中国 新聞 カープ 番 記者。 カープ鈴木誠也、1.2億UPの年俸2.8億円で契約更改!球団野手初の1億円超増!!|プロ野球アンテナ

カープ初優勝と真っ赤な花

中国 新聞 カープ 番 記者

このサイトについて 当サイトは、まとめブログを中心としたアンテナサイトです。 サイト内に転載されている動画、画像等の著作権は各権利所有者に帰属致します。 また当サイト及びリンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損害及びトラブルに関して当方では一切の責任と義務を負いかねますので予めご了承下さい。 ご意見やご要望がございましたら、 のダイレクトメッセージまでご連絡下さい。 まとめブログ管理人様へ 下記の内容をご了承下さい。 ・取得記事に対してAI分析を実行し、野球に関する記事か否かを判定しております。 判定基準は機械学習による影響が大きいため、精度は完全ではありません。 ・当サイトでは「NGワードデータベース」による取得記事のフィルタリングを行い、社会通念上不適切だと判断される文言がタイトルに含まれる記事の取得を行いません。 具体的な判断基準は公開できません。 ・類似した記事が既に当サイトに存在している場合、記事の取得を行わない場合があります。 ・取得した記事は当サイトが運用するTwitterアカウントにてツイートする場合がありますが、取得した全記事に対してのツイートすることを保証するものではありません。 ・特定の個人や団体を誹謗中傷する等、内容が不適切だと判断される記事や行為を確認した際には通告なく登録サイトから削除します。

次の

ボロロン速報 : 中国新聞カープ番記者、DeNA選手に対し「お粗末」 辛口ツイートが賛否 2ch「シナ新聞原爆記者?」「倉本も記者もお粗末」「中国新聞はその程度の新聞社」

中国 新聞 カープ 番 記者

実際の投稿(編集部で一部加工) 中国新聞の広島カープ担当記者によるツイートが、物議を醸している。 カープの対戦相手であった横浜DeNAの選手に対し、「お粗末な打撃」と評したためだ。 「記者ならではの視点」で発信するも... 中国新聞は2018年7月31日、広島カープの担当記者が運営するツイッターアカウントを開設した。 紙面およびウェブ版に掲載された告知によれば、「試合中は運動部カープ担当記者ならではの視点でつぶや」くという。 ツイートは予告通り、記者の主観を交えた内容が特徴。 8月5日のカープ対DeNA戦では、 「うゎ〜、ここで代えた。 高橋昂の2勝目吹っ飛ぶ。 故障でもしたのか、懲罰か」 「今、併殺を狙いにいくDeNAの守りは信じられない。 しかも打者西川で。 広島的にはラッキーだが」 などの投稿があった。 物議を醸しているのは、同試合での「倉本のお粗末な打撃で、高橋樹復調。 これは、1点ビハインドの10回裏1死1塁。 カープの高橋投手に対し、DeNA倉本選手が3ボール1ストライクからセカンドフライに倒れた場面についてだ。 中国新聞「一部ファンを不快にさせる表現がありました」 ツイートに対しては投稿後1時間で250以上の返信が寄せられた。 「カープファンだが中国新聞番記者さんのツイートは本当に許せん。 倉本にもDeNAファンにも失礼すぎ。 相手を敬ってこそのプロ野球だぞ」 「中国新聞というアカウント名を出してツイートするなら、事実のみ伝えるのが本筋。 記者個人の本音をツイートしたいなら、あくまで個人名でのアカウントですべきであり、誰もやるなとは言ってない」 といった批判的な向きがある一方、 「実際あんなのお粗末な打撃以外の何物でもないだろ」 「ぶっちゃけお粗末な打撃くらい良くね?と思うがね 言葉狩りが多い」 と擁護する声もあるなど、賛否両論だ。 ツイートはしばらくして削除され、 「一部ファンを不快にさせる表現がありましたので、削除しました」 と説明している。

次の

中国新聞カープ番記者、DeNA選手は「お粗末」 辛口ツイートが賛否(2018年8月6日)|BIGLOBEニュース

中国 新聞 カープ 番 記者

実際の投稿(編集部で一部加工) 中国新聞の広島カープ担当記者によるツイートが、物議を醸している。 カープの対戦相手であった横浜DeNAの選手に対し、「お粗末な打撃」と評したためだ。 「記者ならではの視点」で発信するも... 中国新聞は2018年7月31日、広島カープの担当記者が運営するツイッターアカウントを開設した。 紙面およびウェブ版に掲載された告知によれば、「試合中は運動部カープ担当記者ならではの視点でつぶや」くという。 ツイートは予告通り、記者の主観を交えた内容が特徴。 8月5日のカープ対DeNA戦では、 「うゎ〜、ここで代えた。 高橋昂の2勝目吹っ飛ぶ。 故障でもしたのか、懲罰か」 「今、併殺を狙いにいくDeNAの守りは信じられない。 しかも打者西川で。 広島的にはラッキーだが」 などの投稿があった。 物議を醸しているのは、同試合での「倉本のお粗末な打撃で、高橋樹復調。 これは、1点ビハインドの10回裏1死1塁。 カープの高橋投手に対し、DeNA倉本選手が3ボール1ストライクからセカンドフライに倒れた場面についてだ。 中国新聞「一部ファンを不快にさせる表現がありました」 ツイートに対しては投稿後1時間で250以上の返信が寄せられた。 「カープファンだが中国新聞番記者さんのツイートは本当に許せん。 倉本にもDeNAファンにも失礼すぎ。 相手を敬ってこそのプロ野球だぞ」 「中国新聞というアカウント名を出してツイートするなら、事実のみ伝えるのが本筋。 記者個人の本音をツイートしたいなら、あくまで個人名でのアカウントですべきであり、誰もやるなとは言ってない」 といった批判的な向きがある一方、 「実際あんなのお粗末な打撃以外の何物でもないだろ」 「ぶっちゃけお粗末な打撃くらい良くね?と思うがね 言葉狩りが多い」 と擁護する声もあるなど、賛否両論だ。 ツイートはしばらくして削除され、 「一部ファンを不快にさせる表現がありましたので、削除しました」 と説明している。

次の