ボンズ ラッパー。 岐阜県出身のヤバいラッパーのまとめ

【中級者向け】大麻・マリファナの吸い方

ボンズ ラッパー

茨城県出身のヤバいラッパーのまとめ 茨城県には水戸市を中心に多くのラッパーが活躍しています。 例えば、t-ACE、GOTIT、Mr. Low-D、イバラッパー、LUNCH TIME SPEAX、BOBO、OLD RIVER STATEなど。 茨城県には日本のヒップホップシーンを盛り上げているラッパーがたくさんいます。 今回はそんな茨城県出身のラッパーをまとめて紹介してしていきます。 LUNCH TIME SPEAX|茨城県水戸市出身のヒップホップユニット LUNCH TIME SPEAX(ランチ・タイム・スピークス)は、茨城県水戸市出身のヒップホップユニットです。 略称は「LTS」と呼ばれています。 メンバーは、ラッパーのGOCCI(ゴッチ)とTAD'S A. (タッズエーシー)、DJでトラックメイカーのDJ DENKA(ディージェイデンカ)で構成されています。 英語的な発音と流れるフロウが特徴のGOCCI、はっきりと聞き取れる力強いリリックが特徴のTAD'S A. 、スクラッチなどの技術を巧みに活かしたトラックを制作するDJ DENKAが絶妙に絡み合い、センスの良い楽曲を創り出しています。 LUNCH TIME SPEAXが結成されたのは1993年で、BUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)のDEV LARGE(デヴラージ)にその才能を見出されて、DEV LARGEのレーベル「EL DORADO RECORDS」からデビューします。 2001年には、ソニー・ミュージックエンタテインメントからメジャーデビューを果たします。 2003年には、自身のレーベル「PARANOEAR SOUND」を立ち上げました。 LUNCH TIME SPEAXは、数々のラッパーたちから評価されており、これまでに、BUDDHA BRAND、Muro、Dj Hasebe、SHAKKAZOMBIE、t-ACE、などの楽曲に客演で参加しています。 2006年には、GOCCIとTAD'S A. の2MCに、同郷の水戸出身ラッパーのt-AceとWOODSMANを加えた4人のヒップホップユニット「SLASH SPIT SQUADRON」を結成しています。 GOCCIは自分たちが表現するヒップホップに対して、「守りの音楽じゃなくて攻める音楽だから。 ヒップホップの基本を踏まえてなきゃダメだとか、そういうことを言いたいわけじゃない。 でも、もっとやれることがある」と語っており、常に新しいことに挑戦し続けるグループです。 GOCCIはフリースタイルバトルのMCとしても有名で、UMB2007本戦で優勝しています。 t-ACE|茨城県水戸市出身のラッパー t-ACE(ティーエース)は、茨城県水戸市出身のラッパーです。 1981年に沖縄県で生まれ、3歳の時に千葉県に引っ越し、両親の離婚により親戚の家々を転々としました。 7歳の時に祖母に引きとられて、茨城県水戸市に住むようになりました。 HIPHOPとの出会いは14歳の時で、もともとはDJとして活動していました。 その後、茨城県水戸市出身のヒップホップユニット「LUNCH TIME SPEAX」に大きな影響を受けて、21歳の時にラッパーに転向します。 t-ACEは、リアルなリリックと高い音楽センスで、多くのアーティストから実力が認められ、般若、AK-69、CREAM、安室奈美恵、CIMBA、pukkey、TERRY、山口リサ、などと楽曲で共演しています。 年間140回以上のライブを行い、2019年には自身初となる全国ワンマンツアーも成功させています。 「クズなRockStar」「エロ神クズお」がt-ACEの異名です。 現在、t-ACEの楽曲のYouTube動画の再生回数は以下のとおりです。 「超ヤバい」1742万回• 「ダレもいねえ」806万回• 「女の子」649万回• 「マジ遠い」566万回• 「PORSCHEでKISS」488万回• 「クズの華」475万回• 「タイトドレス」399万回• 「You Mine」357万回• 「ダレかいない?ダレもいねえ」325万回• 「12㎝の肩」289万回• 「Butterfly」279万回• 「メンタルヤンキー」276万回• 「ワンチャン」269万回• 「ありがとな」246万回 メディアへの露出も多く、YouTuberのラファエル、セクシー女優の白咲ゆずなどと共演しています。 震災後、2011年4月に被災地の水戸プラザホテルでチャリティライブを開催し、その功績が認められ、行政から水戸大使に任命されています。 2018年、2019年と、日本最大級のヒップホップイベント「NAMIMONOGATARI」にも出演しています。 1998年からラッパーとして活動を開始し、茨城県水戸市から単身で上京しています。 ウェッサイ・ヒップホップ・グループ「5X-LARGE」を結成してリーダーを務め、ハードコアミクスチャーバンド「BWH」を結成してメインボーカルを務めました。 「LOWRIDER CAR SHOW 2002」に参戦して、宮城、名古屋、北九州、大阪、千葉をまわり、全国ツアーを果たしました。 その後、「5X-LARGE」と「BWH」は解散し、Mr. Low-Dとしてのソロ活動に転向します。 Low-Dの名前の由来は「Mr. LOWRIDER EVERYDAY」です。 Low-Dは、昭和56年・57年生まれの同世代ラッパーで構成したヒップホップクルー「S567(エスコロナ)」を結成し、総勢18名のHIPHOPアーティストをまとめて、アルバム「THE WORKS」をリリースしています。 このアルバムは、オリコンインディーズチャートで初登場16位を記録しました。 参加したアーティストは、Mr. Low-D、勇次郎、DESTINO、Tysson、Goofy、YU. KO、PLATINUM、N. O、MA-30、ALLURE、K-JACK、D-hy、ASCA 、K-YO、Tysson、CIMBA 、SARRY、MINIMUM32、JOYSTICKK、DJ LAWです。 Low-Dは、ラッパーとしての活動以外にも、自主レーベル「God VoICE PRO」の設立や、ネイルサロンや軽貨物カーリースなどの事業を行う会社を経営しています。 GOTIT|茨城県水戸市出身のラッパー GOTIT(ガッティ)は、1985年12月18日生まれで、茨城県水戸市出身のラッパーす。 2005年、20歳の時に兄の影響でマイクを持ちラッパーとしての活動を始めます。 フリースタイルバトルの実績では、 UMB2014で準優勝しています。 ちなみに、UMB2014の決勝では、R-指定と戦って負けています。 GOTITは決勝で、「俺にイケメンって言われて、ヒゲ生やして男前マジでダサくね?俺はブサイク代表、てめぇらの分も全部背負ってやるぞ」というバースを残しています。 GOTITは、フリースタイルダンジョンにチャレンジャーとして2度の出演をしています。 これまでのバトルの成績は、UMB2014準優勝、UMB2015ベスト16、UMB2018ベスト8、UMB2008水戸予選優勝、UMB2012茨城予選優勝、UMB2014茨城予選A優勝、UMB2015茨城予選優勝、UMB2018茨城予選優勝、UMB2019茨城予選優勝、です。 地元茨城県で開催されるUMB予選ではほとんど優勝しています。 GOTITは、会社員としても働きながらラッパーとしての活動をしています。 GOTITの人気曲には 「DEAR MY…」「MIC CHECK」「ポルコロッソのテーマ」などがあります。 ビートメイカーの呼煙魔と交流が深く、共同が多数の楽曲を制作しています。 イバラッパー|茨城県常総市出身のラッパー イバラッパーは茨城県常総市出身のラッパーで、茨城弁と標準語を自由自在に扱ってラップをするバイリンガルラッパーです。 ウィットに富んだリリックと茨城県なまりが特徴の「茨城県ご当地ラップ」の楽曲を中心にリリースし、これまでにベストアルバム2枚を含めて6枚のアルバムをリリースしています。 独自の視点から茨城を語るご当地ラップが専門です。 日本全国のご当地ラップ動画を集めたコンテスト「ご当地RAP選手権」では、得票数1902票を獲得して全国3位に輝いています。 これまでに、イバラッパーは、以下のテレビ番組で取り上げられています。 「秘密のケンミンSHOW」• 「月曜から夜ふかし」• 「スッキリ」• 「めざましテレビ」• 「news every. 「天才てれびくん」• 「おはよう日本」 ラッパーとしての活動以外にも、執筆活動や講演、ラジオパーソナリティなどを行なっています。 イバラッパーの本名は青木智也です。 1973年生まれです。 もともとは上京して会社員として働いていましたが、会社中心の生活に疑問を持つようになり、自分主導のライフスタイルを求めて地元の茨城に戻り、フリーランサーとして活動するようになりました。 著書「いばらぎじゃなくていばらき」は4万部を超えるベストセラーになっています。 イバラッパーの人気曲には「茨城最下位もう一回ver. 2」「あよほー」「常総」「雨ニモマゲネ」「つくばみらい行ってみたい」「ここが古河」「坂東」「田んぼ is My Life」「ドラゴンラーメン」のテーマなどがあります。 YouTubeチャンネル「茨城王(イバラキング)」では、イバラッパーの楽曲を視聴することができます。 Downtown Swingaz|茨城県水戸市出身のヒップホップユニット Downtown Swingaz(ダウンタウン・スウィンガーズ)は、茨城県水戸市出身のヒップホップユニットで、トラックメイカーの呼煙魔とラッパーの雄火、I-SET-Iの3名で構成されています。 3人は地元の同級生です。 呼煙魔は、戦極MC BATTLEなどのMCバトル用のビートを担当しています。 雄火は、2014年にソロアルバム「STARLECT」を発表しています。 I-SET-Iは、2015年にソロアルバム「H. L」を発表しています。 Downtown Swingazは、3人それぞれがソロ活動する傍ら、結成されたプロジェクトです。 2016年7月に1stアルバム「ERASER HEAD」をリリースし、2019年8月にはアルバム「Echelon」をリリースしています。 呼煙魔はメンバーの雄火とI-SET-Iについて、「ガキの頃から一緒にやっていて、最大の理解者であり、やりたい音楽を全てこの人達がマイクで表現してくれている。 信頼している2人。 」だと語っています。 Downtown Swingazの代表曲には「Peple Pray」「Unknown」「Battle Field」「Poison2」などがあります。 呼煙魔|茨城県水戸市出身のトラックメイカー 呼煙魔(コエンマ)は、茨城県水戸市出身のトラックメイカーで、全国各地のラッパーにビートを提供し続けています。 1987年生まれで、正確には水戸市の勝田(ひたちなか)の生まれで、現在もここで生活しています。 中学1年生の時に、ラッパ我リヤのアルバムを聴いたのがきっかけで、HIPHOPの世界にどっぷりハマっていき、ZEEBRAやYOU THE ROCK、LUNCH TIME SPEAXなどを聴き始めます。 高校2年生の時に親に対して「有名になるからDJセットを勝ってほしい」と頼み、10万円のセットを買ってもらい、DJを始めるようになります。 ビート作りに関しては、「教わるのはダサいことだ」と思っており、独学でビート作りを始めています。 好きなDJは「DJ PREMER」です。 最近では、戦極MC BATTLEなどのMCバトル用のビートの演奏なども行なっており、その方面からも知名度を高めています。 呼煙魔は、基本的にはプロデューサー兼トラックメイカーなので、自身のビートに客演でラッパーを招いて楽曲を制作しています。 これまでに客演で招いたラッパーは、GOTIT、BOBO、MOL53、BASE、D. S、Kowree、仙人掌、MC松島、DOWNTOWN SWINGAZ、などがいます。 自身のレーベル「OMEGAH MEWTEEZ RECORDS」を立ちあげています。 呼煙魔の代表曲には「TASK FORCE」「SELF BOOST」「ふるぼっこ」「DEAR MY…」などがあります。 Ryugo Ishida|茨城県土浦市出身のラッパー Ryugo Ishidaは、ヒップホップユニット「ゆるふわギャング」に所属する茨城県土浦市出身のラッパーです。 小学2年生の時に両親の離婚、父親からの虐待、中学1年生の時に初めての彼女のレイプ、中学2年生の時に2人目の父親の自殺未遂、友人の自殺など、Ryugo Ishidaは壮絶な経験を重ねた結果、自身の価値観が大きく変わっていった。 ヒップホップを始めたきっかけは、3歳年上の従兄弟の影響で、ZEEBRAの「Street Dreams」やエミネムの「カーテンコール」を聴くようになりました。 中学3年生の時にヒップホップ好きな先輩に連れられてクラブに行った時に観たラッパーたちに衝撃を受けました。 高校入学までは、友人5人とともに音楽制作を行っていました。 高校入学後は、昼はリリックの制作、夜はクラブ遊びという生活をしており、高校1年生の時から「Young Blood」というイベントを開催し、15人ほどのクルーが自然に発生しました。 このクルーは第4回9sari Station Champを獲得し、MC漢やダースレイダーから高評価のコメントをもらうことができました。 高校卒業後は、友人2名と土浦駅前のショッピングモールに「YBC」という古着店をオープンさせましたが、1年で廃業しました。 その後、Ryugo Ishidaはクラブイベントで知り合ったフィメールラッパーのNENE、トラックメイカーのAutomaticとともに「ゆるふわギャング」を結成します。 Ryugo Ishidaとしては、2016年にソロアルバム「Everyday is Flyday」をリリースしています。 Ryugo Ishidaは、HIPHOPに対して、「もともと自分はラップがすごく下手くそだったし、ネガティブで暗かった。 でも、Ryugo Ishidaとしてラップをするようになり、ポジティブで楽しい人生を送れるようになった。 だから、皆くだらないことで、すぐに死んじゃったりするけど、考え方次第では大したことないと思えるし、ポジティブに生きれるようになる。 だから、これからも新しくていろんなことに挑戦していきたいと思っている」と語っています。 Ryugo Ishidaの代表曲には、『Stacks」「YRB」「Fifteen」、ゆるふわギャングの代表曲には「Dippin' Shake」「Escape To The Paradise」「Don't Stop The Music」などがあります。 SMITH-CN|茨城県守谷市出身のラッパー SMITH-CNは茨城県守谷市出身のラッパーです。 R-RATED RECORDSに所属しています。 オリジナルなフロウと確かなラップスキルで2000年代後半以降、HIPHOPシーンのスキルフルMCとしてのポジションを確立していきました。 SMITH-CNは、中学3年生の時に、友達が聴いていたBUDDHA BRANDを聴かせてもらったのがきっかけで、自分もラッパーになることを決意します。 1998年から相方SNIPEと「ESSENCIAL」を結成して、活動をスタートさせます。 その後、地元の仲間とHIPHOP集団「BACKYARD」を立ち上げて、茨城のHIPHOPシーンを盛り上げていきます。 影響を受けているラッパーは、USラッパーのPUSHA-Tで、「結構ヤラれてるっすね」と言っています。 SMITH-CNは自身がHIPHOPを続ける理由として、「高級ブランドが欲しいとか、良いところに住みたいっていう思考は持っていない。 自分のことをもっと知ってもらいたいっていうのがデカイですね。 」と語っています。 代表曲には「SMALL CITY TO BIG DREAMIN」「ROLLIN' ~ TAKE IT 2 THE TOP」、DJ RYOWとコラボした「Turn Up feat. YAN-MARK|茨城県岩井市出身のラッパー YAN-MARK(ヤンマーク)茨城県岩井市出身のラッパーです。 ヒップホップを始めたきっかけは、YAN-MARKが中学一年生の時に、お姉さんがヒップホップをやっている彼氏と付き合っていたことです。 彼氏の影響でお姉さんもヒップホップを聴くようになり、自宅の部屋から流れてきたその音楽を聴いて「ヒップホップカッコいいな」と思い、YAN-MARKはヒップホップにハマっていきました。 YAN-MARKの名前の由来は、本名がトモヤなので、最初はヤンでいいとなっていたが、中国人っぽいとのことで、アメリカ人っぽい名前のマークをつけました。 15歳からラップを始め、自宅でレコーディングしたラップをデモCDにして、コンスタントに販売していました。 プロモーション活動を自身で継続的に行った結果、多数のクラブイベントへの出演依頼や、MIX CDやALBUMへの参加オファーを受けるようになり、ストリート界隈で高いプロップスを得るようになりました。 その後、地元岩井市で結成したヒップホップグループ「MUDDYMUZIC」のラッパーとしてキャリアをスタートさせます。 さらに、SMITH-CN率いるヒップホップクルー「BACK YARD」のメンバーとしても活動しています。 ライフスタイルをリアルに伝えているリリック、心に残るフレーズやメッセージは、現代社会に対して不満を抱える若者たちの心に勇気を与えています。 BOBO|茨城県水戸市出身のラッパー BOBOは、茨城県水戸市出身のラッパーです。 ラッパーのS-TAC、ビートメイカーのPATRIOTとともにヒップホップユニット「FLOYD FROST」を結成して活動しています。 フリースタイルダンジョンの3rd season Rec4で、GATIT、G-YARDと共に「TEAM OMEGAH MEWTEEZ」というチームを組んで、チャレンジャーとして出場しました。 WOODSMAN|茨城県水戸市出身のラッパー WOODSMANは、茨城県水戸市出身のラッパーです。 2006年に、LUNCH TIME SPEAXのGOCCI、TAD'S A. 、同世代ラッパーのt-Aceと一緒にヒップホップユニット「SLASH SPIT SQUADRON(スプラッシュ・スピリット・スコードロン)」を結成して活動していました。 2006年8月には、プロデューサーにMUROを迎えて、新レーベルのSLUG TUNE ENTERTAINMENTからシングル「Merry-Go-Round」をリリースしました。 2006年10月には、アルバム「SLASH SPIT SQUADRON」をリリースしました。 まとめ 最後に、茨城県出身のラッパーをまとめておきます。 LUNCH TIME SPEAX(ランチ・タイム・スピークス)• t-ACE(ティーエース)• Low-D(ミスターローデー)• GOTIT(ガッティ)• Downtown Swingaz(ダウンタウン・スウィンガーズ)• 呼煙魔(コエンマ)• YAN-MARK(ヤンマーク)• イバラッパー• Ryugo Ishida• SMITH-CN• BOBO• WOODSMAN 茨城県には、日本のHIPHOPシーンの第一線で活躍する個性的なラッパーがたくさんいますね。 エロ神クズおの「t-ACE」から、UMB2014準優勝のGOTIT、ご当地ラッパーのイバラッパーまで。 年齢やスタイルを問わず、豊富なラッパーが揃っているのが茨城県です。

次の

岐阜県出身のヤバいラッパーのまとめ

ボンズ ラッパー

名前の由来は、20代でラッパーを始める際に、野球好きの仲間から、「 バリーボンズに似ているよね」と当時活躍していたメジャーリーガーから付けたようです。 活動初期は、「 BIG BONZ」として活動していましたが、が主催を務めた2011年のイベントで、フライヤーに「 梵頭」という名前で書かれたことから、その後は、「梵頭 ボンズ 」に書き方を変えたようです。 また、梵頭 ボンズ は、2度の服役経験や、父親の指名手配など、ハードな人生を歩んでいることから、ハードコアな経験を楽曲やバトルで表現しています。 ちなみに、岐阜刑務所で一番美味しかった、食べ物は「カレー」と「ハワイアンチキン」だそうです。 ぜひ、参考にしてみて下さい。 梵頭 ボンズ の主なバトルの戦績 梵頭 ボンズ は、• 戦極東海獏丸祭 2019 準優勝• UMB2019 BEST8 の戦績を持っています。 実績もさることながら、梵頭のバトルは印象に残ります。 堅気とは思えない見た目はもちろんですが、バトル中には、ユニークな草ネタを替え歌で表現したりと、他のバトルMCとは違うオリジナルなスタイルでインパクトを残します。 ただ、基礎的なラップスキルの土台があるために色物ラッパーではなくて、あくまで会場を盛り上げる表現の1つとして昇華しているところに梵頭の凄さがあるのではないでしょうか。 同じく草ネタを得意とする名古屋のラッパー、とは私生活でも親交が深いようで、BASEとは、バチバチになりつつも楽しくバトルが出来るため、毎試合印象に残っているようですね。 梵頭 ボンズ のベストバウト そんな梵頭のベストバウトを紹介します。 凱旋MC バトル夏ノ陣2019 vs NovelCore.

次の

【中級者向け】大麻・マリファナの吸い方

ボンズ ラッパー

名前の由来は、20代でラッパーを始める際に、野球好きの仲間から、「 バリーボンズに似ているよね」と当時活躍していたメジャーリーガーから付けたようです。 活動初期は、「 BIG BONZ」として活動していましたが、が主催を務めた2011年のイベントで、フライヤーに「 梵頭」という名前で書かれたことから、その後は、「梵頭 ボンズ 」に書き方を変えたようです。 また、梵頭 ボンズ は、2度の服役経験や、父親の指名手配など、ハードな人生を歩んでいることから、ハードコアな経験を楽曲やバトルで表現しています。 ちなみに、岐阜刑務所で一番美味しかった、食べ物は「カレー」と「ハワイアンチキン」だそうです。 ぜひ、参考にしてみて下さい。 梵頭 ボンズ の主なバトルの戦績 梵頭 ボンズ は、• 戦極東海獏丸祭 2019 準優勝• UMB2019 BEST8 の戦績を持っています。 実績もさることながら、梵頭のバトルは印象に残ります。 堅気とは思えない見た目はもちろんですが、バトル中には、ユニークな草ネタを替え歌で表現したりと、他のバトルMCとは違うオリジナルなスタイルでインパクトを残します。 ただ、基礎的なラップスキルの土台があるために色物ラッパーではなくて、あくまで会場を盛り上げる表現の1つとして昇華しているところに梵頭の凄さがあるのではないでしょうか。 同じく草ネタを得意とする名古屋のラッパー、とは私生活でも親交が深いようで、BASEとは、バチバチになりつつも楽しくバトルが出来るため、毎試合印象に残っているようですね。 梵頭 ボンズ のベストバウト そんな梵頭のベストバウトを紹介します。 凱旋MC バトル夏ノ陣2019 vs NovelCore.

次の