引き抜き はぎ。 編み物で編み地を縫い合わせる技術「はぎ」の仕方(かぎ針を使って)

編み物のかぎ針で編んだモチーフのかがり方と編み繋ぎ方、5種

引き抜き はぎ

はぎ 編み地の目と目をつなぎ合わせることを、「はぎ」といいます。 目と段の場合もあります。 糸端を残しておき、その糸ではぎます。 メリヤスはぎ 表目をつくりながら、とじ針を使ってはぎ合わせる方法です。 はいだ糸で1段つくる場合は編み目の大きさにそろえて糸を引き、つくらない場合は、はいだ糸が見えなくなるぐらいに糸を引きます。 はぎに使う糸の長さは編み地の幅の約3倍必要です 表目の伏せ止め 両方とも目で残っている場合• 12枚の編み地を表を上にして、糸端のある方の端の目、向こう側の端の目の順に裏からとじ針を入れ、次は図のように入れます。 2針は常に表から入れて、表に出します。 1つの目に2回ずつ入れます。 3最後の目にも2回針を入れます。 編み地の左右は半目ずれます。 引き抜きはぎ 編み地を中表に持ち、かぎ針ではぎ合わせます。 初心者でも簡単にスピーディーにできます。 両方が目の場合• 12枚の編み地を中表に合わせ、手前と向こうの端の目にかぎ針を入れます。 2糸をかけて2目を一度に引き抜きます。 3次の目にかぎ針を入れて糸をかけ、一度に引き抜きます。 4最後の目をはいで、かぎ針に残った目から糸を引き出して、糸を切ります。 とじ 編み地の段と段をつなぎ合わせることを「とじ」といいます。 すくいとじ 編み地の表側を手前に、編み地を突き合わせて、1目内側や半目内側の横に渡っている糸をとじ針を使ってすくう方法です。 とじた糸は見えなくなるまで引きますが、引きすぎるととじた位置がつれますので、編み地の伸縮も考えて、バランスよく引きます。 表目の引き抜き止め 【直線の部分】• 1編み始め側から糸端で左右の作り目同士をすくってつなぎます。 22枚の編み地の1目内側の横糸を交互に、1段ずつすくいます。 3とじた糸は、見えなくなる程度に引きます。 【増し目の部分】 1増し目でねじられた足の外側の糸をすくいます。 2次の横糸は1目内側をすくいます。 【減目の部分】 減目した目の内側半目の間に針を入れ、次の段の横糸の上から出します。

次の

かぎ針編みの基本|巻きかがりはぎのやり方~編み物~

引き抜き はぎ

棒針で編むかぶせはぎ 動画を作りました。 「 はぎ」は、目と目をつなぐ技法です。 (目と段の場合も) 棒針のはぎ方には「引き抜きはぎ」「かぶせはぎ」「メリヤスはぎ」「ガーターはぎ」などの方法があります。 「かぶせはぎ」は、はぎ目が目立たないはぎ方といえます。 身頃の肩はぎを例にとると次のような方法ではぎます。 目は両方とも針にかかっている状態です。 前後身頃を中表に合わせます。 手前の目に針を入れて、向こう側の目を順に引き出します。 ひとつずつ引き出すので、右針には向こう側の目だけが残こります。 編み終わりの糸を使って、針に残った目を表編みしながらかぶせます。 カテゴリー:.

次の

かぎ針のはぎかた

引き抜き はぎ

巻きかがりはぎとは? 巻きかがりはぎは、「全目かがり」と「半目かがり」があります。 三角や四角や六角形などのモチーフの、直線どうしの辺をつなぐ時に使います。 かぎ針を使って編んだモチーフは、つないでいくことで、コースターやマット、マフラーなどいろいろな作品に仕立てられますよ。 モチーフの編み方 まずは、簡単なモチーフの編み方をご紹介します。 「くさり編みを2目編んで、長編みを3目編み入れる」を3回繰り返し、くさり編みを2目編み、立ち上がりのくさり編みの3目に引き抜き編みをして糸を約7cm残してカットし、引き抜きます。 前段の長編みの目の頭にはこま編みを1目編み入れ、前段のくさり編み2目部分は、くさり編み全体をすくって、こま編みを3目編み入れます。 一周編んだら、最後は糸を約7cm残してカットし、引き抜きます。 糸端をとじ針に通して、編み始めのこま編みの目の頭に通し、もとのこま編みに戻って糸を通します。 糸を引きしめ、糸始末をします。 冷めたら台から外します。 巻きかがりはぎでモチーフをつなぐ方法 モチーフの角と角を合わせるのがきれいに仕上げるポイント。 初めてのときは、わかりやすいように角に印をつけましょう。 つなぎ合わせるモチーフの角と角の目をすくいます。 最初は糸を約10cm残しておきます。 1本ずつ拾い、つないでいきます。 これは、半目の巻きかがりはぎです。 角まできたら、次のモチーフに移ります。 横をすべてつなぎます。 次に縦をつなぎます。 角は交差させます。 すべてつなぎ終わりました。 糸端を目立たないところにからめて、糸始末をしましょう。 全目の巻きかがりはぎは頭目を2本拾います。 モチーフつなぎのコースターのできあがり 緑は引き抜き編みで整えました。 しっかりした仕上がりにしたいときは、全目かがり、モチーフの輪郭が見えるような仕上がりにしたいときは半目かがりにするとよいでしょう。 モチーフつなぎをきれいに仕上げる巻きかがりはぎ 直線どうしのつなぎ合わせなら、巻きかがりはぎは簡単でおすすめの手法。 厚みも出にくく、つないだ部分もそれほど目立たないので、きれいに仕上げることができますよ。 クチュリエブログでは、手編みはもちろん、裁縫、刺繍など、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。 お見逃しなく!.

次の