富士 ゼロックス エラー コード。 富士ゼロックスに関するトピックス:朝日新聞デジタル

富士ゼロックスのプリンター「C3350」を使用している者です。エ...

富士 ゼロックス エラー コード

「プリンターエラーが発生しました。 」と液晶ディスプレイに出た場合だね。 「システムエラー」と表記される事もある。 ) 原因: インクの認識不良、プリントヘッドが正しくない位置にある。 紙片(異物)の詰まり、プリンター内部機器の破損、 インク充填機構部の故障などさまざまな原因が考えられる。 対処法: 1:全てのインクの抜き挿しを行う。 2:(プリントヘッドが動く機種のみ)プリンタの電源を切り、 プリンタカバーを持ち上げて開け、プリントヘッドを一旦本体の 中央辺りへ動かす。 軽い力でプリントヘッドを一番右側に戻し、電源をON。 3:内部に異物(用紙の切れ端など)が入っていないかを 確認し30分ほど時間をおいて再度電源をON。 それでも解決しない場合は要修理の可能性。

次の

「富士ゼロックス」最新質問一覧

富士 ゼロックス エラー コード

[スタート]ボタンを押し、[コンピューター]を右クリックして[プロパティ]を選択• プロパティ画面の左にある[システムの詳細設定]を選択• [コンピューター名]タブの中の[フル コンピューター名:]の横に記載してある名前が「コンピューター名」です。 PCにログインする際のユーザー名とパスワードを確認 パソコン起動時に入力しているユーザー名とパスワードを確認します。 ユーザー名が漢字もしくは平仮名の場合は、スキャナー側からアクセスすることができません。 また、ユーザー名が分からない、パスワードを忘れた場合は、システムを管理している担当者や業者に連絡をします。 もし、パスワードを設定していない場合は、新しくパスワードを設定するようにして下さい。 共有フォルダを作成• [スタート]を押し、[コントロールパネル]を選択• [ネットワークとインターネット]を選択• [ネットワークと共有センター]を選択• [共有の詳細設定の変更]を選択• [ファイルとプリンターの共有]欄の[ファイルとプリンターの共有を有効にする]の横にあるボックスにチェックし、[変更の保存]をクリック• 作成したい場所に新規フォルダを作成し、半角英数字でフォルダ名をつける• 新規作成したフォルダを右クリックし、[プロパティ]を選択• [共有]タブを選び、[詳細な共有]をクリック• [このフォルダーを共有する]の横にあるボックスにチェックし、[アクセス許可]を選択• [Everyone のアクセス許可]にある[変更]の[許可]のボックスをチェックし、[適用]をクリックした後[OK]を押す• [共有]タブを開いて、[共有]ボタンを押す• ドロップダウンリストにある[Everyone]を選択して[追加]ボタンを押す• [共有]ボタンをクリックした後[終了]ボタンをクリック• [セキュリティ]タブを開いて、[グループ名またはユーザー名]にある[Everyone]を選択して[編集]ボタンをクリック• [Everyone のアクセス許可]の欄にある[変更]の[許可]のボックスをチェックし、[適用]ボタン、[OK]ボタンをクリック 手順通りに進めると、以下の4つの項目が確認できたと思います。 「コンピューター名」• パソコンログイン時の「ユーザー名」• パソコンログイン時の「パスワード」• 「共有フォルダ名」 スキャンデータがパソコンに保存できない場合は、原因によって異なるエラーコードが複合機の画面上に表示されます。 各エラーコードの内容と対処法は以下の通りです。 スキャンデータが保存できない原因 上記でご説明した『複合機でデータの送信を確認』の手順2の際に「正常終了」ではなく「異常終了」した場合は、詳細画面のエラーコードを確認してでエラーコードを検索、もしくは複合機のメンテンナンス管理者に連絡して確認します。 以下、エラーコードのなかでも代表的なコードの内容と対処方法について紹介します。 エラーコード「018-747」の対処法 保存先のパソコンが見つからない場合、エラーコード「018-747」が表示されます。 複合機とパソコンを再起動• 複合機に保存先の「ユーザー名」と「パスワード」が正しく設定されているか再度確認• 複合機に「共有フォルダ名」が正しく登録されているか?を再度確認して下さい。 解決しない場合の連絡先 上記の手順通りに作業を行っても解決しない場合は、ゼロックスのお客様センターや販売店に問い合わせましょう。 ゼロックスの複合機本体(前面や横)に名刺ほどの大きさの「貼付カード」が貼ってあり、そのカードに操作方法についてのお問い合わせ先(電話番号)が記載されています。 なお、電話の受付時間は土日祝を除いた平日の9:00~17:30です(一部地域では異なる場合があります)。 「貼付カード」が見当たらず、連絡先が分からない場合は、ゼロックスのお客様相談センター(0120-274-100)に連絡を入れて、問い合わせ先を確認してみましょう。 まとめ 北陸地方にあるOA機器販売会社に新卒で入社し、営業を担当しておりました。 入社時は笑顔とポジティブしか取り柄のなかった私ですが、商品知識を徹底的に身につけ、1年で新規顧客開拓30件を達成しました。 身につけた商品知識を分かりやすく読者の皆様にお届けできるよう、頑張ります! 関連する記事• 2019. 03 コピー機Gメンは全国にある販売店と提携しており、ゼロックス・リコーなど全社メーカーのコピー機のお見積りが可能です。 また、複合機のリース購入だけでなくレ[…]• 2019. 11 コピー機Gメンは全国にある販売店と提携しており、ゼロックス・リコーなど全社メーカーのコピー機のお見積りが可能です。 また、複合機のリース購入だけでなくレ[…]• 2018. 19 目次 1. 留め置き印刷とは?2. 操作方法3. 留め置き印刷の効果3. ミスプリントの削減3. オフィス内の他の複合機でも出力[…]• 2020. 24 目次 1. キャノンの複合機でスキャンができない時の対処方法2. キャノンの複合機でスキャンデータをパソコンに送る方法2. パソコンでの操作手順2[…].

次の

ファイルが見つかりません (エラー 53)

富士 ゼロックス エラー コード

バグの有無ではなく保守性を品質管理の指標にすべき 1962年設立の富士ゼロックスは、主に複合機やオフィスプリンターなどに内蔵されるコントローラーソフトウエアの開発を行っている。 コントローラーソフトウエアは、スキャナーで撮り込んだ画像の加工や印刷、ネットワーク経由の通信、セキュリティなどの各種機能を、操作パネルのユーザーインターフェースを介して制御しており、昨今の多機能なオフィス機器の要といえる。 一方で、多機能になったことでコードは大規模かつ複雑化の一途をたどっている。 「2000年頃は200万行程度だったが、2010年には1000万行を超える勢い。 しかも、関数複雑度という指標で評価したら、ものによってはリスクが伴うほどに複雑で、テストすらできないレベルといった判定になるものもあった」 そう話す富士ゼロックス コントローラ開発本部 マネジャーの土樋祐希氏は、「特に若い開発者にとっては、すでに存在しているソフトウエアを触ることになるわけだが、ドキュメントもない上にコードの可読性も低い。 そのような中でコードに手を加えなくてはならない。 その結果、不具合が発生してしまうケースもあった」と明かした。 富士ゼロックス コントローラ開発本部 コントローラプラットフォーム 第二開発部 マネジャー 土樋祐希氏 原因は、ソフトウエアの品質の捉え方にあった。 これまで同社では、「バグがないことが高品質である」という考えに基づき、スナップショット的な品質評価を行ってきた。 実際、バグの有無は指標として分かりやすい。 しかし、コードの複雑度や可読性といった中身をきちんと整理しないと、怖くて誰も触れないままソフトウエアは巨大化する。 それにびくびくしながら運用するのは、リスクを高めるばかり。 しかも、維持費や開発費にも響いてくる。 今後はバグだけではなく、将来的な保守を見据えた品質管理もしていくべきだ。 そう同社は考えた。 といっても、ゼロからソフトウエアを作り直して再スタートを切るのは厳しい。 そこで、コードの複雑度を整理し、保守性の高い状態へ持っていく「リファクタリング」を採用することにした。 コードがすっきりして分かりやすくなれば、修正や機能追加が円滑になると踏んだからだ。 リファクタリングの定義やプロセス構築、教育でテコ入れ開始 だが、進める上でいくつかの課題があった。 一つは、1000万行もあるコードをどこまで修正するのかという、大規模であるがゆえの課題だ。 「巨大なソフトウエアを全てを直すことは非現実的。 効率良く効果的な改善につなげるために、どこから優先的に手を付けるべきか悩んだ」(土樋氏)。 また、現在はコードに継ぎ足すだけで仕事として成り立ってしまっているが、リファクタリングするとなると設計面の技術力などが問われてくる。 そうした再教育も必要になる場面も出てくる可能性がある。 さらに、風土に関する課題も懸念された。 「今動いているものに手を加えるべきではないという意識が働き、変化に抵抗する人も出てくることが予測された」(土樋氏)。 検討の末、まずは全体をざっくり整理し、リファクタリング対象を絞り込み、そこから手を付けていく方向で少しずつ解消していくという結論にたどり着いた。 リファクタリング対象を絞り込む基準として、同社は複雑な関数の数を縦軸、一定期間内のコミット数(コードの修正回数)を横軸とした二元表を作成した。 そして、両軸共にしきい値が高い、よく修正が発生して複雑度も高い「NGエリア」の部分から優先的に取り組むことにした。 この指標を示したことで、リファクタリングしようというコンセンサスも得やすかったと土樋氏は言う。 メトリクスを使用したリファクタリング対象の絞り込み リファクタリングを進める上では、「」と「」などのツールを活用した。 Lattixは、Java、. 依存関係はメトリクス表示され、コンポーネントやパッケージといった抽象的な粒度から、クラスやソースファイルなどの詳細な粒度まで、階層を折りたたみながら俯瞰できるのが特徴だ。 Understandは、コードを高速解析し、プログラムの制御フローや構造、関数や変数の呼び出し関係など、要素間の関係をフロー図やツリーで可視化するコード解析ツールだ。 コードの複雑度やカウントメトリクス(ファイル数や実行可能コード行数など)、オブジェクト指向メトリクス(クラスメソッド数、クラス結合度など)を含む約100種類のソフトウエアメトリクスを計測、リポートするなど、より粒度の細かい部分で問題の洗い出しができるのが特徴だ。

次の