ソンナコト ナイヨ 売上。 日向坂46 4thシングル『ソンナコトナイヨ』売上累計60万枚を突破!!

ソンナコトナイヨ/日向坂46(バイオリン、チェロ、ビオラ )弾いてみた

ソンナコト ナイヨ 売上

秋元康総合プロデュース。 乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾グループとして、応募者2万2509名のオーディションを経て2015年8月に誕生。 2016年4月6日、1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。 女性アーティストオリコン初週売上の歴代1位を獲得。 同年8月10日に2ndシングル「世界には愛しかない」、11月30日には3rdシングル「二人セゾン」をリリース。 同年末には有明コロシアムにて初ワンマンを開催、2日間3公演で2万7000人を動員。 デビュー8か月にして第67回紅白歌合戦に初出場を果たした。 2017年4月5日には4thシングル「不協和音」をリリース、翌日にはデビュー1周年のアニバーサリーライブを代々木第一体育館で開催、1万人を動員。 デビューから4作連続でオリコンチャート1位を獲得、7月19日には1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」をリリース。 2年連続で紅白歌合戦にも出場。 2018年7月20日~22日で野外ワンマンライブ「欅共和国2018」を開催。 3日間で4万5000人を動員。 8月11日から全国ツアーをスタートする。 秋元康総合プロデュース。 2015年8月21日、乃木坂46に続く坂道シリーズ第2弾として、欅坂46(けやきざかふぉーてぃーしっくす)が誕生。 その最終審査への切符を手に入れた通過者のひとり、長濱ねるは、審査当日の朝、アイドル活動に難色を示していた母親に地元・長崎へと連れ戻されてしまう。 最終オーディションは長濱のNo. 「17番」を空席のまま審査を実施した。 その夜、泣き続ける娘を見た父親が運営に連絡、運営は父親の想いを汲み、ご家族を翌日の乃木坂46全国ツアー福岡公演にご招待する。 その日の乃木坂46のライブは母親も含めて大絶賛、長濱ねるのアイドルへの想いは強くなり、奇妙な運命をたどりながら、欅坂46への追加加入が検討され始める。 一方、欅坂46は、10月から早くもレギュラー番組「欅って、書けない?」が開始される。 結成から3ヶ月が経った11月30日の放送にて、メンバーの追加加入が発表、長濱ねるが初登場する。 その番組内で、漢字の「欅坂」ではない、ひらがなの「けやき坂」が新設され、まずは「けやき坂46」として活動を始める事が発表された。 長濱1人メンバーによる「けやき坂46(以下、ひらがなけやき)」が結成された瞬間である。 そして「新しく長濱ねるの仲間を集めよう」とメンバー募集が開始。 2016年5月8日にオーディションにより選ばれた11名の合格者と長濱ねるの12名で、ひらがなけやきの活動は始まった。 6月26日の「欅って、書けない?」にて、2ndシングル「世界には愛しかない」の選抜発表で、長濱ねるが選抜入り、漢字欅とひらがなけやきの兼任メンバーとなる。 ひらがなけやきは、このシングルのカップリング曲として「ひらがなけやき」が初めての楽曲として収録された。 以降、各シングルのカップリング曲として楽曲が収録されるもまだまだ認知されず、人気急上昇中の漢字欅に比べて後塵を拝する日々が続いた。 10月28日、初の単独イベント「ひらがなおもてなし会」を赤坂BLITZにて開催、少しずつ個性がみえるようになると徐々に人気も定着し始める。 2017年に入ると欅坂46より先に全国ツアーの開催が決定、3月22日のZepp Tokyoを皮切りに、「ひらがな全国ツアー2017」と銘打ち全国ツアーが決定。 4月6日、欅坂46デビュー1周年のアニバーサリーライブが代々木第一体育館にて開催、そこで「ひらがなけやきパワーアップ計画」と題して、メンバーの追加募集が発表された。 6月からメンバーが募集され、8月13日に合格者9名を選出。 ひらがなけやき二期生としてレッスンを開始した。 ひらがなけやきの活動がさかんになるにつれ、漢字欅と兼任である長濱のスケジュールは多忙を極め、ツアー初日のZepp Tokyoは当日までリハーサルが出来ない状態であった。 その後も5月に大阪公演、7月には名古屋公演と続いたが、長濱の多忙はピークを迎え、9月25日、体調面を考慮して長濱の兼任を解除、欅坂46専任になる事が運営から発表された。 「ひらがな全国ツアー2017」Zepp Sapporo公演前日の出来事だった。 残された11人のメンバーは、失意の中、翌日の札幌公演に臨むが、思いもよらぬ暖かい声援に勇気をもらい、持ち味であるパワフルなステージングとピースフルなパフォーマンスでオーディエンスを魅了。 この札幌公演は、メンバーにとって忘れられない再出発の門出となった。 ここからひらがなけやきの快進撃が始まる。。。 10月クールから、けやき坂46初主演・主題歌のテレビ東京木ドラマ25「Re:Mind」がスタート。 初めて二期生を迎えた20人でのパフォーマンスは、ハッピーオーラ全開で大絶賛の中、ツアーは幕を閉じた。 2018年に入り、1月30日、31日、2月1日の3日間、欅坂46とけやき坂46で行う予定だった日本武道館公演が、諸事情によりひらがなの3days公演となる。 突然の大きな舞台に不安を抱えながらのリハーサルの中、なんとチケットが即完、「私たちにも待っててくれる人がいる」と不安を振り払い、単独3days公演を大成功で終える。 この日本武道館公演の最終日にサプライズとしてひらがなけやき単独アルバムのリリースが発表され、メンバー一同、涙のステージとなった。 2月12日、ひらがなけやき二期生9名による「おもてなし会」が幕張メッセイベントホールで開催され、欅坂46から始まった「おもてなし会」史上最多の7,000人を動員、二期生も本格的に活動し始める。 4月には待望のレギュラー番組「ひらがな推し」(毎週日曜日25:05~テレビ東京にてオンエア)がスタート、さらには「KEYABINGO! 4」にもひらがなけやき単独で出演、ゴールデンウィークにはAiiAシアターにてひらがなけやき全員出演による初の舞台「あゆみ」を行うなど精力的に活動する。 6月1日、メンバー影山優佳が学業のため一時活動休止が発表される、6月3日、SHOWROOMにて佐々木久美のキャプテン就任が発表され、20日には遂にデビューアルバム「走り出す瞬間」が発売、オリコンウィークリーチャート1位を獲得、アルバムレコ発ツアーとなる「走り出す瞬間ツアー2018」では、5ヶ所10公演、約5万人を動員するツアーとなった。 10月には日本武道館にて行われたHOTSTUFF40周年記念イベントできゃりーぱみゅぱみゅと共演、日本武道館をホームのように盛り上げた。 11月には大阪城ホールにて行われた関テレ「MUJACK」イベントに出演、さらにはTOKYO DOME CITY HALLにて行われた舞台「ザンビ」に、TEAM REDとして齊藤京子、小坂菜緒、TEAM BLUEとして柿崎芽実、加藤史帆が出演、坂道3グループが共演する初の舞台となった。 また、この夏に行なわれた「坂道合同オーディション」にて合格したメンバーの中から、11月29日にグループ配属が発表、ひらがなけやきには1名、三期生として上村ひなのが配属となる。 一期生、二期生メンバーは、伝説の「ドッキリ」で上村を迎え入れた。 12月10日には日本武道館にて、欅坂46二期生+けやき坂46三期生合同の「お見立て会」が開催され、上村にとって初のステージとなった。 翌11日、12日、13日の3日間は日本武道館にて「ひらがなくりすます2018」を開催、1年間で7日間日本武道館でパフォーマンスするという快挙を成し遂げ、2018年を締めくくった。 2月11日、「ひらがなからのおしらせ」としてSHOWROOM配信を実施、3月27日の単独デビューを発表。 その後、メンバーへのサプライズとしてグループ名の改名が発表され、けやき坂46は「日向坂46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)」として生まれ変わった。 遠回りをしながらも、少しずつ坂を上って、ようやくスタートに辿り着いた日向坂46。 シングルデビューに向けて、日向坂46は、新たな坂道を上り始める。

次の

ソンナコトナイヨ

ソンナコト ナイヨ 売上

背景とリリース [ ] Blu-ray付属のType-A・B・C、CDのみの通常盤の4形態で発売。 表題曲「ソンナコトナイヨ」は、イントロから楽曲のコンセプトを一気に提示するかのようなサウンドに仕上がっている。 スピーディーな8ビートのドラムを軸に、セクションやが鳴り響く音色が、1970年代半ばから1990年代のを強く想起させる構成になっている。 本作は音源が解禁された当初から楽曲のような仕上がりという声が相次いだが、これは歌謡性を重視した結果だとされる。 これまでAKB48の「」や乃木坂46の「」にも挙げられる哀愁に満ちた歌謡曲は、日本人がポピュラーミュージックにおいて愛好してきたものであり、本作はそれらに追随するものであると捉えられる。 アートワーク [ ] ジャケット写真のメンバー Type-A 表 金村美玖、小坂菜緒、東村芽依 Type-B 表 河田陽菜、富田鈴花、加藤史帆、松田好花 Type-C 表 丹生明里、潮紗理菜、齊藤京子、渡邉美穂 通常盤 表 佐々木久美、高本彩花、佐々木美玲、宮田愛萌、上村ひなの、高瀬愛奈、濱岸ひより チャート成績 [ ] 2020年3月2日付けのオリコン週間ランキングで自己最高の初週推定売上約55万8000枚を記録。 1stシングルから4作連続初週40万枚越えは史上初。 ミュージック・ビデオ [ ] ソンナコトナイヨ 監督: MVは原宿などの都心、横浜のビル群が見える山下埠頭で撮影された。 振付はが担当した。 辞書をモチーフにしたセットの中で、ダンスシーンやイメージシーンを撮影されたほか 、制服姿でのシーンに加え白衣をまとって化学実験をする姿などが映し出されている。 やのミュージック・ビデオなども手掛けるEPOCHの稲葉右京が監督として起用された。 また、劇中のセットで使用されている辞書はの協力の元、から一部引用及び抜粋されたものである。 同曲は、河田陽菜、東村芽依、松田好花の3名が参加するユニット曲で、劇中歌にもなっている系ドラマ『』内のクリエイティブアイドルユニット『FACTORY』の楽曲である。 振付はCRE8BOYが担当した。 メディアでの使用 [ ] ソンナコトナイヨ 『 オアシス トランジションズ スマート調光』CMソング 青春の馬 系ドラマ『』主題歌 ・系『』オープニングテーマ ナゼー 日本テレビ系ドラマ『DASADA』劇中歌 シングル収録トラック [ ] Type-A [ ] CD タイトル 作詞 作曲 編曲 時間 1. 「ソンナコトナイヨ」 秋元康 柳沢英樹 柳沢英樹 4:45 2. 「青春の馬」 秋元康 近藤圭一 5:06 3. 「好きということは…」 秋元康 youth case、、加部輝 4:28 4. 「ソンナコトナイヨ off vocal ver. 」 柳沢英樹 柳沢英樹 4:45 5. 「青春の馬 off vocal ver. 」 近藤圭一 近藤圭一 5:06 6. 「好きということは… off vocal ver. 」 youth case youth case、城戸紘志、加部輝 4:27 合計時間: 29:35 選抜メンバー [ ] ソンナコトナイヨ [ ] (センター:)• 3列目:、濱岸ひより、、上村ひなの、高瀬愛奈、宮田愛萌、• 2列目:潮紗理菜、渡邉美穂、丹生明里、河田陽菜、、富田鈴花• 1列目:、金村美玖、小坂菜緒、東村芽依、 青春の馬 [ ] (センター:小坂菜緒) 潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの 好きということは… [ ] (センター:佐々木美玲) 潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依 窓を開けなくても [ ] 加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒、富田鈴花、渡邉美穂 ナゼー [ ] 東村芽依、河田陽菜、松田好花 君のため何ができるだろう [ ] (センター:丹生明里) 金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• Billboard JAPAN 2020年2月. 2020年2月28日閲覧。 ORICON NEWS. oricon. 2020年2月28日閲覧。 日向坂46公式サイト 2020年1月20日. 2020年1月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年1月13日. 2020年1月20日閲覧。 Real Sound blueprint. 2020年1月29日. 、、、。 Yahoo! ニュース. 2020年3月2日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2020年1月23日. 2020年1月23日閲覧。 日向坂46公式サイト 2020年2月5日. 2020年2月7日閲覧。 クランクイン!! ハリウッドチャンネル株式会社. 2020年2月5日. 2020年2月7日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2020年6月15日. 2020年6月15日閲覧。 モデルプレス 2020年1月11日. 2020年1月15日閲覧。 日本テレビ 2020年1月16日. 2020年1月20日閲覧。 外部リンク [ ]• - 日向坂46 公式サイト• ミュージック・ビデオ• - (2020年1月23日)• - (2020年1月15日)• - (2020年2月19日)• - (2020年2月19日).

次の

日向坂46の4thシングル「ソンナコトナイヨ」の初週売り上げは…グループに...

ソンナコト ナイヨ 売上

秋元康総合プロデュース。 乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾グループとして、応募者2万2509名のオーディションを経て2015年8月に誕生。 2016年4月6日、1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。 女性アーティストオリコン初週売上の歴代1位を獲得。 同年8月10日に2ndシングル「世界には愛しかない」、11月30日には3rdシングル「二人セゾン」をリリース。 同年末には有明コロシアムにて初ワンマンを開催、2日間3公演で2万7000人を動員。 デビュー8か月にして第67回紅白歌合戦に初出場を果たした。 2017年4月5日には4thシングル「不協和音」をリリース、翌日にはデビュー1周年のアニバーサリーライブを代々木第一体育館で開催、1万人を動員。 デビューから4作連続でオリコンチャート1位を獲得、7月19日には1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」をリリース。 2年連続で紅白歌合戦にも出場。 2018年7月20日~22日で野外ワンマンライブ「欅共和国2018」を開催。 3日間で4万5000人を動員。 8月11日から全国ツアーをスタートする。 秋元康総合プロデュース。 2015年8月21日、乃木坂46に続く坂道シリーズ第2弾として、欅坂46(けやきざかふぉーてぃーしっくす)が誕生。 その最終審査への切符を手に入れた通過者のひとり、長濱ねるは、審査当日の朝、アイドル活動に難色を示していた母親に地元・長崎へと連れ戻されてしまう。 最終オーディションは長濱のNo. 「17番」を空席のまま審査を実施した。 その夜、泣き続ける娘を見た父親が運営に連絡、運営は父親の想いを汲み、ご家族を翌日の乃木坂46全国ツアー福岡公演にご招待する。 その日の乃木坂46のライブは母親も含めて大絶賛、長濱ねるのアイドルへの想いは強くなり、奇妙な運命をたどりながら、欅坂46への追加加入が検討され始める。 一方、欅坂46は、10月から早くもレギュラー番組「欅って、書けない?」が開始される。 結成から3ヶ月が経った11月30日の放送にて、メンバーの追加加入が発表、長濱ねるが初登場する。 その番組内で、漢字の「欅坂」ではない、ひらがなの「けやき坂」が新設され、まずは「けやき坂46」として活動を始める事が発表された。 長濱1人メンバーによる「けやき坂46(以下、ひらがなけやき)」が結成された瞬間である。 そして「新しく長濱ねるの仲間を集めよう」とメンバー募集が開始。 2016年5月8日にオーディションにより選ばれた11名の合格者と長濱ねるの12名で、ひらがなけやきの活動は始まった。 6月26日の「欅って、書けない?」にて、2ndシングル「世界には愛しかない」の選抜発表で、長濱ねるが選抜入り、漢字欅とひらがなけやきの兼任メンバーとなる。 ひらがなけやきは、このシングルのカップリング曲として「ひらがなけやき」が初めての楽曲として収録された。 以降、各シングルのカップリング曲として楽曲が収録されるもまだまだ認知されず、人気急上昇中の漢字欅に比べて後塵を拝する日々が続いた。 10月28日、初の単独イベント「ひらがなおもてなし会」を赤坂BLITZにて開催、少しずつ個性がみえるようになると徐々に人気も定着し始める。 2017年に入ると欅坂46より先に全国ツアーの開催が決定、3月22日のZepp Tokyoを皮切りに、「ひらがな全国ツアー2017」と銘打ち全国ツアーが決定。 4月6日、欅坂46デビュー1周年のアニバーサリーライブが代々木第一体育館にて開催、そこで「ひらがなけやきパワーアップ計画」と題して、メンバーの追加募集が発表された。 6月からメンバーが募集され、8月13日に合格者9名を選出。 ひらがなけやき二期生としてレッスンを開始した。 ひらがなけやきの活動がさかんになるにつれ、漢字欅と兼任である長濱のスケジュールは多忙を極め、ツアー初日のZepp Tokyoは当日までリハーサルが出来ない状態であった。 その後も5月に大阪公演、7月には名古屋公演と続いたが、長濱の多忙はピークを迎え、9月25日、体調面を考慮して長濱の兼任を解除、欅坂46専任になる事が運営から発表された。 「ひらがな全国ツアー2017」Zepp Sapporo公演前日の出来事だった。 残された11人のメンバーは、失意の中、翌日の札幌公演に臨むが、思いもよらぬ暖かい声援に勇気をもらい、持ち味であるパワフルなステージングとピースフルなパフォーマンスでオーディエンスを魅了。 この札幌公演は、メンバーにとって忘れられない再出発の門出となった。 ここからひらがなけやきの快進撃が始まる。。。 10月クールから、けやき坂46初主演・主題歌のテレビ東京木ドラマ25「Re:Mind」がスタート。 初めて二期生を迎えた20人でのパフォーマンスは、ハッピーオーラ全開で大絶賛の中、ツアーは幕を閉じた。 2018年に入り、1月30日、31日、2月1日の3日間、欅坂46とけやき坂46で行う予定だった日本武道館公演が、諸事情によりひらがなの3days公演となる。 突然の大きな舞台に不安を抱えながらのリハーサルの中、なんとチケットが即完、「私たちにも待っててくれる人がいる」と不安を振り払い、単独3days公演を大成功で終える。 この日本武道館公演の最終日にサプライズとしてひらがなけやき単独アルバムのリリースが発表され、メンバー一同、涙のステージとなった。 2月12日、ひらがなけやき二期生9名による「おもてなし会」が幕張メッセイベントホールで開催され、欅坂46から始まった「おもてなし会」史上最多の7,000人を動員、二期生も本格的に活動し始める。 4月には待望のレギュラー番組「ひらがな推し」(毎週日曜日25:05~テレビ東京にてオンエア)がスタート、さらには「KEYABINGO! 4」にもひらがなけやき単独で出演、ゴールデンウィークにはAiiAシアターにてひらがなけやき全員出演による初の舞台「あゆみ」を行うなど精力的に活動する。 6月1日、メンバー影山優佳が学業のため一時活動休止が発表される、6月3日、SHOWROOMにて佐々木久美のキャプテン就任が発表され、20日には遂にデビューアルバム「走り出す瞬間」が発売、オリコンウィークリーチャート1位を獲得、アルバムレコ発ツアーとなる「走り出す瞬間ツアー2018」では、5ヶ所10公演、約5万人を動員するツアーとなった。 10月には日本武道館にて行われたHOTSTUFF40周年記念イベントできゃりーぱみゅぱみゅと共演、日本武道館をホームのように盛り上げた。 11月には大阪城ホールにて行われた関テレ「MUJACK」イベントに出演、さらにはTOKYO DOME CITY HALLにて行われた舞台「ザンビ」に、TEAM REDとして齊藤京子、小坂菜緒、TEAM BLUEとして柿崎芽実、加藤史帆が出演、坂道3グループが共演する初の舞台となった。 また、この夏に行なわれた「坂道合同オーディション」にて合格したメンバーの中から、11月29日にグループ配属が発表、ひらがなけやきには1名、三期生として上村ひなのが配属となる。 一期生、二期生メンバーは、伝説の「ドッキリ」で上村を迎え入れた。 12月10日には日本武道館にて、欅坂46二期生+けやき坂46三期生合同の「お見立て会」が開催され、上村にとって初のステージとなった。 翌11日、12日、13日の3日間は日本武道館にて「ひらがなくりすます2018」を開催、1年間で7日間日本武道館でパフォーマンスするという快挙を成し遂げ、2018年を締めくくった。 2月11日、「ひらがなからのおしらせ」としてSHOWROOM配信を実施、3月27日の単独デビューを発表。 その後、メンバーへのサプライズとしてグループ名の改名が発表され、けやき坂46は「日向坂46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)」として生まれ変わった。 遠回りをしながらも、少しずつ坂を上って、ようやくスタートに辿り着いた日向坂46。 シングルデビューに向けて、日向坂46は、新たな坂道を上り始める。

次の