炎と闇の蠢動」の課題出撃 ・EP12「戦乱の幕開け」の課題出撃 上記のエピソードの課題出撃で出現する強敵となります。 死神騎士を倒して「闇魔法試験パス」を手に入れると中級の「ダークメイジ」の資格試験を受けることが出来るようになります。 ダークビショップの試験に合格した後は最上級に新たな職業が追加されることはなかったので、 闇魔法試験パス関係の兵種はダークメイジとダークビショップのみのようです。 一応、レアな兵種ということになりますが個人的には1周目で無理して手に入れる必要はないと思います。 本作を最後まで楽しむためには最低でも4周はプレイする必要があるので、個人的には1周目はスルーして2周目で挑戦してみる程度で良いと思います。 関連記事はコチラ 以上、『FE 風花雪月』のダークメイジと闇魔法試験パスについてでした。

次の

【ログレス】ダークメイジのメダルの評価と性能

ダーク メイジ

ダークメイジとダークビショップ 本作の兵種は、 ・初級の兵種には初級試験パス ・中級の兵種には中級試験パス ・上級の兵種には上級試験パス ・最上級の兵種には最上級試験パス 上記のように資格試験に必要な試験パスが異なりますが、これらの試験パスは道具屋などで購入することが出来ます。 ただ、中級の兵種にある「ダークメイジ」と上級の兵種にある「ダークビショップ」の資格試験には 「闇魔法試験パス」と呼ばれるアイテムが必要になります。 「ダークメイジ」は男性限定の兵種で、「ダークビショップ」は「ダークメイジ」を獲得しているキャラクターの上級試験に出現するため、簡単に言えばどちらも男性限定の兵種ということです。 死神騎士は本編進行中は基本的に無視するのが推奨される強敵です。 第一部の白雲の章であれば、 ・EP4「女神再誕の儀」の課題出撃 ・EP6「死神の噂」の課題出撃 ・EP8「炎と闇の蠢動」の課題出撃 ・EP12「戦乱の幕開け」の課題出撃 上記のエピソードの課題出撃で出現する強敵となります。 死神騎士を倒して「闇魔法試験パス」を手に入れると中級の「ダークメイジ」の資格試験を受けることが出来るようになります。 ダークビショップの試験に合格した後は最上級に新たな職業が追加されることはなかったので、 闇魔法試験パス関係の兵種はダークメイジとダークビショップのみのようです。 一応、レアな兵種ということになりますが個人的には1周目で無理して手に入れる必要はないと思います。 本作を最後まで楽しむためには最低でも4周はプレイする必要があるので、個人的には1周目はスルーして2周目で挑戦してみる程度で良いと思います。 関連記事はコチラ 以上、『FE 風花雪月』のダークメイジと闇魔法試験パスについてでした。

次の

魔物娘図鑑テキスト

ダーク メイジ

魔法攻撃、魔法防御の成長率に優れています。 上級職の下積みという位置付けですが、魔法が使える全ジョブの中で回復魔法が使えるのはメイジだけであるため、魔法を扱う上級職や混成職の存在によってメイジの価値が損なわれることはありません。 むしろ、攻撃に特化したソーサラーより柔軟性があり、サポートポーンとして好まれる傾向もあります。 回復魔法をセットしない場合は、メイジより魔法攻撃力の成長率に優れ、より破壊力のある魔法を習得でき、メイジの杖より魔法攻撃力が高い大杖を装備できるソーサラーに転職した方がいいでしょう。 ゲーム終盤になって金銭的な余裕ができ、回復薬を大量に用意できるようになれば、回復を担当していたメイジをソーサラーに転向させて、攻撃に特化させるのも悪くありません。 育成 覚者・ポーン共通 前述の通り、攻撃に特化するならソーサラーを選ぶことになるため、メイジを使い続ける理由は回復魔法を装備させ、攻守両面での活躍を期待する場合がほとんどです。 したがって、魔法スキル6枠のうち、体力回復の「ヒーリングスポット」とステータス異常回復の「キュアスポット」で常に2枠つぶれてしまい、実質的に自由な魔法スロットは4枠しかありません。 この残り4枠に何をセットするかが悩みの種であり、メイジの楽しみでもあります。 特に、パーティー内に魔法職が一人しかいない場合は、一人で多くの局面に対処することを要求されるため、様々な状況を想定して魔法をセットしたいところです。 まず、1つめお薦め魔法は「サンダーレイン」です。 サンダーレインは序盤から終盤まで何度も遭遇するを完全に無力化することができ、ドラゴン系の弱点やリザードマンの尻尾をピンポイントで狙ったりする時にも便利です。 また、物理攻撃に対する耐性を持つ終盤の強敵の弱点が雷属性でもあります。 詠唱時間が非常に短いという面でも、妨害されにくいという信頼性があります。 次に、中盤以降に出現するタフなアンデッドが苦手とする炎属性の魔法も用意しておきたいところです。 「ファイアボール」と「フレイムウォール」両方をセットできるに越したことはありませんが、どちらかを選ぶなら、メイジの場合は「フレイムウォール」をお勧めします。 基本魔法の「ファイアボール」は詠唱時間が非常に短く、威力も高い優秀な魔法であり、特に飛行系のモンスターを地上に落とす際にも役立ちますが、大量に現れるアンデッドやその他のモンスターを一網打尽にしたり、転倒したボスモンスターを延焼させるという用途を考えた場合「フレイムウォール」の方に軍配が上がります。 雷、炎属性を用意すれば、中盤までのほとんどの敵に対応できます。 残りの2枠はお好みで使いやすいものをお薦めします。 以下は参考までに卑見を付記しておきます。 3属性全て揃えるなら、残り2枠の1つは「フロストスパイク」ということになりますが、この魔法は詠唱終了から発動までに若干のタイムラグがあり、その間に対象が移動すると、簡単に回避されてしまいます。 特に、氷属性魔法の援護が最も欲しくなる強敵は非常に敏捷で、フロストスパイクが思うように当たりません。 詠唱時間の長さもネックであり、ヘルハウンド戦のみを想定するなら、「アイスギフト」によるエンチャントの方が効率的でしょう。 ギフト系のエンチャント魔法をセットするなら、聖属性「ホーリーギフト」のみをお勧めします。 ゲーム終盤に登場する強敵が聖属性を弱点とすることが多いことに加えて、前述のヘルハウンドを含め、"決定的な弱点"ではないにしても、ほとんどの敵に安定したダメージを与えることができるからです。 多くの種類のエンチャント魔法を用意して使い分けられれば理想的ですが、現実には少ないスキル枠で"やりくり"しなければならないため、対応する敵の数が圧倒的に多い聖属性1本で間に合わせようという妥協案です。 成長率 レベルアップ時のステータス上昇値は、レベル帯によって異なります。 具体的には、レベル2〜10、10〜100、101〜200の3つの段階で成長率が変化します。 レベル101以降は顕著な能力上昇は期待できないようになっています。

次の