迷惑 メッセージ 電話 ブロック。 迷惑電話ストップサービス

迷惑電話ブロック

迷惑 メッセージ 電話 ブロック

トビラシステムズ株式会社が提供する有料サービスです。 迷惑電話番号データと一致した相手から電話がかかってくると、呼出音を鳴らさずに、自動で着信を拒否します。 お買い上げ時には、警察や自治体などの公的機関から収集された迷惑電話番号データがあらかじめ 本機に登録されています。 迷惑電話番号のデータは日々更新されるため、サービスが利用できるように なると、1日に1回、本機が自動的にトビラシステムズ株式会社の迷惑電話データベースからデータを ダウンロードして迷惑電話番号データを更新します。 迷惑ブロックが働いた回数も確認できます。 ・迷惑電話番号データ(迷惑電話番号リスト)は最大約30,000件です。 迷惑電話番号データは、すべて の迷惑電話番号を保証するものではありません。 ナンバー・ディスプレイサービスへのお申し込みが必要です。 トビラシステムズ株式会社が提供する「迷惑ブロックサービス」の契約が必要です。 (契約は本機の操作で 行います。 )サービス利用料は無料ですが迷惑電話番号データの更新のために1日1回、1分10円(税抜)の 通信料がかかります。 1日あたり約1分の通信を行うため、月額は310円(税抜)程度となります。 【迷惑ブロック】 を押します。

次の

利用規約

迷惑 メッセージ 電話 ブロック

【架空請求SMS(ショートメール)が届いたのでブロックしてみた。 】 従来は、「迷惑メール」と言えばキャリアやプロバイダー等から提供される「eメール」に送りつけられていました。 しかし、現在の「eメール」サービスには迷惑メール対策が盛り沢山組み込まれています。 「eメール」に届いた「迷惑メール」は自動的に迷惑フォルダに仕分けされたり、自動削除されることも珍しく無く、さほど脅威では無くなりつつあります。 そんな中、「eメール」と違い相手の電話番号だけで送信が可能で、迷惑メールなどに無防備なSMS(ショートメール、メッセージ)で架空請求を送る手口が猛威を振るっています。 届いたメッセージを見て、1秒で架空請求だと判る人も多いはずですが、現実には総被害額が億単位に上っています。 これらの状況を踏まえ、今回は 「架空請求ショートメールが届いたらどうしたら良いのか?」について触れてみたいと思います。 各社共に勝手に騙られている被害者です。 くれぐれも誤解の無きよう。 どれも同じ様な内容で 「有料コンテンツを利用したのに料金未払いだから払え!」「未納料金があるから、電話をしてこい!」みたいな内容です。 何処かから調達されたリストが利用される事もありますが、無選別に送信されている事もあり小学生からお婆ちゃんにまで普通に届きます。 実在の会社になりすましている 上記の画像の通り 実在する会社になりすましてSMSを送ってくるのが常套手段です。 ユーザーとしても非常に迷惑な「なりすまし」ですが、企業各社(本物)としても大変迷惑しているようで、公式発表がなされています。 【各社公式発表】 架空請求SMSが届いたらどうしたら良いの? やってはいけない事• メッセージに記載されている電話番号に電話する• 詳細を聞くためにメッセージに問い合わせるなんてもっての他。 散々不安を煽られて、支払う事になることでしょう。 そもそも契約していないのに、閲覧しただけで契約完了させる事は出来ません。 常識的に重要な請求や督促をSMSで行うこと自体ありえません。 SMSで請求は全て詐欺と思って良いでしょう。 見分け方。 不安な人は情報取集しましょう。 前述の通り、 原則SMSで請求は全て詐欺と思って良いでしょう。 しかし、不安になって支払ってしまう初心者の方があとを絶ちません・・・。 不安で仕方ない方は、まずは情報収集をおすすめします。 思いのほか、あっさりと架空請求である事が判明するかも知れません。 念の為、一般的な情報収集の仕方を挙げておきたいと思います。 公式webサイトをチェック SMS内で騙られていた、企業各社(本物)の公式webサイトをチェックしてみましょう。 手口や文面サンプルなどが公開される事も珍しくありません。 身に覚えもなく公式発表されている内容と同等であれば、100%架空請求です。 【各社公式発表】 2. 迷惑電話検索サイトで検索 SMSに電話番号が記載されている場合、一般の迷惑電話検索サイトで検索するのも悪くありません。 こちらは一般ユーザーの書き込みを元にしているので、信憑性は落ちるものの新手の番号でも情報が早く掲載される事があります。 【例:迷惑電話検索サイト】 3. ブラウザで検索 「1」「2」で情報が見当たらなくても、諦める必要はありません。 架空請求の情報は比較的関心度が高い情報く、 メディアや個人サイトでも、何かしらの 情報を得ることが出来る可能性が高いです。 ブラウザで、下記のようなキーワードで検索してみましょう。 受信した側で出来る事は少ない 多くの方が、真っ先に思いつくのは該当SMSのブロック(拒否)かと思います。 しかし、 ブロック機能は特定の相手から届かなくする機能です。 残念ながら、 架空請求業者は大量の「配信元電話番号」を保有および使い捨てにしているので、効果が薄いのが実情です。 ただし、運用でカバーする気力のある方や、同じ配信元から何度も架空請求SMSが届く方であればブロック効果はしっかりと発揮してくれると考えられます。 SMSブロックの種類と使い分け 大きく分けて2種類の方法がある SMSブロックの方法は、大きく分けて2種類存在します。 SMSブロックのスタンダード。 何れも、指定した相手からのSMSが表示されなくなる点では同じです。 設定方法(SMSブロック) これまでの内容を踏まえ、お好みで下記2種類から設定方法お選びください。 キャリア側で設定したい場合(回線自体にSMSブロック設定) 回線レベルでSMSブロックを行う方法です。 この方法の特長は、回線自体にブロック設定する為、 該当SMSがスマホに届く前に処理されるようになります。 [ざっくり図解] これは結構昔から存在する機能で、大手キャリア(ドコモ等)が提供しています。 【メリット】• 回線自体に設定するので、スマホ本体を買い替えてもおなじ回線なら設定はそのまま。 つまり、再度設定する必要はありません。 【デメリット】• 基本はダイヤル操作で登録する事になる為、登録削除が煩雑。 スマホ側で設定したい場合。 (アプリでSMSブロック設定) アプリでブロックの設定をします。 SMSがスマホに届いてから自動的に対処する設定です。 [ざっくり図解] 設定方法は利用しているアプリにより異なります。 Android標準メッセージアプリでのブロック手順 アプリを起動。 ブロックしたいSMSを長押し。 右上のブロックボタンをタップ 確認事項が表示されます。 「ブロック」をタップします。 該当のSMSが、消えていれば完了です。 今後、同じ相手からのSMSは自動的にブロックされます。 【メリット】 アプリ上で簡単にブロック設定が可能。 ブロックした相手の一覧確認や、ブロック解除も画面操作で可能。 【デメリット】 基本的にはスマホ本体を買い替えたらブロック設定は消える事になります。 引き続きブロックしたい場合には再度設定が必要。 まとめ アプリでブロックがお手軽 基本的に無視が鉄則「架空請求SMS」。 どうしても気になるかたは、確実な効果が見込めない以上、 まずはアプリでブロックしてみるのがお手軽でおすすめです。 長期に渡り 同じ相手(番号)から届き続ける場合は「キャリア側で設定」を検討してみては如何でしょうか? SMSの全ブロックは面倒くさがりは止めた方が無難? なお「キャリア側で設定」には、SMSを全てブロックする設定(一括拒否)が存在します。 日本国内では連絡手段として「LINE」等のSNSや「eメール」が普及しており、連絡手段として「SMS」を少なめです。 上記理由から「SMSは全てブロックにしよう!」と思ってしまいがちですが、現在SMSはアプリやwebサービスの本人確認(2段階認証等)として多々利用されています。 つまり、 認証用のSMSもブロックしてしまいます。 引き続き自己防衛を 以前、本件と同じ様な犯行グループが摘発されたと報じられました。 しかし、冒頭で紹介したSMSは摘発後に届いたものばかりです。 残念ながら、数カ所摘発したくらいで無くなる事は無いようで、長い付き合いになってしまいそうです。 SMSにもEメール並の、強力迷惑メールフィルターが有ればと思いますが、今のところ各自で自己防衛するしかなさそうです。 それでは、楽しいスマホライフを!.

次の

‎「迷惑電話ブロック」をApp Storeで

迷惑 メッセージ 電話 ブロック

au迷惑メッセージ・電話ブロックについて 迷惑メッセージの振り分けができる au迷惑メッセージ・電話ブロックは迷惑メッセージの自動振り分けが可能になるアプリです。 危険な内容であったり、迷惑電話として登録されている連絡先からのメッセージや、URL付きのメッセージを自動で判定し、迷惑メッセージフォルダに振り分けをしてくれます。 ただ、予め連絡先として 登録されている発信者からのメッセージは振り分けされないようになっています。 迷惑電話からの発着信を警告 au迷惑メッセージ・電話ブロックは不審な発信者からの着信に対して警告を促してくれます。 また、発信する際にも、危険な電話番号である場合は、警告をしてくれます。 危険なユーザーへの着信・発信を防げるので、被害を未然に防ぐことが可能です。 知らない電話番号の名前も表示 自身の連絡先に登録していない発信者であっても、 特定の施設などでは名称が表示されます。 役所や病院、予約したお店などの着信だとすぐにわかるため連絡が取れないなどのトラブルも防げます。 不信感をもって、電話をすることもなくなるので、ストレスなども解消できます。 ユーザーによる情報提供で品質は向上 au迷惑メッセージ・電話ブロックは情報が間違っていることなどもあります。 相手先の電話番号が変更されていたり、メッセージが上手く振り分けられないといったこともあります。 そういった誤情報などが間違って表示された場合は「左上のメニュー」より 「情報の提供」をしてください。 情報の提供が多く集まることで、迷惑メッセージや迷惑電話などの対策がしやすくなります。 キャリアに関係なく使用は可能 au迷惑メッセージ・電話ブロックはauという名前こそついていますが、 docomo・Softbankといった他社のキャリアでも使用できます。 それ以外のキャリアの場合は、App課金などの処理を行わなければなりません。 サービスなどは問題なく使えますが、課金方法に少し違いがあります。 メールアドレスなどの必要もなく、インストールすれば、誰でも利用ができます。 メッセージだけでなく、写真や動画の送受信も可能です。 【iPhone】au迷惑メッセージ・電話ブロックの使い方 ダウンロードしたら、確認しながら進んでいく iPhoneの場合は、上記リンクより「au迷惑メッセージ・電話ブロック」をダウンロードしてください。 ダウンロードが完了し「au迷惑メッセージ・電話ブロック」を起動させると「プッシュ許可」が求められます。 「次へ」をタップしてください。 次に通知の許可が求められるので「許可」をタップします。 利用規約が表示されるので内容を確認できたら「同意して次へ」をタップしてください。 アプリについての説明が行われます。 「スキップする」「次へ」をタップすることで説明が完了します。 着信IDの設定をオンにする 着信IDの設定は端末の歯車マーク「設定」より行う必要があります 「電話」をタップします。 「着信拒否設定と着信ID」をタップしてください。 「迷惑メッセージ・電話ブロック」をタップしてオン(緑色)にします。 再度アプリを起動させるとポップアップが表示されるので「更新する」をタップします。 電話番号リストが更新されると、電話ブロックの機能が使えるようになります。 迷惑メッセージの設定をオンにする 迷惑メッセージの設定も端末の歯車マーク「設定」より行う必要があります。 「メッセージ」をタップしてください。 「不明な送信者および迷惑メッセージ」をタップします。 「迷惑メッセージ・電話ブロック」をタップしてオン(緑色)にしてください。 ポップアップが表示されるので「有効にする」をタップします。 再度アプリを起動させるとポップアップが表示されるので「更新する」をタップします。 リストが更新されると、迷惑メッセージの機能が使えるようになります。 【Android】au迷惑メッセージ・電話ブロックの使い方 ダウンロードし、確認しながら進んでいくと設定ができる Androidの場合は上記リンクをタップしダウンロードしていきましょう。 機能の利用許可が表示されるので「つぎへ」をタップします。 機能の許可が複数回求められるので、それぞれの画面で「許可」をタップしてください。 「つぎへ」をタップします。 利用規約が表示されるので内容を確認できたら「同意して始める」をタップしてください。 「はじめる」をタップします。 新機能のお知らせが表示されます。 「+メッセージで連携設定」をタップします。 お知らせが表示されると初期設定は完了です。 「閉じる」をタップしましょう。 「アップデート」をタップし、バージョンの更新を行いましょう。 「Google Playのアイコン」をタップしてください。 「更新」をタップすると、アップデートが実行されます。 アップデートが完了すると、連携が行われ「お知らせ」が表示されるので「閉じる」をタップしましょう。 au迷惑メッセージ・電話ブロックの注意点 無料期間は30日間のみ au迷惑メッセージ・電話ブロックは30日間は無料で利用できます。 Softbank、docomoの場合は 月額350円の課金が必要になります。 残り日数は画面下部にも表示されているので、確認しておきましょう。 購入処理をしない限り課金は発生しない au迷惑メッセージ・電話ブロックはダウンロードしただけで、利用が可能になります。 決済情報などを入力を行っていないので、無料期間が終わったからと言って自動課金は開始されません。 利用したくないのであれば、そのままアンインストールすることで、利用を解除できます。 ただ、一度課金処理をしてしまった場合は、サブスクリプションから解除処理をする必要があります。 間違った情報が載ることもある au迷惑メッセージ・電話ブロックはユーザーからの情報提供で成り立っていることもあります。 危険な電話番号と警告が出たとしても、安全な発信者の可能性もあります。 また、必要なメールであっても、連絡先に登録していないことで迷惑メールとして扱われることもあるでしょう。 au迷惑メッセージ・電話ブロックは絶対の情報ではないので、定期的にメールボックスなどの確認をすることをおすすめします。 LINE通話などは対応していない au迷惑メッセージ・電話ブロックが対応しているのは、通常の電話やメールのみです。 複数のメールアドレスを持っている場合や、LINE・カカオトークなどの通話アプリには対応していません。 OSが古い場合は機能しないこともある au迷惑メッセージ・電話ブロックはOSが古いことで、正しく機能しないこともあります。 OSのバージョンを設定より確認し、最新の状態にアップデートしておきましょう。 「一般」をタップしてください。 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。 OSが最新の場合は、搭載されているOSが表示されます。 OSが最新ではない場合は「ダウンロードしてインストール」が表示されます。 タップして、ダウンロードから実行していきましょう。 端末のパスコードを入力してください。 ダウンロードが終わると「今すぐインストール」に表示が変わるのでタップします。 しばらくすると、端末が再起動され、アップデートが完了します。 スライドを行い電源を落としたら、もう一度同じボタンを長押しして再起動させてみましょう。 アンインストールは、アイコンを長押しし「Appを削除」をタップします。 ポップアップが表示されるので「削除」をタップしてください。 再度、インストールし初期設定から行い、振り分けなどが行えるか様子をみましょう。 不明点がある場合は問い合わせしよう メールが振り分けされなかったり、電話番号が正しく表示されない場合は問い合わせを行いましょう。 問い合わせはより行えます。 左上にある「三」をタップしてください。 「お問い合わせ」をタップします。 「スマートフォン・携帯電話」をタップします。 任意の方法で問い合わせを行えます。 内容を入力し、運営に問い合わせをしてみましょう。

次の