旦那 ボーナス いくら渡す。 ボーナス出たら旦那へのお小遣い別途渡す?決めるのは話し合いで

旦那の少額のボーナス

旦那 ボーナス いくら渡す

ここからは、実際に夫のボーナスをお小遣いとして夫に渡す方と、全て夫婦のお金として夫へはお小遣いを渡さないという方、それぞれの主婦の声をご紹介していきたいと思います。 また、お小遣いとして夫へ渡す方は、どのくらいの金額を渡すようにしているのか、お小遣いをもらった夫は一体何にボーナスを使っているのかも詳しく見ていきましょう。 ボーナスを、将来のためにせめて少しでも良いから貯蓄に回すことができると良いですよね。 貯蓄に回すことができている家庭では、どのくらい貯金できているのか気になる方も多いのではないでしょうか。 実際に貯蓄に回す金額についてもご紹介していきますので、是非こちらも参考にしてみてください。 第3位 外食(食堂・レストラン、和、洋、中ほか専門店)5. 5% 家族全員で外食をするとなると、かなりの出費になります。 多少家計に余裕がでたとき等は、家族みんなで外食をして美味しいものを食べたいですね。 第4位 衣服 4. 6% 家族全員の衣服をボーナス時に買う家庭も多いようです。 年頃の娘さんがいる家庭等では、洋服や靴等も高いのでボーナス時に購入してあげているのでしょうか。 第5位 食品(ふだん食べるもの) 4. 1% 毎月の 家計の補填という意味合いがありそうです。 食べ盛りのお子さんがいる家庭では毎月の食費も大変なのでしょう。 他にも ローンや借入の返済や 教育資金等の意見もありました。 支給される額は各家庭により差があると思います。 まとまったお金が入ったら、貯蓄に回す金額と、娯楽費等に回す金額を決めて有意義に使えたらいいですね。 参考先 AllAboutマネー リンク 老後の資金を自分で貯める方法に iDeCoという制度があります。 少子高齢化の問題等により、公的年金の財源不足により将来もらえる年金が高い確率で今より 減らされる可能性があります。 そうなるとギリギリの生活になります。 そんな中で、iDeCo(個人型確定拠出年金)はメリットも多い制度です。 iDeCoとは公的年金ではなく自分で老後資金を準備する 私的年金です。 iDeCoは 20歳以上60歳未満で、国民年金や厚生年金等の公的年金に加入している人であれば加入できるので専業主婦(夫)や個人事業主、会社員、公務員などほとんどの人が加入資格があります。 iDeCoの特徴としましては、毎月拠出したお金(掛け金)を自分が選んだ運用方法で運用していくということです。 掛け金は 5000円から1000円単位で拠出できます。 運用する商品は、投資信託のような価格変動があるものや債券、定期預金のような元本保証があるもの等色々です。 注意点としては60歳まで原則引き出しができないことです。 毎月の ランニングコストもかかる点に注意が必要です。 ですがメリットもあるので老後資金を貯めるにはとてもいい制度だと思います。 ボーナス時の旦那のお小遣いの金額や各家庭の使い道について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。 この記事のポイントは• ボーナス時の旦那のお小遣いは半数がなしで、渡す家庭の目安は2万円~5万円• 妻にボーナス時にお小遣いを渡す家庭は1万円~3万円が多い• 家庭ごとでボーナスに対する考え方は様々• 各家庭のボーナスの一番の使い道は預貯金が多い• iDeCoのボーナス払い等を使い老後資金を貯めるのもあり でした。 それぞれの家庭で毎月の給料やボーナスの額は変わりますし、使い道も各家庭によって違います。 夫婦で話し合い有意義なボーナスの使い道を決めることが大事だと思います。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載されてますので、ぜひご覧になってください。

次の

ボーナスは旦那にいくら渡すか。一般的な割合と話し合いのルール

旦那 ボーナス いくら渡す

ボーナス支給無しの企業も多く家庭によって様々ですが、ボーナスの使い道は大きく分けると3パターンに分けられます。 お小遣いもボーナスとして渡している家庭は3万円前後が平均なようです。 夫婦納得して後腐れのないようにしっかりとボーナスの使い道について考えておきたい所です。 家庭別ボーナスの使い道 【家計のやりくりに充てたい妻】vs【労いを込めてお小遣いを上乗せしてほしい旦那】 多くの家庭ではこんな構図になって押し問答していることではないでしょうか。 近所の方に聞くにもお金のことですし、収入を勘ぐられてしまうプライバシーの強い問題です。 一体世のボーナスの小遣い事情はどうしているのかまとめてみました。 ボーナスでお小遣いはなし!夫婦で使う家庭 大手など大企業に勤めでもしない限り、満足のいく金額がもらえるわけではないボーナス。 ボーナスが出るだけまし!などと怒られてしまいそうですが、このご時世ボーナス支給なしなんて会社も少なくないのが現状です。 そのため、家族で使用する車や家のローン返済に少しでもまわして、残りは子供の教育費や貯蓄として残しておくといった家庭が多いようです。 中には、家族でちょっぴり贅沢するといった使い方をしたり、お小遣いというよりは家族の贅沢費として使用し、残りは貯蓄する家庭も多くあります。 ボーナスの1割をお小遣いとして支給 いくらであっても「ボーナス」と言われ支給されれば嬉しいものですが、奥さんがボーナスを全額握り自分の趣味などに使用できないとモチベーションが下がったり、わだかまりができる可能性もあります。 そういった家庭の多くはボーナスの1割をお小遣いとして旦那に渡して、日頃の感謝や労いとしているそうです。 平均額は、 3万円前後の家庭が多いようですが趣味などを持つ旦那さんにとっては自分で使えるお金が少しでも増えればモチベーションアップにも繋がるので、お小遣いのアップを要求されたら快く渡してあげてみてはいかがでしょうか? ボーナスは家庭に入れない派も 渡すお小遣いの額を悩んでいる人にとっては目が点になってしまう話ですが、ボーナスは旦那が働いた褒美として全額旦那のお小遣いとして渡すという人も存在します。 家庭によほど余裕があるのか太っ腹なのか…。 と思いきや明細を見せずボーナスの存在を知らせない旦那も多いようです。 金の切れ目が縁の切れ目ともいいますし、金銭感覚の違いで夫婦仲がぎくしゃくするなんてよくある話です。 お互い落とし所を決めて納得のいくボーナスの使い道を決めておいたほうが良さそうです。

次の

【家族】ボーナスは妻にあげますか?

旦那 ボーナス いくら渡す

妻と二人暮らしのアラフォー会社員の場合 私の後輩で、年に3回のボーナスのうち、それぞれから10万円をもらっているのがいます。 その10万円の根拠は、結婚当初のボーナスが手取りで20万円と少しで、その半分。 残りの半分は、奥さんへのお小遣いだったとか。 彼の勤め先は業績好調で、彼自身も社内での立場は重くなっているので、ボーナスも年々増加傾向。 それでも、最初の『ボーナスからの定額10万円』は、きっちり守っているそうです。 じゃあ、余った分はどうしているのかと、さらに斬り込んでみました。 返ってきた答えは、ひたすら貯金、それと少しばかりは家族旅行。 貯金の目的は、中学生と小学校高学年の2人の子供たちの、将来の教育費に積み立て。 彼は夫婦とも教育熱心で、教育費が今現在ですでに「相当な額」にのぼっているそうで。 彼のところに限らず、子供たちの成長で関連支出がうなぎ登りの家庭がほとんどでしょう。 その確保のために、ボーナスからの小遣いを据え置くのも、ひとつの手かもしれません。 ボーナス全額…ボーナス全て小遣いの夫 妻としては、少し悲しくなりますね。 ボーナスゼロ…夫の取り分・小遣いどころではない もらっていない、そもそもボーナスという制度がない…というのが、私の周りで最も多かった答えでした。 一般によく言われるのが、3割くらいのサラリーマンは、ボーナスが支給されない。 ボーナスが支給されなければ、原資自体が無いわけですから、そりゃ小遣いなんて出ないでしょう。 さらに、ボーナスがあっても小遣いが一切ない夫。 先に紹介した保険会社の調査結果でも、それが裏付けられます。 なんと5割超が、「旦那には渡さない」という結果になっています。 渡さない家庭は年々増えて、40代では過半数にのぼるとか。 (ネオファースト生命保険) ボーナスから小遣いを渡さない理由としては、以下の理由が上位に入っています。 必要な時にはその都度渡しているか、毎月お小遣いを渡している• ボーナスの使い道が既に決まっている• 将来に備えるため• もらったボーナスが少ない(ちなみに15. 支出もどんどん増える中、旦那の月々の小遣いとは別に『渡す余裕』がなくなっているのかもしれません。 ボーナスをもらったらまずは話し合いを 過半数の家庭で、ボーナスからの夫の取り分はゼロという事実。 「じゃあ、うちも」と考えてしまうかもしれませんね。 でも、ボーナスからの夫の取り分・小遣いを減らしたりゼロにしたりするにしても、事前通告なしにいきなり、というのはやめてください。 男というのは、周りからの、目に見える評価を気にする生き物だから。 ボーナスを例に取っても、上がれば「俺の働きが認められた」と意気揚々。 下がれば「俺は何をやってもダメなんだ」と、意気消沈。 そんな男が、ボーナスからの小遣いを減らされたら? 家庭内での自分の評価や地位が危うくなっていると、悩んだり落ち込んだりするかもしれません。 まずは、「これこれこういう事にお金が必要だから、ボーナスをそれに回したい」と、具体的に相談してください。 夫婦一緒になって、家計の現実とこれからを見つめ、話し合えば、そこから生まれるものもあるかもしれません。 そうね!話し合い、重要ですね。 そこで忘れないようにしたいのは、100の家庭があれば、100通りのボーナスの使い道があるという事。 ボーナスから小遣いを渡さないという家庭が過半数でも、すべての家庭がそうではない。 世間一般の標準を参考にしつつも、それぞれの家庭に合った方法を、夫婦で見つけてみるのがベストでしょう。 最後になりましたが、私の友人のひとりの家庭について。 彼も、ボーナスと縁がない職場に勤めています。 しかし彼は、ボーナス時期になると2万円ほど小遣いが増額されるとか。 周りがリッチになると付き合いでの出費も増えるだろうから、という奥さんの気遣いらしいです。 彼はそれで仕事のモチベーションが上がり、奥さんにも感謝しているそうです。 彼の家にも、彼の家なりの流儀があるのです。

次の