お悔やみ申し上げます ご自愛ください。 【お葬式のマナーと常識】心温まるお悔やみの言葉とは?|島田屋本店

お悔やみの言葉|葬儀マナーガイド

お悔やみ申し上げます ご自愛ください

「ご自愛ください」の目上の人への使い方 「ご自愛ください」という表現は相手の健康を気遣う言葉なので、年齢や性別を問わず使える丁寧な表現です。 もちろん、目上の人にも使えます。 むしろ、親しい友人や年下の人よりも目上の人へ使う方が多いかもしれません。 相手をいたわる表現なので、目上の人に対して積極的に使いましょう。 「お体にご自愛ください」という表現は間違っている お体にご自愛くださいという表現を見かけることがありますが、この表現の仕方は実は間違っています。 以下では、「お体にご自愛ください」がなぜ間違っているのかを解説していきます。 ご自愛は体を大切にしてという意味がある 相手の健康を気遣う言葉なので一見正しいように思えますが、「自愛」は「自分の体を大切にする」という意味なので、「お体に」という部分を付けると、「体」という意味を二重に表現していることになってしまいます。 「ご自愛ください」で「自分のお体を大切にしてください」という意味であることを頭に入れておきましょう。 手紙の結びの言葉に「お体にご自愛ください」を使うのもマナー違反 手紙の結びの言葉として、「お体にご自愛ください」を使用するのもマナー違反です。 二重表現の言葉を使用するのは相手に対しても失礼な行動になります。 結びの言葉に使用するのは控えましょう。 「ご自愛」は元気な人に使う表現 相手が病気や怪我で体調を崩しているときに「自分の体を大切に」という意味で「ご自愛ください」と使いたくなってしまうかもしれません。 しかし、「ご自愛ください」という表現は、 体調が悪くない人に対して「体調を崩さないように気をつけて」という意味で使うのが一般的です。 体調を崩してしまっている人に対しては「1日も早い回復をお祈り申し上げます」といったような表現に変えます。 早く元気になってほしい、回復してほしいという気持ちを「ご自愛」ではなく他の言葉で表現します。 「ご慈愛」は全く違う意味 「じあい」と読む言葉に「慈愛」があります。 似たような表現で「愛」の字が入っていることから、よく間違える言葉の一つでもあります。 「慈愛」は「自分への深い愛情」という意味があるので、「ご慈愛ください」というと「私を大切にしてくださいね」という反対の意味になってしまいます。 相手の健康を気遣う表現は「ご慈愛ください」ではなく、「ご自愛ください」です。 「ご自愛」のビジネスメールで使える鉄板フレーズ・例文4選 「〜ので、ご自愛ください」.

次の

【相手別】訃報への「お悔やみメール」文例|友人/取引先/上司/同僚

お悔やみ申し上げます ご自愛ください

お悔やみをメールで伝えるのは、マナーの上では正式なものではありません。 訃報の知らせが入った時、通夜・告別式に参列できない場合は メールではなく、お悔やみの 手紙を添えて香典を郵送します。 取引先や社員の家族の通夜・葬儀告別式に参列できない場合は、 弔電を送るようにするのが本来のマナー。 ただ、そういった事を理解したうえで、 親しい間柄であれば、お悔やみをメールで伝えることは、すぐに送ることができますし、 相手も空いた時間でメッセージを見ることもできて、 ひとつの配慮にもなります。 もちろん、 大変な時期のとても便利なコミュニケーション手段にもなり得るのです。 お付き合いの度合いにより、お悔やみのメールによって励まされたり、 心に寄り添う内容であればありがたいものにもなります。 時と場合によって、使い分けたいですよね。 そこで今回は、メールを送る時、 相手の心に寄り添うような心遣いが伝わる例文を7つお伝えします。 参考にしてください。 例文) 「この度は御身内にご不幸があったと伺いました。 お力落としのことと思いますがくれぐれもご無理なさいませんように。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 略儀ながらメールにて失礼いたします。 【 相手にどうしても仕事の連絡を入れる場合 】 本文) 「いつもお世話になっております。 御身内の方にご不幸があったと伺い、 ご連絡差し上げるのを控えておりました。 遅ればせながら心よりお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変な時期だとは存じますが、くれぐれもお疲れが出ませんように。 略儀ながらメールにて失礼いたします。 恐縮ではございますが、早速本題に入らせていただきます。 都合によりご葬儀に伺うことができず申し訳ございません。 お力落としのことと存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ。 略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 【 親しい間柄での、お悔やみのメール 】 本文) 「お母様(ご母堂様)のご逝去を知り、大変驚いています。 本来なら直接お悔やみに伺いたいところですが、 遠方のためメールでのお悔やみになりましたこと改めてお詫び申し上げます。 【 親しい間柄での、お悔やみのメール 】 本文) 「お祖母様のご逝去を知り、とても驚いております。 いつも、お祖母様のお話をされていたのでさぞお寂しいことと思います。 ご冥福を心よりお祈りいたします。 【 お悔やみのメールで、ねぎらいの言葉を添える 】 「お父様(ご尊父様)のご逝去を知り、大変驚いています。 遠方の為お悔やみにも伺えず、申し訳ありません。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 こういう時こそ自分が家族を支えなくてはと、 頑張りすぎているのではないかと心配しています。 どうかあまり無理はしないでくださいね。 私に お手伝いできることがあればいつでもご連絡ください。 【 親しい間柄での、お悔やみのメール 】 本文) 「御無沙汰しております。 先日、お父様(ご尊父様)がご逝去されたと聞きました。 私自身、 海外にいたとはいえ、葬儀に伺うことができずに申し訳ありませんでした。 お悔やみが遅くなりましたこと、改めてお詫び申し上げます。 故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 心身ともに大変だと思いますが、くれぐれもご自愛ください。 何かあればいつでも連絡してください。 」 いかがでしたでしょうか。 お悔やみのメールでは 親しい間柄の程度にもよりますが、あまりくだけた文にならないような、 相手への距離感のバランスは不可欠です。 職場関係の相手に送る場合は、 敬語や丁寧語をしっかり使うのは基本中の基本。 また 絵文字などは避け、不祝儀では不吉な意味を連想させる言葉「重ね重ね、たびたび、再び、続いて」などの 「忌み言葉」は使用しないのがマナーです。 もちろん、お悔やみのメールにも使用しないのが、鉄則です。 さらに、親しい間柄であればあるほど、形式ばった言葉だけでなく、上記の例文に記したように、 相手を思いやる一言を付け加えると相手もホッとします。 相手に負担をかけることなく、失礼のないよう相手との状況や関係性を考慮したうえで、 適切な文面を送れたら、気遣いが伝わるはず。 メールは、すぐにお悔やみを伝えることができる、 便利なコミュニケーション手段になりつつあります。 お悔やみのメールを通じて、 相手の心が少しでも軽く元気になればいいものです! まとめ お悔やみのメール7つの心遣い ・仕事関係では、用件がわかる件名で送る ・仕事関係のお悔やみメールに通常の冒頭の挨拶文は控える ・「ご無理なさいませんように」などの相手を思いやる一言を付け加える ・親しい間柄では、心遣いの一言を付け加えると良い ・お悔やみのメールでは、くだけた文は控える。 ・お悔やみのメールでは、敬語や丁寧語をしっかり使う ・忌み言葉は使わない.

次の

季節を問わず年中使える「結びの挨拶」

お悔やみ申し上げます ご自愛ください

弔電のメッセージで故人について触れるときは、敬称に気を付ける必要があります。 弔電は「故人に宛てて直接出す電報」ではなく、宛先(受取人)は「喪主」です。 故人に対する敬称は、受取人にとっての故人との関係がどのようなものかを基準に記します。 主な敬称は以下の通りです。 故人が受取人の実父の場合:ご尊父様・お父様・お父上(様)• 故人が受取人の奥様のお父様の場合:ご岳父(がくふ)様• 故人が受取人の実母の場合:ご母堂(ぼどう)様・お母様・お母上(様)• 故人が受取人の奥様のお母様の場合:ご外母(がいぼ)様・ご岳母(がくぼ)様・ご丈母(じょうぼ)様• 故人が受取人の祖父母の場合:ご祖父様・お祖父(じい)様・ご祖母様・お祖母(ばあ)様• 故人が受取人の夫の場合:ご主人様• 故人が受取人の妻の場合:ご令室様・奥様• 故人が受取人の息子の場合:ご令息様・ご子息様• 故人が受取人の娘の場合:ご令嬢様・ご息女様• 故人が受取人の兄や義兄の場合:ご令兄(れいけい)様・お兄様・兄上様• 故人が受取人の弟や義弟の場合:ご令弟(れいてい)様・弟様• 故人が受取人の姉や義姉の場合:ご令姉(れいし)様・お姉様・姉上様• 故人が受取人の妹や義妹の場合:ご令妹(れいまい)様・妹様 間違いやすい例を挙げると、例えば「友人のお兄さんが亡くなった」場合は、その友人が喪主であれば故人の敬称は「ご令兄・お兄様・兄上様」となります。 友人のお父さんが喪主を務める場合は、「ご令息様・ご子息様」となりますので、気を付けましょう。 故人の信仰する宗教を確認する 故人が信仰する宗教によっては、通常の弔電に用いるような文言がふさわしくない場合もあります。 仏教以外の宗教を信仰する人には、仏教用語である「成仏」「冥福」「供養」「往生」「ご愁傷様」といった言葉は使用しないようにします。 よく耳にする「ご冥福をお祈りいたします」は「死後の幸福をお祈りいたします」という意味合いで、神道やキリスト教などを信仰している人には使えません。 可能な範囲で故人の宗教を確認し、それに合った弔電を送るように心掛けましょう。 一般的な弔電の文例 友人や知人が亡くなったときなど、一般的なシーンで使用できる弔電の文例をご紹介します。 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 ご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 ご訃報に接し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ご遺族の方のお悲しみはいかばかりかとお察し申し上げます。 心よりご冥福をお祈りいたします。 突然の悲報に接し、驚いております。 ご生前のお姿をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかな旅立ちでありますよう、心よりお祈り申し上げます。 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご遺族皆様のご心痛いかばかりかとお察し申し上げます。 安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりましたので、残念でなりません。 共に過ごした日は、今も私にとって大切な思い出です。 心よりご冥福をお祈りいたします。 突然の悲しいお知らせに呆然としております。 お元気で働き盛りだった故人の面影が目に浮かび、いまだ信じられません。 ご遺族の皆様もお気持ちを強く持ち、ご自愛ください。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 敬称が入る弔電の文例 自分が遺族の友人や知人という立場で弔電を送るときは、弔電の受取人と故人の関係を踏まえ、敬称の使い方に注意しましょう。 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご岳父様のご逝去の報に接し、衷心より哀悼の意を表します。 ご母堂様ご訃報に接し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ご岳母様のご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。 お姉様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 安らかにお眠りになられることをお祈りいたします。 お兄様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申し上げますとともに、心より哀悼の意を捧げます。 ご令妹様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 ご令弟様の突然のご逝去の報に接し、ご遺族様のお嘆きいかばかりかと、拝察申し上げます。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご主人様のご急逝の報に接し、大変驚いております。 謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。 ご令室様の突然のご悲報に接し、お慰めするすべもございません。 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、安らかにご永眠されますようお祈り申し上げます。 ご子息様の突然のお旅立ち、ご家族の皆様のお悲しみいかばかりかと、拝察申し上げます。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご息女様の突然の悲報に愕然といたしております。 ご両親様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 在りし日のお姿を偲び、心より哀悼の意を捧げます。 最愛のご令嬢様の急逝の報に接し、悲しみにたえません。 在りし日の美しいお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 ご令息様の突然の訃報に接し、驚きを禁じ得ません。 前途洋々たるときに他界され、ご両親様のご無念のお気持ちはいかばかりかとお察し申し上げます。 心より哀悼の意を表しますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご遺族様のお悲しみは計り知れないものとお察しいたします。 お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福をお祈り申し上げるばかりです。 取引先に送る弔電の文例 仕事の関係先に弔電を送る場合は、会社名や代表者名で送るのが一般的です。 企業によっては異なるので、上司の指示を仰いでから発注すると安心でしょう。 社長様のご訃報に接し、弊社社員一同、衷心より哀悼の意を捧げます。 会長様のご逝去の報に接し、ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 貴社社長様の不慮のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 謹んで哀悼の意を表します。 天寿を全うされました貴社会長様の在りし日を偲びつつ、社員ご一同様に心よりお悔やみ申し上げます。 貴社社長様のご訃報に社員一同、驚愕しております。 ご功労に敬意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。 貴社会長様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。 謹んで哀悼の意を捧げますとともに、ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のご活躍、ご功績に敬意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからも社員皆様がお力を合わせて励ましあいながら、この度のご不幸を乗り越えられることを心よりお祈りいたします。 安らかにご永眠されますよう、心よりお祈り申し上げます。 キリスト教式の弔電の文例 キリスト教式でお葬式が行われる場合、弔電にはキリスト教向けのものを選び、仏教用語を使用しないように注意します。 ご逝去の報に接し、悲しみにたえません。 ご家族の皆様の上に主からの深い慰めと平安がありますよう、お祈りいたします。 安らかな眠りにつかれますよう心よりお祈り申し上げます。 法要や慰霊祭の弔電の文例 弔電を送る場面は通夜や葬儀だけではありません。 法要や慰霊祭などにおいても、参加ができずに弔電を送る場合があります。 法要に際して送る弔電の文例• この度のご慰霊祭開催に際し、ご尽力いただきました関係者各位に敬意を表します。 ご遺族の皆様のご健勝をお祈り申し上げ、心よりご冥福をお祈りいたします。 親しい人が亡くなったときは思い出もメッセージに 弔電の文面には「忌み言葉を避ける」「敬称の使い方に気を付ける」「個人の宗教に配慮する」といった最低限必要なマナーがあります。 ご紹介した文例を参考にしながら、マナーに気を付けて自分自身でメッセージを考えるのもおすすめです。 ビジネスシーンで形式的に弔電を利用する場合は、一から文面を考えているよりも、すぐに手配することが求められるので文例を用いるのが便利です。 もし親しい友人・知人が亡くなってしまったときは文例をそのまま使うのではなく、「故人との思い出」をプラスして書くのも良いでしょう。 故人のことを偲ぶ気持ちが、より伝わりやすくなります。

次の