オスカー ワイルド 映画。 オスカー・ワイルドさんについて。

映画『オスカー・ワイルド』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

オスカー ワイルド 映画

オスカー・ワイルドの紹介:1997年イギリス映画。 アイルランド出身の作家オスカー・ワイルドと、若い恋人の間に芽生えた同性愛を描くドラマ作品。 優しい妻と2人の息子に恵まれ、仕事も順調なオスカー・ワイルドは幸せな日々を過ごしていた。 しかし自分が同性愛者だと気付いた彼は、次第に年若い青年を性愛の対象としていく。 ある日美しい青年ボジーに出会ったオスカーは、彼を熱烈に愛するようになった。 2人の関係を嫌悪するボジーの父はオスカーを中傷し、事態は法廷闘争にまで発展する。 監督:ブライアン・ギルバート 出演:スティーヴン・フライ(オスカー・ワイルド)、ジュード・ロウ(アルフレッド・ダグラス)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(レディ・ワイルド)、ジェニファー・イーリー(コンスタンス・ロイド・ワイルド)、マイケル・シーン(ロビー・ロス)ほか 目次• オスカーワイルドのネタバレあらすじ:運命の出会い 舞台は19世紀のイギリス、ロンドン。 作家オスカー・ワイルドは、優しく聞き上手な女性コンスタンス・ロイドを妻に迎え、穏やかな生活を送っていました。 仕事も順調で、間もなく子どもにも恵まれます。 そんなある日、オスカーは自宅に居候させているカナダ生まれの青年ロビー・ロスから誘惑を受け、体の関係を持ってしまいました。 自分が同性愛者だと気付いたオスカーは、それから複数の年若い青年と関係するようになります。 2人目の子どもが出来てもオスカーの不倫は止まらず、コンスタンスは留守がちな夫を思い、顔を曇らせていました。 そんなある日、オスカーは戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇」を書いて大ヒットさせます。 周囲から賞賛されるオスカーは、パーティー会場で美しい貴族の青年アルフレッド・ダグラス(愛称ボジー)に出会いました。 ボジーの若さと美しさに目を奪われ、すぐに虜になってしまったオスカー。 今までの不倫とは違い、今度は本気でボジーを愛するようになります。 2人が逢瀬を重ねる内に、男色の噂は少しずつ広まっていきました。 その噂に最も激怒したのが、ボジーの父クィーンズベリー卿です。 彼は常に持ち歩いているムチで妻や子ども達を打つ酷い父親でした。 男色を嫌うクィーンズベリー卿はオスカーとボジーの関係を汚らわしいと吐き捨て、ボジーもそんな父親を嫌っていました。 オスカーワイルドのネタバレあらすじ:愛に溺れるオスカー オスカーはボジーのために金を湯水のように使い、仕事に追われるようになります。 ボジーは他の男性との関係をオスカーに見せつける一方、嫉妬深く突然怒鳴り散らすことがありました。 手に負えなくなったオスカーはボジーと別れ、立て続けにヒット作を書き上げます。 しかし結局はボジーとよりを戻しました。 そんなある日、オスカーとボジーはレストランでクィーンズベリー卿と遭遇します。 ボジーは意を決して父親をテーブルに招待し、オスカーと話をさせました。 オスカーを毛嫌いしていたクィーンズベリー卿ですが、巧みな話術に乗せられ話は存外盛り上がります。 ボジーも満足げに笑いますが、それでも男色嫌いは変わりませんでした。 オスカーと縁を切らなければ一切の面倒を見ないと言われ、激怒したボジーは家を飛び出します。 彼はオスカーのもとに身を寄せ、2人はますます互いに溺れていきました。 ボジーは何かある度に父親そっくりになって暴言を吐き、それを後悔しています。 オスカーはそれが辛いとロビーにこぼしました。 ロビーはボジーとの関係は身の破滅を招くと忠告します。 オスカーがボジーと別れることを決意した矢先、ボジーの兄が自殺を遂げてしまいました。 父が死に追いやったのだと嘆くボジーを、オスカーはずっと守り続けると誓います。 オスカーワイルドのネタバレあらすじ:法廷闘争 クィーンズベリー卿は、息子の自殺の責任はオスカー達にあると主張していました。 クィーンズベリー卿はオスカーの屋敷に押し入り、ボジーと別れなければ警察に訴えると怒鳴ります。 口汚く罵る彼に、オスカーも激怒して言い返しました。 クィーンズベリー卿の仕打ちが、ボジーを父と同じような愛の無い人物にしたのだと。 追い返されたクィーンズベリー卿は、それからオスカーは男色家であると触れ回るようになりました。 ボジーは名誉毀損で訴え、これを機に父の所業を世間に暴いてやると意気込みます。 しかしロビーは大ごとにするなと忠告しました。 クィーンズベリー卿の中傷が全て嘘だった場合は勝訴出来ますが、オスカーが同性愛者であることも、金で青年を買ったことがあるのも事実だったからです。 しかしオスカーはボジーの望みに応え、クィーンズベリー卿と法廷で争うことにしました。 法廷でオスカーは孤立無援の戦いを強いられ、不利な状況に追い込まれます。 ロビーは国外へ逃げるようオスカーに懇願しましたが受け入れて貰えませんでした。 ついにオスカーは猥せつ行為の容疑で逮捕されてしまいます。 彼の戯曲は公演打ち切りとなり、妻子も国外へ去ることになりました。 オスカーワイルドのネタバレあらすじ:オスカーの罪 ボジーはオスカーの面会に出向き、自分が証言台に立つと伝えます。 しかしオスカーは望まず、海外に逃げるよう言いました。 変わらぬ愛を誓い合うオスカーとボジー。 そして法廷に立たされたオスカーは、年長の男性が若い青年に愛を向けることは決して悪ではないと説きました。 傍聴していたロビー達から拍手が起こりますが、結局オスカーは2年間の重労働の刑を言い渡されてしまいます。 オスカーの服役中、ボジーはロビーに今後オスカーの面倒は自分が見ると告げました。 別荘を買い取って、一緒に暮らすのだと。 ボジーは敵意に満ちた目で、オスカーは自分のものだと言い捨て去っていきます。 オスカーは過酷な牢獄生活の中で衰えていきました。 そんな彼のもとに、コンスタンスが面会にやって来ます。 彼女は子ども達の近況を伝え、出所後は新しい戯曲の執筆をするよう言いました。 才能があるのだから書けるはずだと、オスカーを真っ直ぐ見つめるコンスタンス。 彼女に離婚の意志はありませんでした。 しかしボジーには二度と会わないで欲しいと言います。 オスカーは涙をこぼし、コンスタンスの手を握り締めました。 彼は獄中でペンを執り、やがて出所の時を迎えます。 オスカーワイルドの結末:失意の晩年 出所したオスカーは、ボジーに別れを告げるつもりで手紙を用意していました。 しかし思わぬ悲劇が彼を襲います。 背中を痛めていたコンスタンスが死去し、子ども達に会うことも禁止されてしまったのです。 全てを失ったオスカーは、ボジーに会いたいと切望しました。 しばらくして、2人は念願の再会を果たします。 しかしオスカーとボジーはその3ヶ月後に別れました。 牢獄で健康を害したオスカーはパリの安ホテルで余生を送り、1900年11月30日に46歳で死亡します。 ボジーは1945年に死去。 オスカーを心から愛し尊敬したロビーは、1918年に亡くなりました。 彼の遺灰は1950年にオスカーの墓の中に葬られたそうです。 彼らの人生を伝え、この映画は終わりを迎えます。 以上、映画「オスカー・ワイルド」のあらすじと結末でした。

次の

オスカー・ワイルド

オスカー ワイルド 映画

昔のVHSビデオを整理してたら出てきた。 1997年イギリス映画。 が主要な役で出ているのにDVD化されていないのは同性愛を扱ってるからかな? 輸入DVDはアマゾンに売っていた。 原題は「Wilde」。 映画はなかなか美しかったけれど、これどこまで史実なんかな?というのは常に頭についてまわった。 エピソードは史実通りだと思うけれど、登場人物のキャラクターが・・・。 まず、ってほんとにこんなに優柔不断で流されやすくて情けない性格だったのか? 映画の中では、口は達者で軽薄な言葉がぺらぺら出てくるけれど、基本的には真面目で実直な人間に描かれている。 でも実際は耽美趣味はめちゃめちゃ強かったわけだし、破滅的な美学も持ってたはずなのに、あまりそういう風には見えない。 ただ、魔性の男に出会ってしまったために身を持ち崩してしまっただけ、という風に見える。 ほんとかな? 相手役のアッド・ダグラス卿も、自己中心的でわがままで男を振り回す魔性の男として描かれているけど・・・どこまで本当にこういう人だったんだろうか。 ただ、わがままで男を振り回す魔性のオム・ファタル役としてはこのは完璧ではある。 しかし伝記映画って普通、本人より美化した俳優が使われないか。 この映画みたいに本人よりブサめの俳優が使われるって珍しいのではないかな。 写真見る限りワイルド本人はイケメンまではいかないがけっこう伊達男で、ここまでひどくはない。 これではまるで、美青年に魅入られた、社会的地位はあるがしょぼいオヤジみたいだ(表情がまた、タレ目で本当にしょぼい)。 正直、ベッドシーンとか、ちょい微妙。 美青年に魅入られたオヤジ、というちょっとありがちな構図に見えるところ、もしかしたらこれは「ベニスに死す」風に作られた映画なのかもしれない。 美青年と有名作家、ということでベタにそういう話になったのかな。 もうちょい違うアプローチのほうが楽しかったかもしれない。 とベルレーヌの話も、役のがあって、昔から見たかったんだけど機会がなく見ていない。 「」ではディカプリオがをやっているらしく、これも悪くなさそう。 hananeko111.

次の

映画『オスカー・ワイルド』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

オスカー ワイルド 映画

9作の童話集です。 表題作「幸福な王子」は、町に立つ美しい像のお話です。 その王子の像は、目にはサファイアが、剣の柄にはルビーが輝き、全身に金箔がきせてあります。 その姿は町中で褒め讃えられていました。 寒い夜、小さなつばめが、一足先に南へ渡ってしまった仲間の群れを追いかけて、やってきました。 王子の足元にとまったつばめは、王子が目から涙を流していることに気づいて驚きます。 わけを尋ねると、王子は、向こうの家の男の子が熱を出しているが、オレンジひとつを買うお金もなく苦しんでいるのだ、と話します。 そして王子はつばめに、柄にはめ込まれたルビーを外して、あの家に届けておくれ、と頼むのでした。 早く南へ渡らないといけないから、と一旦は断りますが、悲しそうな王子が気の毒になり、一晩だけ出発を後らせ、引き受けることにするのです。 表題作「幸福な王子」は、ワイルドの童話の中でも最も有名で、文章は知的で上質、ウィットもふんだんです。 見た目の美しさや、物を所有することに本当の価値はなく、善行と博愛こそが天国への鍵だと説かれ、全世界で読まれているだけあって、どんな子供にも安心して読ませられる作品ではないでしょうか。 最後はみすぼらしくなり、称賛していた人びとに捨てられてしまう王子ですが、神様だけは本当の価値だけを知ってくれており、やはり思わず感動させられます。 童話から遠ざかっている大人の読者にこそ、思わぬ発見があるかもしれません。 次に収録されている「ナイチンゲールとばらの花」も、雰囲気こそ似ていますが、こちらは恋心と、自己犠牲の精神にフィーチャーしており、それらが全く報われないシュールな短編です。 悲劇的で感動もありますが、何とも言えないやるせなさが印象的な作品です。 世紀末文学の頂点『サロメ』 ユダヤの王エロドが宴会を開いています。 妃エロディアスが、エロドの弟と結婚していたときにもうけた子サロメは、それは美しい容姿の持ち主でした。 エロドは、今や娘であるサロメをいやらしい目で見ています。 我慢できず宴会を抜け出したサロメは、投獄されている預言者ヨカナーンの声が耳に入り、見に行きました。 するとサロメは、ヨカナーンの神秘的な美しさにすっかり虜となり、近寄るなと諫めるヨカナーンの声も全く耳に入らず、お前に口づけするよ、と一方的に誓うのでした。 宴会に戻ったサロメに、王は、踊ってくれたら何でも好きなものをやろうと言います。 サロメは見事な踊りを披露し、その褒美に所望したのは、ヨカナーンの首だったのです。 新約聖書をベースにした戯曲で、背徳的な内容のため、当初は上演の禁止令が出るほどでした。 パリ滞在中にフランス語で書かれ、これを英訳したのがワイルドの若い恋人ダグラスです。 ドイツ語版を原作にした、シュトラウスのオペラが有名ですが、母国イギリスで上演禁止が解かれたのはワイルドの死後でした。 エロドもエロディアスもサロメも悪者で、三者の傲慢が悲劇を招く、救いのないストーリーです。 しかし、それぞれの台詞がひたすらに美しく、格調があり、細部まで作り込まれ、削ぎ落とされていることが想像できます。 インモラルな内容であっても、その高い芸術性が多くの人に認められたのでしょう。 短いというのもありますが、戯曲が苦手だという方もきっとスムーズに読めると思います。 作品の世界観を高めている、有名なビアズレーの18枚の挿絵も見どころです。 香り立つ耽美『ドリアン・グレイの肖像』 モデルのドリアン・グレイは若くて美しく、噂の的でした。 画家のバジルは、ドリアンの肖像画を描きながら、夢中になってその美しさを褒めたたえました。 ドリアンはできあがった見事な絵を見て、自分ではなく絵のほうが歳を取ったらいいのに、絵を譲り受けます。 ドリアンは若く有望な女優と婚約をしました。 しかし恋愛に夢中になり演技への情熱を失った彼女を見て、一気に気持ちが冷めたドリアンはにべもなく婚約を破棄します。 翌朝、バジルから譲り受けた肖像画を見ると、微笑の口元に残酷な感じを帯びているのでした。 絵と自分との間に起こる身代わり現象を知ったドリアンは恐怖を感じますが、若さを留めるという願いを叶えるため、その魔術的運命を受け入れる決意をします。 度々映像化、舞台化される、ワイルド唯一の長編小説です。 薔薇、百合、ペルシャ絨毯、蜂蜜、桜桃、ヴェネチアングラス……、作品に充満する耽美でゴシックな雰囲気は、まるで音楽や香りさえ感じられるようです。 永遠の若さを手に入れれば、人は幸せになれるのかを問うていますが、ワイルドは序文で「象徴を読み取ろうとするものは、危険を覚悟すべきである。 」と既に警告をしています。 時間を制したつもりのドリアンですが、ストーリーのラストは無残で、時間、美、快楽の奴隷になったのはドリアンのほうでした。 初めは純粋で、自分の美を意識していなかったドリアンが、そそのかされ、絵の美しさに魅了され、やがて自惚れて、暗い道へどんどん転落していく様子は読みごたえがあります。 「カンタヴィルの幽霊」は、ワイルドの短編の中でも有名な作品で、とても愉快な喜劇です。 「幽霊」は、色々と恐ろしげな演出を工夫するのですが、物質主義的なオーティス家の人びとに、ことごとく台無しにされてしまいます。 その様子を描くユーモアは、筆に勢いが乗っていくワイルドならではで、今読んでも思わず噴き出してしまう面白さで、全く古さを感じさせません。 また、伝統を重んじるイギリスと、逆に新しさを笠に着るアメリカの、両方を皮肉った物言いはまさに一級で痛快です。 当初それほど評価を受けなかったようですが、オスカー・ワイルドの価値観やセンスは新しすぎたのでしょうか。 本書の後半では、ワイルドの親友が、社交界での出来事などの思い出を語っており、ワイルドの人となりを垣間見ることができます。 転落して深い悔恨を綴った書簡集『獄中記』 オスカー・ワイルドは、当時有罪だった同性愛の罪で、投獄されてしまいます。 本書は獄中から若い恋人ダグラスに宛てて書かれました。 「……苦悩はいとも永い一つの瞬間である。 」(『獄中記』冒頭より引用) 派手な生活を送り、快楽の限りを尽くしていたオスカー・ワイルドですが、あまりにもたくさんのものを失いました。 もてはやしていた取り巻きはほとんどが姿を消し、破産して邸宅さえも失くします。 そしてワイルドは、最後の砦である自分自身について、折れる心を奮い立たせるかのように、取り乱したくなる精神を自制するように、何度も見つめ直すのです。 美について、芸術について、生命が掛かってでもいるかのように必死に思索する様子が鬼気迫ります。 発表するための作品と異なり、ワイルドの本音と建前の激しい攻防が綴られた書簡集です。 唯美・頽廃を牽引してきたワイルドですが、投獄されて全てを失い、改めて自分の半生を見つめることになりました。 信仰厚い家庭に生まれながらも、それにあてつけるかのようにひたすら快楽を追い求めてきたワイルド。 「宗教、道徳、理性、いずれも何ら私を助けてはくれない。 」(『獄中記』より引用)とわざわざ書いていながら、本書内ではそれらのことについて終始考えを巡らせています。 「こうしたもののすべてが、私の表した書物に前もって暗示され、予想されていた。 (『獄中記』より引用)」 最後は人びとに手のひらを返された「幸福な王子」も、快楽を求め背徳に落ちた「ドリアン・グレイ」も、今となっては、ワイルドには自分自身の予言だったかのように感じられるのでした。 それを思いながらオスカー・ワイルドの作品を読んでみると、それぞれの作品に違った味わいを感じられます。 ご紹介したのはどれもとても有名な作品ですが、改めて読み返してみると、きっとまた新しい発見があると思います。 美しい童話から背徳的作品まで、オスカー・ワイルドの濃厚な世界観に浸ってみてはいかがでしょう。

次の