一杯 機嫌。 「一杯機嫌:いっぱいきげん」(杯が入る熟語)読み

「ほろ酔い」「ほろ酔い機嫌・加減」「一杯機嫌」をハングルではどの字

一杯 機嫌

現代のストレス社会において、いつも機嫌がいい自分でいることは非常に難しいですよね。 嫌なことがあれば当然機嫌も悪くなります。 しかし、機嫌をコントロールすることは不可能というわけではありません。 今回の記事では、ストレスをコントロールして上機嫌な自分でいるためのコツをご紹介します。 一口に「機嫌」と言うと、物事を受けて上下する感情の振れ幅だと思っている人が多くいます。 良いことがあれば機嫌が良くなり、嫌なことに遭遇すれば機嫌は悪くなる。 確かにそういう認識で間違いありません。 ただ、機嫌の持つ要素はそれだけではありません。 自分の持つ機嫌によって、 周りに集まってくる物事も変わってくるという一面もあるのです。 機嫌がいいと、自然と「いいこと」が周りに集まり、反対に機嫌が悪いと、嫌なことが続いてしまいます。 これは精神論や超自然的な話ではなく、事実としてそういう傾向があるのです。 いつも楽しそうにしている人には自然と人が集まり、憮然としている人は周りから敬遠されてしまうのと同じです。 明るい人生を得るためには、上機嫌でいることが非常に大切。 では、いつもご機嫌でいるには、一体何をすれば良いのでしょうか? 今回の記事では、受けたストレスを緩和、解消させることで、いつも上機嫌でいれるようになる9つのコツをご紹介します。 自分の時間を確保するため、あるいは期限の危ういタスクを消化するために、まず寝る時間から削ってしまう人は多いでしょう。 確かに、その場をしのぐための一手としては、必要になることもあるかもしれません。 しかし、この手を常に使うようになってしまえば、睡眠不足になることは明白。 睡眠不足な状態では、脳のパフォーマンスは低下し、睡眠欲求が満たされないことがストレスへと繋がります。 ただでさえ眠くてイライラしているのに、色んなことが上手くいかないことで、さらにイライラしてしまいます。 これでは 負の連鎖です。 そうならないためにも、睡眠時間はできるだけ多く確保するようにしましょう。 人は選択肢が増えるほど、思考が停止しがちになり、結果として普段と同じ選択をしてしまうという法則です。 選択肢が増えれば、その分考えなければならないことが増えてしまうので、選んだ結果を想像しやすい「いつもの選択肢」をとりたくなってしまうのです。 この現状維持の法則ですが、実は日常生活に応用することができます。 ルーティーン、つまり同じ行動を繰り返すことは、脳にとって負荷が少なく、ストレスを減らすことに繋がります。 ならば、生活の中にある様々な行動を、ある程度パターン化してしまえば、1日の内に抱えるストレスを大きく減少させることができるのです。 起床、家事、食事、就寝など、 生活の主な行動について、あらかじめ時間を決めて規則的に生活を送れるようにしましょう。 生活のリズムを一定にすることができれば、体調管理ができ、かつストレスも減らせることができ、良いことだらけなのです。 反対に、自分が大好きだと思える人と一緒に行動することを、嫌だと思う人もほとんどいないでしょう。 嫌なことがあったとしても、大好きな人と一緒にいれば気分が晴れやかになります。 一緒に出かけて、「楽しい」という感情を共有することは、心の栄養剤です。 機嫌が悪いときは無気力になりがちで、外に出ることが億劫に感じるかもしれません。 しかし、重い腰を上げて友達や恋人のような、自分にとって大切な人たちと遊びに出かければ、それだけで嫌なことを忘れてしまうほど、人にはエネルギーがあるのです。 機嫌の良し悪しは、起こった物事だけではなく、単純に周りの環境によっても大きく左右されます。 自分にとって「いい環境」を意図的に用意することができれば、機嫌を向上させるための機会はグッと増えるでしょう。 せっかく自分がやりたいことをやっているのに、他のことを考えるせいで存分に楽しめないのは非常にもったいないですよね。 好きなことを目一杯楽しむためにも、 日頃からオンオフを切り替えることを心がけましょう。 好きなことをしてる間は、他のことは一切考えないくらいの気持ちでいれば、ちょっとやそっとのことで水を差されることはなくなります。 人生には、願望や欲求に忠実になる時間が必要です。 ぜひ、楽しむことを大切にしていきましょう。 しかし、周りの環境をキレイにすると、自然とやる気も出てきて、精神的な面でも自分を変えることができるのです。 身だしなみを整えることで、心の面でもハリを保てますよね。 同じ様に、自分の部屋を清潔に保つことも、 精神的な安寧を得ることに繋がります。 また、掃除という行為には、一種のマインドフルネス的な効果を期待できるもの。 勉強しなきゃと思って腰を上げたのに、気づくとずっと掃除をしていたという経験、みなさんもあるのではないでしょうか。 不思議なもので、1度掃除をし始めると、自然ろ集中してしまうのです。 無心になって掃除をし、気づくと「整理された部屋」という成果が明確に現れることで、達成感を得るとともに、ストレスを発散させることもできます。 「部屋の全てをキレイにしなければ」と構える必要はないので、テレビの周りや机の上など、 どこか一部分だけでも実践してみることをオススメします。 好きな物を食べる喜びは、何事にも代え難いもの。 逆に、空腹を感じると機嫌が悪くなることは、改めて説明をする必要がないくらい明白です。 睡眠欲求と同じで、食欲が満たされない状態もストレスに直結します。 頑張った自分へのご褒美や、休憩中の楽しみといった形で、美味しいご飯をたらふく食べる機会を作りましょう。 実際に疲れているのでしょうが、こういった ネガティブな言葉が、自分の気持ちを下げてしまいます。 それが、たとえ独り言だったとしても、自分の耳にはしっかりと届いているのです。 ツイッターなどのSNSで流行している言葉に、 「今日は良い日だ」というものがあります。 その日に買った物や、偶然目にした綺麗な風景などの写真を添えて、「今日は良い日だ」と投稿するのです。 ポジティブな言葉を意識して発信する癖がつけば、自然と気分は明るくなります。 最初は難しいかもしれませんが、なるべく前向きな言葉を使うように意識してみましょう。 これは感謝されただとか、見返りがあっただとか、そうことではなく、ただ「いいことをした」という事実に対しての結果です。 いいことをする理由が、周りからの評価にあるとなかなか気づけないことですが、人の心には 自分が行ったことに対する自己評価が必ず存在します。 嫌がらせを楽しんでいる人は、どこかで自分のことを嫌な人間だと自覚しているのです。 同様に、 誰も見ていない状況だとしても、何かいいことをすれば自己評価はプラスされます。 自分のことを嫌な人間だと思うか、悪くない人間だと思うか、どちらが気分が良いのかは言うまでもないでしょう。 道のゴミを拾ってみたり、誰かが点けっぱなしにしている電気を消してみたり、そんな簡単なことで構いません。 一日一善を、生活にとり入れてみましょう。 また、私たちの生活は、色々な人の努力や思いやりの上で成り立っています。 普段使っている水道や電気などのインフラや、何気なく目にしたテレビ番組まで、想像もつかないほど多くの人が関わることで、私たちの元に届けられているのです。 それは、知識としてはわかっていても、実感が湧かないのが現実。 しかし、 多くの人の支えで自分の生活が成り立っていることに感謝することができれば、日々を心安らかに送ることができます。 当たり前のことに日々感謝するようになると、嫌なことがあってもちっぽけなことに思えます。 何より、 小さな感謝でいっぱいの毎日を過ごすと、とても気持ちが良くなるのです。 仕事から帰ると食事が用意されているならば、作ってくれた人に、自分で用意している人は、食材を作ってくれた人たちに、感謝する心を忘れないようにしましょう。 最後に ここまでご覧いただければ分かるように、上機嫌な自分でいるコツは、どれも簡単で当たり前のことです。 しかし、 人は簡単なものほど軽んじてしまい、当たり前になるほど重要であることを忘れてしまいます。 だからこそ、改めてそれらを身につけていくことが大切なのです。 楽しい日々が送れるなら、それに越したことはないですよね。 善は急げと言います。 今回ご紹介したコツをすぐに実践して、笑って人生を謳歌しましょう。

次の

「一杯機嫌:いっぱいきげん」(杯が入る熟語)読み

一杯 機嫌

4 一杯機嫌:酒によって、気持ちよさそうにしていること。 また、そのさま。 5 건드레하다:ほろ酔い機嫌だ 6 거나하다:ほろ酔い機嫌だ、一杯機嫌だ 7 알근알근:ほろ酔いかげんのようす 8 알근하다:ほろ酔い機嫌だ 9 알짝지근하다:(酒で)ほろ酔いかげんだ 多分、 1 をよく使い、 2 と 3 は時々本に書いてある程度で、 4 は使う事がない言葉ではないかと思います。 この回答への補足 おはようございます 적당히を辞書で調べたところ、「適当に」という訳しかでてきませんでした。 他にも、「ほろ酔い」という意味で使われるんですね~。 (勉強になりました) 얼큰하다は辛さの表現にしか使わない言葉だと思ってました 他にも、「ほろ酔い機嫌だ」と出てきました。 얼큰하다は2通りの使い方があるんですね~。 添付していただいた、回答の中で、自分のイメージにぴったりな言葉は、「ちょっとほろ酔い加減」、これが一番いいです。 お酒をチビチビ飲んでてて、少し酔いが回ってきて、気分がいい感じになってきて、お店の人に、「お客さんお酒の飲みすぎはいけませんよ、ほどほどにしてくださいね~」などと言われたときに、使えそう。 「ほろ酔い」、「俺今、酔っ払ってるんだよ」、も使える時がありそう。 ピンと来ない表現が、「酒はほろ酔い加減がよい」「ほろ酔いは気分ががいいです」、韓国ではこのように表現するみたいですね。 これらの表現は、日本では使わないような気がします。 文章を見て、ピンとこない時点で見聞きしない言葉だと思いました。

次の

「ほろ酔い」「ほろ酔い機嫌・加減」「一杯機嫌」をハングルではどの字

一杯 機嫌

嫌われたくないという気持ちがあるから 「あ、悪い!この仕事もやっておいて!」 なんてお願いされることが職場では良くありますよね。 そんなときにキッパリ断れない人や、断ったことで自分がどう思われるか不安を感じる人は不機嫌になりながらも承諾してしまいます。 もしくはお願いされた仕事をやりながらふと、 「なんで私がやってるの?」 「こんなのが続くならもう !」 と急に機嫌が悪くなることもあります。 端から見ると「だったら断ればいいじゃん」という結論になるかもしれませんが、現実はそうはいかないものですよね。 相手の立場や自分の立場が頭をよぎったり、 すでに確立されてしまっている自分のキャラクターが原因だったり、 と色々な要素があります。 その主な理由が「嫌われたくない」からというものでしょう。 裏を返せば「相手にどう思われているか 」ということにもなります。 不機嫌な人には、意外に必要以上に相手の心理をおもんぱかる傾向があります。 そのときの自分の感情には目をつぶって、 相手にどう思われるかを考えてしまいます。 自分の感情を偽り続けるのですから、 不機嫌になるのも当然のことです。 また本書には例として「父親の家族サービス」があります。 本当は家で休んでいたいのに、 気の進まない家族サービスを機嫌が悪いままやってしまう・・・。 「嫌だよ」と言えないのは、 自分勝手でわがままな父親だと思われたくないからだとしています。 自分の気持ちを隠し続けることで次第に不機嫌になりやすくなってしまうというわけですね。 スポンサーリンク 他人が察してくれると考えているから 自分と他の人は違います。 これは家族も例外ではありません。 そのことを頭では理解しているのに 感情としては「わかってほしい」「どうしてわかってくれないんだ」という心理が働きます。 この「なぜわかってくれないんだ」というのは、 不機嫌な人に共通する心理のようです。 たとえば職場で「あー忙しいなー。 疲れたー」を連発する人がいるとします。 しかしどう考えてもあなたの方がので仕事量も多いし、時間もかかっています。 「忙しい、疲れた」を連発する仕事できない人はあなたの手伝いをすることは一切なく、すぐにタバコを吸いにいったり、コーヒーを飲んで休憩します。 まるで自分だけが忙しいかのような言葉と、その一致しない行動にあなたは次第に不機嫌になってしまうのはないでしょうか? 「忙しいのはあいつだけじゃない」 「疲れているのは自分だってそうだ」 という気持ちが出てくるでしょう。 これがいわゆる「察して欲しい」「察するべきだ」というものです。 しかし最初にお伝えしたように、 あなたと他の人は違います。 逆のパターンで考えると、 自分の感情を言葉や態度で表さない人をあなたはなかなか理解することができないでしょう。 この気持ちと現実の相手の行動にギャップがあり、 機嫌が悪くなってしまいます。 スポンサーリンク 外面(そとづら)の良い人 他人に対して外面のいい人は不機嫌になりやすいようです。 よく全くの他人にはすごく愛想が良かったり、 や をしているのに、身内には機嫌が悪く付き合う・・・なんて人いませんか? 外面のいい人は常に感情を抑えこんでいる状態です。 無理し続けている人も少なくないでしょう。 そこで感情のバランスを取るために、 身内がいる場面になるとその反動がきます。 本当は身内に対してこそケアをしなければいけないのに。 こうやって感情を抑えこめば抑えこむほど反動は強くなります。 機嫌が悪い人の心理 機嫌が悪い人はネガティブで被害妄想が強い 機嫌が悪い人の心理には、いったいどういうものがあるのでしょうか。 機嫌が悪い人は、実はネガティブで被害妄想が強かったりします。 誰もひどいことを言ったりしていないのに、物事㋾悪く受け止めがちです。 周りから、何だか意地悪されたような気がして、機嫌が悪くなってしまいます。 いくら周囲の人が「そんなことないよ」と声をかけても「いや、皆私には冷たい」とか「協力してくれない」などと考えてしまい、不機嫌になってしまうのでしょう。 同じことが起きても、ポジティブで明るい人なら、機嫌を悪くしたりはしません。 淡々と事実を受け止めて、対応することができるでしょう。 機嫌が悪い人は、うがった見方をしてしまうので、悪いところばかり目についてしまいます。 そういうネガティブな性格だから、いつも機嫌が悪く、周りの人から敬遠されてしまうのです。 スポンサーリンク 機嫌が悪い人はかまってもらいたがっている 機嫌が悪い人の心理にあるのは、かまってもらいたいたいという気持ちです。 機嫌を悪くしていれば、周りの人に気にかけてもらえると、無意識のうちに考えているのでしょう。 だから、いつも機嫌を悪くしているのです。 その態度は、実は周囲に対する「私をかまって!」という、無言のアピールと言えるでしょう。 誰かの機嫌が悪かったりすると、周りの人は思わず「どうしたの?」と、聞いてしまいます。 機嫌を悪くしている人は、その一言を待っているのです。 しかし、素直ではないので、そう言われても「いや別に・・・」なんて、口の中でごにょごにょ言ったりします。 そうやって「人から気を使ってもらいたい」という気持ちが心の中に潜んでいるので、わざわざ人前で機嫌を悪くしているのでしょう。 そういう人は、一緒にいてめんどくさい人です。 しかし、自分から「話を聞いてほしい」と言いだせないので、機嫌が悪いところを見せて、注目を集めようとしているのです。 機嫌が悪い人は自己コントロールができない 機嫌が悪い人の心理には、自己コントロールができないというものがあります。 自分に甘く、抑制が効かない性格なので、感情をダイレクトに出してしまうのでしょう。 普通、社会人なら周りの人に気を使います。 いくら嫌なことがあっても、あからさまに不機嫌になってしまったら、周りの人に悪いと考えて、自制するはずです。 しかし、自分をコントロールする力の弱い人は、我慢がききません。 人の気持ちや周りの雰囲気も考えず、イライラしたりぶつぶつ言ってしまい、不機嫌さを全開にしてしまうのでしょう。 自己コントロールが弱いということは、あらゆる能力が低い可能性があります。 は、自分自身をコントロールすることができるでしょう。 物事にうまく対応できないから、そうやって機嫌を悪くしてしまい、マイナスな感情を抱え込んでしまいます。 機嫌が悪い人は、自己コントロールの力が弱く、まだまだ未熟な人だと言えるでしょう。 スポンサーリンク 機嫌が悪い人は自分のことしか考えていない 機嫌が悪い人は、自分の事しか考えていないという人だったりします。 相手に配慮することができない、視野の狭い人なのです。 心のどこかで、自分さえ良ければいいという気持ちがあるので、機嫌の悪さを人に見せてしまいます。 機嫌が悪いところを見せたら、相手が不愉快になったりしないだろうか・・・などと、考えることができないのでしょう。 そういう人は、思いやりがなく、いざとなったら自分の身を守るために人を犠牲にするかもしれません。 機嫌が悪い人は、自分勝手なところもあるので、用心して付き合う必要があります。 また、相手に対して甘えているので、そうやって、機嫌の悪さをぶつけてしまったりします。 「ちょっと怒っちゃうかもしれないけれど、別にいいや」などと、相手の気持ちを軽く考えているのでしょう。 機嫌が悪い人は、心の奥底に自分勝手な心理があるので、一緒にいると嫌になってしまうのです。 機嫌が悪い人への接し方や対処法 苦笑いしながら対応する 機嫌が悪い人と接するときは、あまり態度をハッキリさせないのがセオリーです。 たとえ普段は頭がキレる人でも、機嫌が悪く感情的になっている場合は、つい合理的でないことなども口にしてしまいます。 そんな相手に合わせようとすると、今度は自分が何を言っているのかがよくわからなくなって、思わぬ墓穴を掘ってしまうこともあるのです。 ですから、相手の機嫌が悪くて感情的になっているときは、とりあえず「苦笑いしながら対応する」のがおすすめになります。 いつもなら煮え切らない態度として批判されるかもしれませんが、機嫌が悪い人を相手にしているのですから仕方ありません。 ただし、重要なのはあくまでも態度を濁すことですので、笑い方がついオーバーになってしまったり、笑い声が大きくなってしまったりしないよう注意しましょう。 スポンサーリンク 終始うなずいて肯定する 機嫌が悪い人と聞くと、どうしても面倒くさいというイメージを持ってしまうかもしれませんが、その人が必ずしも間違った発言をしているとは限りません。 たとえば、正しいはずの自分の意見が通らず、そのことが原因でイライラしているというケースも多々あるからです。 もしもあなたが機嫌の悪い人と接してみて、「この人の言っていることは間違っていないんじゃないか」と感じたら、ときどき相槌を打ってあげるようにしてください。 「終始うなずいて肯定する」ことで、だんだんと機嫌の悪さも収まってくるでしょう。 ただしこの方法が使えるのは、「相手が正しいことを言っている」と判断できたときだけです。 誰が聞いても間違っていることを言っているのに、終始うなずいて肯定したりすると、あなた自身の周囲からの評価が下がってしまう可能性もありますので、十分に注意してください。 できる限り沈黙を保つ 機嫌が悪い人の中にもランクがありますよね。 ややイライラしている人、顔を真っ赤にして怒っている人などさまざまです。 もしも相手の機嫌の悪さが尋常ではないと感じたときは、「できる限り沈黙を保つ」のがおすすめになります。 なぜなら、機嫌の悪さがピークに達している人は、ただ自分の言葉を聞いてほしいだけの場合が多いからです。 つまり、あなたが下手に口を出したり、気のない返事をしたりすると、今度は怒りの矛先があなたに向いてしまうこともあるのです。 ただし、いくら沈黙を保つとはいっても、真剣に接しているという意思を伝える必要はあります。 ですから、沈黙は保ちつつも相手の目を真っ直ぐにみつめ、気の緩みから表情を壊してしまわないよう気をつけてください。 あなたの真剣さが相手に伝われば、機嫌も徐々によくなっていくはずです。 スポンサーリンク ここぞというときには思い切って指摘する 機嫌が悪い人と接するとき、基本的には自分を出しすぎないことが大切になります。 主役はあくまで機嫌が悪い人であって、自分は脇役に過ぎないと考えれば、たいていのケースでは上手に対処できるでしょう。 しかし、ごく稀にそういった対処ではまずいときもあります。 それは、相手が「完全に誤ったことを言い続けているとき」です。 どれだけ相手の機嫌が悪そうであろうと、完全に誤ったことを簡単に肯定してはいけません。 ですから勇気を出して、「ここぞというときには思い切って指摘する」ぐらいでなくてはならないのです。 もちろんそのことで相手の機嫌をさらに損ねる場合もありますが、そんなときは開き直って誤りを指摘し続けましょう。 しかしたいていの人は自分の誤りに気づき、それがきっかけで冷静さを取り戻してくれますので、それほど心配しなくても大丈夫です。 自分の機嫌が悪い時の対処法 その場から離れて原因を考えてみる 自分で自分の機嫌が悪いなと気づいたら、一旦その場から離れてみるのがおすすめです。 その時の環境を変えることになるので、脳へ違う刺激が届き機嫌が悪い原因から気持ちをそらすことが出来ますね。 外であれば、自転車や車または徒歩で数分散歩するだけでも効果的です。 家の中であれば、別の部屋へ移動するだけでもOKでしょう。 移動した先で、原因を考えてみましょう。 落ち着いて考えれば、なぜ自分がこんなにもイライラし機嫌が悪くなったのかが見えてきます。 それは大抵は嫉妬ややきもちであったり、価値観の違いからくる勘違いの場合も多いのです。 特に原因がはっきりしないまま、機嫌が悪い場合はイライラ度も高いです。 落ち着いた場所で一呼吸おいてから考えると原因がわかり、対処法も浮かんできますね。 対処法がわかれば、イライラも治まり機嫌も良くなるでしょう。 スポンサーリンク 最悪のケースを考えてみる 嫌なことがあると、ふと自分の機嫌が悪いなと感じる時がありますね。 ほとんどは考えないようにしたりして、いつのまにかごく自然と気持ちの切り替えができるのです。 しかし嫌なことが心にひっかかってしまうと、そう簡単には機嫌は直りません。 そんな時は、最悪のケースを頭に思い描いてみましょう。 嫌なことに関連することで思い浮かばなかったら、あまり関係のないことでもOKなのです。 例えるなら、来る途中に事故にあってしまった、好きな人が遠くへ転勤になったなど突拍子もないことでもいいのです。 そうすると、目の前の機嫌の悪くなった原因が些細なことに思えてくるでしょう。 そうなればあとは簡単で、「最悪のケースではないから良しとしよう」と考えれば良いのです。 考え方を変えただけで、気持ちがふっと軽くなりあなたの機嫌も良くなるでしょう。 機嫌が悪い表情のまま鏡を見てみる 機嫌が悪いと感じたら、鏡のある場所へ移動してみましょう。 そして、できるだけそのままの表情で鏡を覗いてみるのです。 鏡へ映ったあなたの顔は、想像以上に酷く驚くことになるでしょう。 怒ったり悔しかったりと機嫌が悪い時は、口調が荒っぽくなり表情も口角が下がり冷たくなります。 笑顔の時とは180度変わって、冷たいその表情は醜いものです。 機嫌が悪い時は誰でもありますが、そのような醜い顔のままいるのは嫌なはずです。 冷たい表情のままでは、周りの人への自分の印象を下げることになります。 イライラして自分の機嫌も悪くなり、周りへの印象も下がると、良いことは1つもありません。 ここは1つ、鏡の前で笑顔になって気持ちをぱっと切り替えてみましょう。 機嫌悪くぶすっとした表情でいるのは損で、笑顔の方が得なのです。 ニコニコしていれば、笑う門には福来たるなので良いことが起こるものです。 スポンサーリンク 友人に電話して話を聞いてもらう 機嫌が悪いと感じた時、あれこれ対処法を試してみますよね。 しかし、どれも効果がイマイチで心が落ち着かない時には、友人に助けてもらいましょう。 助けるといっても簡単で、電話をかけて話をするだけで良いのです。 世間話や最近楽しかったことや、思い出話でも何でも大丈夫です。 もちろん、機嫌が悪くなってしまった原因を聞いてもらってもOKです。 友人からすれば愚痴を聞くことになりますが、たまには愚痴も言わないと過度なストレスがかかってしまいます。 そういう時はお互いさまなので、友人に甘えてしまいましょう。 このように気の許せる友人に、少し時間をさいてもらい話を聞いてもらうだけで、ずいぶんと楽になるものです。 そして人と話すことにより、自分の気持ちの整理もできます。 話を聞いてもらった友人には感謝をし、気持ちを切り替えて元気になりましょう。 「機嫌が悪い」を悪化させない 機嫌が悪いというのは、とにかく自分で動かないと長引いてしまいます。 長引くと人間関係にも影響がでてくるでしょう。 不機嫌な人は自分でも息苦しいでしょうが、 相手や周囲にも息苦しさをまき散らしているのです。 この悪循環を突き破るには、 感情生活を沸き立たせるのがいちばんです。 機嫌が悪くなる原因を解決するには、 なるべく感情をオモテに出して、喜怒哀楽にブレーキをかけないことが大事だと伝えています。 もちろん程度はありますが、 多くの人が気持ちを押し殺して、機嫌が悪くなって、相手にも機嫌を悪くさせてしまっています。 まずはそこに気づくことからスタートさせてみてはいかがでしょうか。 相手の感情が今よりも理解できたり、 自分の気持ちを素直に表現できることにつながるかもしれません。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の