絶対零度シーズン4 ネタバレ。 「絶対零度」のネタバレシーズン4井沢は第1話で○○をやってしまうのか!?

【絶対零度シーズン4】1話のあらすじとネタバレ感想と視聴率!見逃し無料配信も2020

絶対零度シーズン4 ネタバレ

・月額料金『888円 税抜 』!! 一部(レンタル対象商品など)課金作品があり ・現在放送中のフジテレビドラマをお好きなタイミングで見れる ・最大40,000本! 最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。 「門田」と告げる吉岡に門田は殴りかかろうと…。 井沢が目障りな曽根崎は、何とかして井沢をミハンから外そうと目論んでいた。 一方井沢は上司命令で、と心療内科を訪れていた。 そこで篠田と遭遇する。 この世界から犯罪がなくなれば…という篠田に、なくなることは無いけど、無くなることを願ってる、と井沢は告げた。 その後、吉岡から研修中ながらも休みが欲しいと告げられるメンバー。 そこへ曽根崎が早川を連れてやってくる。 エリート高校生が猟奇犯罪で逮捕、というニュース映像を流された。 犯人は高校生の浅井航。 被害者の松永由貴とマンションに入り、一人だけが出てきた。 遺体は産業廃棄物として捨てられ、大量の水を使用している物証も上がっていた。 ネット通販の履歴などもあるも、なぜこの事件を防げなかったのかと曽根崎に問い詰められる井沢。 この事件をミハンで調べ直したいと思います、という香坂にメンバーは意外そうに見るのだった。 香坂もミハンを信じてる、と知り、メンバーは再捜査に行う事になった。 早速精神科医と看守に扮し潜入する。 浅井の家庭環境について尋ねる井沢に、教科書通りの鑑定で僕の心が見えるのか、と浅井は尋ねる。 どうしてこんな事件を起こしたのか尋ねると、人を殺して見たった、という浅井。 自分の中のイメージに由貴がぴったりだったと告げる浅井に、実際やって見どうだった?と井沢は尋ねた。 「あたたかいですよ。 人の血は。 でもすぐ冷たくなる。 そこだけが残念でした」 そして、浅井の通っていた学校に潜入した小田切と山内は、浅井が頭がいい事、感じが悪かった事などを述べる中、死に場所を探してるとマップをみていた浅井の姿を告げる女生徒がいた。 もう少し浅井について調べたいという井沢に、吉岡は意味があるのかと告げる。 吉岡は気持ちが続かないと告げて部屋を出ていくのだった。 翌日、吉岡にこれが最後の仕事だと告げ、井沢は浅井のいる留置所に入った。 自殺するのにどうして人を殺したのか、と尋ねると、死ぬ前にやりたかった事をやったという浅井。 それなら何故なぜ偽装工作をしたのか尋ねると、欲が出たという。 偽装工作は完璧だったが、防犯カメラに映る事実の辻褄が合わないのだと浅井は告げた。 次はもっと上手くやりますという浅井に、人の命をなんだと思ってるんだと声を荒らげる吉岡。 やはり浅井の家族に何かあると思う井沢に、精神科医ですよね?と尋ねられるも「精神科医だよ」と微笑む井沢がいた。 吉岡はここまでで、と井沢言われ、吉岡は素直に去っていく。 浅井が見ていたビルを訪れた山内と小田切は、近くのビルに聞き込みに向かう。 そこで浅井と由貴がよくふたりで屋上にいるのを見たという証言を得た。 そして井沢と加賀美は、浅井の亡くなった母にDVの痕らしきものがあったことを掴んだ。 その足でふたりは由貴の夫を探ることになった。 松永は、精神鑑定で罪が軽くなるようなことがないようお願いしますと告げた。 由貴と浅井が屋上で出会った事を告げると、松永は由貴が妊娠していることを告げた。 その際、松永が壁にかかった絵を見ていた。 その絵を退けると壁に何かが当たった形跡があった。 由貴は一度救急に緊急搬送された履歴があり、松永のDVと、その夫の子の未来を思い悩んでいたかもしれないと結論づけた。 そんな時、山内は病院にいる吉岡と会う。 吉岡の実の弟は完治しない病気で下半身が動かないようだ。 でも、そこそこ偉くなれたし、演じるのは得意だから、と微笑む吉岡。 犯人はお前と同じ、大切な人を守るために嘘をついてたんだ、と山内は吉岡に告げた。 精神鑑定がまだ必要なのか、という浅井は取調室にいた。 浅井の母が亡くなってから、父の手を逃れ自殺しようとしていたことを告げられる。 そこで由貴と偶然逢った。 お互いに、こんなとこで何を?と思いながらも、自殺をしようとしていた事に気付いた。 それから二人はそこで同じ時間を過ごし、由貴がDVを受けている事を知り、警察に通報する事を勧めるが、松永が何をするか分からない、と由貴は受け入れなかった。 何が言いたいのかと告げる浅井の前に、白衣の吉岡が現れた。 「嘘つくなら徹底して演じないと」 と吉岡が告げると、由貴を殺していない、と告げられる浅井は、俺が殺したんだ!とまた声を荒らげた。 由貴をDVから守るため、綿密な計算の上で大量の水やゴミを出したのだと告げられる浅井。 反抗計画を井沢に述べられるも、また浅井は言った。 「俺が彼女を殺した…」 曽根崎の前にいる門田は追い詰められていた。 次はないと言われた門田は、吉岡に由貴の居場所を教えろと声を荒立てた。 候補をいくつか送るが、ミハンも動くと告げる吉岡。 その後、気配を感じた門田。 少年が犯罪者ではないからミハンシステムが探知しなかった事をわざとらしく褒める曽根崎の前でミハンシステムが作動した。 危険人物は由貴の夫・松永だった。 門田を殴り由貴の居場所を突き止めた松永は、由貴の後ろから近付き首を絞めるも、その人物はかつらを被った吉岡だった。 松永の腕力は相当で、押される吉岡は小田切に助けを求めた。 何とか松永を取り押さえたミハンメンバー。 後日、面会に訪れた由貴は、浅井に頭を下げたが「いいんです」と告げた。 その後、君の罪は威力業務妨害だ、と告げる井沢。 この先はない、彼女は僕が好きじゃないと告げる浅井。 そして、あなた達は?と尋ねる浅井に、もちろん精神科医だよ、という井沢。 微笑む浅井は少年のような顔をしていた。 吉岡の弟に逢いに来た山内は、吉岡が自分のために夢を叶えてくれたと嬉しそうに告げる。 「兄ちゃんの事、よろしくお願いします」 という弟は、自分の命が長くはないこと、吉岡が嘘が下手なことを告げる。 吉岡は大事なメンバーだと告げる山内は病室を後にし、泣き崩れる吉岡の肩を支えるのだった。 その夜、ひとりで飲んでいた香坂の元を訪れる井沢は、吉岡がミハンの研修を続けたいと言うことを告げる。 篠田は小田切に付き合って欲しいと告げた。 その後、自宅で小田切の写真をプリントして、同じ男が背景に写っているのに気づく。 「あなたに伝えたい事が…」 と告げる篠田に不安を覚えた小田切は、篠田を訪ねて飛び出したが、見つけた篠田は腹部から出血して気を失っていた。 綿密な計画に抜けがある事に目をつける井沢はさすがでしたね。 そして、吉岡も一度は離れたいというも、やはり戻ってきました。 そして今回は精神科医だけではなく、女装まで。 顔面はそのままでしたが。 更には被害者の夫である松永が、皮肉なことに門田を殴り危険人物として察知される反応の良さに、曽根崎も観念したのではないでしょうか。 近い未来の事件は今回詳しくは分かりませんでしたが、門田も吉岡も関わっているようでした。 今後どうなるのか、楽しみでもあり、不安でもあります。

次の

絶対零度シーズン4 第4話ネタバレ感想|ミハン統括責任者 香坂(水野美紀)の過去が明らかに!次話への伏線もあり | ドラマFUN

絶対零度シーズン4 ネタバレ

居なくなった篠田 加賀美が危険人物として検知され、止めるために篠田の入院する病院に向かう井沢。 病室に入ると、ベッドに座る加賀美の姿があり、篠田は既に消えていた。 篠田のアジトを訪れた山内は、殺された諏訪の事件を調べる早川から、小田切の骨伝導ベルトに盗聴器が仕掛けられていたことを知らされる。 ミハンの情報は、篠田に漏れていたのだった。 香坂を無線で呼び出したのも篠田だと分かる。 監察官から話を聞きたいと言われて聴取を受けた小田切は、自ら警察を辞めることを告げる。 その頃、井沢は宇佐美に面会に行っていた。 篠田がいた養護施設に、戸籍を変える前の宇佐美の名前があったことを明かすと、施設内で篠田をイジメていたことを話す。 だが、篠田が施設長を殺してくれたことで、宇佐美は救われたのだった。 危険人物として篠田が検知される。 行方を追うと、防犯カメラをわざと見て挑発する篠田の姿を見つける。 さらに、篠田は里谷と一緒にいることから、爆弾がまだ存在することを指摘する加賀美。 小宮山に会いに行った井沢に、篠田が夢が未完成であることや、それを完成させるために動いていることを伝える。 篠田がミハンの法制化を強く望んでいることから、南雲を暗殺する計画を実行するつもりだと考える井沢。 篠田の行方を追う井沢たち その頃、南雲はオペ中で、終わるまで最低でも3時間はかかる状態だった。 院内の爆弾を探していた井沢たち。 電源盤の工事に入った業者が存在しないことから、電源盤を調べると、山内が爆弾を発見する。 すぐに爆弾処理班が駆けつけるが、複雑なトラップが仕掛けられていて、解除には3時間を要すると言う。 時間前に解除するには、篠田が持っている起爆装置を手に入れるしかなかった。 篠田の居場所を考えた井沢は、始まりの場所で全てを終わらせようと考えていることに気づく。 篠田の元に向かう井沢たちだったが、車が道を塞ぎ、降りて来たのは里谷だった。 里谷は、曽根崎からテロに協力するように言われた後、篠田と会い過去の生い立ちを聞いたと言う。 そして、篠田にかけてみたくなった里谷は、篠田に協力したのだった。 井沢たちと揉み合いになる里谷。 里谷に手こずる井沢の元に山内が来て「先に行ってください」と里谷を引き受ける。 篠田のところに急ぐ井沢 映画館に辿り着いた井沢が中に入ると、一人で映画を観ている篠田がいた。 26年前のことを話し、加賀美と会ったことで生きる意味を見つけたのだと話す篠田。 近づく井沢に起爆装置を見せ、近づいたら押すと言う篠田。 井沢が、香坂をなぜ殺したのかと尋ねると、起爆装置を見せた際香坂がそれを壊そうとしたため、撃ったのだと話す。 その頃、里谷と戦っていた山内たちの元に、小田切が駆けつけていた。 篠田に、自分のところに送られてきた血の付いたナイフについて話し始める井沢。 「僕の妻と娘を殺したのはお前だ」と言う井沢。 元監察官の井沢の妻はミハンのテストケースである冤罪事件を知り、町田は宇佐美に口封じを命令していた。 その話を小宮山から聞いた篠田は、井沢の家に向かい、井沢に話さないよう頼んだのだった。 だが、見過ごすことはできないと言われたため、殺したのだと言う。 井沢の娘が最後に「助けて、お父さん」と言っていたことを話し、井沢を挑発する篠田。 篠田の死 里谷たちを倒した山内たちも、映画館に駆けつける。 すると、井沢が篠田に拳銃を向けている姿が目に入ってくる。 止めようとする小田切たちを制止する山内。 妻や娘のことを思いながら涙を流す井沢は、拳銃を向けたまま篠田に近づいて行く。 銃声が聞こえ、小田切たちが目を開けると、天井に向け拳銃を発砲する井沢の姿があった。 井沢は篠田に、始めから爆破するつもりはないのだと指摘する。 全てはミハンの法制化のために行ったことだった。 篠田の中に、犯罪をこの世から失くしたいという強い思いを感じた井沢は「僕は君を許す」と告げる。 井沢に「あなたは僕を殺してもいいんだ」と倒れながら言う篠田。 そこに加賀美が現れ、篠田を抱きしめながら「もういい、終わったんだよ」と言うと、息を引き取るのだった。 篠田のポケットから、小田切に宛てた手紙が出て来る。 そこには、ミハンに近づくために近づいたが、小田切と過ごした時間はかけがえのないものだったと書かれていた。 里谷の自供により、曽根崎も逮捕される。 その後、ミハンが再始動されることになり、井沢の家でお祝いの食事会が開かれる。 南雲も法制化に前向きな発言をしていると言い、メンバー全員で笑顔になるのだった。 強いというのは、何もただ肉体とか折れない負けないではなく人を許せるのもまた大切な強さ…。 加賀美さんが歩を殺さなくて本当に良かったし親のように愛してくれた人の腕の中で眠れて良かった…。 伏線回収を最終回前に終わらせたと思ったらさらに上回って事件としても人物達の成長としてもしっかりと終わらせてた。 山内くん達が最後に井沢さんの哀しみの元凶の場を上書きして、慰めじゃなく「もう解放してあげたらどうですか」とか…堪らんです。 どこの時点から歪んでいたのか。 小田切さんにもっと前に出会えたらよかったのだろうか。 そんなことなのだろうか。 ずっとずっとかなしいひとだ。 高杉真宙くんのこれからが楽しみだな。 — ゆう1015 yyuyu1015 「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」見逃し動画を無料で見る方法 下記の絶対零度はで見放題配信中です。 16現在.

次の

ミハンネタバレあらすじ【第6話】絶対零度6話で門田が・・・絶対零度シーズン4

絶対零度シーズン4 ネタバレ

『絶対零度シーズン4』1話冒頭とラストのシーンとは? 第1話のラストシーン が倒れているシーン。 この展開までどうなるのでしょうか。 どうして現場に血が流れるんだ 青島風。 1話冒頭では、銃を持った血まみれの井沢範人(沢村一樹)が女性の死体を見下ろしています。 周りを大勢の特殊急襲部隊(SAT が囲みます。 過去となる本編では、町田が何者かに殺されます。 1話ラストシーンでは、女性死体が香坂であることが判明。 血染めの手に拳銃の井沢に、SATが拳銃を向けます。 『絶対零度シーズン4』2話冒頭とラストのシーンとは? 『絶対零度シーズン4』2話冒頭では、SATに「手を上げろ」と言われて、言われたとおりにする井沢。 しかし井沢はSATに抵抗して、その場から逃走。 その場にいる小田切に目もくれません。 小田切は「井沢さんを止めて! 」と泣き叫びました。 64日前。 井沢は、元警察庁次長の町田が殺された件で取り調べを受けます。 井沢は、差出人不明で井沢の妻子を殺した凶器が送られてきたこと、それについて聞くために町田を訪ねたことを話しました。 しかし町田殺しについては否認。 公安の曽根崎は、山内に「井沢から目を離すな」と命令。 その後、井沢は自宅でまた妻子の事件を思い出して取り乱してしまいます。 山内が電話をかけると、井沢は「僕がまた一線を超えそうになったら撃っていいから」と言いました。 『絶対零度シーズン4』2話ラストシーンでは、山内が逃走する井沢に威嚇射撃。 しかし井沢は止まらず、山内は絶叫しながら引き金を引くのでした。 『絶対零度シーズン4』3話冒頭とラストのシーンとは? 『絶対零度シーズン4』3話冒頭では、霊安室で小田切が香坂の遺体を見下ろします。 あたしのせい、香坂さんが死んだのはあたしのせい。 60日前。 井沢が刑務所の宇佐美と面会。 井沢:「3年前、俺の妻と娘をお前を殺した。 どうりで犯行を立証できないわけだ、真犯人は他にいる。 そしてお前はそれが誰なのか知ってる」 宇佐美:「井沢範人、お前はいずれ一線を越える」 56日後。 『絶対零度シーズン4』3話ラストシーンでは、小田切が 懲戒処分を迫られるも、 依願退職を選択します。 「小田切巡査部長、君の行動は職務上の義務違反であり、警察官としての自覚に欠ける。 そして多くの市民を危険にさらした。 懲戒処分の検討を」 「その必要はありません」 「依願退職でいいんだな」 「はい」 小田切は一体何をしたのでしょうか? 『絶対零度シーズン4』4話冒頭とラストのシーンとは? 『絶対零度シーズン4』4話冒頭では、1994年(26年前)、奈緒(改名する前の香坂)が電話で「ごめん、私行けない」と言っています。 電話の相手は、映画館にいる父親・恵一。 恵一は「この世界は絶望に満ちている。 もうウンザリだ」と言いました。 恵一からもらった映画のチケットを握りしめる菜緒。 本編では、26年前に映画館(スフィア座)で神経ガスをまいた無差別殺人犯が香坂の父親・恵一であることが明らかに(10人が死亡)。 香坂の母親の再婚相手の法務省の男は、香坂が犯人の娘であることを隠蔽するために戸籍を操作しました。 井沢は香坂を理解し、2人の間に絆のようなものが出来ます。 ミハン防止法案が見送りとなり、北見俊哉(上杉柊平)はミハンを離れて、防止法案を練り直すことに。 香坂はミハンに残ります。 『絶対零度シーズン4』4話ラストシーンでは、事件後に花束を持って映画館に行く奈緒が、加賀美とすれ違います。 実は加賀美は、26年前の奈緒を知っていたのでした。 『絶対零度シーズン4』5話冒頭とラストシーンとは? 『絶対零度シーズン4』5話冒頭では、加賀美がタブレットに映る焼き芋をほおばる少年の画像を見ています。 その後、何者かに拳銃を突きつけられる加賀美。 加賀美は「教えてくれないか、君がミハンに関わった本当の理由を。 僕の方から話した方がいいかな、なぜミハンに志願したのか」と言いました。 『絶対零度シーズン4』5話ラストシーンでは、加賀美が自分に銃を突きつける男に話をします。 「26年前、ある男が映画館に神経ガスをまいた事件。 僕はそこにいたんだ。 目の前で人々が倒れていった。 そこで僕は罪を犯した。 僕が犯した罪を君は知ってるね? 」 北見に銃を突き付けていたのは、ずぶ濡れの 北見(上杉柊平)だった。 『絶対零度シーズン4』6話冒頭とラストシーンとは? 『絶対零度シーズン4』6話冒頭では、負傷した右腕を押さえて走ってくる 門田(粗品)。 その行く手をはばむのが、 吉永巧海(森永悠希)。 うああああーっと門田が殴りかかってきます。 本編では、篠田(高杉真宙)が「僕と付き合ってくれませんか? 」と小田切に告白。 驚きながらも、嬉しそうに微笑む小田切。 『絶対零度』6話ラストシーンでは、 小田切の写真に必ず写り込んでいる男の存在に気付いた篠田が、何者かに殺された……? 『絶対零度シーズン4』7話冒頭とラストシーンとは? 『絶対零度シーズン4』7話冒頭は、2017年の井沢家の平和な風景。 井沢範人は、娘から今度の土曜日の授業参観に来てほしいと言われて、引き受けてしまいます。 しかし案の定、井沢は仕事で行けませんでした。 井沢は、ベッドで塞ぎこむ娘に謝りますが、娘は「もういいよ。 でもひとつだけ約束して。 絶対死なないで」と言って井沢は「わかった、必ず約束する」とうなづきました。 本編では、前回心療内科から(おそらくあまり良くない)所見をもらった井沢に、香坂が「私のおすすめの心療内科リストです」と言ってリストを渡しました。 香坂は、井沢を 深く信頼する一方で かなり心配しています。 香坂は、ミハンチームに 「間もなく東京サミットが開催されます。 ミハンも警備に参加します」と発表。 井沢の妻子を殺した真犯人は、 町田が差し向けた宇佐美ではありませんでした。 宇佐美が井沢の家に着いた時には、 既に先客がいたのです(血の付いたナイフを持っていた)。 曽根崎が香坂に「井沢範人は既に一線を越えている」と3人の失踪者リストを見せました。 その頃、6話の危険人物で完全犯罪を遂げた仁科(佐藤江梨子)が何者かに銃殺されて失踪しました。 井沢がこの4人を殺したのでしょうか? 『絶対零度シーズン4』8話冒頭とラストシーンとは? 『絶対零度』8話冒頭は、7話の危険人物だが裁かれなかった仁科が仕置き人に殺されるシーン。 本編では、小田切が篠田に「あのう、篠田さん。 この間の返事なんですけど……ごめんなさいっ! ずっと待ってもらって」とまるで断るかのような言い方から~の「よろしくお願いします」でめでたく交際スタート。 篠田も最初は断られたかと思ったようで、頭を整理してから「えっと~それってOKってことですかね? 一瞬断られたのかと思いました」と確認していましたからね(笑)。 実は超ド天然の小田切の「え? 」の表情がまた可愛い。 2人は初めて手を繋ぎました。 しかし急な呼び出しで小田切は仕事へ、篠田は寂しそうでしたが快く送り出してくれました。 しかし篠田は「小田切さん、また会えますよね? 」と確認、小田切は「もちろん! 」とビッグスマイルで答えました。 そしてその様子を、凄腕ハッカーでストーカー(松尾諭)が見ていました。 ラストシーンは、取り調べを受けている北見が胸の前で三本指のサインを。 その後門田が拳銃をふるえる手で握って、頭を壁にガンガン打ち付けて鼻血も出しています。 東京サミット当日に井沢も現れた、その8時間後。 香坂は遺体で発見され、井沢はSATに銃を向けられています。 しかし次の瞬間井沢はSATをなぎ倒して逃走、その様子を小田切が悲しそうな顔で見ています。 曽根崎は「井沢はどこへ消えた? 逃がすな! 見つけ次第射殺しろ! 」と無線で命令しながら、ミハン対策室に入ろうとしますがセキュリティーに遮断されて入れません。 「くっそー! 今すぐミハンのセキュリティーを解除しろ」と無線の怒鳴る曽根崎の前に、井沢が。 井沢は曽根崎の首を掴んで……? 『絶対零度シーズン4』最終回結末に関わる5つのポイント 『絶対零度シーズン4』 最終回結末に関わる5つのポイントについて整理します。 篠田浩輝が襲われた理由とは? 高校生の時に男性に襲われた経験から、男性恐怖症の小田切唯(本田翼)。 ところが今作では、メンタルケアをする施設でスポーツカメラマン・篠田浩輝(高杉真宙)と出会っていいムードに。 6話では篠田が「付き合ってくれませんか? 」と告白して、小田切は嬉しそうな笑顔。 しかしその34日後、篠田は何者かに襲われて血まみれに……! 篠田を襲ったのは、小田切の写真にいつも映り込んでいた男? この気味悪い男は、篠田の関係者なのか、それとも小田切を襲った男なのでしょうか? 小田切を襲った男は常習犯でしたが、たった6年で刑務所を出てきています。 現在の小田切のことを調べ上げてストーキングしていたとしても、おかしくありません。 他の方の考察にある通り、篠田の撮った写真に写っていたのは小田切を過去に襲った男の可能性が高い その男が出所して再び狙ったのでは? 篠田は恐らくその男を問い詰め殺されたと考える 考察— No Name NoName24038862 山内徹と井沢範人の結束が崩れる? 表向きはミハンの違法捜査をチェックするためですが、井沢を監視するように命令されています。 season3では井沢に反発していた山内ですが、現在は井沢に心酔していて「陰に引き込まれそうな井沢を絶対に止めなければいけない」と決意して常に銃を携帯しています。 1話では井沢が犯人に撃った銃弾を自ら食らってまで、井沢を止めました。 現在は強い結束で結ばれている2人ですが、最終回に向けて決裂する展開があるのではないかと予想します。 井沢の妻子が殺された事件の真相は? 井沢の妻子が殺された事件は、season3で以下の事実がはっきりしています。 ・ある日帰宅した井沢は、自宅リビングの床の上で刺殺された妻と娘の死体を発見。 ・ミハンが初めて行ったテストケース(桜木泉が関わった事件)で冤罪があり、元監察官だった井沢の妻はそのことを知ってしまい、口封じで殺された(娘は巻き添えを食らった)。 ・下っ端の 宇佐美(奥野瑛太)に殺人教唆をしたのは、元警察庁次長の 町田(中村育二)。 『絶対零度シーズン4』1話では、町田が釈放されました。 警察が用意した奥多摩の別荘で悠々自適に暮らしますが、そこへ突然井沢が現れます。 なんと、最近になって井沢の家に妻子殺しの凶器(ナイフ)が送られてきたのです。 井沢は「実行犯の宇佐美はまだ服役中なのに、誰が凶器を送ってきたんだ? お前が知っている真実を全て話せ」と町田に詰め寄ります。 この翌日、 町田は山中で刺殺体となって発見されました。 手口は警察の捜査をよく知る者の犯行で、物証は出てきませんでした。 以下の3つの事実から、井沢の妻子が殺された事件はまだ終わったわけではなさそうです。 ・(元法務省官僚で)ミハンの統括責任者に自ら志願した。 ・井沢の妻子殺しの実行犯である宇佐美に面会に行っている。 ・井沢と互角に戦える武術の持ち主。 4話では、香坂が26年前に映画館(スフィア座)で神経ガスをまいた無差別殺人犯の娘であることが判明。 しかし香坂の母親の再婚相手がその事実を隠蔽したので、香坂は加害者家族としての責任を果たさず生きてきました。 香坂の「犯罪を未然に防ぎたい」という思いが本物であることを理解した井沢は、宇佐美の件ではまだわだかまりがあるものの、香坂を認めます。 6話の香坂は、井沢の心療内科での検査結果が思わしくないものだったにも関わらず、曽根崎に報告しませんでした。 そして井沢が闇落ちするのだけは防ぎたいと強く思っています。 香坂が殺された理由は、井沢の妻子の事件の真相にたどり着いたからかもしれません。 井沢は香坂を殺したのか? 最終回で最も気になるポイントは、井沢が香坂を殺したのかどうか? season3冒頭の井沢は宇佐美を殺そうとしていましたが、殺していません。 最終回では町田を殺そうとしますが、やはり殺していません。 今回は3度目の正直で殺すというパターンも考えられますが、やはり踏みとどまるのではないでしょうか。 それに井沢と香坂は、4話以降は 友情のようなものが芽生えています。 逆に井沢は、香坂を殺した犯人に復讐を考えているのではないでしょうか? 井沢がSATから逃げた理由は、香坂を殺した人間を殺しに行くため? 8話で、香坂がテロの首謀者の一人であることが判明。 しかし香坂がテロに加わったのには深い理由があり、その理由を知った井沢はある行動に出るようです。 加賀美が犯した罪とは? 加賀美(柄本明)は、香坂の父親が起こした26年前の無差別殺人事件の現場にいました。 当時、騒然となる中で、加賀美は男の子を助けて外へ連れ出しました。 男の子は加賀美の手を握って、何かを尋ねた? 一見人助けをしているだけのように見えますが、「僕は罪を犯した」と加賀美。 加賀美が助けた少年とは、彼のタブレットに映るです。 そして加賀美に拳銃を突きつける 北見(上杉柊平)は、何を掴んでミハンに来たのでしょうか? 『絶対零度シーズン4』8話で焼き芋の少年がクローズアップ 『絶対零度シーズン4』8話では。 焼き芋の少年がクローズアップされました。 加賀美のPCの焼き芋の少年を見た香坂が 「加賀美さん答えてください、なぜあの写真を? 」と問いかけ、 加賀美が 「彼は生きていた、君と同じだ、僕も探しているんだ彼のことを」と答えました。 つまり 加賀美も香坂も、(死んだはずだけど生きている)焼き芋の少年を探しているということ。 9話では、香坂に 弟がいたことが判明します。 弟は26年前の父親の神経ガス殺人事件に巻き込まれていますが、一命は取り留めました。 しかしその後世間のバッシングに絶望して 自殺……したはず。 焼き芋の少年とは、実は生きていた香坂の弟ではないでしょうか。 そして気になるのが、篠田も昔父親に無理心中を図られて殺された過去があること。 篠田が焼き芋の少年なのでしょうか? しかし篠田を演じる高杉真宙さんは現在23歳で、45歳の水野美紀さんの弟設定にはちょっと無理があるような……。 第一、26年前の神経ガス事件の時には篠田は生まれてないです。 焼き芋の少年が、凄腕ハッカーで小田切のストーカーの松尾諭さんである可能性も考えられます。 松尾さんは44歳で、水野美紀さんより1歳年下なので。 しかしもう少し年齢差のある姉弟に見えるのですが(事件当時香坂は高校生で、焼き芋の少年は小学生)。 そうなると、やはり焼き芋の少年は篠田ということになりそうです。 ドラマなので、高杉さんが実年齢より10歳年上の役柄を演じていてもおかしくはありません。 井沢の妻子が殺された事件には、まだ黒幕がいた。 つまり更なるラスボスがいる。 今になって凶器を送り付けた理由は、井沢を挑発して暴走させて町田殺しの罪を擦り付けるため。 黒幕はミハンの実用化を望んでいるが、ミハンの闇について色々知っている井沢には消えてほしい(町田を殺した理由も、町田がミハンの闇に関わった人物だから)。 黒幕を途中で裏切った香坂も殺され、 井沢はハメられる。 つまり井沢は町田殺しと香坂殺しの犯人ではない。 テーマは許し? 月刊ザテレビジョンで、井沢役の沢村一輝さんは以下のコメントをしています。 この1年半でAIという言葉も浸透し、AIで事件を予測することも現実的になっているような気がします。 そんな中で大事になってくるのは、機械では推し量れない感情の尊さ。 井沢の中で既にもう終わったと思っていたことが実は胸の奥にくすぶっていて……。 本当は彼にはまだ許せてないことがある。 それがどうなっていくのか気になります。 引用元:月刊ザテレビジョン 勧善懲悪がテーマではない本作で、井沢が犯人をどう許すのかに注目です。 本当の正義とは何なのでしょうか? まとめ 『絶対零度シーズン4』最終回結末をネタバレ予想してまとめました。 まだ1話終了時点での予想なので、今後どんどん追記していきます。

次の