身に余る彼氏 ネタバレ 43。 ハイスクールD×D 無天の法

お客様からのプレゼントについて質問です

身に余る彼氏 ネタバレ 43

上司に報告、提出でしょうね。 「なんでもらっちゃったんだ」って怒られちゃうでしょうけど。 彼氏がいるといって逆ギレされて店で騒がれたら立場を失います。 こういうのは先手必勝。 先に上司に報告すべきです。 そうじゃないと、そのお客さんが騒いだときに対応が後手に回りますからね。 一番いいのは上司と揃って「身に余るものであってお受けすることはできない。 お気持ちだけありがたく頂戴します」とかなんとかいってお返しすることですね。 本来は中も見ないで上司に持っていくべきですけどね。 どうしてみんな貰っちゃうんだろう。 後々高くつくことになるのに。 「ひとりの女」として対応せずに「ショップ店員」として対応すべきです。 一介のショップ店員がお客さんから個人的プレゼントを貰うのはおかしいでしょ、というスタンスを貫くことですね。 クレーム客に絡まれたら店長に報告するでしょ。 それと同じようにすればいいのです。

次の

ハイスクールD×D 無天の法

身に余る彼氏 ネタバレ 43

02 ID:Qy97pEWW0. 35 ID:hoIQmsKI0. 19 ID:bEfMZyBm0. 83 ID:oY3czjZc0. 30 ID:BpEumM8v0. net ちょうど今小2の息子が今DBアニメをプライムで見ててはまってる。 アラレ絵の初期は大笑いしてた。 Zの今はインフレに翻弄されつつ一生懸命見てる。 時代越えてんなあ、やっぱ鳥山すげーんだなあと再確認だわ。 ところで昨日までトナリは何を食う人ぞ読んでて、久しぶりに課金するくらい面白かった。 44 ID:93CXSiP80. 47 ID:nbX1PgO50. 78 ID:tgbRnpGs0. 71 ID:hoIQmsKI0. 61 ID:BpEumM8v0. 10 ID:LrNGKFLs0. 18 ID:GFqPWoNN0. 51 ID:2v8HaJuh0. 94 ID:1PVDe62r0. 39 ID:M1AgFRHx0. 50 ID:b8OoZQ3b0. 57 ID:9lzXCq1e0. 80 ID:QuA1yTfu0. 68 ID:Q76xuGbb0. net 北斗の拳の原先生は腕の筋肉からでも描ける(どこからでも描き出せる)って 聞いたことがある。 49 ID:BK22TcoK0. 67 ID:DZqbiK6U0. 15 ID:SFU6s2sM0. 80 ID:BK22TcoK0. 38 ID:9FfDAIp10. 71 ID:h7q9No5C0. 64 ID:wWxvMHZK0. 20 ID:cD5Vn3HL0. 19 ID:uYXBexdX0. 98 ID:BQmRFQpP0. 76 ID:53oQVaMv0. net アラレちゃん大好きだったから、ドラゴンボールに変わった時がっかりしたなぁ。 ドラゴンボール自体初期のドタバタ冒険活劇の頃が一番面白かったし、幽白も初期の霊界探偵の頃が好きだった。 ジャンプの編集のなんでもバトル物にして連載引き延ばす手法嫌いで、読まなくなったな〜。 71 ID:xz9w6U8u0. net 銀魂もいきなりシリアスにバトルをはじめてギャグが無いのが何年も 続くようになってびっくりしたもんなあ。 時事ネタとかをにおわせて 馬鹿みたいなことをみんなが言ってるのが個人的には好きだった。 62 ID:iTtOFN2B0. 50 ID:EZ0opvW50. 19 ID:sVEuM0VM0. 16 ID:ba0gCmLvO. 35 ID:Ntl1ad0n0. 19 ID:cBxoN5QB0. 36 ID:7zpmKM490. 70 ID:xz9w6U8u0. 42 ID:1xMilsDm0. 22 ID:HAVtcy7r0. 16 ID:ba0gCmLvO. 39 ID:4hHNry8E0. net レポート漫画は若手漫画家がやるパターンよく見るよ。 68 ID:Vv8ByQgf0. 15 ID:ivXbHnuB0. 11 ID:xRLVpQNj0. 49 ID:eXlGE8PD0. 05 ID:5JPKYnhF0. 49 ID:oo9ALU8J0. 63 ID:CGuiqcBx0. 30 ID:ih4oysfQ0. 53 ID:x88mOOD20. 58 ID:xRLVpQNj0. net 「先生!」…苦手で1巻すら読み進められなかった 「青空エール」…青春だね、でも読み返すことはない 「高校デビュー」…面白かった。 84 ID:Ou2rAyIZ0. 44 ID:4I5s0rpf0. 90 ID:GNqrv8NS0. 33 ID:53oQVaMv0. net ののか付き合い始めても自信が無くて勘違いされる行動したり一歩間違えば反感買いそうなキャラだけど、素直なところ、真面目なバイトぶり、何事にも一生懸命なところが見ててかわいいね。 21 ID:BK22TcoK0. 25 ID:nKGcPsdw0. 67 ID:WkVejYM50. 84 ID:a29htYeu0. 24 ID:6cI65OTT0. 80 ID:cqfSJoLC0. 86 ID:6kfRhkX70. 34 ID:lrkdew680. 12 ID:C8wi9laJ0. 44 ID:ztZzbRSk0. 93 ID:rqNDClt40. 42 ID:MkDBH03n0. 87 ID:8NjfURVe0. 89 ID:8mAUNig30. 20 ID:mnO9kBqU0. 27 ID:yatqdnPO0. 40 ID:ghBeyoH20. 01 ID:yatqdnPO0. 28 ID:8OnksDca0. 69 ID:wNEKMy4X0. 19 ID:MMFwDWQA0. 36 ID:yZ1EQsOh0. 26 ID:kRaYKKVgO. 05 ID:vHBAhQBa0. 10 ID:FGoAiJ6E0. net キングダムの戦国時代より後だけど三国志の時代は人口減ったらしいから戦国時代も減ってはいると思う 総レス数 1013 285 KB.

次の

映画デビューは17歳!レオナルド・ディカプリオ、日本劇場公開29作品まとめ(CINEMORE)

身に余る彼氏 ネタバレ 43

校舎の裏側にある木の下というベタベタな場所で、一人の少女が愛の告白をしていた。 校舎の廊下には窓がいくらでもあるので、第三者が見ようと思えばいくらでも覗けてしまえる位置にある。 実際、隠れているつもりで体の一部を丸見えにしつつ、二人の様子を観察している生徒が何人もいた。 「あ~…その、悪いな。 あんたの気持ちは嬉しいんだけど、付き合うのは無理だ」 バツが悪そうにしながらもハッキリと断った男子は、駒王学園の二大不良こと、蓮である。 「あ……。 か、彼女とか、好きな人とか…いるんですか…?」 「彼女はいないんだけど……まあ好きな女はいるな。 かなり前からずっと」 「そう、ですか…」 今にも泣き出しそうな顔をしながら、女子生徒は「ありがとうございました。 失礼します」と頭を下げ、小走りに校舎へと消えた。 残された蓮は覗き見をしていた生徒達をジロッと睥睨して解散させ、頭を掻きながら教室へと向かう。 校舎に入り、階段を登っていくその途中で…… 「よお、モテ男。 相変わらず女泣かせだねえ」 「この女っ誑しぃー。 女の敵ー。 いつか背中刺されちゃうぞー?」 「…はあ」 二階に上がった辺りでかけられた声に、視線も顔も向けず溜め息をついた。 「なんだよ蓮、朝から不景気そうな顔してんな」 「ちっ、やっぱり一回くらい味見しておくんだったぜ。 とか思ってんじゃない?」 「ああなるほど。 あんまり胸デカくなかったから思わず断っちまったぜ。 最近溜まってんの忘れてた~。 って感じか」 「お前らな……ここは一応でもそれなりにお高い女生徒が多いんだぞ。 下ネタ連発してたら、いつか兵藤達みたいな扱いされるぞ」 ケラケラと可笑しそうに笑う司狼とエリーをジト目で見やり、再び歩きだした。 ……実を言えば、蓮が告白されるのは、そう珍しい光景ではない。 女子校としての色が抜けきっていない駒王学園において、不良の醸し出すちょっと危ない雰囲気とは、女生徒に対して少なくない刺激を与える。 加えて、蓮は素行はともかくとして、人柄で言えば……まあこの学園内で限って言えば好青年の部類に入らないでもない人間である。 困った人を見れば気が向いた時に限り助けるし、たまに教員の手伝いなども(報酬次第で)それなりにこなしたりする。 どこかの変態どもが印象深い当校の女子からすれば、それだけで良心的に映る。 誰もが(本人以外)認める女顔であるから、いかにも凶暴そうな司狼より遥かに声をかけやすいという点も後押しになっていた。 その上で成績は悪くないのだから、興味を持つ人間が多いのも不思議はない。 それら全てを断っているのは、彼の現状を見れば明白である。 「その変態マスターくんはどうよ? 悪魔になって潜在能力覚醒! とかいう展開になったか?」 「聞くまでもないだろ。 …歴代でも類を見ない底辺ぶりだ」 「ぶふっ」 吹き出したのはエリー。 蓮の言うとおり、二人は離れていたって知っていた。 ただ言葉にしてみたらツボに入ったというだけの話だ。 「だよなー。 あのカス魔力だと、もしかしなくても転移すら出来ないだろ」 「あたしなんか一瞬、誰かの使い魔でも迷い込んだのかと思ったもんね」 「今回ばかりはフォローのしようもないな」 一人分の哀愁と、二人分の笑い声を廊下に漂わせながら、一行は教室へと移動する。 蓮と司狼は共にA組だが、エリーだけが違うクラスであるため、途中で別れた。 窓際の一番後ろに司狼の、その斜め前に蓮の席がある。 「しっかし、グレモリーのお嬢ちゃんは随分と余裕じゃねえの。 眷属に説明はしねえわ、 神器 セイクリッド・ギア の使い方も教えねえわ。 ちっとお粗末すぎるだろ」 「若手の最有力候補って言っても、ろくに経験も積んでないんだ。 多少の不手際は仕方ないだろ」 「ああそうかもね。 でもよ、 それじゃあ俺 ・・・・・・ 達が困るん ・・・・・ だろうが ・・・・。 赤龍帝だって知った上で眷属にしたんだ、相応のやり方ってもんをするべきだろ」 「…ま、それは追追やっていくとして、だ。 こっちにばかり構ってもいられない。 仕事は山ほどあるんだからな」 そう言って、蓮はポケットから携帯を取り出し、数秒いじってから司狼に渡した。 つまむように受け取った司狼が画面を覗き、少しだけ驚いたように口笛を鳴らした。 「おうおう、罰当たりな鴉ちゃんが必死こいてんなあ。 下っ端どもの反抗期かと思えば、こりゃ思わぬ伏兵だ」 「そうだ。 コイツをどう対処するかが問題なんだよ。 今まで影も見せなかったが、どうやら最近になって手を組んだらしい」 司狼の持つ携帯。 そこには二人の堕天使が映し出されていた。 一人はレイナーレ。 天野夕麻と名乗って一誠を騙し、殺害した女。 もう一人は、灰色のスーツ姿の男。 どちらも背中から黒い翼を生やしているが、そこには確かな、そして大きな違いが一点。 つまり八翼であるということ。 「まさか上級のお偉いさんまで加担するとはな。 物珍しいお宝でもあるのかね?」 「そこまでは、な。 経験が違うからな」 目を細めて窓の外を眺めながら、蓮は始業のチャイムを聞き流していた。 「……いずれにせよ、誰が動くかだ」 「いや、選択肢なんてないだろうが。 他の連中は出張ってんだし」 「そうなんだよなぁ…」 それこそが憂鬱で仕方ない、というように盛大な溜め息。 反対に、司狼が口元をこれでもかと吊り上げ、邪悪とまで形容できそうな笑みを浮かべていた。 放課後、蓮は奇妙な光景を目の当たりにした。 視線の先には、昨今の日本で見かけるのは極めて困難なシスター(しかも金髪)と話しながら、連れ立って歩いている一誠の姿。 道行く人間達が振り返っているのは、決してシスター服だけのせいではなく、彼女自身が目の覚めるような美少女であることが大いに起因している。 「……堕天使の次はシスターの彼女か?」 なんてチャレンジャーな奴なんだ……。 と内心で感服しそうになって、すぐに思い直す蓮。 悪魔と他種族の概要は大まかに説明したが、詳細はまだまだ知らない事が多い一誠。 教会が敵対勢力だと明言されていない……つまり、そこに仕えるシスターが自分にとって危険な存在だと聞かされていないのだ。 段階を踏んでいくつもりであったのもあるが、何よりこの街には 正しく機能 ・・・・・ している教会 ・・・・・・ がない ・・・ というのが主な理由だ。 ……が、しかしだ。 (普通、悪魔がシスターに関わるのはNGとか、聞かなくても考えられそうなもんだが…) むしろそう考えない奴の方が少数な筈だ。 無神論者だって、神の敵と、神の信徒は相容れない存在だと一般常識として知っている。 「それにあの子……神器持ちか」 輝くブロンドの髪を風に靡かせながら、少女は笑顔で一誠と会話している。 その言語は日本語ではないが、悪魔となった一誠には英語だろうが韓国語だろうが古代ギリシャ語だろうが関係なく理解できる。 どこか安堵の窺える少女の横顔を見る限り、どうやら無理矢理なナンパを仕掛けた訳ではないらしい。 どちらかと言えば、上京してきた田舎娘に、親切にも案内を買って出た。 というような雰囲気を感じ取れる。 「しかし…こんな所に、こんな時期に現れた神器持ちのシスター。 …偶然じゃあ、ないだろうな」 身に纏う空気を少しだけ鋭くして、蓮は二人に近づいていく。 一誠にとってせっかくの美少女との時間を潰すのは申し訳ないと思わなくもないが、危険性を考慮すると一緒にいた方が良いと判断した。 「兵藤」 「ん…? って、藤井じゃねえか」 案の定、一誠の顔はデートを邪魔された彼氏のごとく歪んだ。 分かりやすいにも程がある。 「お前の知り合いには見えないんだが、道案内でもしてたのか?」 「ああ。 アーシアって子なんだけど、この街の教会に就く事になって来たら、道も言葉も分からないで困ってたみたいでさ」 「へえ…」 視線を横に動かして見れば、何故か妙にジーっと蓮を見つめているシスター……アーシアと目が合った。 「…藤井蓮だ、よろしく」 「あっ……アーシア・アルジェントと言いますっ」 名乗られて正気を取り戻したかのような様子のアーシア。 恥ずかしかったのか、頬を赤くしつつ慌てて名乗り返した。 そんなアーシアに首を傾げる一誠と、何かを見定めるように見ている蓮。 どう見ても気弱いであろう彼女が初対面の男を凝視していたという事実に、疑問を感じずにはいられなかった。 「アルジェントさん、俺の顔に何かついてたか?」 「あ、いえ、その……そういう訳ではないのですが。 ただ、その…」 歯切れ悪く答えるアーシアは、どこか困惑しているように見えた。 上手く言葉が見つからないようで、彼女が再び口を開くのに十数秒の時を要した。 「あの…藤井さんは、神職にご関係のある方なのでしょうか?」 「は?」 「えっ!?」 惚けたような蓮と、一誠の上げた驚愕の声がほぼ同時だった。 よりにもよって悪魔に神職などと、どんな冗談だと言いたい。 まあアーシアが、自身の目の前に悪魔が二人もいるだなんて知る由もないだろうが。 「…神職どころか宗教全般にノータッチだが、どうしてだ?」 「あの、どう言っていいのか分からないのですが……藤井さんからはどこか、とても恐れ多い雰囲気がするのです」 「恐れっ、て……アーシアは藤井が恐いってことか?」 清廉潔白そうな女の子には不良の相手はキツイか、などと阿呆な結論をした一誠である。 「いえ、そういう事ではなく。 …なんと言いますか、とんでもない方とお会いしているような、身に余る体験をしているような、そんな気がしてならないのです」 「………」 少しだけ具体的になって発せられた言葉に、蓮は沈黙した。 アーシアは蓮と目を合わせつつも、チラチラと視線を外している。 そう、ほかでもない。 その視線は……蓮の右腕に、注がれていた。 目が細められ、奥底の何かを見透かすような、なんとも形容し難い空気を醸し出している蓮。 しかしそれも僅か数秒。 一誠とアーシアが気づくより先に引っ込めて、蓮は口を開いた。 「そんな畏まるような人間じゃないよ。 初めて日本に来たから、ちょっと疲れたんじゃないか?」 「そう…なんでしょうか?」 「ああ、一晩グッスリ寝れば元に戻るさ」 少しだけ砕けた口調と明るい声で、蓮は強引に話を終わらせた。 結果、まだ微妙な違和感を残しつつも、アーシアは納得するように頷いた。 「さ、そろそろ目的の場所に行った方がいいんじゃないか?」 「あ、そうでした!」 「じゃあ行こうかアーシア。 藤井はどうする?」 「俺も行こう。 こうして会ったのも何かの縁だろうし、な」 連れ立って歩き出す三人の会話は、特に珍しくもないものだった。 道行く途中でアーシアが何かしらに興味を持ち、それを一誠と蓮が教え、いくつか買い食いなどもしていた。 終始、楽しそうな笑顔を浮かべるアーシアを見て、二人の頬も緩んでいた。 特に一誠は熱心に話題を振り、自分の事や学校のこと、アーシアの知らない娯楽の数々を語って聞かせていた。 そうするうち、三人は町外れの教会へと辿り着く。 そこで一誠は……言いようのない悪寒を味わった。 屋根の上に飾られた十字架もそうだが、建物全体、果ては敷地そのものにすら微かな忌避感を抱くほど。 不快感すら湧いてしまう場所に留まるのは危ないと思い、お礼をしたいと言うアーシアの申し出をやんわりと断り、また会おうと告げて帰宅するのだった。

次の