手作り ケーキ 保存。 手作りケーキって冷凍できる?解凍方法や期限は?|Reliable

シフォンケーキの保存方法は?冷凍保存してもふわふわ感をキープしたい…!

手作り ケーキ 保存

手作りケーキって冷凍できるの?種類にもよる? 基本的に、手作りケーキは、種類を問わず何でも冷凍保存することができます。 そのため、生クリームを使ったものであっても、実は冷凍保存が可能なんですよ! これってちょっとびっくりしませんか? 私はびっくりでした。 ネットでケーキを買うと冷凍で届くって聞くけどなんか特殊な冷凍方法があるのかと思っていました。 生クリームを使ったケーキは、日持ちしないことが難点ですよね。 でも、冷凍保存すれば消費期限が伸びるので、作りすぎても安心です。 ケーキの保存方法についてはこちらの記事も参考になりますよ。 生のフルーツを取り除いてから冷凍する。 密封性の高い容器に入れて冷凍する• 急速冷凍機能を使って短時間で冷凍する 1つめは、 「生のフルーツを取り除いてから冷凍保存する」ということです。 生のフルーツには、水分が多く含まれているので、 保存中に水分が出て、ケーキがぐしゃぐしゃになります。 なので、生のフルーツだけは、冷凍保存する前に、全て食べてしまってください。 2つめは、 「密封性の高い容器に入れて冷凍する」という点です。 冷凍庫にはいろいろな食材が入っているので、 ケーキに匂いが移る可能性があります。 それを避けるためにも、タッパーなど、密封性の高い容器に入れてくださいね。 3つめは、 「急速冷凍機能を使って、短時間で冷凍する」という点です。 時間をかけて じわじわ冷凍すると、せっかくのケーキが劣化しやすくなります。 なので、できるだけ急速冷凍して、ケーキの劣化を防ぎましょう。 手作りケーキを冷凍した時の解凍方法は? では、手作りケーキを冷凍した場合、解凍はどのようにしたら良いのでしょうか。 解凍する場合、 基本的には「冷蔵庫に入れて解凍する」という方法がオススメです。 これは市販の冷凍ケーキの解凍方法と一緒ですね 冷蔵庫には、5~6時間くらい入れ、時間をかけて解凍するようにしてください。 冷凍するときは急速冷凍が理想でしたが、解凍する時はその逆になりますね。 生クリームを使ったケーキやチーズケーキ以外の「焼き菓子系のケーキ」は、常温回答でもOKです。 このタイプのケーキは、常温解凍後、少しだけオーブンで焼いてみるのもオススメです。 こうすることで、焼き立てのような風味と香ばしさが出てくるので、おいしいですよ。 解凍方法もケーキの種類によって違うんですね。 冷凍ケーキの解凍には時間がかかるのを念頭に食べる時間から逆算して行く必要があります。 冷凍庫に入れたままの状態であれば、1ヶ月くらいは保存がきくと言われています。 1度解凍してしまうと、消費期限が短くなってしまいます。 でも、冷凍保存したままであれば、どんなケーキでも1ヶ月くらいは持つようです。 ただ、 長期間保存した場合、風味の劣化は避けられないことが多いですね。 特に、冷凍保存して1ヶ月近く経ったものは、食感が落ちてしまいます。 又、冷凍庫内の匂いが移ってしまったり、冷凍焼けしてしまうこともあります。 なので、やはり、できるだけ長期保存は避け、早めに食べた方が良いかもしれません。 冷凍ケーキの解凍後の日持ちは? では、冷凍保存したケーキを解凍した後は、どのくらい日持ちするのでしょうか。 生クリームを使ったケーキ以外は、解凍後すぐに食べなくても問題ありません。 冷蔵庫の中に入れておけば、解凍後しばらく時間が経っても大丈夫ですよ。 なので、例えば「午前中に解凍して、それを夜食べる」という形でもOKです。 但し、 生クリームを使ったケーキは、解凍後は傷みやすくなるので、すぐに食べてくださいね。 特に、暑い日や湿気の多い日は、できるだけ早く食べるようにしてください。 生クリームのケーキも解凍に5,6時間かかるのを考えると朝出して夜でも大丈夫そうな気もしちゃいましが、お昼頃から冷蔵庫に移動するのがよさそうですね。 せっかくなので美味しく食べたいですもんね。 参考にしてみて下さい。 まとめ 手作りケーキは、どんな種類のものでも、冷凍保存することが可能です。 但し、生のフルーツだけは、冷凍庫に入れる前に食べてしまってくださいね。 冷凍保存したケーキは、冷蔵庫に5~6時間入れてゆっくり解凍してください。 ケーキの種類によっては、常温解凍が可能な場合もあります。 冷凍保存した場合、冷凍庫に入れたままであれば、1ヶ月くらい日持ちします。 ただ解凍後は傷みやすいので、できるだけ早めに食べるようにしてくださいね。 こちらの記事もおすすめです。

次の

シフォンケーキの保存方法と賞味期限まとめ

手作り ケーキ 保存

もくじ• 残ったバースデーケーキの保存方法 残ってしまったバースデーケーキを保存するときは、「密閉できる別の容器に移してから冷蔵庫に入れること」が基本です。 なぜ別の容器に移すかというと、バースデーケーキの包装によく使われている紙の箱は、冷蔵庫内の冷気や匂いを通しやすいからです。 そのため、ケーキスポンジの乾燥やクリームの劣化を早めてしまう可能性があります。 具体的なケーキの保存方法としては、以下の方法があげられます。 食品保存容器に入れて保存 バースデーケーキを適当なサイズにカットしたうえで、食品保存容器に入れて密閉します。 バースデーケーキの高さは15センチほどであることが多いので、事前に15センチ以上の厚みがある容器を用意しておくとよいでしょう。 ケーキ用のフードパックに入れて保存 市販のケーキドームやケーキ用のフードパックを使って、ホールケーキをまるごと保存する方法です。 特にケーキドームは見た目もおしゃれなので、誕生日パーティー中にバースデーケーキを出すときなどにも役立ちます。 「ホームパーティーはしないし、ホールケーキもめったに買わない」という場合は、使い捨てのケーキ用フードパックもおすすめです。 紙の箱のまま保存 購入時の箱にケーキを入れ、箱の周りをしっかりラップで覆ってから冷蔵庫で保存します。 ラップで冷気や匂いを遮断することで、スポンジの乾燥やクリームの劣化を防ぐことが可能です。 手元に食品保存容器やフードパックがないときは、参考にしてみてください。 ケーキによっては冷凍保存ができる バースデーケーキの種類によっては、冷凍保存をすることでより長持ちさせることができます。 冷凍保存に向かないケーキ 冷凍保存に向かないケーキは、フルーツを多く使ったケーキや、生クリームをたっぷり使ったケーキなどです。 フルーツは解凍時に水分が出やすく、生クリームは解凍時に分離してしまう可能性があるからです。 このようなケーキを買ったその日に食べきれなかった場合は、冷蔵庫で保存したうえで早めに食べるようにしましょう。 冷凍保存に向いているケーキ 一方、冷凍保存に向いているケーキには、シフォンケーキやガトーショコラ、チーズケーキなどがあります。 イタリアンドルチェのひとつであるセミフレッド(半解凍のまま食べるアイスケーキ類のこと)のように、完全に解凍されていない状態で食べると、また違った味わいを楽しむこともできます。 ケーキを冷凍保存する時のコツ ケーキを冷凍保存するときは、冷蔵保存の場合と同じく、食品保存容器で密封して保存する方法がおすすめです。 フルーツがトッピングされている場合は、事前に取り除いておくことで、解凍時にスポンジが湿ってしまうリスクを避けられます。 なお、フルーツは傷みやすいので、ケーキを買ったその日もしくは翌日までに食べるとよいでしょう。 保存したケーキの賞味期限はどれぐらい? 冷蔵庫で保存したケーキは、購入日の翌日までには食べ終えるようにしましょう。 生ケーキに使用されているクリームやフルーツは、長期保存には向きません。 特に、食品添加物が入っていない手作りケーキは傷むのが早いので、できるだけ購入日に食べ終えるようにしましょう。 冷凍庫で保存したケーキの賞味期限は? 冷凍庫で保存したケーキの賞味期限は、2週間ほどが目安です。 「いつ冷凍したんだっけ?」とならないよう、冷凍庫に入れた日付のメモを貼るなどしたうえで、冷蔵保存したケーキと同じく早めに食べるようにしましょう。 食べきれそうにない場合は どうしてもバースデーケーキが残ってしまいそうになったら、アレンジメニューを楽しむのもおすすめです。 たとえばスポンジ部分だけをフレンチトーストにリメイクしたり、生クリームをウインナーコーヒーやホットチョコレートに使ったりする方法があります。 生クリームをひとくちサイズに分けて冷凍庫で保存しておき、温かい抹茶ラテや紅茶にトッピングにしたり、そのままアイス感覚で食べるのもおすすめです。 なお、冷凍した生クリームの賞味期限は、「1カ月ほど」が目安です。 賞味期限を守りながら、さまざまなアレンジメニューを楽しんでみてください。 まとめ 残ってしまったバースデーケーキを、できるだけおいしく保存する方法についてご紹介しました。 上記のとおり、食品保存容器を利用したり冷凍保存すれば、長い期間ケーキを楽しむことができます。 しかし、バースデーケーキは「購入した当日に食べきること」が基本です。 ホールケーキを購入すると残してしまうことが多いという方は、1~2人用の小さめのホールケーキを購入したり、冷凍保存がしやすいアイスケーキやガトーショコラを選んで購入するのもおすすめです。 「食べきれるサイズ」を踏まえたうえで、素敵なバースデーケーキを選んでみてください。

次の

賞味期間は?方法は?手作り焼き菓子の日持ちと保存方法について

手作り ケーキ 保存

常温保存はできるの? 手作りの場合保存料などが入ってませんので、 常温での保存は季節や室内の環境にもよりますが、注意が必要になります。 冬場ですと、部屋の温度や環境によっては、 常温でも問題ないでしょうが(室内温度が低い場合)、 基本的には常温の場合カビが来やすいです。 保存方法としては、粗熱が取れてからラップに包んで しっとりと仕上がりますし、保存すると乾燥防止になり、 パサパサしにくくなります。 保存期間(賞味期限)の目安は? 夏場など室内温度が高い場合は、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。 冬場で室内温度が低い場合は、 2~3日程度大丈夫かと思いますが 保存期間が長くなると風味が落ちていきます。 暖かい季節の場合は、 1日程度。 (暑い時期は要注意) ただし、基本的にはどの季節においても冷蔵庫での保存が無難です。 冷蔵保存の場合は? 常温でおいて粗熱がとれたら、ラップをして 冷蔵保存します。 保存方法はホールのままでもいいですし、 入らないようであれば、カットしてカットしたもの一つ一つを ラップに包んで保存されてもかまいません。 ただし、なるべくカット面少ない方が風味の劣化が少なくなりますので、 ハーフカット程度の大きさに切って、保存されると良いかと思います。 ただし、においの強いものと一緒に入れているとにおい移りすることもありますので、 気になる場合は、ラップをしたあと、もしくはそのままジップ付き袋やタッパーに入れて保存されると におい移りは気にならなくなるかと思います。 保存期間(賞味期限)の目安は? 冷蔵保存の場合、 4~5日程度は保存できますが、 長く保存すると風味が劣化していきますので、 目安としては3日程度。 おすすめは冷凍保存? シフォンケーキは冷凍保存が可能で、 3日以上保存されたい場合は、冷凍保存しましょう。 気になる食感ですが、解凍すると焼きたて当日とまではいかないにしても ふわふわ感はしっかりと残っています。 冷凍保存の場合、粗熱が取れたらシフォンケーキを1回に食べるサイズに切って 一つずつラップに包んでからフリーザーバッグかタッパーに入れて 冷凍庫で保存します。 ラップで包む際、シフォンケーキをつぶさないように、空気はできるだけ 抜けるように包んでください。 ラップをしないで保存した場合、切ったケーキ同士がくっついてしまい はがれなくなる恐れがあるため、ラップで一つ一つ包むようにしましょう。 なお、フリーザーバッグに入れる場合は、フリーザーバッグ内の 空気はできるだけ出してチャックをしましょう。 その際 シフォンケーキがつぶれないように気を付けてください。 解凍は? 解凍は常温で自然解凍が良いでしょう。 冷蔵解凍してしまうと、乾燥してしまったり、 密閉されていると水分がケーキの下に溜まって、 べチャッとしてしまうことがあります。 このような注意点に気を付ければ、冷蔵解凍でも問題ありません。 常温で解凍される際は、 ラップをはがしてふんわりとかけてあげると 水滴がつきにくくなります。 保存期間 賞味期限)の目安は? 目安としては 2週間程度。 それ以上保存することも可能ですが、 時間が経つにつれ風味が落ちてしまいますので、 なるべくなら早めに食べたほうが良いです。 スポンサーリンク 腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの? シフォンケーキは常温で保存すると、環境や時期にもよりますが パン同様カビが生えてきます。 カビが生えたシフォンケーキは食べないようにしましょう。 また、水分が多い場合は腐ることもあります。 腐ると納豆のようなにおいがしたり、糸を引く、ねばっとすることがあります。 このような状態になっている場合は、食べないようにしてください。 パサついたシフォンケーキを元に戻すには? 保存状態が悪い場合や長く保存した場合、シフォンケーキが乾燥してしまい 食べれないことはないのですが、パサパサとして美味しくなくなることがあります。 この場合、 製菓用のお酒:ガムシップ:水=1:1:1で混ぜて、 はけで表面に軽く塗ってからラップに包んで、1~2日程度置くと、多少ましに なるかと思います。 上記の方法が面倒である場合は、シロップやクリームを塗ることで、 パサパサ感は多少ましになるかとは思います。 もしパサパサとしてしまった場合は、試してみてるといいかもしれません。 まとめ シフォンケーキは、常温での保存が一番食感が良いため、 当日あるいは翌日に食べきってしまうことが一番望ましいのですが、 夏場だと、傷みが早くなりますので、常温保存ではなく冷蔵保存。 3日以上保存されたい場合は、冷凍保存することをお勧めします。 ただし、冷凍の場合は解凍がうまくいかないと、ケーキの下側が水滴で べチャッとすることがあるため注意してください。 また、保存期間が長くなると、シフォンケーキ特有の食感や風味が 損なわれてしまいますので、 どのような保存方法でもなるべく 早めに食べるようにしましょう。

次の