テニス クラッシュ。 革命ラケット クラッシュ公開

【Wilson】CLASH(クラッシュ) インプレ (100 TOUR)

テニス クラッシュ

最も実践的なツアーモデル• 選手層にウケる万能な性能 ウィルソンのラケットで最も人気の高い「 ブレード」シリーズ 「トップヘビー」という特徴の元、一般的な薄ラケットよりも ラケットヘッドを加速させやすい・ボールを飛ばしやすいメリットを持ちます ウイルソン内はもちろん、業界内でもポジション取りが確立出来ているので性能の被りのない「独自性」にも優れています ウイルソンの現在のスタンダートは間違いなく「ブレード」 ぺんてぃ 「ブレード」の最新作に関する記事は PROSTAFF(プロスタッフ) 【プロスタッフ97CV】 ウイルソンの伝統的なツアーシリーズのプロスタッフ。 フェデラー愛用モデル• THE薄ラケ感が濃縮!• 終始ボールに安定感がありました。 圧倒的パワーが魅力• ストローク重視は「ウルトラツアー」• ボレー重視は「ウルトラ」 2013年頃に「ボレー特化ラケット」としてデビューし、ウイルソン内の 黄金スペックモデルとして存在している 「ウルトラ」シリーズ 注意が必要なのは、「ウルトラ」と「ウルトラツアー」の2派生がある事です 「ウルトラ」はウイルソンらしいマットな打感・カンカンした弾き感が少なく球離れが遅めなのが特徴 「ウルトラツアー」は「ウルトラ」よりもラケットヘッドが重く、振り回したときのスイングパワーが大きくなるように設計されています ウルトラシリーズのユーザーは学生を中心に「ウルトラツアー95CV」という錦織モデルを選ぶ方が多いね! 「ウルトラ100CV」を筆頭としたウルトラシリーズは、ボレーの飛びを調節できる感覚があるから大人にはこっちのモデルの方が汎用性が高い! ぺんてぃ 「ウルトラ」の最新作に関する記事は こちら CLASH(クラッシュ) 【クラッシュ98】 クラッシュシリーズ、競技モデル大本命。 しかし球は飛ぶのにトップライトな感じに終始慣れませんでした😅 厚いあたりで打った方が収まりが良かったのが強み! 一方でピンポイントのコントロールはしづらかったかなという印象。 ラケットが圧倒的にしなる!!• ラケットパワーは「ウルトラ」以上• ラケットヘッドの重さを活かした、パンチショットが非常に打ちやすくストロークにおいて打ち負けない安定感があります。 ガッチリした打ち応え!• 相手のボールを叩き返せる面安定性• 今後は廃盤になるシリーズ? 錦織選手がが2018年末まで使用し続けてきた 「バーン」シリーズ スピードボールを打ちたい・打ち負けないラケットが欲しいという要望を叶える「硬くて強靭」なシリーズ 主力だった「バーン95CV」は「ウルトラツアー95CV」に実質的に移行されたため、今後は廃盤となる可能性が高いです その通り! ブレードはウイルソンのモデルのほぼ「ど真ん中」に位置するモデル! ウイルソンから選びたいという基準があるならば、ブレードから試そう! ぺんてぃ なぜ「BLADE(ブレード)」なのか?• 高水準でまとめられた性能• 飛び具合が「THE・標準」• ウイルソンらしさが感じられるモデル 2019・2020モデルに生まれ変わったBLADE(ブレード)は、「飛び具合・打感・取り回し感」のどれをとっても高いレベルでまとまっています そのため一番最初に試した 「ブレード」で落ち着くというユーザーが増えたというのもポイント もちろん、ブレードは万能ではありません。 だからこそウイルソン内のモデルにしたいという方こそ、「ブレード」を基準にラケット選びをすることで「自分がラケットに求める基本性能」を発見することが出来ます 「プロスタッフ」が気に入る例• ブレードの打感は嫌いでなかった• もう少し「シャキッ」と飛んで欲しい• パワーはブレードで十分• トップライトの取り回し感が好き 上記感想を持った方は 「プロスタッフ」シリーズを候補に入れましょう ブレードは球持ちが良い分、歴代モデルのような「叩いた時のはっきり感」が若干損なわれています そのため、 バコった時の安心感・打てば打っただけの情報が欲しい方は「プロスタッフ」シリーズが適任です MEMO• 「ウルトラ100CV」を試す• 「ブレード100」と比較• 打ち応えを強くしたい!• しばいた時の安心感が欲しい• 飛びは自力で調整する• スピン性能は特に要らない• 打ち負けない安定感が欲しい 上記感想を持った方は 「ウルトラツアー」シリーズを候補に入れましょう パワーが魅力の「ウルトラツアー95CV」、コントロールが魅力の「ウルトラツアー97」のどちらの性能がより欲しいかはっきりさせておくと良いです 日本人の体格・コート環境的には、ウルトラツアーを選ばれる方の多くは 「ウルトラツアー95CV」の派閥の方が合っていると思います OK!ラケットを買い替える時の参考にもなるしね! ぺんてぃ ブレード:競合モデル例• ヨネックス:ブイコアプロ• バボラ:ピュアストライク• ヘッド:グラビティ• プリンス:ファントム• ダイアデム:エレベート プロスタッフ:競合モデル例• ヨネックス:レグナ• バボラ:ピュアストライクVS• ヘッド:プレステージ• ダンロップ:CX200• プリンス:ツアー• スノワート:グリンタ98• ダイアデム:エレベート• ブリヂストン:Xブレード• テクニファイバー:T-FIGHT ウルトラ:競合モデル例• ヨネックス:EZONE• バボラ:ピュアドライブ• ヘッド:インスティンクト• ダンロップ:SX300• プリンス:ビースト• スノワート:ビタス,グリンタ• ダイアデム:NOVA(ノヴァ)• トアルソン:SマッハXF ウルトラツアー:競合モデル例• ヘッド:ラジカルプロ• ダンロップ:SX300ツアー• スノワート:グリンタ100ツアー クラッシュ:競合モデル例• バボラ:ピュアドライブ• ヘッド:インスティンクト• ダンロップ:CX400 【ウイルソン】ラケット まとめ.

次の

革命ラケット クラッシュ公開

テニス クラッシュ

おっいいかも! という感じです。 ストローク これまでのしなる系ラケットはある程度スイングスピードを出して初めてしなりが出るものだったので、結構一生懸命スイングする必要がありました。 それに比べCLASHは少ないパワーでもしなりを感じることができるため、無理せず落ち着いてスイングができます。 この「落ち着き」が安定感に寄与し、マッチ練では良いストロークが打てたと思います。 ストロークの弾道は今使っている「VCORE PRO97」に比べ高めになり、打ち始めは少しアウトが多くなりましたが、すぐに調整できる範囲でした。 強いスイングをせずともボールを深くコントロールでき、フォアのダウンザラインの精度が満足できるものに変化。 エースでは無いけど次のボレーに繋げられる効果的ショットを打つことができました。 ボレー ボレーはストロークとまた違う打球感が。 柔らかさはあります。 ただスイートスポットを外した時に「硬さ」を感じました。 どこに当たっても簡単に飛んでいくラケットとは違います。 なのでしっかり準備して運ぶようなボレーをする必要があります。 運ぶようなスイングにすると「しなり」というか、ラケットにボールが長く乗る感じが出てきてコントロール良く打つことができました。 サービス サービスに関しては少し振り抜きが悪く感じました。 スペック的に振り抜き良さそうなんですけど、フェースサイズの影響でしょうか・・ 感覚はイマイチでしたが、実際に打ったボールは良く回転がかかりキープ率はあまり変わらず・・ スピードが出るというよりも 回転が掛けやすいラケットだという印象です。 対戦相手からは、「 バウンド後の伸びがある」という評価をいただけました。 自分の感覚と相手の感じ方は結構違うんですね。 ラケット評価チャート CLASH ラケットフィーリングインタビュー.

次の

【Wilson】CLASH(クラッシュ) インプレ (100 TOUR)

テニス クラッシュ

この動画を見れば一目瞭然ですが、現代のグラファイトラケットなのに、、ちょっと「しなり」すぎていませんか?もはや、折れそうなレベル。 「しなる」と何がハッピーなのかというと、「打感」が良くなります。 ラケットが柔らかい、ということと同義で、すなわちフィーリング重視で気持ちよく打てます。 「しなり」と「パワー」はこれまで両立できなかった 3. More. Days. — Wilson Tennis WilsonTennis CLASHの最大の特徴が「しなり」だということをお伝えしましたが、これだけだと「今までのラケットの中で最もしなりを重視したラケット」となるだけですよね。 それでも十分すごいのですが、CLASHの強みは「しなり」と相反する要素である「パワー」も十分に両立させている、という点です。 パワーとコントロールが向上するが、打感はボヤける 「しなり」と「パワー」の間には上記のような相反する関係性があり、すなわち「打感がいいラケット」と「パワーのあるラケット」の両立は難しいとされてきました。 これは圧倒的な素材の差に起因するものです。 CLASHでは、スロート部分の形状を多角形型に設定することで、この相対する2つの性質をどちらも高次元で実現することに成功しています。 クラッシュのスペックは? The Revolution is Here. The Revolution is CL🔺SH. Preorder today at: — Wilson Tennis WilsonTennis CLASHの特徴がどのようにして実現できたのかを理解した上で、次にCLASHのスペックについて見ていきましょう。 2019年2月現在、発売されているモデルは以下の2つです。

次の