マイル旅行券 同じ島ばかり。 ANA特典航空券で行く!マイルで台湾家族旅行記〜空港出発からエコノミー機内食まで

【あつ森】マイルりょこうけんの入手方法と使い道【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

マイル旅行券 同じ島ばかり

まだ確定ではありませんが、2019年のGWは10連休になる可能性が高いといわれています。 しかし、それだけにANA国際線特典航空券争奪戦は、激戦となりました。 ゆっくりと旅行に行くことを夢見て争奪戦に参加したけれど、撃沈してしまった…という方も少なくないのではないでしょうか。 「せっかくマイルをたくさん貯めても、行きたいときに旅行に行けない」とガッカリされている方もいるかもしれません。 そんな方にご提案。 提携航空会社便なら、まだまだチャンスがありますよ。 スポンサーリンク• 勝負は355日前だけじゃない! ANA国際線特典航空券は搭乗日の355日前の朝9時に開放されます(予約・発券が可能になります)。 GW初日となる2019年4月27日搭乗分の特典航空券が開放されたのは、今年のGW明け直後の5月7日。 予想通り、熾烈な争奪戦になり、人気の就航地はほぼ瞬間蒸発となったようです。 わが家も家族そろって10日休みということはなかなかないので、もちろん参戦しました。 WEB上で繰り返しエラーが出たり、電話をかけても40分以上待ちだったりと苦戦を強いられたものの、何とか運よく(執念で!?! )希望の行き先へ家族4人分の特典航空券をゲットすることができました! しかし、開放日がGW明け直後の平日だったこともあり、思うように確保できなかった方も少なくないでしょう。 でも、あきらめないでください。 提携航空会社便なら、まだまだチャンスがあります。 たとえば、タイのリゾートへの旅行はいかがでしょうか? タイ国際航空の特典開放日は搭乗日の340日前 ANAマイルで取れるのは、ANAの特典航空券だけではありません。 スターアライアンス加盟の航空会社・提携航空会社の特典航空券も取ることもできます。 そして、これらの提携航空会社便は、 ANAと同じタイミングで開放されるものと、遅れて開放されるものがあります。 開放日を前に私があれこれリサーチしたところ、たとえば タイ国際航空(TG)便は、ANA便より遅れて開放されることがわかりました。 ANAのWEBサイト上で タイ国際航空の特典航空券が開放されるのは、搭乗日の340日前のようです。 つまり、GW初日となる2019年4月27日搭乗分の特典航空券の開放日は、2018年5月22日です。 解放直後の東京~バンコク便をチェック この記事を描いているのが2018年5月23日ですから、2019年GW搭乗分は昨日開放されたばかりです。 ANA便と同じように争奪戦になったのかどうか、ANAのWEBサイトでチェックしてみました。 大人2人・子ども2人の計4人で検索した結果がこちら。 ANA便はすべて空席待ちですが、TG便はまだまだ余裕があり、直行便が複数表示されます(5月23日午前10時現在)。 必要マイル数は、スターアライアンス特典利用で1人35,000ANAマイル、4人分で140,000ANAマイルです。 ところで、上のキャプチャでは往路・復路ともに4月27日の搭乗分になっています。 これは、繁忙期の国際線の特典航空券を押さえるためのワザです。 この時点では実際の復路希望日の搭乗分はまだ開放されていないので、このように往路・復路をいったん同日に設定して発券し、往路を確定するのです。 特典航空券は、同じ航空会社・同じルートなら、何度でも無料で日時が変更できますから、まずは往路を確定することを優先するのが得策です。 そして、実際の復路希望日の開放日になったら、復路の日程を変更します。 旅程がなかなか確定しないのは本当に落ち着かないのですが、繁忙期の特典航空券をゲットするためにはやむをえません。 というわけで、TG便はANA便のような争奪戦にはなっていないようなので、まだGW初日からバンコクへ旅行できる可能性は高いです! スポンサーリンク ANA便では行けないタイのリゾートへも行けます! (より引用) バンコクなどの都市よりもリゾートに行きたい!という方も多いですよね。 私もそうです。 リゾートに行きたい場合も、TGはとても都合がよいのです。 たとえば、タイで子連れに人気のリゾート地、 プーケットへTG便バンコク乗継で。 ご覧のように、まだまだ空席があります。 必要マイル数は1人あたり38,000マイル、4人合計で152,000マイル。 ANA便の特典航空券ではバンコクまでは行けますが、プーケットまではいけません。 ANAマイルを利用して、プーケットを含むタイ国内のリゾート地までの一連の特典航空券が取れるのは、TG便が開放される340日以降なのです。 ちなみに、乗継ぎがある場合は、往路・復路を同日にすることが物理的に不可能なケースが多いので、復路を1日ずらして2019年4月28日にしています(4月28日分は、本日2018年5月23日9時に開放されたばかりです)。 ほかのリゾートも見てみましょう。 サムイ島もまだ空席があり、4席取ることが可能です。 1人あたり38,000マイル、4人合計で152,000マイル。 クラビも余裕。 1人あたり38,000マイル、4人合計で152,000マイル。 バンコクとリゾートの両方に滞在することも可能 10連休ともなれば長い旅程が組めるので、単純往復ではなく、バンコクとリゾートの両方の滞在を楽しむ方法もあります。 特典航空券検索画面で「往復」ではなく「複数都市・クラス混在」というところを選ぶと、下のような画面になります。 ここに、往路か復路どちらかを東京~バンコクと、バンコク~プーケットに分割して入力します。 特典航空券では、 途中降機(24時間を超える滞在)は、目的地以外で往路・復路のいずれかで1回可能です。 この場合、目的地はプーケットで、バンコクで途中降機をするという形です。 くわしくは、提携航空会社特典航空券のをご覧ください。 シンガポールなどへは復路の航空会社とルートに注意 東京~シンガポールは、ANAとシンガポール航空(SQ)から直行便が運航されており、どちらも特典航空券は355日前に開放されるため、すでに人気が集中する日程の争奪戦は終了しています。 しかし、TG利用バンコク経由シンガポール行き(東京~バンコク~シンガポール)なら、まだ取ることができます。 しかし、ここで注意。 たとえば往路を4月27日、復路を4月28日で検索すると、復路にSQの直行便が多数表示されます。 直行便!やったぁ!とついポチッとしてしまいそうですが…。 ちょっと待って! この直行便は4月28日(GWの前半日程の復路)だから残っているのであって、おそらく実際の希望日の復路(GWの後半日程の復路)では残っていないでしょう。 そして、 いったんこれで発券してしまったら、航空会社やルートを変更することはできません。 最悪、GWが明ける日程まで復路を変更できない可能性も……。 復路日程を変更することを前提に仮の日程で発券する場合は、必ず実際の復路希望日に変更できる可能性のある(これから開放される)TG利用バンコク経由を選択しましょう!(GW期間のSQはすべて開放済みなので、万一、実際の復路希望日でSQ直行便が残っていたら、もちろん確保して大丈夫です) ただ、試してみたところ、直行便が多数残っている影響だと思われますが、現時点で「往復」検索では復路のTG利用バンコク経由は表示されませんでした。 往復ともにTG利用バンコク経由を表示させるためには、「複数都市・クラス混在」検索で検索しましょう。 1人あたり38,000マイル、4人合計で152,000マイルです。 もちろん、上の項目で説明した 途中降機を使って、バンコクとシンガポールの両方に滞在することも可能です。 さて、シンガポール~バンコク間は、TGだけでなくSQも運行しています。 TG、SQともにわりと空席がありますが、東京~バンコク間と同じ日程で乗継ぐなら、TGが便利だと思います。 違う日程ならどちらでもよいと思いますが、発着時間なども考慮して、実際の復路の希望便と同じ航空会社を仮押さえしましょう。 航空会社の変更ができないことを忘れないように気を付けてくださいね。 ちなみに、支払い料金(燃油サーチャージ含む)は、TGを利用した場合は1人あたり13,180円、SQを利用した場合は11,730円と、SQ利用のほうが安いようです(5月23日現在)。 TGの国際線はシンガポールのほか、バンコクを拠点にさまざまな都市に就航しています。 たとえば アジア/パシフィックエリアなら以下の通り。 ANAマイルでこれらすべての都市への特典航空券が取れるとは限りませんが、ざっと調べたところ、TG利用バンコク経由で クアラルンプール、デンパサール、シドニー行きは取れるようです。 「往復」検索で表示されない場合でも、「複数都市・クラス混在」で検索すれば表示されます。 最後に 2019年GWの特典航空券争奪戦は、まだ終わったわけではありません。 ANA以外の航空会社に目を向ければまだまだ発券は可能です。 せっかくの長い日程ですから、ぜひ乗継も視野に入れて、いろいろな可能性を探ってみてくださいね。 ただし、 カレンダー上10連休になるかどうかは、まだ正式には決まってません。 特典航空券は日時の変更は無料でできますが、キャンセルする場合は1人あたり3000マイルが差し引かれます。 そこのところは、自己責任でお願いいたします…! また、上記はすべて2018年5月23日現在の空席状況です。 状況は刻々と変化しますので、ご了承くださいませ。 travel-lover.

次の

「どこかにマイル南の島」の攻略法と調べてわかった3つの不満

マイル旅行券 同じ島ばかり

Contents• ハワイ行き特典航空券を発券するために貯めたANAマイル数 ANAの飛行機に乗ったり陸マイラー活動をすることで、これまでに22万4,951マイルを貯めました。 ANAは提携している会社も多いためANAマイルが貯まりやすく、ANAの陸マイラーがたくさんいらっしゃいます。 陸マイラー活動を始めてそれらの情報を有効に利用することで、どなたでも容易に20万マイルを貯めることができます。 ANAマイルの貯め方完全ガイドの2019版を作成していますので、これからANAマイルを貯め始める方は参考になさってください。 ファーストクラス特典航空券を発券するために必要なANAマイル数 ANA公式サイトで特典航空券の発券に必要なマイル数が確認できます。 Zone1にある日本からZone5のハワイまでファーストクラス国際特典航空券に必要なマイル数は閑散期および通常期で12万マイルになります。 繁忙期には12万9千マイル必要となっています。 なお、ビジネスクラスは少なくとも6万マイル、プレミアムエコノミーは5万3千マイル、エコノミーは3万5千マイルそれぞれ必要となっています。 この国際特典航空券は往復での発行となっており、片道ごとでクラスを変えることも可能です。 片道ごとでクラスが変わる場合に必要なマイル数は時期に応じた各クラスで必要なマイルの半分ずつを合わせたマイルとなります。 特典航空券を絶対取るための作戦 ANAは特典航空券がとりずらいことで有名でした。 というのも、ANAマイルを貯める方法がたくさんあることで、大量のマイルを持つANAマイラーさんが多くいらっしゃいます。 そんなときにANAでエアバスA380の超大型機が就航になるとなったため、特典航空券がある程度取りやすくなるのではないかと予想しました。 とはいえ、これまで全く取れないレベルのプレミアムチケットでしたので、きちんと作戦をたてて工夫することで確実に獲得できる方法を模索しました。 なお、ANAの場合、国際特典航空券は搭乗日の355日前の朝9時から予約が可能となっています。 かなり先のことになりますが、国際特典航空券は搭乗日の355日前の日の朝9時1〜2分にはなくなってしまいますので気合いを入れて勝ち取っていきましょう。 作戦準備 355日前の日をXdayとした場合に、Xdayー1ヵ月ほど前から準備を開始しました。 まず、最初にやるべきことは傾向を探ることです。 私が調べた時期の状況は以下のとおりです。 なお、東京(羽田または成田)からホノルルの便の調査となります。 また上級クラスを中心に調べています。 往路で一番最初になくなるのは成田〜ホノルル(フライングホヌ)の特典ビジネスクラス• 往路で二番目になくなるのは羽田〜ホノルルの特典ビジネスクラス• 特典ビジネスや特典ファーストを3席同時に取るのはSFCでもないかぎり実質無理• 特典ファーストを1席とるのは比較的容易(1ー2分でなくなるわけではない)• 復路で特典ファーストまたは特典ビジネスをとるのは壊滅的(おそらくみんな帰国便で上級クラスに乗りたいと思われる)• 往路も復路も特典プレミアムエコノミーは容易にとれる Xdayの1週間前からは、当日を想定したシミュレーションを実施しました。 いわゆる争奪戦にがっつり参加することです。 最初の数日は、ANA公式予約ページでPCの操作に手間取り、数分で完了するなど到底無理でした。 その間に特典航空券は売り切ればかり。 ・・・ しかし、数日たつとだんだんとコツをつかみ何の情報を事前準備すればいいか、またはどのボタンをタップしていけばいいのか完全に把握できるようになりました。 ANAマイルを使ってファーストクラスの特典航空券に交換! 往路:特典ファースト、復路:特典プレミアムエコノミー プレミアムチケット争奪戦ですが最終結果として、• 往路は特典ファースト• 復路は特典プレミアムエコノミー となりました。 やったぜ え〜!。 実際、今でも特典航空券はなかなか取りにくいのですが、傾向と対策を日々研究することで思い通りに取れました。 特典航空券の発券に伴う必要マイル数と支払い金額 この特典ファースト航空券を発券するにあたり必要なマイル数は合計で86,500マイルとなっています。 内訳としては往路のファーストクラスが60,000マイルで、復路のプレミアムエコノミーが26,500マイルとなっています。 また、旅客保安サービス料、 旅客サービス施設使用料、国際観光旅客税、保安サービス料、通行税、動植物検疫使用料、入国審査料、税関審査料、航空保険料及び燃油特別付加運賃などの各種の税金や料金は合計で18,480円となりました。 ちょうど今の時期は燃油サーチャージが2万円ほど下がってきているためかなりお得なタイミングとなりました。 2万円で往復ハワイって信じられませんよね?しかもファーストクラス利用なんて・・・ もしファーストクラスの航空券を購入した場合 往路をファーストクラスとして、復路をプレミアムエコノミーと全く同じ条件で予約をした場合に、なんと1,116,990円にもなります。 100万円超えのチケットになります。 ただ、これはクラスを変えた場合の金額になります。 往路も復路もファーストクラスにした場合には運賃は491,990円となっています。 およそ50万円のチケットになります。 どちらのチケットを選んでも購入する場合には数十倍もの金額を払わなければなりません。 しかも一人分です。 航空券購入ではなかなかこのクラスのチケットを選べませんよね。 陸マイラー活動をしたことで夢チケットをゲットできたのは、本当によかったと思っています。 ファーストクラスの座席選択 エアバスA380のファーストクラスの座席数は8つのみになっています。 とても貴重な座席数です。 向かって左側に座りたかったので2Aを予約しました。 残念ながら1Aはすでに埋まっていました。 ファーストクラスの極上サービスとは 専用チェックインカウンター 成田空港の場合、ZゾーンにANAスイートチェックインカウンターがあります。 専用のエントランスから入場してコンシェルジュが迎えてくれるので、チェックインから特別な雰囲気を味わうことができます。 なお、チェックイン後、専用通路を利用して保安検査場を利用し素早く出国することができます。 ANAスイートラウンジ ANAの最高級ラウンジをひと時利用することができます。 ANAスイートラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)には、温かい食事やお酒を楽しんだり、シャワーを浴びたりとゆっくりと搭乗まで楽しむことができる場所になっています。 海鮮丼が食べたいです・・・ ファーストクラスのシートと機内サービス A380に搭乗すると素敵な個室が待っています。 なんとドア付きです。 32インチの大画面で映画を見るのもいいですね。 PC電源やUSBもあるので困りません。 また、空の上では素敵な食事が待っています。 和食か洋食かになりますが、和食は京都の懐石料理で、洋食はフレンチとなっています。 どっちを選ぶか・・・悩みます・・・ その他、シャンパンやワイン、ちょっと小腹が空いた時に食べるラーメンや茶漬けなど楽しみですね! おまけ spgアメックスカードは特典航空券を発券するためのマイルを貯めやすく、さらにはホテルの上級会員にもなれ、特典で無料宿泊もできるなどハワイ旅行が大好きな人向けのカードです。

次の

あつ森のカブの保存方法や置き場所は?やり方と購入方法や稼ぎ方も紹介!|知りたいがいっぱい!

マイル旅行券 同じ島ばかり

まずは、予約・発券済の特典航空券です。 既に予約済みのフライトが、新型コロナウィルスの影響で欠航になる場合は、「 が適用され」、全て手数料なしでマイルが戻ってきます。 その際、万が一、その時点で有効期限切れのマイルがあったとしても、差し引かれれずに全てのマイルが戻ってきます。 対象の特典航空券のキャンセル手続きをするには電話で依頼しましょう。 ANA国際線予約・案内センター 0570-029-333(24時間年中無休) ちなみに、2020. 31現在で、 コロナウィルスに対する特別対応が適用される航空券は、日本発着全路線の6月いっぱいまでの航空券が対象です。 (発券日は、2020年5月8日発券分まで) 7月以降のホノルル線について尋ねてみましたが、今回の私が持ってるチケットの日程も含め、まだ欠航の予定はないとのことで、今のところは通常運行を予定しているとのことでした。 つまり、私の8月末出発の航空券は、現時点でキャンセルをする場合は、自己都合によるキャンセル扱いとなり、規定通りの手数料がマイルで引かれることになってしまいます。 参考URL: 飛行機はまだ運行予定だけど、万が一直前に欠航になってしまった場合、ホテルのキャンセル料がかかってしまうんだよね〜。 やっぱり旅自体を全部今のうちにキャンセルしてしまいたいな。 なんていう理由で、今のうちにキャンセルを希望する人もいらっしゃると思います。 その場合は、航空券については3000マイルの手数料を救うためにも、とりあえずキャンセルは欠航が決まるまで待つべきだと私は思います。 ホテルについても、コロナウィルスの影響でフライトが飛ばないというのがキャンセル理由であれば、おそらく直前のキャンセルになってしまっても、交渉すればキャンセルチャージを取られないのでは?と思います。 なので、どうしてもそのホテルに泊まりたい場合は、飛行機の欠航が確定するまでホテルの予約もそのままで。 ホテルはどこでもいいや、という人は、ひとまずホテルだけはキャンセル料がかからない期限までに一旦キャンセルし、飛行機が飛ぶ可能性が高くなった時点でもう一度予約を取るのが、今できる一つの方法ではないでしょうか? キャンセル時点で有効期限切れのマイルは戻らない もう一つ、コロナ特別対応の対象とならない段階で特典航空券をキャンセルする場合に気をつけなければいけないのが、 「そのチケットを買った時に使ったマイルの有効期限」です。 特典航空券をキャンセルする場合、 キャンセルする時点で有効期限を経過している分のマイルは、残念ながら戻ってきません。 たとえば、私の場合。 調べてもらったところ、今持っている特典航空券には、2020年7月末日で有効期限を迎えるマイルが15,965マイルもありました。 これはもったいなさ過ぎますね! なので、この15,965マイルを無駄にしないために出来る手段は、恐らく3つ。 ・3000マイルの手数料を諦めて、今のうちにキャンセルする。 ・欠航が決まるまで我慢して待つ ・通常運行が決まったら予定通りハワイ行き決行! それ以外に何かいい方法あるかなぁ・・・? 新型コロナウィルスの状況によって、ハワイ旅行の日程を後ろにずらしたらどうかな?とも考えてみました。 特別対応の対象になる特典航空券の場合、その航空券の有効期限内に限り、2020年12月31日までの期間内で「1回のみ」搭乗日の変更が可能です。 変更は ANAウェブサイトからログインして手続きが可能ですが、 差額マイルや追徴料金が発生する場合は、ANA電話窓口にて変更手続きを依頼しましょう。 ANA国際線予約・案内センター 0570-029-333(24時間年中無休) 尚、私もあと2ヶ月くらい出発を延期すれば、もしかしたらコロナが落ち着いているかも?とも考え、とりあえず一度ギリギリまで出発を延ばそうかとも思ったのですが、秋冬に向けてはむしろコロナの第2波、第3波が来るかもしれない?方のリスクが高いと思い、変更は今のところ選択肢にはありません。 ANAの新型コロナウイルス感染拡大に伴う国際航空券の特別対応について、今現在、特典航空券の予約チケットを持っている人が今後どう動いたら良いか、キャンセルするなら手数料はいくらかかる?ホテルをキャンセルすべきタイミングは?などについて私なりの考えをまとめてみました。 【飛行機】 いずれにしても、飛行機が飛ぶと決まった時点で私はハワイ行きを決行しようと思っていますので、欠航が決まるまでは特典航空券の予約はそのままにしておこうと思います。 ・通常運行が確定・・・ハワイ旅行決行 ・欠航が確定・・・ハワイ旅行キャンセル この2択ですね。 【ホテル】 ・ハワイ島コンドミニアム Airbnbで予約)・・・現時点で、6月末までの宿泊については、全額返金でキャンセルが出来るようになっています。 7月以降もそのポリシーが延期されるような気がしますが、いずれにしても今キャンセルすると手数料を取られてしまうので、7月いっぱいは様子見。 全額返金ポリシーが8月の滞在まで延期されることが決まり、フライトの欠航が確定した時点でキャンセルしようと思います。 尚、フライト欠航が確定したのに、Airbnbの柔軟なキャンセルポリシーが適用されずに手数料がかかってしまう場合は?については別途まとめてみたいと思います。 ・ホノルルのホテル(前半)・・・7月半ばまではキャンセルOKなので、ハワイの観光客受け入れ再開の動きを7月前半くらいまでウォッチし、8月も受け入れ難しそうかなぁ、という雰囲気だったら一旦キャンセル料がかかる前までにキャンセルしようかな、と思っています。 ・ホノルルのホテル(後半)・・・まだ予約していないので、確実に行けることが決まった時点で、直前に予約すればいいかなぁ、と思っています。 こんな感じで今後のハワイ旅行予約キャンセルについて、動いていこうと思います。 皆さんの中でも、夏のハワイ旅行の予約、どうしよう?と迷ってらっしゃる方もいると思いますが、臨機応変に対応していきつつ、できれば予定通り愛しのハワイに行けるといいなあ、と思います。

次の