パチンコ ハイエナ。 パチンコの天井ハイエナ狙いは案外難しいのでご注意を

パチンコ天井機能について分かりやすく説明します|大ハイエナ時代|初心者向け

パチンコ ハイエナ

解説 [ ] パチスロ [ ] パチスロ0号機、1号機、1. 5号機は殆どの機種にが存在し、一定以上の投資をすると、「救済処置」としてフラグが立つようになっていた。 又、終了後の一定ゾーンは高確率でが当たるゾーン(現在のゲーム)が用意されていた。 そのため、この天井や連チャンゾーンを狙うプレイヤーが増え、他のが獲得した獲物を漁るに例えて呼ばれるようになった。 吸い込み方式が廃止され、が登場した後では、リーチ目が難解でボーナス告知もない機種で、ボーナスフラグが成立していることに気づかずに遊技をやめてしまったプレイヤーの後でプレイし、ボーナスを獲得する行為も見られた(この間も「裏モノ」と呼ばれる改造機ではボーナスの可能性の高いゾーンが設定されている台があったため、それを狙うプレイヤーもいた)。 4号機の機能を使った機種では放出テーブルによってストックを放出する確率が高いゾーンが存在するので、そのゾーンに滞在している可能性があるゲーム数や、そのゾーンに近いゲーム数でやめた台、または天井ゲーム数に近い台を渡り歩くこともハイエナと呼ばれる。 5号機に移行した後、4号機のストック機で見られた天井ゲーム数到達でのの放出が不可能になったため、パチスロのハイエナは下火になった。 しかし一部機種において天井は存在し、天井ゲーム数到達で(RT)や(ART)、もしくはそのチャンスゾーンに突入するため、これを狙うプレイヤーもいる。 パチンコ [ ] 1990年代のパチンコ機の中には、乱数テーブルに意図的に大当たりの連荘が起こりやすいゾーンを設けていた機種があり(ブラボーキングダムなど)、そういったゾーンにある台を狙う行為があった。 その後の規制によりこの種の台はなくなったが、2000年代になるとを意図的に告知しない「潜伏確変」を搭載する機種が登場するようになった。 この場合液晶演出上は通常と同じでも、実際は確変状態にあるということがあり、確変潜伏状態にある台を狙うハイエナ行為が生まれた。 2006年1月前後から始まったパチンコの「潜伏確変台」ラッシュは、潜伏台拾いのみで生活するエナ専(ハイエナ専業)という存在を生んだ。 彼らは一日中パチンコ店を徘徊し、潜伏状態の台があれば張り付き、潜伏状態のまま客が退席すると同時に台を確保する。 しかし、現在は常時確変告知をする機種がとても少なく、各メーカーも確変を捨てさせない演出を搭載しつつあるので、ハイエナは難しい。 対策法 [ ]• 遊技台の特徴を知る(連チャンゾーンを消化した後に出されたのなら、運が悪かったと諦める)。 ハイエナが発生しやすい状況は基本的には後の即やめといわれる。 パチスロでの例 [ ] パチスロにおいて(RT)機能やボーナスストック(ST)機能、(AT)機能などを搭載している機種では、大当たり後数十ゲームから百数十ゲームほどプレイしてしばらく様子を見なくてはならない。 の前兆状態(32ゲーム以内のボーナス放出確定状態)を例に挙げると、ボーナス放出のフラグが立つ可能性が強い小役(スイカ・中段チェリー・レアリプレイなど)が成立した際は潜伏状態の最大ゲーム数である32ゲーム回してからの遊技終了が好ましいとされる。 パチンコでの例 [ ]• での基準は、「肩チャッカー」入賞、「役物球バサミ」後「空リーチ」4回以上(プレイヤーの勘に頼るところもある)。 飛ばされた先の乱数グループ位置も推定できたようだが、次回の連チャンゾーンを狙うかどうかは、出玉や所持金で判断することになる。 乱数1グループ飛ばすのに平均3000円かかる。 この場合次回連チャンゾーンまで15000円以内と想定されるならプレイ続行。 潜伏確変を搭載している機種でも、確変中または確変大当たりの時に台の状態をなどで表示している。 このLEDの点灯パターンを覚えることにより、潜伏確変を見逃すことを防げる。 現在の潜伏確変台の見分け方は大きく分けて3つある。 「常時判別」・・・確変状態になると、盤面のランプが点灯し続ける。 判別は容易だが、最近は減少している。 銀河鉄道物語、五右衛門、鬼浜など• 「演出判別」・・・確変状態になると、通常状態に比べて演出が変化したり、ある特定の演出の出現確率が上がることを利用して判別する。 侍ジャイアンツ、萌えよ剣、花の慶次、ゴジラなど• 「ランプorセグ判別」・・・大当たりラウンド中の盤面ランプ(LED)の色や配列、または盤面セグのパターンで、大当たり後が確変か通常かを判別する。 新大江戸日記、ピンクレディー、プロゴルファー猿、覇ロードなど 常時判別はいつでも判別可能だが、ランプ、セグは大当たりラウンド中、または突然確変突入時の一瞬にのみ判別可能なので、常時判別出来る機種以外で潜伏確変台を拾うことはほぼ不可能。 ランプやセグの情報は、台の導入と前後してに掲載されることがある為、雑誌をチェックしていれば、潜伏確変台を捨ててしまう可能性は低くなる。 この項目は、やに関連した です。 などしてくださる()。

次の

パチスロ『ゴッド凱旋』ハイエナの記録!「どれほど勝てるのか」を検証!!

パチンコ ハイエナ

世の中には「勝つ人」と「負ける人」がいる。 ギャンブルや勝負の世界で生きる人は、「結果」だけがすべてと認識しているでしょう。 勝つためには手段を選ばない、勝つことが正義。 そんな、強者の考え方、行動パターン、行動力を紹介していっちゃいます。 ハイエナ・・・は勝つための勝率がいい手段でしかなく、他に攻略法があればそっちも取り入れる。 パチンコ、パチスロだけでなく勝てるギャンブルがあればそれもやる。 しかし勝負は常に真剣。 普通の仕事をしたくない、楽して稼ぎたいとはじめたギャンブルなのに、勝つためにあらゆる勉強と練習と投資を惜しまない、それがギャンブラー。 朝から夜まで打ち続け、腰痛になりながら、昼飯を抜きながらやりつづける意志力。 時給に換算したらそこまでたいした稼ぎじゃない人もいるでしょう。 フリーターでバイトやってるほうが楽だと言うパチプロもいるぐらい。 楽しくなくて何が人生か、そんな想いで勝負しつづけるのかもしれない。 このブログでは、勝負師たちの体験談から、ビギナーの体験まであれこれ投稿していきます。 こんな人もいるんだよ、、、という参考になれば! 管理人のハイエナ体験記 大学生の頃、4号機のゾーン狙いのハイエナで稼いでいました。 4号機はゲーム数で当たりやすいゾーンが区切られており、例えば4号機の代表的な機種である主役は銭形なら1~181Gまで、パチスロだよ黄門ちゃまなら1~128Gまでという風に、そのゲーム数の間は当たりが割り振られている確率が高かったのです。 このゾーン内で空き台になっている台を狙っていく事で、収支を上げる事ができました。 ただし、情報の飲み込みが早い若者が多いパチンコ店は狙い目の台が落ちている事は少ないので、年配の方が多いお店が狙い目でした。 ハイエナで収支を上げるには、少ない枚数でも面倒がらずに精算する事が必要でした。 普通だと30枚くらいしかメダルが残っていなかったら、適当に打って使ってしまう人が多いのですが、この数十枚も大事に精算しなければ、ハイエナで収支を上げる事はできませんでした。 また貯玉システムがある場合、特に等価交換以外のお店の場合は貯玉の利用も必須でした。 ハイエナは基本的に地味な作業で、狙い目の台が落ちていなければ何もやる事がありません。 また学校の授業や他の用事の時間が迫っている時は打っている途中でもやめなければならず、自分がハイエナされてしまう事もありました。 ハイエナで印象に残っているのは、設定6っぽい主役は銭形を打っていたおじいさんが突然やめていった台に座っての6000枚オーバーと、客層が厳しい店でなぜか落ちていた花火百景の推定設定6の台を拾った事です。 おじいさんなどの年配の方は、スロット雑誌を見て台の情報収集や設定推測などをしないので、出ていても突然やめて行ったりチャンスゾーンでやめてしまう人も少なくないので、やめた後は結構チャンスでした。 また客層が厳しいお店ではハイエナできそうな台はほとんど落ちていないのですが、そういうお店でなぜか高設定を示唆するデータの花火百景が落ちていたのは本当に意外で、まさにお宝を発見したような気持ちになりました。 この他には、ある時私が良さそうな台を見つけてデータランプを見ていると、ドル箱を持った男に足で小突かれて台を横取りされた事がありました。 勿論むっとしたのですが、非力な私は台を明け渡してしまいました。 その後、私は何とか他に良さそうな台を見つけて調子もよく結構出していたのですが、さっきの台がどうなったのか気になって見に行くと、横取りした男のドル箱は空になっていて全然出ていませんでした。 そのあと少しして、その男は私の台のある通路を通って帰って行ったのですが、出ていた私の台をチラッと見て行ったのが台の反射でわかり、してやったりと思ったという事もありました。 4号機時代は専業の人も出るくらい収支を上げやすい時代で、月収支50万円以上なんていう人もチラホラいたものでした。 私は3年間くらいやって月収支5万円ほどだったのですが、4号機時代は面白い台が多く、楽しんで打てたのでよかったと思います。

次の

スポット収支を狙えるハイエナ機の立ち回り方 / 中古パチスロ実機販売

パチンコ ハイエナ

2020年5月19日 遊タイムと言わなきゃ怒られそうですが、天井時短搭載の機種が少しずつデビューしています。 それに関連して、遊タイムの狙い目や期待値を有料NOTEでお金を取るべきか?云々の議論がTwitterでありました。 個人的には 「パチスロの天井ハイエナより立ち回りが難しいので、有料化でも別に問題無いのでは?!」 と考えております。 そんな中、パチスロ ジゴク耳のわたるさんが無料で 「リング 呪いの7日間2の天井期待値を算出するツール」 を公開されていました。 リング 呪いの7日間2の天井期待値を算出するツールをブログに載せました 無料 結構狙えそうなので、ぜひ参考にしてください。 RTで拡散していただければ嬉しいです。 — わたる パチスロ ジゴク耳 zigokumimi777 パチンコの天井ハイエナはスロットのハイエナのように立ち回ればOKでしょ と思っている人が多いでしょうから、それは結構危ないです。 実際どれくらい期待値があるのか 上記の記事で試しに色々入力して下さい。 6なら、半分の443回ハマっていれば、パチスロの感覚なら余裕で期待値プラスだと思います。 3) 2698円と悪くない数字に見えますが、パチンコは1回転にかかる時間がパチスロよりも長いです。 僕は一線から退いているので、こんな台が落ちてたら喜んで打ちますけど、飯を食う基準で言えば微妙でしょう。 でもパチンコ打っている人なら解ると思いますが、上記のような調整の台ばかりではなく、現実はこんな感じです。 釘がある程度見れないと、期待値マイナスの台を打つ結果となるでしょう。 釘の見方は下記の記事を参考にして頂ければと思いますが、 現在の所は 自分の地域だと設定狙いはまだ難しい感じがしますので、どうしても遊タイムのハイエナに頼りたくはなりますが、対象機種がまだ少ないのというのもあり、実際ハイエナ台が落ちている頻度はそんなに高くありません。 そして、コロナウイルスの影響を心配している人がまだ多いと思います。 ハイエナで歩き回るのは店や他の客の心象はあまりよくありません。 出禁リスクを回避するために最小限の徘徊にとどめておくべきだと考えます。 — さとっしー 4しかツモれないマン enaena11111.

次の