アンチ 泰葉。 泰葉の“ブログ”が怖い! 壊れ過ぎた内容に「ミステリーだねえ」

泰葉のアンチが怖すぎる

アンチ 泰葉

(C)まいじつ タレント・が、何やら〝トンデモない〟ことになっていると、ネット上で騒然となっている。 初代・林家三平の娘である泰葉といえば、落語家・春風亭小朝と離婚の際、小朝のことを「金髪豚野郎」と罵った〝破天荒〟キャラで有名。 その後、自身のCD制作費未払い問題や、高級ホテル『ハイアットリージェンシー箱根』での9泊分の宿泊費踏み倒しなど、〝借金総額は3000万円超え〟のウワサが浮上するなど、すっかり〝お騒がせタレント〟としての地位を確立している。 一時は、民宿に住み込みでアルバイトをしていることが明らかになっていたのだが…。 「ブログでの泰葉は、どうやら〝特定のアンチ〟と闘っている様子。 先ごろ、『テラスハウス』(フジテレビ、Netflix)の出演者で女子プロレスラーの木村花さんが亡くなったことをきっかけに、〝アンチ撲滅〟に火がついたようです。 6月1日から『アンチ落語』というブログカテゴリーを開設し、ひたすらに書きなぐっています」(芸能ライター) 「触れてはいけない人になってしまった」 気になる内容はというと、記念すべき最初の投稿《アンチ落語では アンチの乳首が黒いというような実態を暴きます》を皮切りに、《しまむらはアンチ御用達》《私の豆腐な、、、 すいません落語だからギャグ入りますよ。 豆腐、豊富な男性経験に比べてアンチ奥様は、少ない男女交際で、結婚しました。 だから、頭の中は、常にエロ妄想なんです》などと、支離滅裂なことばかりだ。 また、3日には《寝込みを襲うよ。 ぼやぼやしない! あたしの本気は、すごいよ》《何怯えてしょんべん垂らしてんだ? 出て来い! 出っ歯のガリガリネズミ男 あんた、ばれたら大変な事 私は握ったんだよ》などと攻撃的な内容も確認できる。 「こうした投稿が、4日間で約310回。 実に、1日に約78回も更新されている。 5月の更新回数は〝1877回〟なので、この調子でいけば、新記録を打ち立てるでしょう」(同・ライター) 泰葉の常軌を逸した行動に対し、ネット上では、 《更新頻度もやばいし、内容もめちゃくちゃ ここまで壊れてるブログ初めて見たわ》 《何日も更新してんだけど最後の自撮り写真が毎回同じで使い回してんのが一番怖い》 《触れてはいけない人になってしまった ある意味最強》 《怖い ミステリーだねえ》 《悪口だらけのこんなのが落語なん? 何だかすべてが悲しいね…》 《もう完全に壊れてる》 などと、心配する声が多く上がっている。 松居一代の暴露ブログ騒動のように、大きな問題に発展しないことを祈りたい。

次の

泰葉の頭おかしい奇行まとめ!病気で障害者の理由?マスターさん激怒!

アンチ 泰葉

春風亭小朝との離婚会見から12年、数々の騒動を起こしてきたタレントの。 そんな泰葉が初の映画出演を果たしたとブログで報告。 本人が女優への想いと騒動後の現在を語った。 彼女の出演する映画はその名も『劇団イナゴの群れ』(監督・田中健詞)。 同作品は10月19日(土)に長野県伊那市創造館で行われる自主制作映画祭で披露される予定だ。 泰葉に電話をかけると「こんにちは、お待ち申し上げておりました〜」と弾んだ声。 彼女は現在、山梨県・清里にある知人ペンションに住み込みで働きながら、ブログなどで生計を立てている。 以下、泰葉とのやりとりを一問一答で紹介する。 一緒に近くのお好み焼き屋さんで食事をしていたら、「演技やってみない? 映画に出ないか?」と誘われました。 その方は映画のプロデューサーをしている方だったんです。 これは何かのチャンス、良い機会だと思ってお引き受けしました。 映画は全体で10分少々のショートフィルムで、私の出番はラストシーンを飾る2〜3分ぐらいです。 監督がメルカリで見つけたイナゴのフィギュアをおでこに張り付けて、歌を披露しました。 すみません。 すごくポジティブシンキングなコメディ映画ですね。 私も自分が何のために生きてきたのか、見失うことがあるんです。 挫折や迷いもありましたし……。 でも、この映画を見たら、自分の生きる意味や運命を感じられると思います。 女優という仕事を与えられたので、これからは歌や演技、エンターテイメント、笑いなどを追求して、芸能の道に生きていこうと決めました。 自己破産はしていません。 金額については言えませんが、お返ししていきます。 借金をしている方々に対しては、本当に申し訳ないなあと思っています。 頑張っても頑張ってもダメだったんですが、こうして法の力で助けられたことに感謝しています。 本当にありがたくて、涙が出ました。 日本国憲法に感謝です。 夏のプールの匂いがして。 お風呂とトイレの掃除をしているんですが、ピッカピカになって、旅行サイトの評価があがったみたいです。 たまに本人のお姉様の旦那さんから連絡がありますが、「元気してる?」とか、そのぐらいです。 半年前には50代のアジア系外国人の方とお互いに惹かれ合う関係だったのですが、遠距離で会えないのが苦しくて、リセットしました。 今度はもう少し若いほうがいいかな。 ぎゃははは。 以前は65、いや63キロぐらいあったんですが、今は48キロぐらいです。 実はメヒディさんがぽっちゃり系の女性が好みで、太れば太るほど「ビューティフル!」って喜んでくれたんです。 それで讃岐うどん3人前とかどんぶり飯とか食べていたら、どんどん太りました。 フラペチーノ系のグランデも、毎日飲んでいました。 ワンプレートダイエットって私は呼んでいるんですが、一食分を目で見て食べるので、満足感がすごくあるんです。 ダイエット本にできるかもしれないし、広めていきたいと思います。 あと、清里の自然のなかにいると、ストレスがないんです。 モヤモヤしたことも、八ヶ岳を見ているとなくなりました。 そう明るく語っていた泰葉。 映画祭の会場となる長野県伊那市は、たとえば東京から行くと電車で約4時間。 興味のある方は、新生・泰葉の女優魂を観に行かれてはいかがだろうか。

次の

泰葉のアンチもうんざり?1日に何度もブログ更新する理由

アンチ 泰葉

泰葉 第2回 泰葉 すべてのオンナはヤバいもの。 「良いヤバさ」か「悪いヤバさ」かが問題だと私は思っています。 松居劇場で世間を騒がせた松居一代は、私から見ると「良いヤバさ」ですが、それでは 「悪いヤバさ」代表は誰かというと、泰葉だと思うのです。 ここで簡単に泰葉のヤバい言動を振り返ってみましょう。 泰葉は噺家の春風亭小朝と結婚していましたが、2007年に離婚しています。 離婚後、小朝をオフィシャルブログで「金髪豚野郎」呼ばわりしたことで話題を集めましたが、この時は特にコトを起こすことはありませんでした。 それから10年経った2017年、泰葉は小朝のDVを暴露しだします。 勢いがついたのか、実家である海老名家の秘密(母親の冷酷な仕打ち、海老名家の脱税、甥からのセクハラ)を暴露し、世間の注目を集めます。 ネパール人の青年や坂口杏里を養子にすると言い出したり、元夫である小朝や和田アキ子を提訴すると記者会見も開きました。 ヘアヌードを披露したり、フェイスブックで知り合った年下のイラン人男性と婚約会見を開きました。 都知事選への立候補も宣言しています。 突如マネージャーにストーカーされていると訴えましたが、本誌『週刊女性』によると、嫌がらせをしていたのは泰葉のほうで、資金難から音楽活動ができなくなったことを泰葉が逆恨みし、マネージャーの自宅の前に、犬のフンと出刃包丁を置いたそうです。 CD制作のために、クラウドファンディングでファンからお金を集めましたが、CDは届かず、お金も返ってこないなど、金銭トラブルも多数抱えているようです。 言うまでもなく、泰葉の言動はヤバいですが、大きなことをぶち上げても何ら実現していないことにお気づきでしょうか。 だって、カネがないから無理なのです。 養子を迎えるのも、有名人を訴えるにも、まず必要なものはカネです。 ブログで自己破産をにおわせたり、住む家がなくて車で生活しているという記述もありましたが、泰葉は経済的に相当困っているようです。 「貧すれば鈍する」ということわざのとおり、あまりにも経済的に追い詰められると、誰しも精神状態は悪くなります。 泰葉は『女性自身』(光文社)に、かつて双極性障害を患ったことがあると告白していましたが、困窮がストレスとなり、病の再発などメンタルに悪影響を与えている可能性は大きいのではないでしょうか。

次の