コロナ ウイルス 学校 再開。 「こんなに学校行きたいなんて」 授業再開、備え厳重 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナウイルス感染症の対応について

コロナ ウイルス 学校 再開

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休校していた北九州市立学校が25日、再開した。 休校中に卒業式や始業式はあったが本格的な授業再開は約3カ月ぶりだ。 6月からは給食も始まる。 感染防止対策を徹底しながら学校現場で模索が続く。 再開したのは市立小学校129校、中学校62校、特別支援学校7校、市立高校などだ。 八幡西区の折尾東小学校(児童326人)では登校時、フェースシールドとマスクで顔を覆った教員が、児童の体温や体調を記入した健康チェックリストを一人ひとり確認した。 廊下の床には間隔を空けて並ぶための目印が貼られた。 教室の出入り口も指定し動線を一方通行にしたほか、席を1メートル以上離して授業をした。 感染予防対策を学ぶ授業もあり、5年生の女子児童(10)は「友達と会えることを一番楽しみにしていた。 話すのにも距離をとって大変だけど、感染しないことが大事なので楽しく過ごしながらルールを守りたい」と話した。 松本拓士校長は「まずは子どもたちが安全安心に学校へ来られる環境作りをしていきたい」と述べた。 各校は国や市教委のマニュアルなどに沿って感染防止策を講じるが、学校ごとの事情があって現場は揺れている。 市教委は再開に際し、校内の定期消毒などを担う学校業務補助員を6月末まで各学校に1人ずつ配置した。 また国のガイドラインなどを基に防止策を示している。 だが学校の規模や施設の状況などによって事情は異なる。 「柔軟な対応が必要で最後は学校長の判断」(市教委)と対応は現場に委ねられている。 その現場は経験したことのないウイルスを相手に戸惑う。 千人超の児童を抱える市内のある小学校は25日、登校時にマニュアルに示されたチェックリストを使わなかった。 児童をクラス単位で時間差で登校させ、非接触型の体温計で瞬時に検温するなどした。 人数が多いため、一人ずつ呼び止めて健康状況を確認するチェックリスト方式だと時間がかかり、「密」が生じるおそれがあるためだ。 校長は「マニュアル通りにするより、学校に合ったより良い方法を考えた。 試行錯誤しながらになると思う」と述べた。 初日の5月18日、八幡西区の市立中学校では200人を超える生徒を体育館に集めた。 保護者からの指摘を受け、翌日から集合場所を教室に変えた。 同校によると体育館に集めたのは3年生で、1時間半にわたり再開後の学校生活を説明したという。 窓を開けて換気し、生徒同士の距離を2メートル空けたが、同校生徒の母親は「密を避けようという状況の中で信じられない」と話す。 市教委の担当者は「もう少し丁寧に対応するべきだった」と指摘する。 校長は取材に「校舎が古く、玄関や廊下が狭い。 200人を超える生徒が同じ動線で教室に向かうと玄関や廊下で3密になると判断した」と説明する。 教職員で検討し、屋外を通って行ける体育館の方がリスクが低いと考えたという。 「教師目線の考えだったと反省している。 距離をとっていたとはいえ生徒が密だと感じ、不安に思ったのなら申し訳ない」と話す。 翌19日、登校した2年生は各教室に集めた。 20日の1年生は午前と午後に分けて登校させた。 市教委はこの件を受け、集会の人数について規定を設けた。 今月中は80人以下とし、6月1日以降は200人以下、8日からは制限を設けない予定だ。 給食のある通常授業は6月1日に再開する見通しだ。 市は、体温を測るサーマルカメラをすでに各校に配っている。 消毒用の次亜塩素酸水の噴霧器も6月に配る。

次の

学校再開に係る子供のメンタルヘルスについて

コロナ ウイルス 学校 再開

話を伺った人 須永祐慈さん ストップいじめ!ナビ副代表理事 (すなが・ゆうじ)小学生でいじめを受けて不登校を経験。 その後、教育問題に関する研究や書籍編集などを経て、いじめ問題の研究・啓発を行う「ストップいじめ!ナビ」に参加。 子どもの相談機関にも関わり、行政、SNS事業者と連携して活動する。 大人が注意するべき点は何でしょう。 子どもの気持ちの負担について、気を配る必要があります。 今回の長い休校期間中に、子どもたちはたくさんストレスをためていました。 友達と会ったり遊んだりできず、家に閉じこめられて親やきょうだいといたわけですから、当然です。 親自身が自由に動けず、さまざまな情報に囲まれ、普段と異なる対応を迫られてストレスをためているのですから、子どもにも影響します。 たくさんの宿題とか慣れないオンライン授業とかも、やっぱりストレスですよね。 学校が始まって解消される部分が大きいですが、一方、そのストレスを学校で発散する子どもも出てくるでしょう。 ほかの子にちょっかいを出したり、暴力的になったり。 いじめというのは、集団のなかでストレスが高まったところで発生することが多い。 実際、東日本大震災による長期の休み明けに、いじめが増えたところもありました。 これだけの期間、予定外に授業ができなかったのですから、そうなるでしょう。 学習指導要領を考えると、どんどん進めたい気持ちになると思いますが、遅れを取り戻そうとしてトップスピードで授業を進めたり、宿題をたくさん出したりするのはやめたほうが良いと思います。 習うことが大量で疲れる、授業についていけない、勉強がわからない、という状態になれば、さらにストレスを抱えるリスクもあります。 学校行事も部活も、などと詰め込む学校もあるかもしれない。 むしろ、緩やかな特別の時間割をしばらく続けて、だんだん戻していくぐらいの配慮が必要です。 世の中は、まだまだ普段と違う状態が続きますし、子どもたちは不安を抱えています。 先生たちは、まずそれを受け止めて、安心させてあげることを重視してほしい。 「3密」を避けるために、「分散登校」や「ならし登校」から始める自治体がありますが、子どもたちの心理面でも良いことだと思います。 それが終わって一気に通常モードへ戻したりするのは、やっぱり心配ですが。

次の

「こんなに学校行きたいなんて」 授業再開、備え厳重 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス 学校 再開

コロナウイルスで学校閉鎖!再開いつから? 学校が閉鎖されてしまったけれど 再開されるかどうかはまだはっきりとしたことはわかっていません。 公立学校は校長先生たちが話し合って、統一をするでしょうけれど、 まずは政府の指針にしたがわないといけない。 つまり何も決まっていないということです。 学校閉鎖期間も当然ですが学校の教職員たちは出勤してきて こどもの姿とか 4月からの学校の計画などを立てています。 忙しいです。 例年通りの4月7日ころから始まる予定で計画を立てています。 始業式の詳しい段取りも立てています。 4月大丈夫? どうなってしまうのかは政府次第です。 どうなっても動くことができるように学校は例年通りの案を立ててはいます。 4月から始まるとしても大丈夫です。 学校は3月時点で来年度の1年分の計画を立てております。 卒業式までの計画を4月にすでに立てております。 つぎに学習してないところはどうなるか? 本年度学習すべき単元がまだ行われていない学年があって当然。 だって3月分まるまる単元やっていないんだから。 ただ、次年度のおくられる学習は厳選されていきます。 たとえば、 算数や漢字の未履修は絶対に許されません。 理科もやっとかないと困る単元は絶対に行います。 小学校2年生の単元で「分数」とかは絶対に3年生になった時点でどこかでやると思います。 しかし 生活科とか体育などの単元は次年度にはならないと思います。 新年度の学年でやらなくてはならない学習もちゃんとあります。 それに付け足して前年度の未履修をやるのは大変。 当然厳選された学習のみが行われます。 では、夏休みはなくなっちゃうの? 夏休みなくなる? 夏休みはなくなりません。 (と思う。 ) 学校側は、どこかの時間を使って学習していない前年度の単元をやるはずです。 「前年度の教科書は捨てないで。 」 と通信で連絡があったと思います。 では、どこでやるのか? 夏休みではありません。 4月か5月くらいまでのうちの早いときに行います。 学習は新しい学年の知識は過去の学習を積み上げていかないといけないので。 授業に必要な時間は多分20時間分くらいでしょう。 5年生は大変ですが・・・・。 5年生はカリキュラムが詰まってる!! 新しい学年の担任は、大変!と思いながらも、前年度の授業も入れながら、今年の学年の授業もしていくと思われます。 今年は・・・・2020年度は教科書が新しくなるので結構先が見えないのですが。 全国の教職員の皆様!頑張りましょう!.

次の