あきない総研。 あきない総研、大和SMBCキャピタルらとスタートアップ企業向けの投資ファンド

あきない総研、渋谷にスタートアップ企業向けレンタルオフィス

あきない総研

[株式会社あきない総合研究所] 新代表取締役社長に細野耕平が就任 現 代表取締役の吉田雅紀は代表取締役会長に就任 ・ベンチャー企業支援、起業家支援を行う株式会社あきない総合研究所の新役員人事 ・2020年6月29日の取締役会決議にて、吉田雅紀が代表取締役会長、代表取締役社長に細野耕平が就任 ・20年以上続く起業家支援事業を今後も継続し、シェアワークスペース事業を通して日本の起業文化の拡大に寄与 ベンチャー企業支援、起業家支援を行う株式会社あきない総合研究所(本社:大阪市中央区 以下、あきない総研)は、2020年6月29日に開催された定時株主総会並びに取締役会にて、代表取締役の吉田雅紀が代表取締役会長に就任し、新たな代表取締役社長に細野耕平が就任いたしました。 あきない総研は、20年以上続く起業家支援事業を今後も継続し、シェアオフィスを始めとするシェアワークスペース事業を通して、多くの人の起業や開業を支援するとともに、日本の起業文化の拡大、活性化に寄与してまいります。 <新代表取締役社長のご紹介> 細野 耕平(ほその こうへい) 1985年大阪生まれ。 青山学院大学国際政治経済学部卒業。 2010年より株式会社あきない総合研究所に入社、起業支援型シェアオフィス「katanaオフィス」事業に従事。 2013年より同オフィスのフランチャイズ事業を立ち上げ2018年に合計10拠点を展開。 2015年にシェアオフィス特化型業務オペレーションシステム「SARAKU」を構築し、外販を開始。 2017年取締役就任。 2019年11月東京都インキュベーション施設運営計画認定事業に採択。 シェフ起業家に特化した「コワーキングキッチン」を開設準備中。 あきない総研は1999年、ファウンダーの吉田雅紀が同社を設立して以来、現在に至るまで 20年間一貫して起業・ベンチャー支援を行ってきました。 受け継ぐものの重さと、 始めから支えがあることの温かさの両方を感じながら、個人としても会社としても一層の成長に努めます。 人が最も自分らしく生きる方法の一つは「起業」であることを信じ、個性豊かな起業家が増えることで、 日本がより良い国になることを目指していきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

次の

あきない総研、渋谷にスタートアップ企業向けレンタルオフィス

あきない総研

ベンチャー企業支援、起業家支援を行う株式会社あきない総合研究所(本社:大阪市中央区 以下、あきない総研)は、2020年6月29日に開催された定時株主総会並びに取締役会にて、代表取締役の吉田雅紀が代表取締役会長に就任し、新たな代表取締役社長に細野耕平が就任いたしました。 あきない総研は、20年以上続く起業家支援事業を今後も継続し、シェアオフィスを始めとするシェアワークスペース事業を通して、多くの人の起業や開業を支援するとともに、日本の起業文化の拡大、活性化に寄与してまいります。 <新代表取締役社長のご紹介> 細野 耕平(ほその こうへい) 1985年大阪生まれ。 青山学院大学国際政治経済学部卒業。 2010年より株式会社あきない総合研究所に入社、起業支援型シェアオフィス「katanaオフィス」事業に従事。 2013年より同オフィスのフランチャイズ事業を立ち上げ2018年に合計10拠点を展開。 2015年にシェアオフィス特化型業務オペレーションシステム「SARAKU」を構築し、外販を開始。 2017年取締役就任。 2019年11月東京都インキュベーション施設運営計画認定事業に採択。 シェフ起業家に特化した「コワーキングキッチン」を開設準備中。 あきない総研は1999年、ファウンダーの吉田雅紀が同社を設立して以来、現在に至るまで 20年間一貫して起業・ベンチャー支援を行ってきました。 受け継ぐものの重さと、 始めから支えがあることの温かさの両方を感じながら、個人としても会社としても一層の成長に努めます。 人が最も自分らしく生きる方法の一つは「起業」であることを信じ、個性豊かな起業家が増えることで、 日本がより良い国になることを目指していきます。 どうぞよろしくお願いいたします。 社名:株式会社あきない総合研究所• 本社所在地:大阪府大阪市中央区伏見町4-4-9淀屋橋東洋ビル3階• 代表:代表取締役会長 吉田雅紀、代表取締役社長 細野耕平• 資本金:9,000万円• 設立:1999年6月• 事業内容:インキュベーションオフィス運営、スタートアップ支援、パブリックビジネス支援• コーポレートサイト:.

次の

株式会社あきない総合研究所 新代表取締役社長就任のお知らせ(2020年7月2日)|BIGLOBEニュース

あきない総研

理論政策更新研修とは あきない総研の理論政策更新研修 あきない総研の『理論政策更新研修』は2009年4月からスタートいたしました。 年度を重ねる毎に、多くの方々に受講いただいております。 「中小企業診断士」が、キラリと光る資格となり、学生や若い人にとってあこがれの存在になる。 そして、中小企業診断士が企業やこれから起業する方々への心強い存在となり、地域を、そして社会を元気にしていく。 それに一歩ずつ近づいていくための資格更新の研修を目指していきます。 2009年4月からスタートしたあきない総研の『理論政策更新研修』。 2009年度は約330名、2010年度は約470名、さらに2011年度には約660名にご受講頂くことができました。 その多くが昨年度ご受講頂いた方のリピートやご紹介となっております。 受講後のアンケートでは、(アンケートを取り始めてから2年連続で!)約94%の方が「大変満足」「満足」と回答。 価値ある4時間を提供したい、と思っている私たちにとってうれしい回答です。 「中小企業診断士」が、キラリと光る資格となり、学生や若い人にとってあこがれの存在になる。 そして、中小企業診断士が企業やこれから起業する方々への心強い存在となり、地域を、そして社会を元気にしていく。 それに一歩ずつ近づいていくための資格更新の研修を目指していきます。 ワークを中心とした 実践的な研修 中小企業診断士とその活動を支えるために考えられた、最も実践的な研修内容。 単なる研修ではなく、思考を広げ知識の整理をする思考キャンパス。 多数の講師、講義内容より自由に選択し、自己の向上のために時間をお使いください。 受講すれば修了1回として認定され、修了証書も受講後すぐにお渡しします。

次の