剣盾 物理受け。 【ポケモンソードシールド】特殊受けにおすすめのポケモンまとめ【ポケモン剣盾】

【剣盾シングルS8レンタル】鎧の孤島環境純正受けループ

剣盾 物理受け

『ポケットモンスター ソード・シールド ポケモン剣盾 』の対人戦で有用なポケモンの1匹「エアームド」の育成論を掲載しています。 5倍 0. 25倍 無効 解説 高い防御と物理技を受けるのに優秀な耐性、防御を上げる積み技や回復技を使用して 物理受けを担ったり、「ステルスロック」や「ふきとばし」を使用して 味方エースの補助を担ったりと言った動きが可能な特定の動きに特化したポケモンです。 どちらかというと防御面に特化した性能ですが、ダメージ計算の際に防御のステータスを参照する「ボディプレス」によって火力も出す事が可能です。 弱点が炎・電気と特殊に多い技なので物理には比較的投げやすく、 得手不得手がわかりやすいので引き先をしっかりと用意したり相手の構築・選出に合わせて適切に運用するとより強みを引き出せます。 サブウエポンに炎技を持っている事が多い相手には注意しましょう。 高い防御+防御を2段階上昇させる「てっぺき」で物理技を安定して受けつつ、攻撃の際に防御のステータスを参照する「ボディプレス」で火力を出していけます。 反面特殊耐久はあまり高くないので 特殊アタッカーとの殴り合いは難しいので特殊受けなどの引き先を用意しておきましょう。 他にステロ撒きが居ない場合は「ステルスロック」、削り性能を高めたい場合は「ふきとばし」、相手の起点作りや耐久ポケモンに強くしたい場合は「ちょうはつ」など見たい範囲によって微妙に技構成が異なるので、どこに強くしたいかで技を決定していきましょう。 特性「がんじょう」なので多少の不利状態でも強引に1度だけ動く事が可能ですが、「キョダイカキュウ」「かたやぶり」などの特性を無視して攻撃が可能な技や特性には注意が必要です。

次の

【ソードシールド】エアームドの育成論!高耐久の物理受け+起点作成要員!【ポケモン剣盾】

剣盾 物理受け

ピタゴーラ!です! S8は鎧の孤島で解禁されたが使えるようになりました。 そんな新環境で純正受けループを使いたいという人のためにレンタルパーティを作ったのでよかったら使ってみて下さい。 今回は初心者にも扱いやすいよう役割対象や運用方法についてもやや丁寧に書きたいと思います。 対応範囲の広いの登場により対策の薄い低レートを安定してボコボコにできます。 シーズン序盤に記事を書くのは受けループの布教をするためです。 この構築はまだ環境が固まっていない状態で組んだので今後対策が進むと勝てなくなる可能性があります。 なので受けループを試しに使ってみたい人や対策を考えたい人、受けループを自分で考えるにあたってのベースとして参考になればと思います。 初めましての方もいると思うので僕の実績を軽く紹介します。 純正受けループとはパーティ全員が回復持ちの受けという意味で僕は使います。 それではパーティの紹介に入ります。 【パーティ】 パーティは全員色違い。 ppはほぼマックス。 毒覚える少ないので氷ワンチャン天の恵み。 挑発アマガに詰まされないよう残飯守る。 役割対象 、ミトム、ゴリランダー、 【運用方法】 基本的にドヒドハピムドー選出。 パッチラゴンやがいたら、エースバーンやがいたらヌオー、がいたらを絡めた選出をするイメージ。 を初手から出して毒毒から展開していく。 物理はムドー、特殊はハピを繰り出して受ける。 途中ステロを撒いたりしてサイクルを有利に進めていく。 パーティでやや処理が困難なアロガラ、ポリZ、辺りにも毒を入れて時間稼ぎで倒すことを意識する。 対ドラパルトに関して。 とりあえずを投げて毒を入れる。 身代わりおにたたならに交代。 数は少ないが身代わり竜舞ならに交代。 ドヒドが選出できない場合は初手からヌオーを投げて守るで型判別。 両刀が考えられるなので例えば初手でと対面して居座って物理技を受けてしまうかクレベに引いて特殊技受けてしまうという択は避けたい。 ドラパルト入りには初手ヌオーor後発を意識する。 同様に両刀の可能性があるにもこう立ち回りたい。 受けミラーに関して。 相手のパーティ次第だが3体のHPが多くなるように選出して削られないようにして。 もしこのレンタルが増えるようであればミラーマッチはお互い初手降参しよう。 以上になります。 PythaPoke.

次の

【ソードシールド】コオリッポの育成論!トリッキーな積み物理アタッカー【ポケモン剣盾】

剣盾 物理受け

特性「いかく」と「おにび」で物理アタッカーを機能停止に追い込む。 性格:「ずぶとい」「わんぱく」 ぼうぎょが上がる性格を使います。 攻撃技を物理か特殊にするかでどちらか選択してください。 4ターン以上居座ることができるなら、永続的に回復できる食べ残しのほうがメリットがあります。 準速ウインディは、最速ギャラドスより1すばやさを早いので上から「おにび」を打つことができます。 「ドリュウズ」まで上を取りたい場合は、性格をすばやさ上昇補正にして「208」すばやさに努力値を振ります。 さ 物理技:「じゃれつく」「インファイト」「ワイルドボルト」「アイアンヘッド」「かみくだく」「じならし」 ほのお技に耐性のあるポケモンを見れる技にしたいので、ドラゴンに「じゃれつく」岩に「アイアンヘッド」や「インファイト」水に「ワイルドボルト」と様々な選択肢が出てきますが、環境を見ると「じゃれつく」や「アイアンヘッド」が多い印象です。 特殊技:「バークアウト」「ソーラービーム」「りゅうのはどう」 特殊技は3つから選択です。 「水ロトム」をはじめ「ヌオー」「トリトドン」とウインディを完全に止めるために出てくるポケモンに強い「ソーラービーム」ドラゴンへの打点として「りゅうのはどう」 「バークアウト」を搭載すれば特殊ポケモンへの受けとして仕事することも可能になります。 5倍になるアイテム「とつげきチョッキ」を持たせた型です。 変化技が打てなくなるので、「おにび」は打てませんが、とくせい「いかく」で物理耐久も実質1. 5倍になります。 水ロトムのハイドロポンプやインテレオンのなみのりなど、弱点技も耐えるようになり、苦手な相手でも1回は行動をする事ができるようになります。 ダイマックス技は耐えられないので注意 性格:努力値 性格:「ようき」 努力値:攻撃252 すばやさ208 残りHP 「最速ドリュウズ」抜きにして、残りをHPに振っています。 環境にドリュウズがとても多いのでそこまで役割を持たせゆたいと思いまして。 もしくは耐久をもっと上げたいなら 性格:「ようき」 努力値:HP252 すばやさ208 残り特防 同じく「最速ドリュウズ」抜きは変えずに、耐久を上げた型です。 攻撃に無振りでもH4ドリュウズにはフレアドライブで確定1発はとれます。 火力が少し足りなくなりますが、そこは先制技の「しんそく」でカバーしていきます。 性格:「おくびょう」 努力値:HP252 すばやさ208 残り特防 特殊型の場合はこちらがオススメ、同じくH4ドリュウズはオーバーヒートで確定1発です。 「しんそく」の使い勝手がとても良いです。 ウインディの少し足りない火力を補ってくれます。 特殊型:「オーバーヒート」「もえつきる」より選択。 「かえんほうしゃ」もありですが、威力が低く決定打になりにくいため個人的には高威力技の方がオススメです。 連発したいなら「かえんほうしゃ」で。 特殊型でも「しんそく」は役に立つ 性格で下降補正をかけている為、威力は少し下がりますが強力な先制技「しんそく」の使い勝手はとても良いので、採用の有力候補になるでしょう。 ほのお技に耐性のあるポケモンを見れる技にしたいので、ドラゴンに「じゃれつく」岩に「アイアンヘッド」や「インファイト」水に「ワイルドボルト」と様々な選択肢が出てきます。 特殊技:「バークアウト」「ソーラービーム」「りゅうのはどう」 特殊技は3つから選択です。 「バークアウト」で相手のとくこうを下げる事で、特殊受けとしての役割を加速できます。 「水ロトム」をはじめ「ヌオー」「トリトドン」とウインディを完全に止めるために出てくるポケモンに強い「ソーラービーム」ドラゴンへの打点として「りゅうのはどう」から選択です。 「いのちのたま」「たつじんのおび」型だと、「おにび」が打てるのでとくせい「いかく」と組み合わせて、物理ポケモンへの役割は保てます。 性格:努力値 性格:「ようき」 努力値:攻撃252 すばやさ208 残りHP 最速ドリュウズ抜きです。 特殊型は技範囲が狭いので、物理型がオススメです。 技構成 確定枠:「フレアドライブ」「おにび」 フルアタにしても良いですが、「おにび」があったほうがダイマックス技の「ダイウォール」も打てるようになり、様々な状況に対応できるようになります。 性格:努力値:持ち物 性格:「おだやか」 努力値:HP252 ぼうぎょ128 とくぼう124 防御方面はようきドリュウズのじしん確定耐え特防方面は特化水ロトムのハイドロポンプを確定耐えです。 バークアウトでとくこうを下げたり、やけどをいれる前提ならどちらかに極振りしても良いと思います。 持ち物は「たべのこし」「オボンのみ」などの回復アイテム推奨です。 居座り前提なら「たべのこし」タイマン性能なら「オボンのみ」がいいです。 技構成 「おにび」 この技がないと始まらない。 やけどをいれる鬼火。 外したら負け。 「バークアウト」 とくこう1ランクダウンさせつつ、申し訳程度のダメージを与える。 交代読みで当てる事でほとんどの特殊ポケモンを受け切る事ができる。 この技で受けきれなくても、後続の起点にはなる。 「あさのひざし」 回復技。 逆に言えば相手のダイマックスを強要できる為強い。 「もえつきる」「オーバーヒート」「かえんほうしゃ」 3つのほのお技のウエポンからの選択。 「もえつきる」は命中安定で、タイプ変更もできるので、弱点が疲れにくくとても良いですが、一回打つと交代しないと使えない。 「かえんほうしゃ」は命中安定技、威力は物足りないがこの技が1番使いやすいと思う。

次の