スイッチ sd カード おすすめ。 【ニンテンドースイッチ】後悔しないメモリーカードの選び方(必要性やおすすめ容量サイズもご紹介)

【2019年版】ニンテンドースイッチにおすすめマイクロSDカードはこれだ!厳選3選!

スイッチ sd カード おすすめ

Nintendo Switchをより快適に遊んでいただくために、読み込み速度(転送速度)が高速なmicroSDカードをおすすめします。 高速なmicroSDカードの目安• UHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応• とにかく、容量が大きくて、転送速度が速い、 UHS-I規格に対応しているmicroSDカードを選べばよいということですね。 ネット上を探せば、高速で格安のmicroSDカードが無数に出回っていますが、中には粗悪な商品も多く、ニンテンドースイッチで使えない商品もあるでしょう。 安心の任天堂公式ライセンス品のmicroSDカードと実際にパパが使っている おすすめのmicroSDカードを紹介します。 大容量の割に格安で販売されており、スピード性能も抜群!パパはこちらの商品を購入して、スイッチで問題なく使用できています。 容量は最低でも64GB、余裕をもって128GBぐらいあると良いと思います。 128GBのmicroSDカードを用意しようと思ったらそこそこ値段が張りますが、こちらのサムスン製ならリーズナブルでおすすめですね! スイッチのSDカードって、何に使う? まず、スイッチ本体に保存されるデータ、 microSDカードに保存されるデータの一覧を見てみましょう。 ニンテンドースイッチの本体の容量は 「32GB」です。 そのうちシステム容量で2~3GBほど使用されており、実質は30GBほどしか使える容量が無いんですね。 セーブデータなんて微々たるものなので、 セーブデータのみで30GBも使うことはまずありえません。 ニンテンドースイッチのゲームソフトには、 ダウンロード版と パッケージ版があり、ダウンロード版だと本体の容量を使ってしまうのはわかりますが、パッケージ版なら本体の容量は使わないんじゃ?.

次の

【Switch】おすすめのSDカード4選!どのくらいの容量が必要なの?

スイッチ sd カード おすすめ

スポンサーリンク 「あつまれどうぶつの森」発売でメモリーカード選びがもっと重要になりました! ニンテンドースイッチ本体に必要な周辺機器といえば、メモリーカードがあります。 しかし、初心者は不慣れな人にとってはメモリーカードのサイズ容量や、読み書き速度など、何を基準に選べば良いのかわからないものです。 そこで、今回はニンテンドースイッチ本体を初めて購入した人向けにメモリーカード(SDカード)を購入するにあたって知っておくべき情報をまとめました。 メモリーカード(SDカード)の必要性 そももニンテンドースイッチにメモリーカードが必要なのか? という疑問が出てきます。 なぜならスイッチ本体には32Gの内臓メモリーが用意されており、普通に使う分にはこれだけで十分対応できてしまいそうに思えるからです。 ニンテンドースイッチ本体内臓のメモリー領域の使用方法は 「セーブデータ」「写真データ」「購入したゲームのダウンロードデータ」「体験版ゲームのダウンロードデータ」に加え「ニンテンドースイッチ本体のシステム領域」に使われます。 一番、メモリー容量を使ってしまいそうな「購入したゲームのダウンロードデータ」については、そもそも「パッケージ版ソフト」しか購入しない人にはあまり意味のない話に感じるかもしれません。 しかし、最近はどうやらちょっと状況が違うようです。 ニンテンドースイッチのメモリーカード需要が高まっている5つの理由 [amazon] 最近はダウンロード版のゲームの購入がかなり増えており、パッケージ版購入と逆転する勢いのゲームも出てきています。 その理由としては次のようなものが挙げられます。 その理由は非常に明快シンプルです。 「普段ゲームショップに買い物に行かない(行くには抵抗がある)人が、どうぶつの森を購入している。 特に女性ユーザーが多い」 という点です。 この現象は3DS版「どうぶつの森」発売時でも実際に発生していました。 ゲームソフトを「買う」「中古で売る」「売却資金で新しいゲームを買う」という習慣がない人ですから、パッケージ版ではなく、ダウンロード版を積極的に購入しているため、本体メモリー領域では不足してしまう、という事態になります。 これがメモリーカード需要の高まりに繋がっています。 もちろんゲームメーカーはその状況を考慮して在庫を確保しておく努力はするものの、想定以上の売れ行きになった場合は品薄、欠品になってしまう場合があります。 そこで、どうしても遊びたい人は「ダウンロード版」を購入することになります。 その結果、メモリーカードの需要は高まるという仕組みです。 ゲームメーカー側からすると、「欠品は避けたい」「でもカードリッジを作りすぎて倉庫に余らせるのも避けたい」といった事情がありますので、過剰にパッケージ版を作り置きすることもできないのです。 ニンテンドースイッチのゲームカードリッジ(ゲームカード)は非常に小さく持ち運びも楽ですが、ゲームをするたびに入れ替える作業は、スマホゲームに慣れてしまった世代にとっては面倒臭いのです。 決してパッケージ版がすぐになくなる事はないにしても、DVD、ブルーレイの映画購入がAmazonプライムビデオやHulu、NetFlixのような動画配信サービスに置き換わっているのと同じというわけです。 ダウンロード版購入が増えると、その結果、ゲーム機における「保存領域」はますます重要な要素になるのですが、その一方でゲームのリッチ化は止まらず、ダウンロード版のゲーム容量はさらに肥大化傾向にあります。 のちほどお話しますが、どうぶつの森と、ゼルダの伝説の2本をダウンロード版購入しただけで20Gも容量が必要です。 ただし、この容量はあくまでも「これ以上必要」といった最低必要容量にすぎないので、今後のゲームアップデートによってさらに必要サイズは増える可能性もあります。 2G][amazon] [14. これまで本体メモリー領域だけでやりくりしていた人にとっては嬉しいニュースであり、これによって外部メモリーカード(SDカード)の購入を検討している人が増えています。 【比較】ニンテンドースイッチ本体内蔵メモリと外部メモリーカード(SDカード)の違い [amazon] ところで、素朴な疑問が出てきませんか? ニンテンドースイッチ本体内臓メモリと追加購入した外部メモリーカード(SDカード)は全く同じように使えるのか?という疑問です。 最初に答えをお伝えすると 「いずれもデータ保存を目的にしたメモリー領域だけど、ちょっとだけ役割が異なる」 となります。 ここがポイントでして、必ずしも 「本体メモリー領域が32Gあるので、追加でメモリーカード購入は不要かも」 とはならない理由があります。 本体に内蔵されている32Gの保存領域と別売りのメモリーカード(SDカード)では保存できる データの種類に違いがあります。 ニンテンドースイッチ本体内蔵メモリーに保存できるデータの種類 ニンテンドースイッチ本体内臓メモリーには様々な役割があります。 実際にはシステム領域に2Gほど使用されているのでゲームデータなどに使用可能なには30G程度になります。 追加メモリーカード(SDカード)には保存できないのです。 別売り追加メモリーカード(SDカード)に保存できるデータの種類 追加メモリーカードに保存でいるデータは 「ダウンロード購入したゲームデータや画像データ」のみとなります。 よってゲームのセーブデータは保存できず、ニンテンドースイッチ本体内蔵の保存領域のみに保存できる仕様になります。 追加メモリーカード(SDカード)が必要な人、不要な人 このように「本体内臓メモリー」と「追加購入メモリーカード」では使用用途が異なります。 よって、どんな人が追加メモリーカードが必要か整理してみましょう。 追加メモリーカードが必要な人 ダウンロード版も購入するし、体験版も遊びたい。 ニンテンドースイッチを遊び尽くしたい 追加メモリーカードが不要な人 ダウンロード版購入、体験版も一切やらない。 パッケージゲームしか遊ばない 使えるメモリーカード(SDカード)の種類、最大容量は? ニンテンドースイッチで使えるメモリーカードの種類についてご紹介しましょう。 次の3種類のmicroSDカードが使用できます。 その理由は「容量が小さいから」という点です。 ただしmicroSDXCメモリーカードを使用する場合はニンテンドースイッチ本体をネットに繋いで本体のシステム更新をする必要があるため、ネットに繋げる環境がない人はmicroSDXCメモリーカード以外を選ぶしかありません。 もしインターネット回線を持っていないなら、この機会にネット環境も構築することをおすすめします。 そして、ニンテンドースイッチは携帯ゲーム機としての遊び方もできますので、自宅だけでなく外出先でも使えるモバイルWiFiがおすすめです。 3つほど特徴の異なるモバイルWiFiをピックアップしてみましたので参考にしてください。 【ニンテンドースッチにおすすめモバイルWi-Fi】 (公式サイト) 多くのモバイルWi-Fiの契約にあたって、期間による契約の縛りがあります。 たとえば2年契約の縛りの場合、契約更新時期以外の解約で追加料金が発生します。 こちらの「縛りなしWiFi」は初月だけ契約すれば、あとは月額料金3,300円で途中解約しても追加料金が発生しません。 生活スタイルの変化にあわせて契約解除できる柔軟さがおすすめです。 (公式サイト) 月額3480円から使える「容量制限なし」「通信速度制限なし」「au、ソフトバンク、ドコモの通信網を使用」「海外でもそのまま使える」といったかなり魅力的なモバイルWiFiです。 いま話題の5Gにも今後、アップデートで対応する発表しています。 (公式サイト) 業界最安級!月額1380円から使えるカシモという会社から出ているモバイルWi-Fiです。 とにかく値段重視なら要チェックです。 読み込み速度の速いメモリーカード(SDカード)がおすすめ メモリーカードを選ぶ上で、「容量」と「値段」ばかり目にいってしまいがちですが、容量と同じくらいに重要なのは「読み込み速度」です。 読み込み速度の遅いSDカードを選んでしまうと後悔します。 なぜなら 「ゲームを遊ぶ上で非常にストレスになるからです」 ゲームデータ読み込み時間がかかるゲームって本当にイライラします。 少しだけお金をケチってしまったゆえに、その後、ずっとストレスを抱えたままニンテンドースイッチを遊び続けなければならないのは避けるべきです。 特に価格の安いmicroSDカードの中には読み込み速度が遅いカードもありますので要注意です。 必ず転送速度をチェックしておきましょう。 尚、ニンテンドースイッチに対応しているmicroSDカードの転送速度はUHS-I(Ultra High Speed Phase I)に対応しています。 ちなみにニンテンドースイッチはUHS-II(Ultra High Speed Phase II)規格には対応していません。 UHS-II規格のカードが使えないわけではないのですが、高いお金を出してUHS-II規格のカードを購入しても、その転送速度がニンテンドースイッチでは出ないので、無駄な買い物になってしまうというわけです。 メモリーカード(SDカード)の転送速度の規格まとめ 「SDカードの転送速度ひとつとっても、いろいろな規格があって、よくわからない!」という人もいると思いますのでSDカードの転送速度の規格についてまとめておきましょう。 ニンテンドースイッチのメモリーカードの入れ方(認識されない場合の対応は?) SDカードの抜き差しは必ずニンテンドースイッチ本体の電源をオフにしてからするようにしてください。 できる限り大きなものが良い」 「一番、お買い得感が高いのは128GBであり、サムソンのEVO PLUSは信頼性高い」 となります。 なぜ、64G以上が必要なのか、それを説明するためには、主要ニンテンドースイッチゲームのダウンロード版のファイルサイズについて整理しておきましょう。 10GBオーバー [14. 3G] [amazon] [13. 1G] [amazon] 5GB以上〜10GB未満 [9. 8G] [amazon] [6. 8G] [amazon] [6. 6G] [amazon] [6. 2G][amazon] [5. 3G] [amazon] 5GB未満 [4. 1G] [amazon] [1. 3G] [amazon] [3. 1G] [amazon] ニンテンドースイッチ本体の内蔵メモリは32Gです。 そのうち約2GBがシステム領域ですでに使われていますので、実際に使えるのは32GBのうち約30GBくらいとなります。 ゼルダの伝説(14. 3G)+ゼノブレイド2(13. 1G)の2タイトルをダウンロード購入すると27. 4G使ってしまいますので、セーブ領域も不足してしまいます。 もちろん、この2タイトルだけでなく、いろんなゲームを遊ぶ事を想定するなら64G以上は必要ですし、容量はいくらあっても問題ありません。 [amazon] よって、いま価格と容量のバランスがとてもこなれている128GBで、かつニンテンドースイッチでの動作検証も多いサムソンのevo Plusがおすすめです。 ちなみに、こちらのメモリーカードはあのGoPro8の推奨メモリーカードにもなっています。 偽物メモリーカードには要注意 ところでメモリーカードには多数偽物が出回っているので、購入するときは必ず 「Amazonが販売発送する」メモリーカードを選ぶようにしましょう。 時々、値段が安くてAmazon以外の業者から販売されているメモリーカードもありますが、見た目は全く正規品と同じでも実際の読み込み速度が遅い商品があるからです。 またそのような商品を買ってしまった場合は当然メーカー保証は受けられませんので要注意です。 【任天堂公式ライセンス商品】メモリーカード(SDカード) [amazon] [amazon] 任天堂のゲーム機WiiUもSDカードに対応していましたが、当時は任天堂自体が自社ブランドのSDカードを発売していました。 ニンテンドースイッチでは任天堂による自社ブランドでの発売は行わず、周辺機器メーカーとして有名なHORI社が、任天堂から公式ライセンスを受けたマイクロSDカードを発売しています。 HORI製メモリーカードの最大容量は128G。 1Gあたりの単価は若干割高ですが任天堂公式ライセンス商品ということで確実に動作する安心感はあります。 16G 約2,000円(1Gあたり125円) 32G 約3,000円(1Gあたり93円) 64G 約5,000円(1Gあたり78円) 128G 約16,000円(1Gあたり125円) 一般的なmicroSDカードの実勢価格と比べると、公式ライセンス商品は若干割高ではありますが、任天堂の厳しい動作チェックを受けたライセンス商品ということでもあるので信頼性が高いのがポイントです。 一般的なメモリーカード(SDカード) [amazon] 128G 約3,000円(1Gあたり23円) 一般的に使われているメモリーカードもニンテンドースイッチで使えます。 HORI製のように任天堂の公式ライセンスを受けたmicroSDカードではありませんが、ニンテンドースイッチでも動作しますし、全く問題なくつかえます。 その中でも人気なのがサムソン製メモリーカードです。 [amazon] 256G 約6,000円(1Gあたり23円) 予算が許すようなら256Gモデルを選んでおくのがおすすめです。 1Gあたりの単価は128Gと同じです。 Samsung microSDXCカード 512GB EVO Plus Class10 UHS-I U3対応 [amazon] 512G 約10,000円(1Gあたり19円) 512Gモデルを選べるならば、PS4の内臓ハードディスクとほぼ同じ容量になりますので、かなり容量に余裕がでてきます。 というわけで、当サイト一押しはサムソン製のEVO Plusになります。 理由は価格と容量のバランスが良く「お買い得感が高いメモリーカード」だからです。 そして実際に多くの人が使っておりレビュー評価も高い商品です。 ただし人気という反面、繰り返しになりますが偽物も多くなっているので偽物を買わないように必ずAmazonからの販売になっているかチェックして購入しましょう。 [amazon] その他メーカーをあげるならば、サンディスク製もおすすめです。 【余談】お金をケチると後で後悔します 最後にちょっとしたアドバイスをお話しましょう。 容量が足りず買い増しをすると、それまで使っていたメモリーカードは不要になってしまい使わなくなるので、そこにかけたお金が無駄になるからです。 買い増しをするなら、最初から大きい容量のメモリーカードを購入するべきなのです。 私のように同じ過ちを何度も繰り返さないように、メモリーカードにはお金をかけるようにするのが、後悔しないコツです。 まとめ というわけで、今回、ニンテンドースイッチ本体といっしょに購入したいメモリーカード(microSDカード)についてご紹介しました。 新しい情報が入りましたら随時アップデートしていきます。

次の

【Nintendo Switch】マイクロSDカードの容量はどれくらい必要?迷ってるなら『128GB』がおすすめな理由!

スイッチ sd カード おすすめ

Contents• nintendo. jp まずは、今回の記事の主題「 スイッチで使用するSDカード」について、色々と詳しい説明をする所から初めて行きたいと思います。 SDカードと言えば、最近では スマートフォンの記憶媒体としても利用されるなど、かなり 色んな所で利用されている、とてもコンパクトな記憶メディアです。 色々な種類があるorあったメディアでもあるので、ちょっと混乱しやすい部分だと思うのですが、 スイッチで使用できるSDカードは以下の物です。 ・microSDメモリーカード ・microSDHCメモリーカード ・microSDXCメモリーカード の三種類、一番下の「 microSDXC」のみ、インターネット接続して「 本体を更新」する必要がある点については一応注意、といった所。 これらは、 現在販売されている物としては極普通、いわゆる一般的な「 microSD」と呼ばれている物なのでそういう意味で入手が難しいという事はありません。 主にニンテンドースイッチで「 SDカード」を使用する目的ですが、残念ながら「 ゲームのセーブデータ」を移動させる事は現在できません。 これは 今後のアップデートなどで 機能として追加されるかもしれませんが、 現時点では少なくとも不可能、という事だけ覚えておきましょう。 主な使い道としては、 ゲームプレイ中に撮影した「 スクリーンショット」や、 ダウンロード購入したゲームデータを保存する事になります。 特に、持ち運んで 携帯機モードで遊べるニンテンドースイッチは、他のハードに比べて「 ダウンロード」によるゲーム購入のメリットが大きいですね。 ソフトの入れ替えが不要になる、という点が手間が減る以上にお手軽に遊べるようになるので、是非これを駆使していきたいところです。 nintendo. jp さて、上で紹介した「 SDカード」ですが、いざ 買おうと思うと意外と種類やメーカーが多く、また 容量もかなり多くの種類が存在します。 他にも、 データの書き込み及び読み込み速度など、目的や用途に合わせて 重視しなければいけない性能というのがありますので、中々難しく感じます。 まず、 ニンテンドースイッチ公式ページにて、サポート情報として 読み込み速度の件が記載されていますので、これをチェックしてみます。 そして次に問題として上がるのが「 容量」ですね、この容量によって SDカードの値段というのは大きく変動するので、よく考えたい所。 一応の参考として、 ニンテンドースイッチ本体に予め用意 されている容量は「 32GB」と昨今の ゲームハードとしてはかなり少なく、心許ない数字です。 別途SDカードを用意して、 ゲームのダウンロードなどを行う場合、勿論ではありますが この本体容量を大きく上回る数字で用意したいですね。 上で書いた「ゲームのダウンロード」を行った際、 1タイトルにつきどれ位の容量が掛かるのか、というのも知っておきたい所です。 参考までに、 恐らくスイッチを購入した際に多くの人がプレイする可能性が高い ソフトの容量は以下のようになっています。 ゲーム本編が 13. 4GBとかなり容量が大きく、 DLCでは更に2. 4GBの容量が必要に。 5GBと比較的抑えめな数字ではありますが、本体容量と比較するとやはり心許ないのが分かります。 7GB、スプラトゥーン2と大体同じぐらいですが、本体容量と照らし合わせると結構大きく感じます。 2GBと、他に比べれば大分少なめ。 仮にではありますが、ココに挙げた ゲーム全てを購入した場合、 総合容量は30.2GB、 あっという間に本体容量が埋まってしまいました。 これを考えると、やはり 大きめの容量で予めSDカードを用意しておいた方が、 容量などを心配せずゲームをプレイする事ができるのではないでしょうか。 この辺りを加味して、筆者的なオススメの容量は「 最低でも64GB以上」できれば「 128GB以上」といった所です、やはり容量はあるに越した事はありません。 余裕があれば「 256GB」の容量を用意しておくと、 DLCなどの追加コンテンツなども含めて、ガンガンとゲームをダウンロードして楽しめるかと思います。 続いては、 スイッチで使う際にオススメのSDカードを紹介していきますので、購入の際に参考になれば、と思います。 nintendo. jp ここからは、上で紹介した 容量や読み込み速度などを照らし合わせ、 ニンテンドースイッチで使うのにオススメなSDカードを紹介していきます。 勿論ここに紹介した以外にも対象となる商品はいくつもあると思いますので、あくまで参考程度ではありますが、是非チェックしてみてください。 それでは、ニンテンドースイッチで使うのに オススメのSDカード4選は以下の通りです。 価格は流石に 256GBはまだまだ高いのですが、どうしても容量を確保しておきたい!という人にはオススメではないかと思います。 オススメ商品としてはこの辺りですが、この他にも「 ニンテンドースイッチ」のライセンス商品として「 HORI」からもSDカードが発売されています。 こちらは 容量が32GBと少ないのですが、 ライセンス商品という安心感などもありますので、 大容量の物を用意する予定がないのならそちらも選択肢としてアリ。 流石にまだまだ 256GB以上の容量は躊躇する値段ですが、 128GBモデルに関しては大分手頃な値段で落ち着いてきていますね。 「 ダウンロードでゲームを購入する予定がない」という人でも、 64GBモデルに関しては非常に安価なので購入しておくのがオススメです。 いざ ダウンロードでゲームを購入しようと思い立った時に不安がなくなりますし、ゲーム中のスクリーンショットなどをたくさん取って楽しむ事もできます。 最終的にはお財布やスイッチを遊ぶ頻度、ゲームの購入頻度などと相談して購入する事になるとは思いますが、やはり 筆者的にオススメは128GB。 外に持ち歩いて遊ぶ事もできるスイッチだったら、やはり 複数のゲームを手軽に持ち歩いてプレイできる容量は確保しておきたいです。 128GBの容量があれば、こういった 遊び方もストレスなく選択肢に入れられると思いますので、是非購入の際は検討してみてくださいね。 SDカードまとめ• スイッチにはmicroSD!一部 本体更新が必要なので注意!• 本体容量が少ないので容量は最低 64GB欲しい!ゲーム本数と相談!• オススメは 128GB! 256GB以上は価格も高いので慎重に! 昨今ではスマートフォンやゲームハードなど、色々な所で使う事になるSDカード、容量も増えて値段も下がってきて購入が楽になりました。 その一方で、ゲームをたっぷりダウンロードしていつでも遊べるように、と欲張るとあっさり容量がなくなるのも事実、計画的に容量を測って購入したいですね。

次の