生理前 食欲。 生理前の異常な食欲が止まらない!医師が教える原因と食欲を抑える方法は…

【PMSの症状と対策】イライラや異常な食欲は月経前症候群が原因

生理前 食欲

生理が始まる前から生理中にかけての時期は、女性にとって非常につらい時期。 生理前には月経前症候群 PMS 、生理中は生理痛や月経困難症と、生理に伴うさまざまな不調が生じます。 生理中の不快症状は種類も度合いも人によって千差万別。 生理痛が激しく、外出もままならない方もいれば、ほとんど生理痛を感じない方もいます。 生理中の不快や症状や不調というと、生理痛のことばかりクローズアップされますが、食欲の変化もまた生理前・生理中の症状のひとつになります。 生理になるとなぜか食欲が増して、とにかく食べても食べても満腹感が得られない。 こんな女性も多い中、これとはまったく反対に生理が始まると食欲不振になり、何も食べたくない、食べられない、こんな女性もいます。 生理中の女性の食欲の変化は、食欲増加と食欲不振の二つのパターンに分けることが出来ます。 生理中になぜ食欲に変化が起きるのか、その原因や症状、そして食欲増加・食欲不振に対する対処方法について情報をご紹介します。 生理中に食欲に変化が生じる原因とは? 女性の生理周期を司る二つの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロン。 エストロゲンとプロゲステロンは生理周期にしたがって、規則的に増減を繰り返しています。 生理前から生理中にかけて、女性の心と体にさまざまな変化があらわれる原因は、二つの女性ホルモンの分泌量の変化にあると考えられます。 生理前から生理中のホルモン分泌について 生理前および生理中に食欲に変化が起こるのは、二つの女性ホルモンの分泌量に大きな変化が生じることに原因があります。 ここでエストロゲンとプロゲステロンの分泌量の変化について、その特徴とともに押さえておきましょう。 エストロゲンはどんなものなの エストロゲン 卵胞ホルモン は別名「美のホルモン」とも呼ばれ、女性らしいふくよかさや美しさをもたらすホルモンになります。 エストロゲンのはたらきとは、子宮内膜の厚みを整えることや卵胞の成熟を促進すること、基礎体温を下げることなど。 他にも自律神経、皮膚、脳、感情など、さまざまな部分のはたらきに影響し、これらを整えるはたらきを担っています。 骨の成長を助け、女性らしい丸みを帯びた体を作ってくれます。 卵胞ホルモンの分泌が盛んな時期には、お肌の状態も良く、精神状態も非常に安定していて、心身ともにベストな状態といえるでしょう。 また卵胞ホルモンの分泌量が低下すると、満腹ホルモンと呼ばれる物質「レプチン」が減少し、空腹を感じやすくなるため、食欲が増してしまいます。 さらにレプチンが減ることにより、内臓脂肪が燃焼しにくくなりますので、太りやすい体質になります。 更年期の女性が太りやすいといわれるのは、このことに原因があります。 時期により変化するエストロゲン エストロゲンの分泌量の変化をグラフにすると、生理周期の中で二つの波型を描きます。 分泌量がもっとも多いのは、一番目のピークで、これは排卵日よりも少し前になります。 その後排卵期に入ると分泌が減り、排卵日以降になって二番目のピークを迎え、妊娠が成立しなかった場合は分泌量が急激に減り、生理中にもっとも分泌量が少なくなります。 その後生理が終わった頃から再び分泌量が増え始め、排卵日前にピークを迎えるというのが、エストロゲンの分泌量の変化になります。 プロゲステロンはどんなものなの プロゲステロンのもっとも重要なはたらきは、受精卵の着床に備えて子宮内膜をふかふかに整えること。 栄養をたっぷり含んだ血液を子宮に集め、受精卵が着床しやすい状況を整えます。 プロゲステロンのはたらきによって生じる体の変化をいくつかあげてみましょう。 基礎体温を上げる、水分や養分を体に蓄える、ホルモンバランスを整える、食欲を増進する、乳腺を発達させるなど、エストロゲン同様、プロゲステロンにもさまざまな役割が課せられています。 女性にとってありがたくないホルモン? プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンと呼ばれ、女性の生理機能にとって非常に重要な役割を果たしますが、その反面むくみが生じやすい、肌荒れやニキビなどの肌のトラブルが生じやすい、体重が増加しやすいなど、女性にとっては嬉しくない症状が出てしまいます。 月経前症候群は、排卵日以降生理前までの時期に生じる不快な症状を総称したものですが、これはプロゲステロンとなんらかの形で関わりがあると考えられます。 時期により変化するプロゲステロン エストロゲンとは違い、プロゲステロンの分泌量のピークは一回のみ、生理周期を通じて大きな波型を描いて推移します。 生理の始まりから排卵日までの間、プロゲステロンの分泌量が非常に少なく、その後徐々に分泌量が増えていきピークを迎えます。 その後妊娠が成立しなかった場合には再び分泌量が減っていき、次の生理が始まります。 生理中に食欲が増進するパターン 普段は小食なのに、生理が始まると途端に食欲が増加し、食べ始めると止まらない。 甘いものや肉類、カロリーの高いもの、揚げ物、濃い味のもの、スナック菓子などが無性に食べたくなる。 生理中に食欲が増加する方は、だいたいこんな症状を経験するようです。 普段からすると考えられないほど大量の食べ物を食べてしまう。 カロリーの高いものばかり食べてしまい、生理のたびに体重が増えてしまう。 こんな悩みを抱えている方もいるでしょう。 生理中になるとどうして食欲が増加するのか、女性ホルモンの分泌の変化との絡みで考えて見ましょう。 生理中に食欲が増加する理由とは? 上で説明したように、生理中にはエストロゲンとプロゲステロンどちらの分泌量も減っています。 生理中にかけて食欲に変化が起きるのは、これら二つの女性ホルモンの分泌量の変化と関わりがあります。 生理中に食欲が増加する理由について、もっと詳しくみていきましょう! エストロゲンが減って食欲増加 エストロゲンの減少により、満腹ホルモンレプチンが減少してしまい、かわって空腹を感じるホルモンであるグレリンが増加します。 これによりたくさん食べても満腹感を感じられずに、いったん食べ始めると止まらない、という状態に陥ってしまいます。 月経前症候群の解消 もうひとつは生理前に生じていた月経前症候群が収まってくること。 月経前症候群の原因は、プロゲステロンのはたらきとなんらかの関係があるのでは?と考えられています。 月経前症候群の症状はさまざまですが、消化不良や便秘もそのひとつ。 生理前になるとなんとなくおなかがすっきりしなかったのが、生理が始まるとともに月経前症候群が解消。 便秘が改善されることにより、食欲を感じるようになります。 生理中に食欲不振になるパターン 生理中に食欲が増加する方がいる一方で、生理が始まると食欲不振になり、ほとんど食欲を感じないという方もいます。 生理中に食欲不振になる原因とは何でしょうか? 生理痛による不快感で食欲減退 生理が始まると腹痛、頭痛、腰痛などの不快な症状が起こります。 生理痛の症状はこれだけではありません。 全身の倦怠感、イライラ、憂鬱感、下痢、吐き気に加えて、食欲不振も生理痛の症状のひとつと考えられます。 子宮の収縮を促すために分泌されるプロスタグランジンには、胃腸の機能を低下させるはたらきもあり、普段よりも胃腸のはたらきが弱くなっています。 腹痛やおなかのはりによって、空腹感を感じにくいことも、生理中の食欲減退の理由のひとつです。 月経前症候群の影響で食欲減退 月経前症候群は排卵日以降生理が始まるまでの間にみられる症状ですが、体質や体調によっては、生理が始まってからもしばらくの間、月経前症候群が続きます。 ホルモン分泌が正常に行われている場合、生理が始まるとともに女性ホルモンの分泌量は減少していき、それに伴い女性ホルモンの作用による影響も少なくなってきます。 しかしなんらかの原因により、エストロゲンとプロゲステロンの分泌過多・過少などの問題が生じていると、生理が始まったにも関わらず、月経前症候群の影響をそのまま引きずってしまうこともあります。 生理中の食欲増進・減退について 生理中の食欲に関しては、女性ホルモンの影響を多大に受けることは分かりましたが、人によって食欲増加と食欲不振というまったく正反対の症状が出るのはなぜでしょうか。 ホルモンによる影響やホルモンバランスの崩れによってあらわれる症状は、一人一人異なります。 これは月経前症候群でも生理痛でも同じことで、どんな症状が、どの程度の度合い・頻度で生じるかは、人によってさまざまです。 食欲増加?食欲不振? たとえば月経前症候群の症状のひとつに消化不良や下痢がありますが、下痢ではなく反対に便秘気味になる方もいます。 プロゲステロンには消化機能を低下させるはたらきがあり、これが原因で下痢や便秘など、胃腸のトラブルが生じやすくなっています。 食欲の変化に関しても同様で、起因となるものは同じであっても、食欲増加のほうにはたらくか、それとも食欲不振のほうにはたらくかは、体質やホルモンに対する感受性、体調や生活習慣などによって異なると覚えておきましょう。 生理中に食欲が抑えられない場合の対処方法 生理中に食欲を抑制できずに、普段は滅多に口にしない甘いものやカロリーの高いものばかり食べてしまう。 生理中にとにかく食べたい!という衝動を我慢できない女性は多く、生理が終わった頃には体重が増加してしまい、愕然とする、こんな体験も決して珍しくありません。 生理中の食欲を効果的に抑えるポイントを学んでおきましょう。 カロリー控えめなおやつを用意しておく 生理中は、チョコレートやスイーツなど、普段は量やカロリーを考えた上で食べているものを無性に食べたくなるという女性が大勢います。 チョコレートなどの甘いものをたくさん摂ることは生理痛の悪化にもつながりますのでお勧めできません。 生理になると毎回甘いものが食べたくなる方は、カロリー控えめ、糖分控えめのデザートを選ぶようにしましょう。 ゆっくり食べる習慣をつける 食べ物を早食いすることは太りやすい体質を作ることにつながります。 生理中だけでなく、普段からゆっくり咀嚼して食べる習慣をつけましょう。 ゆっくり食べることにより、少ない量を食べても満腹中枢を満足させることが出来ますので、食べ過ぎの抑制が可能になります。 食事を抜かない 間食をしたからといって食事を抜いてしまうと、太りやすい体質に変ってしまいます。 食事を抜くと一時的に体重は減るかも知れませんが、長期的に考えると体は脂肪を溜め込みやすい、太りやすい体質になります。 食事は決して抜かないようにしましょう。 食事の回数は増やし、一回に食べる量を少なくすることがポイントです。 栄養バランスの良い食事を摂る 生理痛の緩和には栄養バランスの良い食事が重要です。 生理中に甘いものや脂っこいものばかり食べていると、必須栄養素の不足を招きます。 ビタミンB6、マグネシウム、カルシウム、鉄分など、女性にとっては大切な栄養素が不足しないよう、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 生理中に食欲がない場合の対処方法 生理中に食欲がない場合、無理して食べる必要はありませんが、空腹が長く続くと胃痛や吐き気などの症状が生じます。 食事をまったく抜くのは考え物ですが、どうしても食べられそうにないときは無理せずに、食べられそうなものだけを少しずつ食べるようにしましょう。 胃腸に負担のかからない食べ物飲み物を選ぶ 油脂や糖分の多いものは胃腸に負担をかけてしまいます。 野菜スープや雑炊など、さっぱりしていて消化のよう食べ物を選ぶようにしましょう。 食欲がないので冷たいものばかり飲んでしまうと、生理痛の痛みや不調を悪化させるおそれがあります。 冷たいものも出来るだけ避け、体の温まる食べ物や飲み物を摂るようにしましょう。 生理中の食欲不振は生理の後半になると改善されることが多いのですが、生理が終わっても食欲不振や疲労感が続く場合には、病院で診察を受けることも考慮に入れなければなりません。 まとめ 生理中の食欲の変化について、その原因や症状、対処方法などについて詳しくご紹介しました。 生理が始まった途端に食欲が異常に出て、食べても食べても満腹感を得られないという方がいる一方で、生理が始まると食欲がまったく無くなり、食事を抜くことが多いという方もいます。 生理前から生理中にかけての食欲増進・減退は、月経前症候群や生理痛の一種。 女性ホルモンのはたらきやホルモンバランスの乱れにより、消化不良や下痢といった胃腸のトラブルだけでなく、食欲自体が増加・減退することがあります。 生理中の食欲の変化に上手に対応できるよう、日ごろから体調を整えておくとともに、食欲に変化が生じても、規則正しい食習慣をキープするよう頑張りましょう!.

次の

生理前こそ食事をしてダイエット⁉食欲を上手に活用しよう [食事ダイエット] All About

生理前 食欲

普段の食事量はそんなに多くないのに、生理前になると食欲が増してしまい、常に何かを食べていないと満足しなかったり、急に甘いものばかり食べたくなるという人がいます。 そうかと思えば、生理前になると胸や胃がむかむかしたり腹痛で食欲が減退し、貧血を起こすという女性もいるようです。 何故、女性は生理前になると食欲に異常をきたすのでしょうか。 そして空腹感や抑えられない食欲は自分で制御することができるのでしょうか。 生理前の食欲の異常はホルモンバランスが原因で起こる 普段の生活でそんなにご飯をたべないのに、いきなり食欲が増すと「自分の体は大丈夫なのか」と不安になる女性も多いようです。 女性の体は生理周期によってホルモンのバランスが変わり、そのせいで食欲が増したり体がだるくなったりといろんな症状が出てきます。 生理前、女性の体の中ではどんなホルモンバランスが起こっているのでしょうか。 黄体ホルモンの分泌が増え、甘いものが食べたくなる 女性の体は、排卵が終わると黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増えます。 この黄体ホルモンは、妊娠に備えて体が、• 水分 を蓄えようとする働きがあります。 その他、黄体ホルモンの分泌量が増えると血糖値が下がるため、 いつもより多くの食べ物を摂取して血糖値を下げないようにしようと体が働きます。 そのため、普段よりも甘いものを食べたくなるようです。 よく更年期障害などの症状でもありますが、エストロゲンの分泌が減ると精神的に不安定な状態になり、イライラしたり感情コントロールが上手にできなくなってしまいます。 そのため、 過剰なストレスがかかりイライラして、つい暴飲暴食に走り食欲が増してしまうということがあります。 生理前だけではなく、イライラした時に甘いものを無性に食べたくなることがありますよね。 食べることでイライラが解消されるため、ついつい食べ過ぎてしまうという人も多いようです。 「プロスタグランジン」が原因で中には生理前に食欲が減退する人も… 生理中に、腹痛や腰痛といった生理痛に悩まされることがあります。 これは「プロスタグランジン」という物質が原因なのですが、この物質は生理前から分泌量が増えてきます。 分泌量が多いと生理前から体調が優れなくなり、• 吐き気• 憂鬱感 といった症状が出てきます。 そういった症状が悪化すると、食欲不振に繋がります。 生理前に食欲が減退するという人は、プロスタグランジンが過剰に分泌されている可能性があります。 プロスタグランジンは、経血を体外へ排出しやすくするために重要な役割をしているので、分泌を抑えるということはできないようです。 生理前に食欲が減退する人は、もしかすると生理痛の症状が重い可能性があります。 「食欲がなくて太らないからそれでもいい」と感じている人もいるかもしれませんが、 その状態で生理になると体力が足りず貧血で倒れたり体調を崩したりすることもあるので、食欲がない時もなるべく何かを食べるようにしましょう。 太ってしまうことを恐れて食事を抜くのは大間違い! 食欲が増したことで太るのではないかと思い、無理に食事を抜いたりする人がいます。 これは逆効果で、お腹がすいているのに食事をしないことでストレスが溜まりイライラしてしまいます。 そして、 プロゲステロンの分泌で血糖値が下がっているのに食べないことで、次に食事をした時に血糖値が急上昇してしまい、反対に太りやすくなってしまうので無理に食事を抜いたりするのはやめましょう。 生理前に食欲を抑えるには、ドカ食いをしないようにするのが大事 生理前に食欲が出ているのを、無理に抑えることはできません。 ただ、食べる量やドカ食いをしないように気を付けることはできるので、まずはそういう点から気を付けるようにしましょう。 「生理前の食欲で太ってしまうから食べないでおこう」と考えてしまいますが、太る原因とされているのは血糖値の急上昇です。 食事の量を減らしても空腹時から急にご飯を食べると血糖値が急に上がり、太りやすい体質になってしまいます。 減らすだけではなく血糖値のことも考えて食事をすれば、生理前に食欲が増しても太るのを抑制することができます。 生理前の食欲を抑える5つのポイント 生理前になると1度の食事で大量のご飯を食べてしまうという人は、食欲がありすぎて気になると思います。 その食欲を抑えるための5つのポイントを紹介します。 その1.食事の回数を増やして間食をなくす 食欲が増している時、1日3食の食事だけでは物足りず、ついつい間食が増えてしまうことがあります。 間食にはついつい甘いものやスナック菓子を食べてしまい、体重が増えてしまったなんて経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。 生理前の食欲を抑えるためには、 間食を減らして食事の回数を増やすのがオススメです。 1日3食の食事量を5~6回に分けて食事をすることで、満腹とはいいませんが、お腹を満たすことができるので間食をなくすことができます。 また生理前には噛みごたえの良いものを食事に取り入れるのといいかもしれません。 咀嚼をすることで、少量でも満腹になります。 ナッツ類• ごぼうなどの根菜類• 小魚 こういった噛みごたえのあるものを食べることで、自然と咀嚼も増えてきます。 食事回数を増やすことができず、どうしても間食をしてしまうという時も、 ナッツなどをおやつがわりに食べれば、咀嚼が増えるので少量で満腹になります。 ビタミンB6が不足するとイライラや倦怠感、頭痛といった月経前症候群(PMS)の症状を悪化させるとも言われています。 イライラが募ると食欲にも勢いが増してしまうので、生理前にはビタミンB6を含む食品を積極的に摂る必要があります。 ビタミンB6を多く含む食品には下記のようなものがあります。 鶏ひき肉• 鶏むね肉• レバー• まぐろ(赤身)• バナナ 生理前に豆乳を飲む「豆乳ダイエット」というのがありますが、これも生理前の食欲を抑えるのにはとても効果的です。 食事の前にコップ1杯の豆乳を飲めばドカ食いの予防ができますし、豆乳にはビタミンB6も含まれているので、月経前症候群の緩和にも繋がります。 その3.血糖値を維持するような食べ方をする 黄体ホルモンの分泌量が増えると血糖値が下がるため、食事量が増えます。 血糖値が下がっている時に大量に食べると血糖値が急上昇します。 急激に上がった血糖値は緩やかに下がるのではなく、急激に落ちるのでまたお腹がすいてしまうという悪循環を繰り返してしまいます。 血糖値が下がっている時、 なるべく血糖値を緩やかに上げてゆるやかに下がるような食べ物を摂取することで、極端にお腹がすくということはなくなります。 血糖値を緩やかに上昇させてくれる食べ物には下記のようなものがあります。 サツマイモやかぼちゃなどの食物繊維が豊富に含まれるもの• ドライフルーツ• 砂糖を使っていないもの 白砂糖などを使っているものは血糖値が急上昇し、空腹時に食べるとさらに食欲に繋がるので、フルーツなどの自然な甘さのあるものを食べるようにしましょう。 また、高カロリーであるファーストフードやジャンクフード、お菓子類などをむやみに食べ過ぎないことも必要です。 その4.アロマなどの香りで食欲をコントロール 美味しそうな香りを嗅ぐとお腹はすいていないのに、食欲がわいてくることがあります。 それくらい臭いというのは食欲に関係しています。 食欲が増しているからといって、気持ちの悪くなるような香りを嗅ぐのはという人はいませんよね?そういう臭いではなく、アロマで食欲を抑えることができます。 ダイエットなどでも利用されている香りなのですが、• グレープフルーツ• ネロリ は、食欲を抑える効果が期待されていると言われています。 特にグレープフルーツの香りは、ダイエット効果があると以前話題になっていました。 こういった香りをアロマや芳香剤で使うことで、食欲を抑えることもできます。 反対に、食欲を刺激するという香りもあります。 ローズマリー• ジンジャー こういった スパイシーな香りがするものは、食欲を刺激してさらに食欲アップに繋がるので、生理前にはこういった香りはなるべく避けるようにしましょう。 その5.間食をする時は低カロリー食品を選ぶ 食事回数を増やすことができず、どうしても間食をしたりスイーツを食べたいと思うことがあります。 そういう時は 砂糖たっぷりの甘い高カロリーのものを食べるのではなく、低カロリーのものを選ぶようにしましょう。 最近では、ダイエット中の人のためにと100kcalで作られたプリンなども販売されています。 砂糖の量などが気になる場合は、自分で寒天ゼリーなどを作ると低カロリーおやつにもなります。 飲み物も同じです。 暑い時期など、どうしても喉ごしのいい炭酸系の飲み物を飲みたくなります。 しかし市販されている清涼飲料水はカロリーが高いうえに砂糖もたっぷり、たくさん飲めば太る原因となります。 こういう時は、 清涼飲料水を無糖の炭酸などにすると喉ごしはスッキリとすることができます。 個人的にオススメなのは、手作りのジンジャーエールです。 生姜を蜂蜜漬けにし、そのハチミツを炭酸水で割ったものを飲むと手作りのジンジャーエールになりますし、糖分ははちみつだけなので甘ったるくなりません。 食事前の運動なども効果的ですが食欲が増す人も中にはいる 生理前の食欲を抑える方法として、ネットでは食事前の運動を紹介しているものがあります。 脂肪を溜め込まない、代謝をアップさせるのにはとても効果的なのですが、中には運動をしたことでさらに食欲が増してしまい、食べ過ぎてしまうという場合もあります。 生理前の食欲を抑えるために運動を取り入れる場合は、自分に効果があるのかまず試してみましょう。 太らないためには運動は大事ですが、食欲抑制に繋がるかは人それぞれだと言うことを頭に入れておくといいかもしれません。 生理前の食欲の異常は誰にでも起こることなので心配なし 生理前にだけ食欲が旺盛になると気になってしまい、「自分は過食症じゃないか」と不安な気持ちになる女性も多いそうです。 不安な気持ちが続くと精神的にも不安定になりイライラとした気分になり、知らない間に甘いものをつまんでいたり、間食が増えてしまうなんてことにも繋がります。 生理前の食欲の異常は、女性なら誰にでも起こることです。 不安になればなる程、悪化していくので「この症状は生理前に起こる正常な行動なんだ」と思って、抱え込まないようにしましょう。 生理前や生理中の食欲は体が欲しているもので、必要なものですから本来なら食べるべきもとも考えられます。 食欲は一時的なもの、生理が終われば体重も元に戻りますよ。

次の

【重要】生理前の吐き気と、妊娠との吐き気を見分ける3つの違い

生理前 食欲

出典: プロゲステロンは食欲を増加させ、栄養や水分を溜めこむ作用があります。 なぜなら、プロゲステロンは妊娠に備える準備をするホルモンだからです。 排卵後に分泌量が増加するプロゲステロンは、妊娠した時のために赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜をフカフカに厚くして、さらに胎児を育てるための栄養や水分を蓄えようとするのです。 プロゲステロンは栄養を溜めこもうとするために、インスリンの効きを悪くして、血糖値を高く保とうとする作用があります。 血糖値を高く保つためには、やはり食事からエネルギーを摂取しなければいけないですよね。 そのため、生理前には食欲が増して、暴飲暴食をしてしまうんです。 血糖値を高くするために、特に甘いものが食べたくなるんですね。 プロゲステロンの分泌が多くなる生理前に暴飲暴食をするのは、体の正直な反応であり、変なことではないのです。 生理前は水分と脂肪を溜めこむために、通常の体重よりも1~3kg程度太ることが一般的です。 生理前の暴飲暴食を防ぐ8つの方法 生理前の暴飲暴食は、ある意味、自然な体の反応です。 だからといって、食欲に忠実に暴飲暴食を続けていたら、1ヶ月周期で、どんどん太っていってしまいます。 また、ダイエット中の女性は、生理前の食欲アップと闘わなくてはいけません。 ダイエット中は、いかに生理前を乗り越えるかがダイエットが成功するかどうかのカギを握っているといっても過言ではありませんよね。 生理前にいつも暴飲暴食をして、ダイエットを挫折してしまう女性は、今からご紹介する暴飲暴食を防ぐ8つの方法を実践して、生理前の時期を乗り切りましょう。 食事の回数を増やす 生理前の暴飲暴食を防ぐためには、1日の食事回数を増やしましょう。 「え?食事回数を増やしたら、カロリーオーバーになっちゃう!」と思いますよね。 確かにそうです。 でも、1日の食事回数を増やして、1回の食事量を減らせば、カロリーオーバーになりませんので、大丈夫です。 生理前は常に食欲旺盛な状態ですから、食事と食事の時間が空いてしまうと、口寂しくなって、一気に食べてしまい、暴飲暴食をしてしまうんです。 でも、食事回数を増やして、口寂しくなる前に食事をするようにすれば、少量でも満足できるはずです。 また、生理前はプロゲステロンが血糖値を高く保とうとして食欲が増すのですが、血糖値が下がってくると、一気に食欲が増します。 食事回数を増やせば、血糖値が下がりにくくなりますので、食欲も落ち着くはずです。 生理前は食事回数を1日5~6回に増やして、少量ずつ食べるようにしましょう。 食事の前に野菜サラダをたっぷりと! 生理前の暴飲暴食を防ぐ方法の2つ目は、食事前には野菜サラダをたっぷりと食べることです。 野菜サラダは歯ごたえがありますし、カロリーも低いですよね。 そして、何より 食物繊維をたくさん摂取することができます。 歯ごたえがあるものをよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されやすくなりますので、暴飲暴食を防ぐことができます。 また、カロリーが低いので、たっぷり食べても安心ですね。 ただ、ドレッシングをかけ過ぎると、カロリーが高くなってしまいますので、ノンオイルのドレッシングを選んでください。 そして、野菜には食物繊維が豊富に含まれています。 食物繊維は胃の中で水分を吸収して膨張しますので、満腹感を得やすくなります。 さらに、糖質の吸収をゆっくりにしますので、血糖値が緩やかに上がっていくため、血糖値が急上昇急降下することなく、高めの状態を長時間保つことができるのです。 食事前には「多すぎたかな?」と思えるくらいの野菜サラダを食べると、暴飲暴食を防ぐことができるでしょう。 ビタミンB6を積極的に摂取 生理前には、ビタミンB6を積極的に摂取してください。 排卵期になると、エストロゲンの代謝のためにビタミンB6が消費されます。 そのままビタミンB6が不足すると、PMS(月経前症候群)の症状がひどくなると言われています。 月経前症候群はイライラして情緒不安定になりやすく、それが原因で暴飲暴食をすることもありますので、生理前にはビタミンB6を摂取して、暴飲暴食を防ぐようにしましょう。 ビタミンB6は、次のような食品に多く含まれています。 関連記事 ・ 早く寝る 暴飲暴食を防ぐ方法、7つ目は早く寝ることです。 暴飲暴食を防ぐためには、早く寝てしまいましょう。 夕食を食べた後に、すぐに寝てしまうと、太りやすい身体になってしまいます。 だからといってそのまま起きていると、食欲に負けて暴飲暴食をするリスクが高いですよね。 生理前限定で夕食を食べたら早めに寝てしまうのと、遅くまで起きていて暴飲暴食をするのは、どちらが太りやすいかといえば、当然ですが暴飲暴食をするほうです。 ですから、生理前は暴飲暴食を防ぐために、夕食を食べてお風呂に入ったら、サッサと寝てしまいましょう。 でも、生理が来て、食欲が落ち着いたら、夕食を食べて3時間は寝ないようにしてくださいね。 関連記事 ・ 仕方がないと甘やかす 暴飲暴食を防ぐ方法、最後は「生理前なんだから仕方がない」と諦めて、少しだけ甘やかすことです。 「生理前でもダイエット中なんだから!」と節制した食生活を送っていると、いつもよりも食欲が増しているのに、我慢しなくてはいけないので、ストレスが爆発して暴飲暴食に走ってしまうんです。 思い当たる女性も多いのではないでしょうか?ですから、暴飲暴食を防ぐためには、ある程度は甘やかしてしまいましょう。 「好きなものを食べて良い、でも量は食べ過ぎない」とすれば、ストレスも減るし、暴飲暴食はせずに済むはずです。 いつもよりは、摂取カロリーは増えるかもしれませんが、そこは目をつむりましょう。 仕方がないんです。 だって、プロゲステロンが分泌されているんですから。 好きなものをほどほど食べれば、生理が終わってからまた「ダイエット頑張ろう!」と思えますが、無理してストレスからの暴飲暴食をすると、そこでダイエットは終わってしまいます。 ですから、生理前はダイエットはいったん中断して「好きなものを食べて良い、でも量は食べ過ぎない」をモットーにして、ほどほどに食べるようにしましょう。 ダイエットをしていても、1ヶ月に1回くらいは好きなケーキを食べても、ダイエットの妨げにはなりませんので、安心してくださいね。 生理前に食欲が増す理由と暴飲暴食を防ぐ方法についてのまとめ ・生理前に暴飲暴食をしてしまうのは、プロゲステロンが増加するから ・暴飲暴食を防ぐ方法 「食事の回数を5~6回に増やして少量ずつ食べる」「食事の前にサラダをたっぷりと食べる」「バナナや鶏肉、マグロの赤身にあるビタミンB6を積極的に摂る」「肉類やチーズ、ヨーグルトにあるトリプトファンを摂る」「間食は、ナッツや入大豆などの歯ごたえのある物を食べる」「レモンソーダなどの炭酸水で満腹感を得る」「早く寝る」「好きな物を食べて量は食べすぎないようにする」 生理前に食欲が増す理由と暴飲暴食を防ぐ8つの方法をまとめました。 生理前に食欲が増すのは、プロゲステロンの分泌量が増えるからです。 これは、体の反応として当然のことですので、上手に付き合いながら、紹介した8つの方法で食欲をコントロールするようにしましょう。 生理前はプロゲステロンのせいで、どうやっても痩せませんので、少しは自分を甘やかすと、ストレスが溜まらず、ダイエットを長続きさせることができるはずです。

次の