単身 引っ越し 費用 相場。 単身引越しパックは安いか料金を比較!単身プランと運べる荷物の違いも解説|引越し見積もりは引越し侍

単身引っ越し費用の相場!一人での引っ越しを安くする9つの方法!

単身 引っ越し 費用 相場

引っ越し費用をできるだけ安く抑えたいと思うのが当然のことです。 近場の引っ越しだとそれほど料金は高くならないだろうと油断していると、見積もり額を見てびっくり!ということも考えられます。 近場へ引っ越しをする際には引っ越し料金の相場を知ることが重要です。 引っ越しの基本料金はどうやって決まるの? 引っ越しにかかる費用は、基本料金に関しては国土交通省の引っ越し約款と呼ばれる法律によって定められています。 この法律によると、引っ越しに使うトラックの大きさ、作業員の人数、引っ越しにかかる距離によって値段が決まっていきます。 近場での引っ越しの場合は、距離による加算がすくないので長距離の引っ越しよりは安くすむことが多いでしょう。 しかし荷物の量や、エレベーターがあるかどうか、何階に住んでいるのか?などの項目によって追加料金が発生することもあります。 近場への引っ越し費用の相場とは? 近場に引っ越しをする際の費用の相場は、軽トラック〜2トントラックで荷物が入る場合には作業員は1〜2名でOKですので、基本料金は2〜4万円程度と言われています。 2トントラック〜3トントラックの荷物量の場合には、作業員が2〜4人、基本料金は4〜5万円、さらに3トントラック〜4トントラックの場合、作業員は4面以上、基本料金は5〜8万円でしょう。 この基本料金にプラスして、距離料金が追加されていきます。 2トントラックまでならば20キロ増えるごとに5000円前後の追加で大丈夫なのですが、3〜4トンとトラックを利用する場合には、20キロごとの追加料金も1万円前後はかかってしまうと言われています。 つまり近場で合っても、大きいトラックを使用するとその分ガソリン代も必要になってきますので、できるだけ引っ越しを安くすませたいのであれば、荷物の量を極力減らすことが重要になってくるでしょう。 この引っ越し費用料金にプラスして各社色々なプランを追加してきます。 例えば、梱包に使う材料やダンボール費用、さらにはエレベーターがあるかないか、何階に住んでいるのか?さらにエアコンの取り外しや、ウォシュレットトイレの取り外しなどの工事料金がかかる場合もあるでしょう。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 オフシーズン(5月〜2月)の引越し料金の相場 オフシーズンの引越し料金は、繁忙期と比べてやはり費用は安くなります。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 例えば5万円の引っ越し費用であっても、ハイシーズンに引っ越しするだけで15万円もかかってしまうのです。 またハイシーズンは人手がたりませので、派遣社員やアルバイトなどを雇って引っ越し作業を行う業者がほとんどです。 つまりいつもの対応よりも悪くなってしまうことが多いのです。 慣れていないアルバイトの作業員が引っ越し作業を手伝うのではそれは仕方がありませんね。 しかし大切な家具や家電、荷物などに何かあったら取り返しがつきません。 引っ越しのハイシーズンを避けられるのでしたが、できるだけ引っ越し業者が暇な時期に引っ越しを行うのが理想的でしょう。 また引っ越し業者の中には、自分で荷物詰めを行ったり、当日の作業を手伝ったりすることで料金を安くしてくれる場合もありますので、見積もりを取る際に提案してみるのもよいかもしれませんね。 近距離が得意な引っ越し業者を見つけよう 近場へ引っ越しをする際には、まず近距離の引っ越しが得意な業者を見つけるのがよいでしょう。 引っ越し業者によっては遠距離が得意なところと近距離が得意なところがありますので、近場に慣れている引っ越し業者を探すとよいでしょう。 探し方の方法としてはインターネットなどの口コミを見たり、満足度ランキングなどをチェックしたりすると、実際に引っ越し業者を利用したユーザーからの生の声や評価を見ることができます。 また近所などで実際に利用したことがある人がいれば、その人に聞いてみるのもよいですね。 また近距離が得意な引っ越し業者を選定したら、複数の業者に見積もりを頼みましょう。 見積もりはとればとるほど安くなるといわれています。 2〜3社しかとらない人がいますが、これは非常にもったいないです。 最低でも6〜7社の見積もりは欲しいですね。

次の

【知ってビックリ!】一人暮らしの引越し費用の相場は安い?

単身 引っ越し 費用 相場

単身パックのメリット・デメリット メリット デメリット• ・料金を安く抑えられる• ・訪問見積もり不要としている引越し業者が多く、見積もりに来てもらう時間をとる必要がない• ・運べる荷物の量やサイズに制限がある (超えた分の荷物は別の方法で運ぶ)• ・梱包資材(ダンボールなど)は自分で用意したり、有料で購入しなければならない場合が多い• ・利用可能エリアに制限があるところが多く、引越し先によっては利用できない 単身パックの魅力はやっぱり費用の安さ!その分、梱包資材の購入や積みきれない荷物の発送など、実費としてかかるコストを負担する必要があったり、運べる荷物に制限があったりといったデメリットもあります。 【総合評価】 賃貸業者に紹介されたところに見積りを何社かとりあえず、依頼しましたが、 それだけで2倍以上も差があり、 対応もいまいちでした アクティブさんは、電話担当の方も、当日担当の方もテキパキしていて、引っ越しが趣味になりそうなほど、大変清々しいものでした。 荷物が少なかったので、あっという間の引っ越しでしたが、割れ物もなく無事に終了。 早く荷ほどきに入れるのが良かったです。 オプションのお米など余計なサービスは人によって需要が異なるので、引っ越しをいかにスムーズに行うかが、原点のこちらはとても好印象でした。 【接客対応】 前の質問に書きました。 【引越し作業】 何をどこに置くか、手早く作業してもらえたので、 近所に騒音の心配が少なく、対応がとても爽やかで感じのいい人たちだったので、 新生活のいいスタートになりました。 なので、前回の引っ越しに続き、会社や値段より、 対応のよいここ!!と決めていました。 【サービス】 特典などは今回利用していません。 【料金】 祝日で、引っ越しシーズンにも関わらず、 むげに断らずなんとか予定を調整してくれたこと。 【総合評価】 まず最初にオンラインで見積り依頼をし、その時からレスポンスがよくて、すぐに詳細をつめて金額、日程までどんどん決められました。 質問等はさきにまとめてしてしまったのが良かったかもしれません。 引越し日前になったらアナウンスがあり、自分も予定を忘れていたわけではないけど、気配りされて気持ちが良かったです。 当日になって、スタッフの方のあいさつや身だしなみもよくて、安心して任せられました。 引っ越し自体も手際よく作業をしていただきました。 特にトラブル等もなく、実にスムーズにはかどりました。 荷物の梱包やバラシは自分でやったので、ほぼほぼ運んでもらっただけですが、意外と簡単にやってもらえたので、次の機会があればまた頼みたいです。 【接客対応】 明瞭取引でした 【引越し作業】 作業が早くて助かった 【サービス】 不満なかった 【料金】 明瞭取引でした.

次の

単身(1人暮らし)引越しの料金・費用相場|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

単身 引っ越し 費用 相場

らくらくパックについて らくらくパック(おまかせパック)とは、一言でいうと引越し作業の大半をお任せできるプランのことを指しています。 格安の引越しプランの場合、荷造りや荷解きは自ら行いますが、らくらくパックを利用すると、すべて作業員が行ってくれるのです。 急な引越し、妊娠中の女性がいるご家庭、小さなお子さんがいるご家庭、高齢者など、自分で引越しの準備や片づけを行うことが困難な方に、最適なサービス内容となっています。 料金は高めに設定されていますが、らくらくパックを利用すると、引越し準備や新居での片付けが大変楽です。 引越しでらくらくパックを選択した場合、どこまでの作業をお任せできるのかについては、各引越業者によって異なるため、事前に確認をしておくことをお勧めします。 引越しらくらくパック(おまかせパック)の料金・価格相場について 引越しでらくらくパックを利用した際、料金・価格相場はどの程度なのでしょうか。 結論からいいますと、一概に言い切ることはできません。 なぜなら、荷物量や移動距離、利用するオプションサービスの種類によって料金は異なりますし、当然引越し業者によっても相場金額は全く違います。 そこで今回は、ネット上で公開されていた口コミ情報をもとに、らくらくパックの料金についてご紹介していくことにしましょう。 傾向としては、単身・2名家族であれば、10万円前後から20万円前後。 3名以上の家族になると、30万円から50万円前後が価格相場と考えていて良さそうです。 引越し先までの距離や、トラックのサイズによっても料金は異なりますが、上記の価格の範囲内で収まっているケースが目立ちました。 引越しらくらくパックは高くつくのか? 引越しらくらくパックの費用は、やはり高くついてしまう傾向にあります。 なぜなら、荷造り・荷解きで必要となる作業員分の人件費が掛りますし、一般的な引越しよりも作業時間が長くなるからです。 例を挙げながら、もう少々詳しく解説していくことにします。 たとえば、荷物量が2tショートトラック程度の引越しの場合、一般的には2名の作業員が派遣されます。 らくらくパックを利用すると、2名だけでは搬入搬出作業が捗らないため、最低でも1名から2名ほどの作業員が追加されるのです。 また、荷造りや荷解きの作業と並行して、家財道具の搬入搬出作業を行うとはいえ、らくらくパックを利用しない引越しと比較すると、作業時間はおのずと長くなります。 つまり、作業員の拘束時間が長くなるため、午前中に作業を終わらせて、午後から別の現場に出向くといった人員配置ができなくなるのです。 引越し業者としては、できるだけたくさんの現場をこなした方が利益につながりますので、作業員が1つの現場で拘束されることはできるだけ避けたいものです。 とはいえ、らくらくパックの場合、どうしても作業時間が長くなりがちなことから、現場数をこなすことが出来ない分、料金を高めに設定しているというわけです。 以上の理由から、引越しらくらくパックの値段が高くつくのは、致し方ないことだといえます。 大手引越業者6社のらくらくパックの料金・サービス内容を一挙公開 それでは次に、大手引越業者6社の引越しらくらくパックの相場とサービス内容についてみていくことにしましょう。 今回は、ヤマトコンビニエンス、アート引越センター、アーク引越センター、アリさんマークの引越社、日本通運、サカイ引越センターの6社について取り上げていきます。 以下にまとめましたので、参考にしてください。 ヤマトコンビニエンス プラン名称:引越らくらくタイムリーサービス サービス内容: 梱包資材提供 荷造り 家具梱包 搬出 輸送 搬入 家具セッティング 荷解き 資材回収 〇 荷造り・荷解きはオプションサービスとなっている 引越らくらくタイムリーサービスには、元々荷造りと荷解きのサービスは付いていません。 そのため、オプションサービスとして申込む必要があります。 『らくらく全部荷造り』、『らくらく一部荷造り』、『らくらく全部荷解き』、『らくらく一部荷解き』が用意されているため、希望に合わせて申込みをしてください。 その他オプションサービスの充実 不要品引き取り、ピアノ輸送、車輌輸送、金庫などの重量物や美術品の輸送、リサイクル品の買取り、旧居・新居の清掃、御挨拶ハガキ、転居転送サービス、資材販売など、豊富なオプションサービスを取り揃えています。 『ご家族W割引』、『おまかせフリー割引』の利用が可能 『ご家族W割引』:諸事情により、家族が別々に新居へ引越しをする際に割引となるサービスです。 先に引っ越しをした日から6ヶ月以内に引越しを完了させる必要があります。 『おまかせフリー割引』:家財量15・3以内、引越先までの距離50km以内、希望する連続5日間の間で、日にちと時間をヤマトコンビニエンスにお任せする割引サービスです。 みずほマイレージクラブカード 支払い時にみずほマイレージクラブカードを利用すると、1,000円につき2ポイントが溜まります。 利用条件があるため、事前に確認してください。 ANA、JALマイレージ 『引越らくらくタイムリーサービス』利用時に、荷造りサービスと荷解きサービスのオプションを追加すると、100円(税別)につき1マイルが貯まります。 利用条件があるため、事前に確認してください。 各種会員割引 ヤマトコンビニエンスは、複数の企業と提携しています。 たとえば、ミサワホームライフサポートサービス、コクヨ生命カード、JAFなどがありますが、各企業経由でヤマトコンビニエンスを利用すると、様々な割引特典を受けることが可能です。 詳細については、事前に問い合わせて確認をしてください。 料金相場: ヤマトコンビニエンスの公式ホームページ上では、料金ついて案内されていませんでした。 ただし、口コミによると、単身の引越しで10万円から15万円程度。 2~3人家族の引越しで20万円から30万円程度掛るようです。 アート引越センター プラン名称:アートのおまかせパックフルコース サービス内容: 梱包資材提供 荷造り 家具梱包 搬出 輸送 搬入 家具セッティング 荷解き 資材回収 〇 資材は自分で用意するか購入する アート引越センターでは、資材を無料提供していません。 そのため、自ら用意するか有料でアート引越センターから購入してください。 アートオリジナルパックと組み合わせが可能 女性スタッフだけが派遣されるレディースパック、学生が利用できる学割パック、60歳以上が対象となるシニアパックと併用することができます。 詳細は、見積もり依頼時に確認してください。 オプションサービスが豊富 各種電気工事、トランクルームサービス、車輌陸送など、複数のオプションサービスを利用することが可能です。 無料サービスが充実している 家具移動サービス、家具クリーンサービス、アートのダンボールお引取サービスなど、無料で利用できるサービスが充実しています。 料金相場: アート引越センターのホームページ上では、料金について案内されていませんでした。 ネット上で出回っていた口コミによると、3名家族・3LDK・50km圏内の引越しで、25万円程度だったようです。 アーク引越センター プラン名称:すべてお任せフルフルプラン サービス内容: 梱包資材提供 荷造り 家具梱包 搬出 輸送 搬入 家具セッティング 荷解き 資材回収 〇 お得な特典が充実している アーク引越センターで『すべておまかせフルフルプラン』を利用すると、ダンボール最大50枚無料、ふとん袋最大2枚無料、ハンガーBOX最大5個無料レンタル、毎月1日~20日(土日祝、繁忙期は除く)の特典を利用することができます。 オプションサービスが豊富 引越し業者の中では珍しく、ペット輸送や荷物の一時保管のオプションサービスを提供しています。 引越しプランを提案して貰える 要望に合わせて、自由にサービスを組み合わせることができます。 格安カレンダーで更にお得! アーク引越センターでは、毎月10%~30%の割引を行っています。 公式ホームページ上で公開されている割引カレンダーを参考にすることで、更にお得な引越しが実現できるかもしれません。 料金相場: アーク引越センターのホームページ上では、料金について案内されていませんでした。 ネット上で出回っていた口コミを参考にしようと、様々なデータをリサーチしましたが、そもそも『すべてお任せフルフルプラン』を利用している人が少ないようです。 そのため、料金相場ははっきりと分からない状況でした。 とはいえ、2名家族・50km圏内・5月前後の通常の引越しであれば4万円程度。 4人家族・50km圏内3月の繁忙期の引越であれば、11万円程度で引越しができるようです。 つまり、『すべてお任せフルフルプラン』を利用した際は、上記の料金より高くなりますが、それでもアート引越センターのような大手と比較すると、5万円前後は安く抑えることができるかもしれません。 一番の違いは、家具の中身を元の通りに戻してくれるかどうかという点にあります。 『アリさんスペシャルフルパック』の場合、梱包前に写真撮影を実施するため、旧居と全く同じ状態で家具や小物などを配置して貰うことが可能です。 クーポン利用可能 アリさんマークの引越社の公式ホームーページ上では、10%割引となるクーポンを配布しています。 利用条件があるため、事前に確認してください。 各種オプションサービスの充実 電気工事全般、重量物輸送の他、海外引越しやペットの引越しなど、他の引越業者では扱っていないサービスも提供しています。 家電リサイクル券の取り扱い アリさんマークの引越社では、『家電リサイクル券』を取り扱っています。 通常『家電リサイクル券』は郵便局で購入するものですが、そのような手間を省くことが可能です。 料金相場: アリさんマークの引越社のホームページ上では、料金について案内されていませんでした。 通常の引越し料金は、単身引越しが閑散期で最大5万円前後、繁忙期で最大7万円前後。 2名から3名の家族の引越し相場料金が、閑散期で9万円前後、繁忙期で10万円前後です。 そのため、『アリさんスペシャルフルパック』、『アリさんフルパック』利用時は、5万円から10万円程度高めに考えていた方が良いかもしれません。 日本通運 プラン名称:フルプラン サービス内容: 梱包資材提供 荷造り 家具梱包 搬出 輸送 搬入 家具セッティング 荷解き 資材回収 〇 梱包資材は反復資材を使用 日本通運では、梱包時に独自開発した反復資材を使用します。 荷造りの時間を短縮できる他、ゴミが発生しないため高く評価されています。 日通アシスタンスサービスの利用が可能 1年間無料で各種サービスを利用することができます。 ペットの健康やしつけなどについて相談できるペットアシスタンス、近隣の病院を案内してもらえる医療相談アシスタンスなど、内容は多岐に亘るため大変便利です。 ポイント特典の利用が可能 日本通運へ引越しを依頼すると、JAL、ANAのマイル、Pontaや楽天のポイントを貯めることが可能です。 エリア限定キャンペーン 全国にある各エリアで、お得なキャンペーンを実施しています。 公式ホームページ上で案内されていますので、事前に確認しておくと良さそうです。 各種オプションサービス エアコン工事はもちろんのこと、不要品引き取り、家電リサイクル品の引き取りの他、荷物一時保管など様々なオプションサービスを利用することができます。 料金相場: 日本通運のホームページ上では、料金について案内されていませんでした。 ネット上でリサーチした口コミによると、2人家族、4月、20km圏内、2LDKで9万円程度だったようです。 日通は料金が比較的高い引越し業者であるため、フルプラン利用時の料金は他社より高くなると予想されがちです。 しかし、実際のところ、極端に高くなることはないのかもしれません。 引越し当日もしくは翌日、引越し後3ヵ月以内に1回、更に3ヵ月以内に1回の合計3回依頼することが可能です。 10分間サービスの利用が可能 サカイ引越センターでは、荷解きの作業が完了したあとに10分間サービスを提供しています。 家具の配置換え、照明の取り付けなど、簡単な作業を追加で依頼することが可能です。 尚、10分間サービスは、すべてのプランで提供されています。 オプションサービスの利用が可能 他の引越し業者で提供しているオプションサービスは、大体網羅されています。 最大の特徴は、独自でリサイクルショップを運営している点です。 大量の不要品処分を依頼したい人に最適です。 割引サービスの充実 サカイ引越センターは、割引率が高い業者として有名です。 また、公式ホームページ上では、お得になる引越し日をカレンダー形式で紹介しています。 参考にすることで、より安価な引越しが実現できそうです。 特典やキャンペーンの充実 訪問見積もり依頼時に、1kgのひとめぼれがプレゼントとなる他、Ponta、waon、楽天のポイントを貯めることができます。 料金相場: サカイ引越センターのホームページ上では、料金について案内されていませんでした。 ネットでリサーチした際に見つかった口コミ情報によると、2名家族、10月、10km圏内、1LDKへの引越しで9万円程度。 2名家族、4月、30km圏内、3LDKへの引越しで14万円程度だったようです。 らくらくパックと普通の引っ越し料金はどのくらい違う? 引越しらくらくパックの相場が大体分かったところで、次に通常の引越し料金との違いについてみていきます。 荷造り、荷解きのサービスを利用する分、価格が高くなることは想像できますが、どの程度違ってくるのでしょうか。 実際のところ、ケースバイケースとなるため、はっきりとした金額を提示することは難しいといえそうです。 そこで今回は、例を挙げながら比較することにしましょう。 引越し業者:ヤマトコンビニエンス 引越し人数:3名家族 間取り:3LDK オプション:エアコン工事 移動距離:300km程度 時期:閑散期(通常の引越しは9月、引越らくらくタイムリーサービスは7月) 通常の引越し料金:35万円程度 引越らくらくタイムリーサービス(荷造り荷解きオプション付き):47万円程度 あくまでも一例として取り上げたため、上記の料金よりも安く抑えることができる可能性はあります。 とはいえ、どの引越し業者も、引越しでらくらくパックを利用すると、価格は10万円程度高くなると考えていた方が良さそうです。 おまかせプラン・らくらくパックの詳細について 各引越し業者が提供している『おまかせプラン』、『らくらくパック』のサービス内容は、それぞれ異なります。 そのため、実際に利用する際は、事前に問い合わせをして詳細について確認しなければなりません。 ただし、これからご紹介する3つの内容は、すべての引越し業者の共通事項となります。 詳しくみていくことにしましょう。 荷造りや荷解きはどこまでお任せできるのか? 『おまかせプラン』、『らくらくパック』の最大の魅力は、一通りの引っ越し作業をお任せできる点にあります。 とはいえ、荷造りや荷解きはどこまでお任せできるのでしょうか。 実際のところ、各引越し業者で異なるため、事前に問い合わせをして確認した方が安心です。 業者によって、荷造りや荷解きのすべてをお任せできるプランの他、食器類などの小物の荷造りのみ対応しているプランや、荷解きのみ対応しているプランを提供していることがあります。 また、すべてお任せできるとはいえ、下着類や大切な思い出の品、人に見られたくない荷物など、一部の荷物は自分で対応した方が良いかもしれません。 また、どの引越し業者も、貴重品など一部の高価な荷物、危険物などは対応不可となっています。 ようするに、引越しらくらくパック利用時の荷造りの準備や荷解きは、依頼する引越し業者によって対応が異なるのです。 ちなみに、大型家具や家電の梱包、運搬、搬出搬入、セッティングは、『おまかせプラン』、『らくらくパック』に限らず、すべてのプランで提供されていることがほとんどとなっています。 ただし、洗濯機の設置は、別途有料となるケースがあるため、事前に確認しておきましょう。 掃除や片付けはどこまでお任せできるのか? 掃除に関しては、どの引越し業者も対応していないことがほとんどです。 家具についた埃程度であれば、取り除いてくれるケースはありますが、ほぼ自ら行うと考えていた方が無難です。 ただし、引越し業者によっては、オプションサービスとしてハウスクリーニングを提供していることがあります。 妊娠中の女性や、高齢者の方、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の場合は、利用を検討してみることをお勧めします。 旧居・新居の掃除や片づけをお任せすると、新居ですぐに新生活をスタートさせることができるため大変便利です。 依頼できない作業とは? 引越し業者によって対応は分かれますが、一般的には、灯油の処分、洗濯機や冷蔵庫の水抜き、ガス、電気、水道、インターネット関連契約、各種住所変更手続きなどは、事前に自ら対応する必要があります。 ただし、ガス、電気、水道、インターネット関連契約、各種住所変更に関しては、代行手続きを行っていることがあるため、見積もり依頼時に確認しておきましょう。 無料で対応していることもあれば、有料オプションとなることもあるようです。 引越しおまかせパックよくある質問を公開! それでは最後に、『引越しおまかせパック』の利用を検討している方から、比較的多く寄せられている質問についてご紹介していきます。 是非、参考にしてください。 荷解きを依頼した場合、荷物の収納場所が分からなくなることはないの? 結論からいいますと、荷解きを依頼した際に荷物の収納場所が分からなくなることは十分あり得る話です。 引越し業者によっては、荷造り時にデジタルカメラで撮影し、どの荷物がどこに収納されていたのか記録しておくこともあります。 しかし、ほとんどの場合、『収納されていた家具の種類や収納されていた部屋の名称』くらいしか記録として残していません。 そのため、荷造りと荷解きをすべてお任せする場合であっても、荷物の内容や収納場所など、家財道具の全体像は事前に把握しておくことをお勧めします。 介護中や小さな子供がいる際、引越し当日はどうしたらいいの? 極力、引越し中は別の場所で過ごすことができるよう、信頼できる人にお願いしておいた方が良いかもしれません。 なぜなら、引っ越し作業がスムーズになるケースが多いからです。 どうしても頼る人がいない場合は、当日の引っ越し作業をその都度止めない為にも、事前に打ち合わせをして指示書を作成しておくと良いといえます。 特に新居へ荷物を運び込む際は、指示書を用意しておいた方が短時間で引越しを終えることが出来るはずです。 女性用の下着の扱いはどうなっているの? アート引越センターのように、女性スタッフのみを派遣して貰うことができれば、比較的安心してお任せできるはずです。 とはいえ、作業員が女性であったとしても、自分の下着を人に見られるのは嫌なものだといえます。 そのため、下着類の梱包は自分で行い、ダンボールに開封不要と記載しておいた方が安心です。 また、下着以外にも開封して欲しくない荷物がある場合は、同じように開封不要と記載して事前にまとめておいておくと、引越し作業がしやすくなります。 部分的に作業をお願いすることはできるの? たとえば、荷造りは手伝ってほしいけれど、荷解きは自分で行いたいなど、部分的に作業を依頼することは可能です。 引越し業者ごとで対応は分かれますが、柔軟に対応して貰えることがほとんどとなっています。 依頼する作業の内容によって、料金に変動がありますので、依頼したい作業内容については見積もり時にしっかりと相談をしておきましょう。 作業時間はどのくらいかかるの? 荷物量、作業員の人数、移動距離によって異なります。 更に細かなことを言うと、派遣された作業員の経験値によっても作業時間は異なるものです。 3名から4名程度の家族であれば、丸1日掛ることもありますし、逆に単身などの荷物量が少ないケースであれば、5時間前後で終わることもあります。 場合によっては、引越しの数日前から荷造り専用の作業員が派遣されたり、2日から3日に区切って引越しが進められることもあるようです。

次の