モグワン 1袋 量。 『モグワン』のドッグフードで後悔しないための【お役立ち情報】

【評判悪い?】モグワンドッグフードを3年間あげている私の口コミ評価!

モグワン 1袋 量

もくじ• 8kg 2kg 給与量 (成犬3kgの場合) 76〜83g 35〜85g おすすめな子 運動量が少ない子 太っている子 シニア犬 少食な子 痩せ気味の子 若い成犬 運動量が多い子 (シニア犬) 結論からいうと、 ドッグフードのスペックとして単純に比較した場合、 「モグワン」の方が良いドッグフードと考えてよいでしょう。 しかしワンちゃんによって、おすすめのドッグフードは異なります。 モグワンの特徴をおさらい• チキン+サーモンが主原料• フードは1. 8kg入り モグワンとカナガンの大きな違いの1つとして、 主原料の違いがあります。 カナガンはチキンベースのフードですが、モグワンは、チキンとサーモンが入っています。 モグワンは、チキン+サーモンでフードの53%を占めています。 くーmamaが考えるモグワンがおすすめな子と、その理由• 運動量が少ない子• 太ってる子• シニアの子 モグワンの給与量は非常に分かりやすく、カナガンと比べるとカナガンほど幅がありません。 例えば、成犬3kgの場合のモグワンの給与量は、76〜83gで、カナガンの給与量は、35〜85gです。 その一方でモグワンの主原料を見ると、お肉とお魚の両方が入ってるので、血液がドロドロになりにくく、運動量が減りがちなシニアにもおすすめのフードなんです。 カナガンの特徴をおさらい• チキンベース• 給与量に幅がある• フードは2kg入り カナガンは、断トツでコスパが良い わたしがカナガンを続けている理由は、ズバリこれです! カナガンは、原材料・品質ともにとても良いのに、コスパがよい。 品質だけを考えたら、もちろんもっと良いフードは見つかると思うんです。 実際、モグワンとカナガンを単純に比べた時に、原材料の多さなどはモグワンの方が微妙に上です。 (カナガンのスタッフが、カナガンを参考に作ったフードがモグワンなので、当然といえば当然ですねw) でも、カナガンでも十分なんです。 ホームセンターで売られているような市販のドッグフードから見たら、モグワンもカナガンも両方ともめっちゃ良いフードです。 つまりドッグフード業界全体から見てみると、モグワンとカナガンの違いって、ほんのわずかの違いなんです。 これくらいの違いなら、私はトッピングごはんでいくらでもカバーできます。 少食の子• 痩せ気味の子• 若い成犬のワンちゃん• 運動が好きな子• (シニアの子)• ママのトッピングも食べたい子 あなた:「なんで、若いワンちゃんとシニア両方にいいの?」 カナガンはチキンベースで、お肉からの動物性たんぱく質が豊富です。 なので、よく動く若いワンちゃんのエネルギーとなるにはちょうどよいです。 その一方で、カナガンは給与量に幅があるため、少食の子やシニアといった食が細くなってきた子には、給与量を減らしても、バッチリ1日分の栄養をとることができます。 シニア犬の場合、お肉のみの動物性たんぱく質だけだと、ちょっと重たく毎日同じものを食べるワンちゃんの体に負担がかかります。 なので「サーモンもINしているモグワンが、シニアにはより良いんじゃないか」という流れになるのですが、我が家ではトッピングで時々お魚を足して、血液がドロドロにならないように気をつけています。 トッピング用のお魚は、タラとかの白身魚や生鮭が多いかな。 家族が食べるためにスーパーで買い物するときに、できるだけ塩の付いてないものを買ってきて、おすそ分けしてます。 小鍋にお湯+お魚を入れて、グツグツと煮てスープにしてカナガンの上にトッピングするだけです。 トッピングごはんにする時には、カナガンはいつも食べてる時より少なめにしています。 またこちらにも書きましたが、 トイプードルにとって、グルコサミンやコンドロイチンが配合なのも嬉しいポイントです。 モグワンとカナガン、フードのにおいの違い フードのにおいは、どちらも強めです。 モグワンもカナガンもイギリス製で非常に似ているフードなので、この辺はあまり大きく変わらないかな?と思いました。 「モグワンの方が、においがしない」という意見もあるのですが、それはお肉の量が少なくお魚がプラスされてるからかなぁ?と思いました。 モグワンの方がにおいがしないとしても、それは微々たる違いです。 ネットでにおいまでは伝えられないので、色をくらべてみます。 見た目ほとんど変わりません!実物を比べても、そっくりですw もしも、モグワンやカナガンのフードのにおいが気になる場合は、国産のナチュロルがおすすめです。 ナチュロルは、最近発売されたばかりの国産のグレインフリーのドッグフードなんですが、フードの色が、モグワンやカナガンに比べるとかなり薄めです。 フードのにおいも少なく、しいて言うなら素朴なお魚のにおいがするくらいです。 販売ページを見ると、 「モグワンは手作りフードに近いからトッピングごはんしやすい」 「シンプルな原材料だからトッピングしやすい」と書いてあり、カナガンには書かれてないので、 「トッピングごはんするならモグワンの方がいいのかな?」と思いがちですが、 カナガンも素材の味をいかした十分シンプルな原材料になっています。 モグワンは、フードの中にお野菜やくだものも既にたくさんの種類が入っています。 なので「トッピングは不要かな?」と思いがちですが、ドライフードでは酵素が壊れてしまうので、 生のものをトッピングすることで、酵素を時々取り入れてあげたいですね。 あとドライフードだけでは、水分不足も心配だしね。 くーmamaは、生のものとしてお野菜やくだものも時々足しています。 りんごやキャベツを細かくしてあげることが多いかな〜。 うちのくーは、生のものがあまり得意ではないので、消化しやすいように細かくしたり 初めての食材は少量からはじめたり、少しだけ火を通したりと様子を見ながら加えています。 モグワンとカナガン、悩むならフードのローテーションはいかが? モグワンとカナガンのどちらがよいか悩むなら、いっそのことフードのローテーションはいかがでしょう? もしくは両方試して、ワンちゃんに好きな方を選んでもらうのもおすすめです。 そのためくーmamaがこっそり販売元に聞いてしまった、一番オトクな買い方がおすすめです! その方法とは、 「3袋まとめて買って送料無料にして、お届け周期を長くする」という方法です。 しかしそれはモグワンだけ3袋、カナガンだけ3袋の必要はないのです。 なので、例えばモグワン1袋+カナガン2袋をまとめて買って、次のお届け日を最大の13週間後にします。 >> 【まとめ】スペックが上なのは、モグワン 値段を見ずにカナガンとモグワンを比べた場合、 ドッグフードのスペックはモグワンの方が上です。 しかしカナガンも充分よいフードのため、愛犬との相性や飼い主さんのお財布事情で選んでもOKです。 悩むならフードのローテーションも視野に入れてみましょう! アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉を主原料に使用しています。 グレインフリーではありませんが、アレルギー性の高いとうもろこし・小麦は使用していません。 消化吸収率がとても高いため、少ない給餌量で1日分の栄養を賄うことができます。 少食の子にとくにおすすめ! 大食いさんは、食べ過ぎると確実に太るため要注意。 グルコサミン、コンドロイチンが配合なのも嬉しいです。 給餌量が少ないため、 プレミアムフードの中で抜群にコスパが良いです! 1. 5kg入り3,142円(税抜)のところ、同じものがなんと1,000円でお試しができます!! 超お得なので、お試しだけでも買っておくとよいです。 (そのまま定期コースに移行するというシステムではないので、安心して買ってOK) 1日あたりの給餌量 1日あたりのコスト 1ヶ月あたりのコスト 3kg成犬 33g 74円 2,220円 4kg成犬 45g 101円 3,030円 5kg成犬 55g 124円 3,720円.

次の

モグワン100円モニターのお試しはサンプル!危ない仮予約の回避法

モグワン 1袋 量

「モグワン」ドッグフードを試してみた まずは今回協力してくれた小型犬のノーフォークテリアと「モグワン」のツーショットから。 すでにモグワンに興味深々のようです。 モグワンは1袋1. 8kgのワンサイズのみ。 おしゃれなパッケージデザインが素敵です。 袋のままテーブルに置いておいてもインテリアの邪魔をしませんね。 でもこの様子だと手の届くところに置いておくと勝手に食べられちゃうかも。 モグワンの袋のサイズはおおよそ縦34cm、横21cm、厚さは一番ふくらんでいるところで12cmくらい。 それでは「モグワン」の袋を開封してみます。 手できれいに切れました。 袋にはしっかりとしたジッパーがついているので、開封後も安心です。 モグワン1粒のサイズは直径1センチくらい。 真ん中がへこんだ円盤状の形です。 今回モグワンを食べてもらうノーフォークテリアのワンちゃんは体重約7kgの去勢済み5歳。 モグワンの給与量は成犬7~8kgで1日あたり132~146gなので1日約120gを朝晩2回に分けて1回60gくらいですね。 今回はモグワン初挑戦なので今まで食べていた大粒のフードと半分ずつを食べてもらいましょう。 左側の濃い茶色の円盤型のフードがモグワンです。 ドッグフードを変えるときに気になるのは食いつきです。 いくら安心安全な良いフードでも愛犬が食べてくれないと困ります。 それでは「モグワン」を食べる様子を動画でどうぞ。 ヒューマングレードの原材料を使用 イギリス産チキンやスコットランド産サーモンをはじめモグワンはヒューマングレードの肉・魚・野菜といった原材料を使用しています。 しかもペット先進国であるイギリスで高評価のペットフード専門工場で製造。 原材料が到着すると品質テストにかけられ、このテストをパスした原材料だけがドッグフードの生産に使用されるという安心さ。 生産ラインを通ってパッキングされたドッグフードの袋には1つ1つ製造番号が付けられます。 この製造番号で原材料のロットまでトラッキングできるというから徹底していますね。 もともとは肉食といわれる犬ですが、現代の犬は人間との生活が長く雑食性が進んでいるとはいえ、人間よりもタンパク質の要求量が多い動物です。 やはり良質な動物性タンパク質をしっかりと摂ってもらいたいですね。 グレインフリー モグワンは穀物を使用しないグレインフリー。 穀物が苦手なワンちゃんにも安心して食べてもらえます。 メイン原材料はチキン生肉と生サーモン。 平飼いのイギリス産チキンの生肉と、スコットランド産の生サーモンが使われています。 食材 食物アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)として良く挙げられる食材と、中身が不透明な表示(〇〇ミール、〇〇副産物)がナチュロルの原材料表示にあるかどうかチェックしました。 1日あたり給与量 1袋で何日分? 1か月に必要な袋の数は? 30g 60日 0. 5袋 40g 45日 0. 7袋 50g 36日 0. 8袋 60g 30日 1袋 70g 25. 7日 1. 2袋 80g 22. 5日 1. 3袋 90g 20日 1. 5袋 100g 18日 1. 7袋 110g 16. 4日 1. 8袋 120g 15日 2袋 130g 13. 8日 2. 2袋 140g 12. 9日 2. 3袋 150g 12日 2. 5袋 160g 11. 3日 2. 7袋 170g 10. 6日 2. 8袋 180g 10日 3袋 190g 9. 5日 3. 2袋 200g 9日 3. 3袋 300g 6日 5袋 400g 4. 5日 6. 7袋 500g 3. 6日 8. モグワンの保存期限は? モグワンの賞味期限は未開封の状態で製造日から18か月。 開封後は3か月以内になるべく早めに使い切りましょう。 公式サイトから注文すれば賞味期限まで1年以上のモグワンが届きます。 保管場所は冷蔵庫はおすすめできません。 直射日光が当たらない場所で高温多湿を避けて、しっかり密封して保管してください。 モグワンのサンプルやお試しの方法は? 評判も良さそうだけど、うちの愛犬は食べてくれるかどうかが心配ですよね? モグワンはサンプルはありませんのでお試ししたい方も1袋購入する必要があります。 安く購入したいなら公式サイトの定期コースがおすすめです。 モグワンの通常価格は1袋 3,960円。 価格はすべて税抜きで送料は全国一律640円です。 注文合計金額が税抜き10,000円以上で送料無料、代引きの場合の代引き手数料も無料になります。 最初に1袋だけ定期コースで購入した場合、クレジットカード支払いなら3,564円+消費税+送料640円で4,489円になります。 (記事執筆時点) モグワンは公式サイトのほかでも購入できますが注意点もあります。 Amazonで買う場合は必ず販売元の株式会社レティシアンが出品しているモグワンを購入しましょう。 転売商品が出品されていることもあるので、品質が心配だったり賞味期限が短かったりというという問題が発生することがあります。 やはりAmazonで購入するよりも公式サイトで定期コースを利用した方が価格は安くなることが多いので、公式サイトから購入する方がおすすめです。 1日あたり給与量 2袋で何日分? 1日あたりの食費 1か月あたりの食費 30g 120日 57円 1710円 40g 90日 75円 2250円 50g 72日 94円 2820円 60g 60日 113円 3390円 70g 51. 4日 131円 3930円 80g 45日 150円 4500円 90g 40日 169円 5070円 100g 36日 187円 5610円 110g 32. 7日 206円 6180円 120g 30日 225円 6750円 130g 27. 7日 244円 7320円 140g 25. 7日 262円 7860円 150g 24日 281円 8430円 160g 22. 5日 300円 9000円 170g 21. 2日 318円 9540円 180g 20日 337円 10110円 190g 18. 9日 357円 10710円 200g 18日 374円 11220円 300g 12日 561円 16830円 400g 9日 748円 22440円 500g 7. ほかに1回お届けにつき送料640円がかかります。 1か月を30日として計算しています。 租たんぱく質 28. 1袋の容量が1. 8kgのワンサイズのみなので超小型犬のわんちゃんや食が細いわんちゃんには少し多く感じるかもしれませんが、モグワンの袋にはしっかりとしたジッパーが付いています。 きちんと袋の口を閉じて冷暗所に保管してあげましょう。 モグワンについて何か心配事があれば電話などで問い合わせることも可能です。 問い合わせ方法は公式サイトに記載がありますので安心。 モグワン、いつまでも健康でいてほしい愛犬に食べさせてみたいフードです。

次の

モグワン口コミ。定期購入をお試し→3ヶ月で解約

モグワン 1袋 量

手作りレシピを再現したイギリス産のドッグフード「モグワン」。 良くも悪くもいろんな口コミや評価をされてしまっているドッグフードなので、モグワンに対して 悪い印象を抱いている人も少なくありません。 そこで私は、1人の飼い主として公平にモグワンを評価することにしました。 実際に 約3年(2020年7月時点)ほどモグワンを利用している私だからこそ分かるメリット・デメリットもあるので、その辺りも詳しく紹介していきたいと思います。 原材料 5. 0 栄養バランス 5. 0 無添加 5. 0 安全性 5. 0 コスパ 4. 0 内容量 1. 8kg 価格 【通常】3,960円 【定期】3,564円 ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中! 目的 総合栄養食 タイプ ドライフード 対応年齢 全年齢対応 原産国 イギリス 目次• まずはモグワンドッグフードの中身をレビュー! 我が家ではもうかれこれ3年ほどモグワンを購入しています。 原材料の下に黒字で印字されているのが、 賞味期限と 製造ロット番号です。 これですね。 給餌量はパッケージの横に記載されています。 それでは次に、袋を開封してみましょう。 実はモグワン、マジックテープっぽいチャックを採用しています! このチャックを採用しているドッグフードがまだまだ少ないので、初めて見た時とても感動しました。 開け閉めしやすいうえに、保管性がすごくいいので助かってます。 袋の中からは、 ジャーキーのようないい香りが漂ってきます。 サーモンをたっぷり使っているドッグフードですが、魚の匂いはほとんど感じません。 少しお皿に出してみましょう。 粒の雰囲気がうまく伝わりますかね?真ん中に穴が空いた ドーナッツ型の小粒です。 油っこさは感じず、手に持ってもベトベトになることはありません。 粒の大きさは 直径8mm~1cmといったところでしょうか。 口の小さな犬や小型犬でも問題なく食べれる大きさですよ。 粒の厚みもそこまでありません。 そもそもドーナッツ型が噛みやすい形状なので、 よほど歯が弱くない限り食べづらさをあまり感じないかと思います。 ちなみに、モグワンの販売会社(レティシアン)が取り扱う他のドッグフード(と)の粒も同じ形状です。 色味がやや違うだけで、形も大きさもすべて一緒です。 ちなみに我が家では、いつもモグワンの上に何かしらトッピングしています(お肉・ウェットフード・果物・ヨーグルトなど)。 ウェットフードはAATUやアルモネイチャーなど質の良いものをあれこれローテーションし、ヨーグルトは無糖のプレーンヨーグルトを利用。 そして、 トッピングする時は必ずモグワンの量をちょっと減らします。 じゃないと栄養過多になってしまいますからね。 相変わらずパクパクと夢中で食べています。 モグワンに切り替えたばかりの頃は警戒して残すこともしばしばありましたが、今は残すことはまずありません。 いつも袋を開けるたびに喜んで駆け寄ってくるくらいなので、よほどモグワンを気に入っているのでしょう。 モグワンドッグフードを3年続けて分かったこと! 我が家ではもうかれこれ3年ほどモグワンを利用していますが、愛犬はこれまでモグワンを食べ残したことはなく、毎回きれいにペロリと平らげています。 粒の大きさも丁度いいようで、口からポロポロこぼすこともありません。 モグワンを食べているこの3年間はうんちも良好。 軟便や下痢をしたことは一度もなく、吐いたり嘔吐したこともありません。 そんな愛犬はもうすっかり11歳のシニア犬ですが、周りからは「シニアには見えない」とよく言われるほど動きも軽快。 よく成犬と間違えられるほどです。 それはモグワンのおかげなのかどうかは分かりませんが、犬の見た目は食事内容でも変わると言いますから、きっと愛犬にとってモグワンは良いご飯になっているのでしょう。 愛犬がモグワンに落ち着いてから、 「良い食事は犬の健康と幸せを守る」という意味がとてもよく理解できるようになりました。 もしモグワンを試してみようか迷っているのであれば、一度実際に1袋試してみるといいと思いますよ(もちろん愛犬の体質に合わない原料が入っている場合は控えて下さいね)。 じゃないと、 ネットの嘘くさい評価やそれを叩くブログに振り回されて終わります。 変なドッグフードなら「買う前によく考えて!」とアドバイスできますが、モグワンに関しては止める理由が見つかりません。 ご自身の愛犬とモグワンの原材料の相性が良さそうであれば、 きっとモグワンは愛犬にとって良いご飯になると私は思っています。 デメリット• 小粒しかない。 鶏肉アレルギーのある犬には食べさせられない。 お試しサンプルがない。 ステマサイトが多いから良さが分かりにくい。 個人的にはすごく好きなモグワンですが、どんなドッグフードもやはりメリットばかりではありません。 最近の日本は小型犬向けのドッグフードが非常に多く、モグワンも残念ながらその1つです。 中型犬や大型犬には粒が小さいうえに、 コスパが良いとは決して言えません。 あと、気軽に試せるサンプルがないのもモグワンの欠点ですね。 「サンプルじゃなくて最初から1袋試してね」というのがモグワンの販売スタイルなので、もともと本商品から試すことに慣れていない人は抵抗を感じるかもしれません。 やはりここまで徹底して調べないと、モグワンの本当のところを評価するのは難しいです。 調査から分かったのは、モグワンは怪しいドッグフードでも変なドッグフードでもないということ。 むしろ、 犬の健康としあわせをきちんと考えて作られた良質なドッグフードです。 まず、モグワンの特徴を見てみましょう。 欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアしたイギリスの工場で製造。 人間用の食品工場で加工出荷された原料のみを使用。 原料をスチームで低温加熱調理。 トレーサビリティが確保されている(製造ロット番号の印字)。 輸送中の温度管理も徹底されている。 副産物・遺伝子組み換え食品不使用。 合成保存料・着色料・香料など不使用。 肉・魚・野菜・果物をバランスよく配合。 モグワンにはこれといって不安な要素がありません。 強いて言えば、原料をどこから調達しているのかもっと具体的に開示してあるといいですね。 質の良い原料を使うためならイギリス国内に限定しないのがモグワンですが、どこの国・地域から仕入れているのか説明があるとより安心して使えるのになと感じました。 監査・質問調査・製品分析などあらゆる品質検査をクリアした人間用の原料のみを使っているとのことなので、余計な不安を抱く必要はないと思いますけどね。 個人的に気になったのはそれくらいで、モグワンは欲しい食材がバランスよく入った理想のドッグフードです。 モグワンを食べていれば、お肉だけに偏る心配もなく魚だけに偏る心配もない。 肉も魚もちゃんと食べれて、そのうえ抗酸化成分が含まれた野菜や果物もバランスよく摂取できます。 とくにオメガ3脂肪酸が豊富な サーモンオイルと、 関節軟骨成分(グルコサミン・MSM・コンドロイチン)が入っているのはポイントが高いですね。 これらをサプリメントで追加する人も多いですから、ドッグフードの中に最初から含まれていれば余計な追加もなく、コストの面でも大助かりです。 モグワンについていろいろ調べると、 単純にどのサイトでも評価が高いから選ばれるのではないんだなということがよく分かります。 質も安全性も高くて価格が良心的。 この絶妙なバランスが、選ばれる最大の理由なんだと分かりました(実際に私もこのバランスに惹かれて購入を決めました)。 ネット広告を見て購入しました。 はじめの2回は完食しましたが、その後は残すように…。 手であげても床に落として食べません。 他のメーカーの小粒フードなら完食します。 涙やけは良くなったように感じますが、それがモグワンのおかげなのかはよく分かりません。 高いフードだったので残念です。 次回は買いません。 モグワンドッグフードの口コミ・評判まとめ モグワンの口コミを調査するにあたり、実際に利用している飼い主さん2人から直接感想を頂戴し、あとは通販サイト、SNS、ブログなどでモグワンの口コミをリサーチしました。 そこから分かったのは、 悪意のある口コミが多く紛れ込んでいるということです。 「モグワンは悪評が多い」と言われるのはこのせいでしょう。 実はこれ、モグワンだけでなく人気ペットフードによく見られる行為です。 ネット上の口コミをよく参考にする人は、ある程度一歩引いた目線で参考にすることが大切です。 最近よく、ブログやTwitterなどで人気ペットフードの悪質なデマを流す人がいるんじゃ。 すべてが本物の口コミだと思い込まない方がいいぞ。 口コミや評価は個人的な主観が入っているものがほとんどですから(もちろん当サイトもそうです)、参考程度に留めてうまく活用するのが賢いやり方かと思います。 もしくは、モグワンに関しては実際に利用している人から直接感想を聞くといいでしょう。 ネット上にある口コミよりも、正直な感想を聞くことができますよ。 口コミや評判に振り回されないためにも、 まずはご自身でしっかりペットフードについて勉強されることをおすすめします。 その上で、モグワンというドッグフードを判断しましょう。 そして、 愛犬の体や健康についてもよく理解することです。 じゃないと、そもそも体質に合った相性の良いドッグフードを選ぶことはできません。 モグワンドッグフードの価格は公式サイトが安い! 調査した結果、 モグワンを安く購入できるは公式サイトであることが分かりました。 楽天での販売はありません。 1〜2袋だけ購入する場合はAmazonの方がお得ですが、まとめ買いをする人や継続する予定のある人は、公式サイト経由の定期コースを利用した方が割引も入ってお得です。 初めての人ならモグワンドッグフードを1,980円で試せる! Amazonだとモグワン1. 8kgが 4,968円(税・送料込)。 公式サイトなら、初めての人に限り同じサイズを 1,980円(税・送料別)で購入することができます。 計算すると、 公式サイトなら約2,190円ほど安くモグワンをお試しできるんですね。 質の良いドッグフードの中にはもっとお値段が張る商品もありますから、そう考えるとモグワンは価格が良心的だなと感じます。 定期コースはいつでも解約・休止・変更が可能! 「定期コース=変な縛りがある」と思われやすいのですが、モグワンの定期コースにはややこしい縛りが一切ありません! 次回お届け予定日の7日前までに連絡すれば、いつでも好きな時に解約・休止・変更などが可能です。 \【限定】今なら初回50%OFF!/ モグワンドッグフードとカナガンドッグフードって何が違うの? モグワンとは、同じ販売会社が取り扱ってる商品ということもあり、比較されることが非常に多いドッグフードです。 一体どのような違いがあるのか? 内容量や価格をはじめ、原材料、保証成分値、特徴などを詳しく比較してみました! 項目 モグワン カナガン 内容量 1. あとオメガ3脂肪酸にも注目して欲しいのですが、 モグワンはカナガンよりもオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているんですね。 これは、モグワンの方がカナガンよりも0. 愛犬の皮膚や被毛の健康維持をより意識したいのであれば、少しでも多くオメガ3脂肪酸が含まれたモグワンを選ばれるといいかもしれませんね。 どちらが良いのか?というのは愛犬の体質・健康状態によって変わりますので、 それぞれの違いをよく比較し、その上で適したフードを選んであげるようにしましょう。 サーモンの匂いが苦手。 香料や調味料が添加されたドッグフードに慣れてしまっている。 粒の形や硬さが気に入らない。 これらは、数々の口コミの調査からなんとなく読み取ったこと、そして 実際にモグワンを食べなかった犬の飼い主さんからお話を伺った結果をまとめています。 では一体、どのようにこれらを解決したらいいのでしょうか?理由別に対策方法を紹介していきたいと思います。 サーモンの匂いが苦手な場合 実は、私の友人が飼っているトイプードルもこれでした。 魚が入っているドッグフードはことごとくダメで、チキンやラム肉などのドッグフードは毎回喜んで完食します。 もしもこのタイプに当てはまる場合、 無理にモグワンを与える必要はありません。 むしろ食べない方が不健康なので、好きなお肉が使われているドッグフードに切り替えましょう。 香料や調味料が添加されたドッグフードに慣れている場合 香料(フレーバー)や調味料を添加しているドッグフードに食べ慣れている犬の場合、そういったものを敢えて添加していないモグワンを食べ渋ることがあります。 モグワンに慣れてくると何でもない場合がほとんどですが、慣れるまでは 今まで与えていたフードも少し混ぜながら時間をかけて移行してみるといいでしょう。 粒の形や硬さが気に入らない場合 モグワンは口の小さな犬でも食べやすい形状ですが、中には小さすぎて食べづらい、硬くて食べにくいと感じて食べ残す犬もいます。 そんな時は、 ぬるま湯でふゆかすなどの工夫をするといいでしょう。 食感が変わることで食いつきが良くなることもあります。 \【限定】今なら初回50%OFF!/ モグワンドッグフードの給餌量は1日どれくらい? モグワンの給餌量についてはパッケージに記載されているので、ここでは それぞれのライフステージに合ったモグワンの与え方や注意点をまとめてみました。 子犬の場合 子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。 月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。 生後5~6ヶ月頃から、餌の回数を1日 2回程度にします。 成犬の場合 成犬は、 15kgまでは体重の1. ただし、個体差や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。 犬は食餌と食餌の間隔が長くても大丈夫なので、餌の回数は1日 2回で問題ありません。 消化率や代謝率が低下するため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。 餌の回数は、消化器への負担を軽くするためにも1日 2~3回に分けて与える必要があります。

次の