スノボー 選手。 平昌で金メダルのショーン・ホワイト、スノーボード界で嫌われている?

平野歩夢

スノボー 選手

平野歩夢選手がスケボーでオリンピックへ!そんなことは可能なのか? 出典: 先日、平昌オリンピックで見事2大会連続でメダルを獲得した平野歩夢選手ですが、 実はその後のインタビューで、今度はスケボーを極め、可能性があれば東京オリンピックに出場したいとの発言をし、現在話題となっています。 野球界では大谷翔平選手の投手と打者の二刀流が話題となりましたが、平野歩夢選手は、スノボーとスケボーの二刀流にチャレンジするというのです。 これにはさすがに驚く人も多いと思いますし、実際に夏と冬の両方の オリンピックに出場するなんてことになったら、本当にすごいことですよね。 この発言に、わくわくしている方も多いでしょう。 ただ、スノボーとスケボーは、ボードの上にのってバランスをとるという意味では似ていますが、実際はボードの大きさにも違いがありますし、スケボーは足も固定しないため、似て非なるものと考えたほうが良いのではないかと思います。 しかし、実はスノボーの選手には、 高い次元でこのスノボーとスケボーの両方を両立している選手もいるのです。 そして、その代表的な選手の1人が、今回平野歩夢選手を見事押さえて優勝した、ショーン・ホワイト選手なんです! ヤバすぎるでしょ!ショーン・ホワイト選手の経歴まとめ! 出典: 今回、平野歩夢選手を抑えて見事優勝したショーンホワイト選手は、アメリカ代表の31歳の選手で、スノーボード界における数々の大会で優勝を果たしてきたレジェンド的な存在です。 そして、なんとプロのスノーボード選手になるのと時期を同じくして、スケートボードのプロにもなり、2005年にはスケートボードの国際大会「Dew Action Sports Tour」で見事優勝。 同じ大会で、2010年にも優勝を飾っており、まさにスノボーとスケボーを高い次元で両立できるということを結果で示した最高の選手なのです。 だからこそ、平野歩夢選手がスケボーでオリンピックに出るというのも何ら不思議な話ではないのです。 そもそも、スノボー選手はオフのシーズンはスケボーで感覚を養っているという方が多いようで、平野歩夢選手も、3歳からスノボーとスケボーを同時に始めたそうです。 スノボーの腕から見てもスケボーの技術も超一流でしょうし、これで本当に夏のオリンピックに出るなんてことになったらすごい話ですよね。 ちなみに、そのスケボーでも世界レベルのショーンホワイト選手は、実はスケボーではオリンピックに出場したことはありません。 というのも、実はこのスケートボードが夏のオリンピックの正式種目として追加されるのは、 今度の東京オリンピックが初めてのことなんです。 なので、平野歩夢選手も夏のオリンピックに出るかもしれませんが、ここに、またしてもショーンホワイト選手が立ちはだかる可能性もあります。 いやはや、冬と夏って基本全く違う選手が出場するものだと思いきや、これは非常に面白いことになりそうですね~! スポンサードリンク スノボーとスケボーの違いとは? というわけで、スケボーが夏のオリンピックの追加種目になるということもあり、スノボーの選手で、スケボーでの夏のオリンピック出場を目指している方も少なからずいるのではないかと思いますが。 そのうえで、スノボーとスケボーの 違い、そしてスノボーを特に中心として行ってきた選手にとって、スケボーでも出場するための課題とはいったい何なのでしょうか。 ということで、スノボーとスケボーの違いを調べてみたのですが、主な違いとしては以下のようなものが挙げられるみたいです。 板の長さ• 足を固定しているかどうか• 滑る場所 です。 これらは初心者でも思いつきそうなものですが、結構この辺りの違いによって、スノボーとスケボーは似て非なるものであるといっている方も多いようです。 まずは 板の長さですが、これは明らかにスノーボードの方が長いですよね。 しかし、スノボーはその板の長さがゆえに安定しているように思えますが、実際に滑ってみると結構不安定なんだそうです。 というのもスノボーは雪との摩擦を減らすために板の裏にワックスを塗るそうなのですが、それが故に余計に回りすぎてしまったりして、扱いが難しいんだそうです。 なるほど~ 次に、 足を固定しているかどうかというのは大きな違いですよね。 ここが違うので、その技もスノボーとスケボーでは全然変わってきます。 スノボーは常に足をボードに固定したままくるくる回りますが、スケボーは、片足を離したり、両足を話してボードを手でつかむなんてこともできちゃいます。 先ほどのショーンホワイト選手もやっていましたよね。 このあたりの違いは非常に大きいでしょう。 また、3つ目は 滑る場所の違いです。 当たり前ですが、スノボーは雪の上で滑るものであり、スケボーはコンクリートなどの固い地面の上で滑ります。 だからこそ、スノボーからスケボーに入った方は、最初はケガへの恐怖がすごいみたいです。 平野歩夢選手は、そもそもスノボーでも昨年選手生命に係わる大けがをしていますから、この辺りの事情が少し障害になる可能性は無きにしも非ずって感じですね。 ただ、平野歩夢選手はスノーボードで 世界の2位ですから。 そのあたりの不安そっちのけで軽く我々の想像を超えてくるのでしょう。 平野歩夢選手の今後の活動に注目です! まとめ 今回の記事では、平昌オリンピックで見事銀メダルを獲得した平野歩夢選手が、夏の東京オリンピックを目指すということで、それが可能なのかどうかということなどについてまとめさせていただきました。 スノボーとスケボーはスポーツとしては似て非なるものという意見も多くありましたが、やはり体重移動の感覚や、重心が大切という意味では、感覚的に近いものがあるみたいです。 平野歩夢選手は、現時点ではスノーボーダーというイメージがありますが、もしかすると2年後には、世界的なスケートボーダーとしても我々の記憶に刻まれるかもしれません。 まだ19歳ですから、2年後とはいかなくても夏のオリンピックでも活躍する可能性は十分にあります。 本当に今後が楽しみですね。 それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

スノーボード選手一覧

スノボー 選手

2010年のバンクーバー・オリンピックで、マスコミが叩きまくったのが、スノーボード・ハーフパイプ日本代表・國母和宏選手(25)。 そんな彼にいま注目が集まっている。 ソチ五輪で日本代表スノーボードの技術コーチとして、平野歩夢の銀メダル獲得と平岡卓の銅メダル獲得に貢献したためだ。 國母選手がバッシングにあったのは、バンクーバーに向かう際に、日本選手団公式ユニフォームを腰パンにし、ネクタイ緩め、シャツの裾も出すというスタイルで成田空港に現れ、「結果よりも内容。 (滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。 最近のスノーボードはすげぇダセえから」と発言し、バッシングの対象になった。 JOCは日本代表選手団団長の橋本聖子を通じて、スノーボード監督の萩原文和に厳重注意。 また政界では衆議院予算委員会でこの問題について自民党の衆議院議員下村博文が取りあげ、川端達夫文部科学大臣(当時)が批判的な答弁を行なっている。 このようなバッシングにに遭いながらも、選手としての実績はすさまじい。 スノーボード会ではオリンピックよりも価値があると言われることもある、バートン・グローバル・オープンで2010年、11年を1位で連覇しているのだ。 スポーツブランドからのスポンサーも付き、現在は契約金も数億円を突破し、年収にして数千万円、カリフォルニア州に暮らしている。

次の

※平野歩夢がスケボーでオリンピックへ!?スノボーとの違いとは?

スノボー 選手

スノーボードのスラロームとは?ルールを解説! スラロームの基本的なルールやスラロームとは何かをご紹介していきます。 初心者の方にも分かりやすくご紹介していきます。 見所も一緒にお話ししていくので、興味がある方もまずは見所をチェックして、観戦してみてください。 スノーボードのスラロームを以下のポイントで解説していきます。 どんな競技?• 基本ルールを紹介!• 見所はここだ! スラロームはどんな競技? スラロームは今回紹介するスノーボードやスキーのみに関わらず、 バイクやカヌー、車などでも競技とされています。 アルパイン種目の1つともされており、 フラッグが狭い感覚で立っているところをジグザグに駆け抜けていく競技です。 回転競技と呼ばれることも多いですが、スラロームはアルパイン種目の中で最もコースが短く設定されています。 ですが、旗の数は多く細かいターンが要求され、テクニカル系としても扱われています。 ターンの技術力や集中力も重要視される競技です。 通常、予選、決勝と2本ずつのタイムを合算し、勝敗が決められますが、近年では2人が同時に滑ってタイムの速さを競う滑り方もあるようです。 スラロームには 「ジャイアントスラローム」「スーパージャイアントスラローム」などの種類も存在します。 基本ルールを紹介! 滑り終わるまでの速さを競う競技ですが、フラッグが2本で一組で立っており、その間を通っていきます。 先程も少しお話ししましたが、通常、 予選、決勝と試合がありますが、1試合で2本滑り、合計タイムで勝敗が決められます。 フラッグの外側を通過してしまうと 「コースアウト」になってしまい、失格となるので中止しましょう。 転倒してしまい、コースアウトした場合は、通るはずだったフラッグ位置まで戻り、競技を再開することができます。 経験者でも次のフラッグを間違えてしまうほど難しく、より速く通過するために片方の板がフラッグより内側に入ってしまったり、スタート直後に失格の判定を受ける選手もいます。 オリンピックでも失格になってしまう選手が多く、 どこまで攻められるのか見極めることが大切です。 見所はここだ! スラロームは先程もご紹介したように、技術系としてテクニックが重要視される種目でもあります。 同じよアルペン種目 アルペンスキー でも迫力はありますが、スピードはそんなにびっくりするほど出るわけではありません。 見所として、 経験者はテクニックのレベルの高さを見てみましょう。 初心者の方はアグレッシブにポールを倒しながら、ギリギリを攻めていく姿を見てみましょう。 スピードもある程度はしっかりでるので、 テクニックを駆使しながらスピードに乗っている姿も見所です。 ポールのギリギリを攻めることで、出血を伴う怪我をするほど危険な競技でもあるので、 はらはらスリルを味わいながら応援できる競技でもあります。 海外では、国をあげて熱く応援しているスポーツの1つですが日本人選手の頑張りも見逃せない見所です。 スラロームの滑り方のコツとは? ここからは滑り方のコツをご紹介していきます。 通常滑るよりもかなり難易度が高いですが、コツをおさえながら練習してみましょう。 初心者の方も心がけるだけで、濃い練習ができると思います。 スラロームの滑り方のコツは以下になります。 ここではそれぞれについて解説していきます。 次のフラッグまでを意識して、動きをパターン化する• 上半身と頭の位置を意識する• ミドルターンを習得する 次のフラッグを意識して、動きをパターン化する フラッグを抜ける時に、やはり初心者や慣れていない方は目の前にあるものしか見えていないため、スピードが落ちてしまったり、対応が遅れてしまい、体の動きが間に合わないこともあります。 今抜けるフラッグを含めた3つのフラッグを意識して滑るように心がけましょう。 そして、 手と足の動き、ポールを叩く位置、ストックを突く位置もパターン化させます。 足と叩く手の連動をパターン化して練習することでスムーズに滑ることができます。 体をどれぐらいポールの内側にいれるのかもパターン化させると、バランス良く滑り続けられるのではないでしょうか。 初心者の方は、 初めからポールがある状態で、足と手の連動、体の体重移動、そして体の戻すことをイメージして練習してみましょう。 上半身と頭の位置を意識する 体重移動をするにおいて、足元だけではバランスの取れた体重移動は難しいです。 コツとしては、 上半身を上手に使いましょう。 先程のパターン化する練習にも繋がってきますが、 ポールの内側に上半身をしっかり残すことで、足に角度がつき、エッジを効かせることができます。 上半身を残すことが難しい方は、頭の位置も意識してみましょう。 ここで注意が必要なのは、上半身と頭を無理やり内側に持っていくのではなく、 「残す」ことを意識することです。 なるべく左右にぶれないように、上半身と頭が体の中心として、基盤になるところになるように考えましょう。 練習としては、やはりポールがあるコースで実践のようにゆっくりでいいので意識して行うことが大切です。 しかし、 怖いと感じてしまう方は、まずはポールがない状態で左右にターンをしながら、上半身と頭の位置を意識しましょう。 ミドルターンを習得する 上の2つを意識して行うことで、スノボーでもスキーでもうまくフラッグのあるコースでも滑られるようになりますが、基礎的な動きとして、「ミドルターン」のクオリティを高めることでより、うまく滑ることができたり、タイムを速くすることも可能になります。 上の動きを意識して、ミドルターンの練習をしましょう。 基礎的なこととして、内側に入る足はしっかりと畳みつつ、外側の足はエッジをかけて雪面にしっかり体重をかけます。 逆の動きになったときも体重移動を意識して、 足元だけでなく、膝や体全体を使うことが大切です。 そして、 ターンをする直前や直後はしっかりと姿勢を基本姿勢に戻すことも大切です。 腰を高くして足をしっかりと揃えましょう。 タイムを速くすることに意識が集中してしまうと動きが小さくなってしまう方も多いですが、大きく動くことで速くターンをすることができます。 スノーボードスラロームの有名選手を紹介! ここからはスノーボードスラロームの有名選手をご紹介していきます。 まずはお手本や憧れとして、目指す目標となる選手を見つけることもモチベーションを高く保つことができる秘訣でもあります。 ぜひ、好きなプレーや選手を見つけてみましょう! 男子スラロームの有名選手3選! まずは男子の選手をご紹介していきます。 男子の圧倒されるような迫力のあるプレーや、まねしたくなるプレー、憧れの選手を見つけてみましょう。 どんなプレーの特徴がある選手なのか、文章と一緒い見てみてください。 アンドレアス・プロメガー オーストリア出身のジュニア時代から金メダルや数々のメダルを獲得してきた選手で、注目が集まっています。 もとは、 スキーヤーとして活躍していましたが、1992年にスノーボードに移行し、最初はなかなか結果が出せなかった選手でもあります。 安定しつつも、迫力のある滑りが魅力的な選手です。 これからのオリンピックや世界選手権でも活躍を期待されている選手です。 ヴィック・ワイルド ロシアのスノーボード選手で、 2014年ソチオリンピックで回転、大回転で金メダルを獲得しました。 アメリカ出身の選手ですが、ロシアの選手であるアリョーナ・ザワルジナと結婚したことでロシア国籍を取得しました。 とにかくスピード感のある選手で、細かい動きと安定したターンのリズムで、トップに滑り出る選手です。 ジェシー・ジェイ・アンダーソン カナダのスノーボード選手です。 カナダでも多くのメダルを獲得し、 世界選手権でも出場した全ての大会で金メダルを獲得しました。 オリンピックでは回転、大回転の他にも、クロスでも総合1位になり、マルチに活躍している選手です。 ターンの角度がきれいで、男子特有のスピード感や迫力もすごいですが、エッジの効かせ方がすごい選手で、圧巻の滑りで金メダルを多数獲得しています。 女子スラロームの有名選手3選! 次は女子の選手です。 男子に負けないような圧巻のプレーをする女子ですが、女子にしかできない体のしなやかさや女性らしさをぜひ、女性の方は注目してみてみましょう。 男性女性関わらず様々な選手の良いところを見つけて練習できると、充実した練習が送れますね。 パトリツィア・クンマー スイスのスノーボード選手です。 2014年ソチオリンピックでは、日本の竹内智香と決勝戦で戦い、日本でも認知している方が多い選手でもあります。 丁寧にターンする選手で、レースの始めは相手選手に先を行かれることが多いですが、 中盤から後半にかけて、驚くような逆転を見せる選手です。 どんな時でも平常心で焦らず、滑っています。 エステル・レデツカ チェコ共和国プラハのスノーボード選手で、アルペンスキー選手でもあります。 2018年平昌オリンピックでは、2つの競技で金メダルを獲得したことで、知名度が高い選手です。 2012年から、アルペン種目に出場している選手ですが、大会では多くのよい成績を残しています。 ギリギリを攻めつつも、大きくゆったりとした滑りで焦らずに、安定して滑る選手です。 竹内智香 日本のスノーボードアルペン選手です。 北海道出身で、14歳の時にみたオリンピックの影響でスノーボード競技を始めました。 クラーク記念国際高校在学中の2002年にソルトレークシティオリンピックに出場しました。 2006年にはトリノオリンピックで9位になり、2012年ワールドカップで優勝を飾りました。 常に上位に居続ける選手で、速さももちろんですが、 正確に確実にフラッグを抜けていき、相手よりも前に出る能力が高い選手です。 スラロームにおすすめの板人気5選! ここからはおすすめの板をご紹介していきます。 どんな方におすすめなのか。 また、どういった製品なのか。 分かりやすくご紹介していきます。 デザインも含めて、モチベーションを保つためにも板は慎重かつ自分のお気に入りのものを使うことがおすすめです。 マグネシウムを複合したボードは衝撃をしっかり吸収してくれ、トップスピードになる瞬間やターンの瞬間も振動や衝撃を最低限まで抑えてくれるボードです。 女性には若干大きい方のほうが多いかもしれませんが、 初心者でも滑りやすいようなボードです。 サイドのカーブまで細かいチューニングがされています。 滑っている時も安定感が高いボードでもあります。 19-20 OGASAKA ARMOR Type-S オガサカ スノーボード アーマータイプエス グラスボード アルペン ALPINE Style アルパイン 板 2019 2020 ARMOR Type-Sの詳細情報 価格 93,000円 素材 グラスファイバー 長さ 152,157,160,162 カラー レッド 今までのシリーズよりも操作性を追求したボード 今までのARMORも毎年安定した売れ行きでしたが、今回はがらっと大幅に変えたボードになっています。 ボード全体をナローシェイプにすることで、今までよりも細かい操作も可能になりました。 ターン時の加速力をあげるために、 ノーズとテールの幅の差を大きくしていることも特徴です。 メタルボードと比較すると、 とても軽量で1日中滑っていても疲労感が少ないだけでなく、いつまでも切れ味のあるターンができます。 安定して凹凸やコブ、ショートターンも楽しむことができます。 19-20 BC Stream ビーシーストリーム CURVE カーヴ ALPINE アルペン カービング スノーボード スノボ 板 CURVEの詳細情報 価格 70,000円 素材 記載なし 長さ 153,158,162,175 カラー ブラックレッド 手軽に楽しみたい方にもおすすめのボード 手軽にアルペンスタイルを楽しめるようなボードで、 初心者にもおすすめのボードです。 ヘッドの形もスタンダードなボードの形になっており、しっかりと操作もしやすく、グリップ力も高いボードです。 女性にも使いやすい長さもあるのではないでしょうか。 生産効率よりも性能を重視している、国内では数少ないメーカーであるBC STREAMのボードは初心者でも経験者でも安心して、使いこなしやすいボードです。 雪に圧力をかけやすい構造になっているので、グリップはもちろん、安定感も抜群のボードです。 19-20 MOSS SNOWBOARD モス スノーボード SR スピードレーサー 154cm 163cm メタル アルペンボード テクニカル カービングボード ALPINE スノボ 板 SR スピードレーサーの詳細情報 価格 130,000円~ 素材 チタニウムプレート 長さ 154,163,171,185 カラー ブラック、ライトブルー 超軽量で、最小限の力でターンができるボード MOSS SNOWBOARDSも国内のスノーボードメーカーとして、長い歴史のあるメーカーです。 超軽量のデザインでハンマー特性を生かしたシェイプによって、 少ない力でターンをすることができます。 体からボードへの力を楽に伝えてくれるようなボードです。 スピードレーサーは、スピードがある中でも安定して滑ることができ、初心者でも中級者でも使うことができます。 また、 長さも幅広く展開されているので、女性でも男性でも使用することができます。 19-20 GRAY SNOWBOARD グレイ FORCE フォース 157cm 162cm 167cm 172cm 182cm ハンマーヘッド アルペン ALPINE カービング スノーボード 板 FORCEの詳細情報 価格 99,000円 素材 フルウッド、フルグラスファイバー 長さ 157,162,167,172,182 カラー グレー 長さによってカラーあり 扱いやすく、乗りやすいボード GRAY SNOWBOARDSは、真に乗りやすいボードを開発しており、 設計力、デザイン力が素晴らしいメーカーで、高性能のスノーボードを多数販売しています。 フルウッド、フルグラスファイバーで作られていることが特徴で、操作しやすく、安定感があるボードです。 スピードも出ますし、高い反発力を持っているので、しっかりと雪に圧力をかけてくれます。 扱いやすく、長さも幅広く展開されているので、中級者になっても長くボードを愛用したい初心者にもおすすめです。 SPOSHIRUおすすめ情報! こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめする お得な情報をご紹介します! 整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減 崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある 『立方骨』に着目! 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。 直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。 また、全面に『ポロン素材』を使用。 衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。 足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!.

次の