となり の 天使 様。 #1 ぼくのとなりで王様ゲームが繰り広げられています。②

新連載「 お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」はじめましたー!|佐伯さんの活動報告

となり の 天使 様

もどかしく、焦れったい。 藤宮周の住むマンションの隣には、学校で一番の美少女・椎名真昼が住んでいる。 特に関わり合いのなかった二人だが、雨の中ずぶ濡れになった彼女に傘を貸したことから、不思議な交流が始まった。 自堕落な一人暮らしを送る周を見かねて、食事をつくり、部屋を掃除し、なにかと世話を焼く真昼。 家族の繋がりに飢え、次第に心を開いて甘えるようになる真昼と、彼女からの好意に自信を持ちきれない周。 素直でないながらも二人は少しずつ距離を縮めていく…… 「小説家になろう」で絶大な支持を集める、素っ気なくも可愛い隣人との甘く焦れったい恋の物語。 部屋が隣というだけでそれまで接点の無かったルックス・成績・性格完璧美少女が、ふとした キッカケから世話を焼かれる関係になり、少しずつ距離が縮まっていく話。 すごくスローテン ポながら、それがいい。 繊細かつ悶死するような愛らしい描写も相まって退屈とは無縁の出来 だ。 雰囲気的にはファミ通文庫の某作家さんの作品に似ている気もするが、唐突に惚れられる話で も無く、互いに積極的でも無く、しかし着実に仲が深まり互いに意識し出す様がより好みであ った。 しかもクラスでは完璧美少女を演じているのに、自分にだけはそれ以外の表情を見せて くれるなど、最高のご褒美では無いか! 今時絶滅危惧種な2人ではないかと思わないでも無いが、小説の中だけでも夢があってよろし い。 好感度MAXだ。 イラストがイイ。 ヒロインの真昼がとにかくかわいい。 内容は日常モノで、ストーリーに大きな起伏はないし、他に目を引く要素も見当たらなかった。 そして、ズボラでやさしいだけの主人公に面白味がない。 「~だが、~だった」といった地の文が多くみられ、とにかくワンテンポ遅らせるような文体が鬱陶しくて退屈です。 45ページ目の「本当に的確に当たっていた」とか、文章がちょっとおかしい部分もあったり。 セリフで言ったことと同じ内容を地の文で繰り返すことが多いし、地の文の内容も同じように繰り返すことがあるのでリズムが非常に悪く感じました。 あと、真昼がなぜ公園のブランコでずぶ濡れでいたのかの理由は、この一冊ではわからないのが消化不良。 恋愛・青春モノとしては物足りなくて、続きが気にならない。 なので、過度な期待はせずに、移動中とか待ち時間の暇なときに読むのがイイと思います。 あと、タイトルが微妙にしっくりこない。 主人公最初からダメ人間だったろ……。 草食系男子とパーフェクト美少女のスローラブストーリーで、本来なら2人に接点はないはずだが、家族に問題を抱える少女の心の隙を男子主人公が下心無く「偶然」突いたことできっかけが生まれ、「たまたま」住居が隣同士という環境もあって、2人の関係はゆっくり、じっくり進展していく。 この絵に描いたようなご都合主義的とっかかりと、1冊まるまるかけても「付き合い」が始まらない超微速展開さえ気にならなければ、微笑ましい2人の日常は読んでいて心が癒やされること間違いない。 人付き合いは苦手だが、そこそこ成績が良かったり、「眼鏡を取れば美少女」的な男子主人公のエクステリアに共感を覚えられないという感想もあるが、彼のいちばんの長所は、そうした自分の良い点に気付いていないがための奢りとは無縁な謙虚な性格と、自分の想いは二の次にして常に他人(少女)の気持ちを優先しようとする、思いやりを忘れない優しさだろう。 強いてクレームを付けるなら、セリフ回しが少々おっさんくさく、高校生らしくないところか。 2人の関係を空想の産物とする意見もあるが、現実の世界で長続きしている仲睦まじいカップルの多くは、この作品の2人のように、相手を思いやる気持ちを互いに持ち続けているからだということにも、この本は気づかせてくれた。 本当に久々に読んでよかったと思える作品。 互いに 色んな意味で ちょっと含んでいるものがあるのだが、接し方であったり言葉の端々に一歩とはいわなくとも半歩ずつ確かに歩み寄っていくその様子が見ていてとても心地が良い。 設定としてそこまで捻った、むしろ言葉を選ばなければ高嶺の花であるヒロインと平凡な主人公が出会うといった定番なボーイミーツガールであるにも関わらず、調理をする人次第でここまで美味しくかつ見栄えのいい作品になるのかと感心しかない。 色んな味付けで麻痺してきた舌にも、たまには素朴でありながらも最上な素材で癒しを与えるのもいいと思えた。

次の

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

となり の 天使 様

もどかしく、焦れったい。 藤宮周の住むマンションの隣には、学校で一番の美少女・椎名真昼が住んでいる。 特に関わり合いのなかった二人だが、雨の中ずぶ濡れになった彼女に傘を貸したことから、不思議な交流が始まった。 自堕落な一人暮らしを送る周を見かねて、食事をつくり、部屋を掃除し、なにかと世話を焼く真昼。 家族の繋がりに飢え、次第に心を開いて甘えるようになる真昼と、彼女からの好意に自信を持ちきれない周。 素直でないながらも二人は少しずつ距離を縮めていく…… 「小説家になろう」で絶大な支持を集める、素っ気なくも可愛い隣人との甘く焦れったい恋の物語。 部屋が隣というだけでそれまで接点の無かったルックス・成績・性格完璧美少女が、ふとした キッカケから世話を焼かれる関係になり、少しずつ距離が縮まっていく話。 すごくスローテン ポながら、それがいい。 繊細かつ悶死するような愛らしい描写も相まって退屈とは無縁の出来 だ。 雰囲気的にはファミ通文庫の某作家さんの作品に似ている気もするが、唐突に惚れられる話で も無く、互いに積極的でも無く、しかし着実に仲が深まり互いに意識し出す様がより好みであ った。 しかもクラスでは完璧美少女を演じているのに、自分にだけはそれ以外の表情を見せて くれるなど、最高のご褒美では無いか! 今時絶滅危惧種な2人ではないかと思わないでも無いが、小説の中だけでも夢があってよろし い。 好感度MAXだ。 イラストがイイ。 ヒロインの真昼がとにかくかわいい。 内容は日常モノで、ストーリーに大きな起伏はないし、他に目を引く要素も見当たらなかった。 そして、ズボラでやさしいだけの主人公に面白味がない。 「~だが、~だった」といった地の文が多くみられ、とにかくワンテンポ遅らせるような文体が鬱陶しくて退屈です。 45ページ目の「本当に的確に当たっていた」とか、文章がちょっとおかしい部分もあったり。 セリフで言ったことと同じ内容を地の文で繰り返すことが多いし、地の文の内容も同じように繰り返すことがあるのでリズムが非常に悪く感じました。 あと、真昼がなぜ公園のブランコでずぶ濡れでいたのかの理由は、この一冊ではわからないのが消化不良。 恋愛・青春モノとしては物足りなくて、続きが気にならない。 なので、過度な期待はせずに、移動中とか待ち時間の暇なときに読むのがイイと思います。 あと、タイトルが微妙にしっくりこない。 主人公最初からダメ人間だったろ……。 草食系男子とパーフェクト美少女のスローラブストーリーで、本来なら2人に接点はないはずだが、家族に問題を抱える少女の心の隙を男子主人公が下心無く「偶然」突いたことできっかけが生まれ、「たまたま」住居が隣同士という環境もあって、2人の関係はゆっくり、じっくり進展していく。 この絵に描いたようなご都合主義的とっかかりと、1冊まるまるかけても「付き合い」が始まらない超微速展開さえ気にならなければ、微笑ましい2人の日常は読んでいて心が癒やされること間違いない。 人付き合いは苦手だが、そこそこ成績が良かったり、「眼鏡を取れば美少女」的な男子主人公のエクステリアに共感を覚えられないという感想もあるが、彼のいちばんの長所は、そうした自分の良い点に気付いていないがための奢りとは無縁な謙虚な性格と、自分の想いは二の次にして常に他人(少女)の気持ちを優先しようとする、思いやりを忘れない優しさだろう。 強いてクレームを付けるなら、セリフ回しが少々おっさんくさく、高校生らしくないところか。 2人の関係を空想の産物とする意見もあるが、現実の世界で長続きしている仲睦まじいカップルの多くは、この作品の2人のように、相手を思いやる気持ちを互いに持ち続けているからだということにも、この本は気づかせてくれた。 本当に久々に読んでよかったと思える作品。 互いに 色んな意味で ちょっと含んでいるものがあるのだが、接し方であったり言葉の端々に一歩とはいわなくとも半歩ずつ確かに歩み寄っていくその様子が見ていてとても心地が良い。 設定としてそこまで捻った、むしろ言葉を選ばなければ高嶺の花であるヒロインと平凡な主人公が出会うといった定番なボーイミーツガールであるにも関わらず、調理をする人次第でここまで美味しくかつ見栄えのいい作品になるのかと感心しかない。 色んな味付けで麻痺してきた舌にも、たまには素朴でありながらも最上な素材で癒しを与えるのもいいと思えた。

次の

#1 ぼくのとなりで王様ゲームが繰り広げられています。②

となり の 天使 様

この節のが望まれています。 主な登場人物 [ ] 城之内ヒメ(じょうのうち ヒメ) 花も恥らう16歳の高校1年生。 青葉龍之介とはの関係にある。 荒れた中学時代を送り、町内最強と謳われ、町内の不良に恐れられ、という通り名まで付けられていた。 そんな彼女も高校生になり、清く正しい乙女を目指して暮らし始めた。 猫が大好きで、料理・裁縫は苦手。 青葉龍之介(あおば りゅうのすけ) 小学生。 清香からは、成績優秀で人望も厚いクラスの誇りと言われている。 泉清香(いずみ きよか) 小学生。 龍之介のクラスメイトで委員長。 龍之介のことが好き。 ヒメ 龍之介の通う小学校で飼育されている鶏で、龍之介が命名した。 書誌情報 [ ] 単行本 [ ] より「電撃コミックス EX」として刊行。 (2008年10月27日発行) この項目は、に関連した です。

次の