俺 の 妹 が こんなに 可愛い わけ が ない。 最終回に唖然「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 黒猫ハッピーエンドはあったのか?

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (アニメ)

俺 の 妹 が こんなに 可愛い わけ が ない

やはりPSPだった前2作とはクオリティが違いますね。 グラフィックのクオリティはギャルゲーというジャンルではもっとも重要な要素なので素直にうれしいです。 でも、この画面を見たせいで前2作もHDでプレイしたくなってしまいましたよ……。 き、綺麗だ……。 物語は桐乃が『アイドルマスター』にハマッているシーンから始まります。 3作目がアイドルゲームだということは情報として知っていましたが……まさか『アイマス』と絡ませてくるとは! 桐乃がやよい派だとわかってなんとなく得をした気分になりました(笑)。 かくいうボクは真派ですが! そういえば、前作でも黒猫や沙織が『ゴッドイーター』をプレイしていたことを思い出しましたよ。 なし崩し的に応募をしようとする桐乃と黒猫。 ……ですが、ボクはあえてフラグを折ります! なぜなら、他にアイドルにしたい女の子がいるからです!! まぁ、予想通り選ばなかった桐乃がキレましたがスルーして先に進みましょう。 場面は変わり、今度はあやせと加奈子の2人からどちらがアイドルに向いているか問われることになります。 あやせと答えなければ刺されてしまいそうですが、ここは加奈子を選びます。 そうです。 ボクがプロデュースしたいのは加奈子です! 世界一 かわいいよっ! うぉおおおおおおおおお!! TVアニメ版の映像とゲームの素材を組み合わせた作りは今までのシリーズと同じですね。 』の映像とOP曲が使われています。 加奈子のストーリーは新しい事務所に所属が決まった彼女が京介にマネージャーを頼むところからスタートします。 正式にアイドルとなった加奈子にはちゃんとしたマネージャーも付いているそうですが、京介にも近くにいてもらいたい模様。 もしかして、心細いのでしょうか……? それにしても、誤解されるような言い回しですね。 け、警察が来ちゃう!! ここからは沙織がゲームの進め方やシステムの解説を行ってくれます。 しかし、沙織さん……チュートリアルキャラが似合いすぎですぜ……。 彼女の説明によると、ゲームは1週間単位で進んでいき、アイドルとの交流は基本的にSNSで行うということ。 ちなみにパラメータは3つ存在し、その上がり具合によってアイドルとしての方向性が変わる模様。 お、落ち目はイヤだなぁ……。 でも逆に落ちぶれた加奈子も見てみたいような……。 チュートリアルが終わったところで、加奈子からメッセージが届きました。 『電撃F'sマガジン』の撮影があるのでスタジオまで来てほしいとのこと。 ここで撮影パートに突入。 このパートではカメラの撮影位置やズームイン・ズームアウトを自由に行うことができるので思わず凝った写真が撮りたくなりますね。 また、カメラに目線をもらうこともできるのもおもしろい試みだと思いました。 普段よりも大胆なポーズを撮ってくれるようになります。 カメラマンとしての腕が試される!? これをセットすることで、撮影時間が延びたり、NGな写真を撮影してしまうことを回避できたりします。 撮影に自信がない時は装備してから挑むといいかもしれません。 さて、撮影が終了すると今度はSNSにアップする写真を選ぶことになります。 かわいい写真を掲載すればPV(訪問者)数も上がるとのことなので慎重に選んでいきます。 ドキドキ……。 また、その他の写真もSNSのバナーとして使えるので保存していきます。 アルバムに登録できるのは20枚ですが、写真は別途 HDDにPNG形式で保存することもできるので安心ですね。 写真撮影が終わり、SNSも完成。 ここからは加奈子と交流しながら彼女のアイドルとしてのレベルを上げていくことに。 SNSにいくつか彼女のつぶやきが表示されているので気になるものを選択していきます。 どうやら、イベントはつぶやきだけで終わるものと会話イベントが発生するものの2種類があるようです。 つぶやきのほうも原作でおなじみのキャラクターが続々と登場して会話を盛り上げてくれるので、イベントが発生するつぶやきだけでなく、こちらもチェックしたいですね。 重要なイベントは必ず発生するようになっているようですね。 いったい何の用?.

次の

俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTEスペシャル版(テレビアニメ)

俺 の 妹 が こんなに 可愛い わけ が ない

やはりPSPだった前2作とはクオリティが違いますね。 グラフィックのクオリティはギャルゲーというジャンルではもっとも重要な要素なので素直にうれしいです。 でも、この画面を見たせいで前2作もHDでプレイしたくなってしまいましたよ……。 き、綺麗だ……。 物語は桐乃が『アイドルマスター』にハマッているシーンから始まります。 3作目がアイドルゲームだということは情報として知っていましたが……まさか『アイマス』と絡ませてくるとは! 桐乃がやよい派だとわかってなんとなく得をした気分になりました(笑)。 かくいうボクは真派ですが! そういえば、前作でも黒猫や沙織が『ゴッドイーター』をプレイしていたことを思い出しましたよ。 なし崩し的に応募をしようとする桐乃と黒猫。 ……ですが、ボクはあえてフラグを折ります! なぜなら、他にアイドルにしたい女の子がいるからです!! まぁ、予想通り選ばなかった桐乃がキレましたがスルーして先に進みましょう。 場面は変わり、今度はあやせと加奈子の2人からどちらがアイドルに向いているか問われることになります。 あやせと答えなければ刺されてしまいそうですが、ここは加奈子を選びます。 そうです。 ボクがプロデュースしたいのは加奈子です! 世界一 かわいいよっ! うぉおおおおおおおおお!! TVアニメ版の映像とゲームの素材を組み合わせた作りは今までのシリーズと同じですね。 』の映像とOP曲が使われています。 加奈子のストーリーは新しい事務所に所属が決まった彼女が京介にマネージャーを頼むところからスタートします。 正式にアイドルとなった加奈子にはちゃんとしたマネージャーも付いているそうですが、京介にも近くにいてもらいたい模様。 もしかして、心細いのでしょうか……? それにしても、誤解されるような言い回しですね。 け、警察が来ちゃう!! ここからは沙織がゲームの進め方やシステムの解説を行ってくれます。 しかし、沙織さん……チュートリアルキャラが似合いすぎですぜ……。 彼女の説明によると、ゲームは1週間単位で進んでいき、アイドルとの交流は基本的にSNSで行うということ。 ちなみにパラメータは3つ存在し、その上がり具合によってアイドルとしての方向性が変わる模様。 お、落ち目はイヤだなぁ……。 でも逆に落ちぶれた加奈子も見てみたいような……。 チュートリアルが終わったところで、加奈子からメッセージが届きました。 『電撃F'sマガジン』の撮影があるのでスタジオまで来てほしいとのこと。 ここで撮影パートに突入。 このパートではカメラの撮影位置やズームイン・ズームアウトを自由に行うことができるので思わず凝った写真が撮りたくなりますね。 また、カメラに目線をもらうこともできるのもおもしろい試みだと思いました。 普段よりも大胆なポーズを撮ってくれるようになります。 カメラマンとしての腕が試される!? これをセットすることで、撮影時間が延びたり、NGな写真を撮影してしまうことを回避できたりします。 撮影に自信がない時は装備してから挑むといいかもしれません。 さて、撮影が終了すると今度はSNSにアップする写真を選ぶことになります。 かわいい写真を掲載すればPV(訪問者)数も上がるとのことなので慎重に選んでいきます。 ドキドキ……。 また、その他の写真もSNSのバナーとして使えるので保存していきます。 アルバムに登録できるのは20枚ですが、写真は別途 HDDにPNG形式で保存することもできるので安心ですね。 写真撮影が終わり、SNSも完成。 ここからは加奈子と交流しながら彼女のアイドルとしてのレベルを上げていくことに。 SNSにいくつか彼女のつぶやきが表示されているので気になるものを選択していきます。 どうやら、イベントはつぶやきだけで終わるものと会話イベントが発生するものの2種類があるようです。 つぶやきのほうも原作でおなじみのキャラクターが続々と登場して会話を盛り上げてくれるので、イベントが発生するつぶやきだけでなく、こちらもチェックしたいですね。 重要なイベントは必ず発生するようになっているようですね。 いったい何の用?.

次の

俺の妹がこんなに可愛いわけがないとは (オレノイモウトガコンナニカワイイワケガナイとは) [単語記事]

俺 の 妹 が こんなに 可愛い わけ が ない

おすすめアニメ 神アニメ 2020. 11 2020. 21 sinsteal 最高に萌えた妹系作品俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 2期を徹底紹介。 出典: C 伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 スポーツ万能で雑誌モデルをしている中学生の妹・桐乃とは、幼い頃は仲が良かったが、今ではまともに挨拶も交わさない険悪な関係になっていた。 その持ち主が桐乃であることを確信した京介は、問い詰めずにDVDケースとその中身を桐乃に返してやる。 wikipedia. 本作の主人公にして、この物語の語り手。 高校2年生。 一人称は「俺」。 取り立てて長所も短所もないが、本人は平凡であることを美徳であるとして肯定的に捉えている。 能動的な性格ではないが、一度決めたことは恥をさらしてでも貫き通す責任感の強い一面や、自棄になると暴走したりするような感情の起伏が激しい一面もある。 周りからの印象は「お節介焼きのお人好しだが少し鈍い」というものでほぼ一貫している。 内面的には年相応の欠点もあり、しばしば心の中で読者に対して悪態をつく一面もあるが、あまりそれを表には出さない。 当初はサブカルチャー系に対して相応の偏見を抱いていたが、沙織達との交流を経て、それが理解はできなくとも否定されるようなものではないと考えるようになり、桐乃の趣味を擁護する立場となる。 その後は次第にそうした趣味を平凡な日常の延長として受け入れるようになり、3年生に進級後は黒猫とともにゲーム研究会の部員となり、夏休みの後半には恋人同士にもなっている。 幼馴染の麻奈実とは気心の知れた間柄で、友達以上恋愛未満の関係を続けることを望んでいるが、後には黒猫との恋愛関係も物語上の争点となっていく。 好きな女性のタイプはあやせのような黒髪ロングの女性で、あやせの前では下心を露わにしてしまう一面もある。 また、眼鏡っ娘には並々ならぬこだわりがある。 基本的に自分に関してあまり高い評価を下していないが、実際のところその飾り気の無い優しさやなりふり構わない捨て身の行動が周りに好印象を与えており、求心力は本人が思っている以上に高い。 また天然ジゴロの気があり、関わった女性からは大なり小なり好意を持たれてるため、最近は沙織から「女たらし」と糾弾されることもある。 wikipedia. 4月8日生まれ。 本作のヒロイン。 京介の実妹で、物語を引っ張る人物。 中学2年生。 ライトブラウンのロングヘアで、ピンク色のヘアピンをつけている。 ハンドルネームは「きりりん」。 兄と違って人目を惹き付ける美貌に恵まれ、ファッション誌の専属モデルとしてかなり高額の報酬を手にしている。 また学力は県内でも指折りの成績を持つ生徒にして、スポーツでも陸上部のエースと非の打ち所がない。 本人も何が契機かはよく覚えていないながらも萌えアニメや男性向けの美少女ゲーム、特に「妹もの」と呼ばれるゲームを、成人向けか否かを問わず[注 7]こよなく愛し、ニュースサイトを巡回して気に入った物を見つけてはモデルの報酬を使って衝動買いをしている。 しかし世間の目が気になり趣味を分かち合う相手を得られず悶々としていたところ、兄に秘密を知られてしまい、不本意ながらも兄に相談を持ちかけることになり、その後京介をオタク趣味の世界へと引き込んでいく。 表向きの生活と裏のオタク趣味との間は、どちらも不可分な自分の一部であるとして真剣に思い詰めており、作中では幾度かその板挟みに直面しつつも、決して一方を切り捨てないことを決意し、京介からその背中を押されることになる。 かつては京介に対してほとんど無視に近い対応をとっており、その後も刺々しい言葉を浴びせ、腹立たしい時にはつい本心とは異なる言動を取ることもあるが、徐々に心を開いていく。 京介のことを兄と呼ぶことは滅多になく、基本的には「あんた」だが、改まった時には「兄貴」、また最近では「京介」と呼び捨てながらも心情に変化が見られる。 中学3年次のクリスマスで京介に告白されたが、もし告白されなかった場合は、自分から告白する予定だった。 麻奈実とは小学生低学年の頃は京介を通して付き合いがあったようで櫻井の件があって以降は強く敵視している。 卒業式の日に殴り合いの喧嘩にまで発展し、麻奈実からは「気持ち悪い」と罵倒される。 wikipedia. 4月20日生まれ。 中学3年生。 作中では「黒猫」というハンドルネームを名乗っており、第5巻にて本名が明らかになった後も、京介からは基本的に黒猫と呼ばれている。 サークルや個人ブログも持っているなど桐乃以上のオタクであり、また対戦型格闘ゲームの世界大会で上位入賞するほどの凄腕ゲーマーでもある。 長い黒髪が綺麗な美少女ではあるのだが、やや他人を見下すような発言や、自分をフィクションの伝奇物語の登場人物と同一視するかような痛々しい言動が多く、また人見知りする傾向もあり、交友関係は少ない。 左目の下に泣きぼくろがある。 「オタクっ娘あつまれー」のオフ会でゴスロリファッションに身を包んで参加するが桐乃と同様、場の雰囲気に馴染めず浮いていたところを沙織の仲介で二次会に参加。 その席で毎週楽しみにしているアニメ『MASCHERA 〜堕天した獣の慟哭〜』を桐乃に誹謗されたことから激しい口論となるが、桐乃と同様に趣味について熱く語り合える相手を欲していた感情がこの口論で満たされたためか、その後は互いを「スイーツ(笑)」「邪気眼厨二病」などと貶し合いつつも喧嘩友達としてそれなりにうまく行っている。 好意や感謝を素直に表現できない性格である。 また、幾つかの出来事を通して京介との関係も進展していき、京介に対する恋愛感情[20]も物語に影響していく。 作中2年目からは京介や麻奈実と同じ高校に進学しゲーム研究会に籍を置くようになる。 物語の開始当時、家は高坂家の近所にあり、昭和の香り漂う平屋建ての借家であった。 父親の転勤で松戸市の社宅に引越しし、高校も転校した。 普段は家事をしつつ創作活動をしたりバイトをしたりと、それなりに忙しい模様。 創作活動には特に力を入れているが、その内容については酷評されており、自身が描きたいものと売れ筋との乖離を感じている。 wikipedia. 桐乃の同級生で親友。 桐乃と同じくティーンズ誌のモデルをしている。 桐乃にはモデルの仕事に不慣れだった頃に助けてもらったり、また勉強を教わったりと公私共に世話になっており、憧憬に近い感情を抱いている。 明るく人当たりのいい性格だが、やや考えすぎる傾向があり思い込みが激しい。 黒髪を長く伸ばしており、桐乃とは左右を逆にした揃いの髪型にしている。 当初は高坂家に遊びに来た時に京介と知り合い、京介と桐乃の関係を良好なものと思っていい感情を持っていた。 その一方で父が議員、母がPTA会長といった家庭環境や、やや潔癖な性格もあってゲームが犯罪を引き起こすという言説に感銘を受けており、オタクに対しては「犯罪者予備軍」「穢らわしくておぞましい趣味」といった強固な偏見や生理的嫌悪感を抱いている。 そのため桐乃の趣味を知ったときはひどくショックを受け、親友を思う気持ちから悪習から足を洗うよう厳しく迫り、一時は絶交状態にまで陥ってしまう。 その後京介の説得で和解しその趣味についても黙認するようになるが、一方その説得方法が原因となって今度は京介と微妙な関係になってしまい顔を会わせるたびに辛辣な言葉を投げかけるようになる。 ただし、実際にあやせ本人が京介の真意を理解しているかはぼかされているものの、京介は自分がオタク趣味への嫌悪感を当てる材料として利用されていると解釈しており、桐乃の事情を知る友人として、彼女が困っている時には渋々ながら京介と協力関係を結ぶこともあるなど、紆余曲折を経ながらも京介との人間関係を維持している。 次第に京介を気にするようになっていく。 京介の一人暮らしの際には率先してごはんを作ったり世話を焼いたりしており、ストーカー騒動の後で京介に告白した。 しかし、京介は桐乃に告白することを決意していたため、あやせの告白を受け入れなかった。 原作では京介との関係が良好だった頃に、彼を介して麻奈実と知り合っており、その後も連絡を取り合っている。 wikipedia. ショートヘア。 京介の同級生。 彼の幼馴染でもあり、その付き合いは十年以上にもなる。 若干天然気味だが成績は良く、図書館で京介に付き合って勉強しているお陰で京介は成績を落とさずに済んでいる。 かと言って恋愛関係に進展する気配もなく、京介によると「隣にいてくれると、なんとなく心地よい」関係で一番の相談相手でもある。 もっとも浩平を始めとする同級生や京介の母などからは付き合っていると思われており、桐乃からも「デレデレしている」と見えている上、過去に京介が起こした事件の結果を麻奈実のせいであると勘違いしたため、一方的に拒絶されており、また麻奈実の側も京介との関係を進展させようとしている素振りを見せることもある。 だが、たまに自分の孫のように扱っているような場面が多々見られる。 菓子作りを始めとして料理が得意。 眼鏡をかけていて、裸眼では視力0. 1以下になる。 外来語の発音が苦手で棒読みになる。 彼女を敵視している桐乃からは「地味子(じみこ)」と呼ばれている。 京介に「おまえって、畳のにおいがするよな。 身体がい草でできてんじゃねーの」と言われたとき、いきなり泣いてしまったことがある。 黒猫に、「ベルフェゴール」と識別される。 京介にとって、派手で非凡で相手をしていて疲れる桐乃とは正反対の存在として対比される人物。 京介との間でサブカルチャー関係の話題が交わされることはほとんどないが、桐乃に関する相談事が話題になることはある。 後に京介を介してあやせ、黒猫と面識を持つようになり、特にあやせとは親密に情報を交換している[86]。 さらにあやせを介して加奈子と知り合い、料理を教えている。 黒猫やあやせや加奈子が京介に対して好意を持つことに対しては好意的にみているが、京介と桐乃が恋愛関係になることに対してだけは否定的な考え方をしている。 京介と桐乃の『約束』が卒業式の日までであることを知っていたのか知らなかったのかは不明だが、あえて本人たちの前でそれを告げている。 wikipedia. 15歳。 中学3年生。 「オタクっ娘あつまれー」の管理人で、作中では「沙織・バジーナ」というハンドルネームを名乗っている。 約180cmの長身にジーンズ、ぐるぐる眼鏡をかけて頭にバンダナを巻き、丸めたポスターが挿さったリュックを背負うというステレオタイプな秋葉系ファッションが特徴で、桐乃たちの前ではいかにもオタクっぽい口調の人物として振る舞っている。 自慢はスリーサイズが藤原紀香と同じであるということ。 面倒見は良く、皆のムードメーカー的存在であり、常に周囲への気配りを怠らない性格。 なかなかオフ会に馴染めない様子であった桐乃と黒猫を二次会に誘ったことをきっかけに、桐乃に同行していた京介とも知り合い交友を深めていく。 姉や両親のつてによる豊富な人脈を持ち、出版業界にもコネを持っている。 実は大富豪の令嬢であり、オフの場で普段見せているオタクっぽい恰好や振る舞いはキャラ作りの一環。 沙織本人によると、自分を鼓舞してコミュニティを結成するまでは引っ込み思案な性格であったといい、家族の縁故に頼らず独力で結成したコミュニティに対して強い愛着を抱いている。 自宅は高坂家からは離れており、原作では千葉県外にある海沿いの高級住宅街とされ、アニメ版では神奈川県横浜市在住であると設定されている。 親元を離れ、親の資産であるマンションを一棟丸ごと借り切って住んでおり、部屋中にガンプラやレトロゲーム、昭和の食玩や玩具、美少女フィギュアなどといったコレクションを陳列している。 アニメ版では執事やメイドを伴っている描写がある。 作中2年目からは高校に進学しており、通学先は名の知れたお嬢様学校であるという。 香織という姉がおり、沙織の趣味や人脈、コミュニティに対する接し方は姉から大きな影響を受けているが、現在は結婚して海外で暮らしている。 wikipedia. 桐乃の同級生の友人。 小柄な体格で、髪型はツインテール。 初めて会った京介にも怖じず、今時の女子中学生らしく思ったことをすぐ口にする性格。 また唯我独尊としており口調も乱暴で、あやせや京介もその扱いに困惑することも多い。 ただヒネている一方で真面目な芯も持っている。 アイドルを志しているようでダンスレッスンやカラオケで練習などをしており、オーディションなどにも幾度か出ている。 その成果もあって、歌唱力や踊りは一般のそれを凌駕している。 中学生でありながら喫煙の習慣があり、作中で一度補導されているが、後に禁煙する。 ファンからの愛称は「かなかな」。 コスプレは仕事と割り切っているが、元々目立ちたがり屋な性格でもあり、自分を崇拝してくれるファンたちは、たとえ気持ちの悪いオタクであってもかわいく思える存在である。 京介とは幾度か顔を合わせているが、京介はその都度マネージャー見習いを装っていたり、桐乃の交際相手を装っていたりと、毎回立場を偽っている。 しかし、ライブ会場で桐乃共々目撃したことや本名をばらしたことなどから「桐乃の兄」であることを認識していた。 交流が深まるにつれ、京介を異性として意識するようになる。 その想いが恋愛感情に発展するに至り、ライブでのMCを利用して告白するも、すでに桐乃と恋人関係になっていたため見事に玉砕した。 あやせを介して麻奈実と知り合い料理を習っており、原作10巻では京介に味見をさせている。 劇中アニメ「マスケラ」の原作者でもある「彼方(かなた)」という姉がいる。 wikipedia. org 名言 お二人の関係に口を挟む筋合いなら、ちゃんとあります・・・私がなんとなく気に入らないからです! 新垣あやせの名言。

次の