お参り とお 詣り。 十日恵比須神社 【公式ホームページ】正月大祭について

お宮詣りの意味とは?「お詣り」と「お参り」の違いは?知っておきたい基礎知識|創業明治39年 ふじぜん

お参り とお 詣り

お参りに「良い日」や「時間帯」「マナー」はあるの??神社を参拝するとき! おすすめの日は お祭りをしている時期、毎月一日(月旦祭)と十五日(月次祭)、六月三十一日、十二月三十一日の大祓の神事、ほかの神事をしている日はとくに神気もよろしく、おすすめしたい日です。 基本的によい時間帯、よくない時間帯というものはありません。 実際、伊勢神宮でも、いちばん重要な神事は夜遅くに行われています。 それはほかの神社でもおなじです。 二年参りでは夜中に参拝される方が多くおられます。 ですが、どの神社でも安全であるとはいえなくなりました。 常識的にみて、初詣、二年参り以外での夜の参拝は避けたほうがよいでしょう。 祈願をされるために参拝されるのでしたら、陽の時間帯。 朝、六時半から11時半までが最良とされ、11時半から三時半までは良とされています。 参拝のマナー 神社の祭神や神霊は、古い時代の祖先神です。 つまり昔気質の存在ですから、参拝も古式にのっとっておこなったほうがよろしいようです。 神社にいっても姿がみえるわけではありませんが、貴人に会うつもりで参拝したほうがよいのです。 本来であれば、服装も地味に、スーツなどを着て参拝するほうがよいでしょう。 女性の方はパンツスーツやワンピースなどがおすすめです。 とくに大事な参拝のときは、前日から酒や肉を絶ち、タバコなどもひかえるべきです。 古来は一週間くらい心身を清めてから参拝していました。 参拝するときはまずは身も心も正して参拝したほうがよいでしょう。 黒色の服装は好ましくありません。 白を基調にしたものがよいのです。 白無垢でおこなう神前結婚は、神にすべてをゆだねますという意思表示の衣装なのです。 その姿での参拝は無理ですから、ワンポイントで白をつかうだけでもよいでしょう。 引用元- ある程度きちんとした服装の方がよさそうですね。 あまりにもカジュアルすぎたり、奇抜な格好での参拝は避けた方が良いようです。 願いをかなえてほしいと思う神様に対し、失礼のないようにふるまうことが大切なのだと思います。 大切な方への訪問を意識してみましょう。 毎月1日が良い日って知ってた?神社の参拝に向いている日について! お朔日参りとは 今回は、「お朔日参り(おついたちまいり)」についてです。 「お朔日参り」とは、古くから伝わる、毎月1日(朔日)に神社に参拝する風習のことです。 「朔日」とは新月のことで、月の運行を基準とした太陰暦では、1日は新月で、15日は満月になります。 現在は、太陽暦を使用していますので、必ずしも1日が新月ではありませんが、毎月1日には、いつもより早く起き、自分の住む土地の氏神様・鎮守様をお参りし、無事に過ごせた1か月への感謝と、新しい月の無事(無病息災、家内安全)、生業繁栄などを祈念する風習として残っています。 本来の趣旨 江戸時代は、新月、満月には神様の力が強まり、願望が成就しやすいということで、1日と15日に参拝したという説もありますが、「お朔日参り」の本来の目的は、「願望成就」や「幸運を引き寄せる」ことではありません。 月に1度でも、神社に参拝することで、神聖な氣に触れ、日々の日常生活の中でついた心の垢や穢れを洗い流し、目に見えない加護や導きを思い出し、それに感謝し、神様の視点で物事を見たり、受け取れるよう、自分自身をリセットするためです。 「お朔日参り」はいつはじめても良いですし、月に1、2度は神社を訪れ、身を清めて、自らをリセットしましょうというのが趣旨なので、絶対1日でなくてはいけないということはありません。 引用元- 原点に戻る日とも言えそうです。 「一日だから参拝しよう」ではなく、月に一度でもいいから神社の参拝をして心を清めようというのがその趣旨です。 自分の現状を鑑みて、都合の良い日を作り、お参りすることを習慣としていきましょう。 大安や仏滅など「 六曜の意味」や「神社との関係」を教えて!参拝に良い日なの? 大安は良い日? 結婚式や地鎮祭、そもそも神社のお参りもやっぱり「大安」がいい!と考える方は多いようです。 逆にせっかくのお宮参りだから「仏滅」はやめよう、お葬式の日取りは「友引」は避けて・・・とも思います。 「大安だから」、「仏滅だから」ということで神社にご相談される方は大勢いらっしゃいます。 皆さんも一度は悩んだ経験があるのではないでしょうか? 今回はこの「大安」「仏滅」などの「六曜」について解説します! よくわかる六曜講座 六曜とは何なのか? 六曜(ろくよう)とは「先勝」、「友引」、「先負」、「仏滅」、「大安」、「赤口」の6種のことです。 (後に個別に解説します) そもそも六曜は中国で生まれた思想だと言われていますが、正確なことは定かではありません。 日本に伝来したのは鎌倉時代から室町時代にかけてと考えられおり、江戸末期には庶民の暦に記載されはじめました。 明治時代には吉凶付きの暦注は迷信であると禁止されますが、第二次世界大戦以降国民の間に広く普及しました。 各六曜ごとに吉凶、運勢が定められています。 賭け事など勝負に関する内容が多くなっています。 一般的なカレンダーではよく見かけますが、行政・公共機関が発行するカレンダーには六曜は記載されていないようです。 六陽と神社・寺の関係 最初に述べたように、神社の祭事を六曜の良し悪しで決める方がいらっしゃいます。 もちろん考えはそれぞれですので否定はしませんが、一般的に神社(参拝および祭事など)と六曜は何ら関係ありません。 仏滅だからお参りに向かない、お祭りを控えるというのは必要ありません。 また「仏滅」「友引」という六曜から寺・仏教と関係があると思われている方がいらっしゃいますが、これも関係ないようです。 お釈迦様は占いを禁じていらっしゃいますし、浄土真宗では日の吉凶を選ぶことを否定的に捉えているようです。 引用元- 大安と仏事が関係ないとは知りませんでした。 「仏滅は仏様が死んだ日だから不吉な日だよ」と聞いたことがあるのですが、実は六曜と仏教とは関係のないものだったのですね。 仏事はもちろん、神事も六曜をもとに決めることではないようです。 【注意】 お願いごとに行く場所ではない!?神社は何をするところ?? お願い事がかなわなかった?! パワースポットブームの昨今。 素敵な恋を手に入れたい女性なら、縁結びや恋愛成就に強いと噂の神社に足を運んだことがあるのでは? でも、お参りしたのにちっとも効果なし。 縁結びのお守りも買ったのに…という人は少なくないはず。 ほかにも、島根の出雲大社や八重垣神社、京都の貴船神社に行ったという話も良く聞きます。 でも…、中にはモテ期が来た!という人もいますが、効果がないと言っている人が多いんです。 なぜ、効かなかったのでしょうか? 「 本来は、神社はお願い事をしに行く場所ではありません。 行けば必ず願いがかなうというわけでもないのです。 棚ボタ的なラッキーをイメージすると、期待はずれ……ということになりがちです」 本来神社とは… ええ?!そうなんですか?では、神社とはどういうところ? 「神社は神様がいらっしゃる場所。 神様を敬い、日頃の感謝を伝え、祈りをささげる場所であると同時に、人が神様とつながりを持てる所でもあります。 そして、神様はそれぞれ個性や受け持つ分野が違います。 では、どういう心構えで行ったらいいのでしょうか? 「神社には、 神様のエネルギーを感じ、ご神気をいただく、という気持ちで行くのがいいですね。 高いエネルギーに自分を浸すことで、自分自身のエネルギーレベルも高まります」 引用元- 縁結び神社に参拝するだけではだめということですね。 「片思いの彼と両想いになりますように」等という願いをかなえてもらうために縁結び神社にせっせと通っている女子も多いことでしょうが、それは間違っていたのですね。 その時だけすがって願うような信仰ではいけないということでしょうね。 この水だけで以下のステップすべてを行います。 2. 左手にかけて洗います。 4. 再度ひしゃくを右に持ち替えて、左手に水を受けて口をすすぎます。 6. 最後にひしゃくを立て、自分が触れた柄の部分に水をかけて清めます。 7. ひしゃくを伏せて置きます。 手水の本来の意味は、世俗のけがれを水で落として神前に出るということです。 そのため、昔の参拝者たちは川や池、海や滝などで体を洗ってから神前に出向いていたそうです。 しかし、現代でそこまで大掛かりにすることは難しいため、簡略化した形で手水があるのです。 その意味で、手水をした後にタオルなどで拭いてしまってはせっかく水で清めた意味がありません。 手水をした後の手は、自然に乾燥させましょう。 さいごに 初詣以外でも、お宮詣りや七五三、お祓いなどで神社に行ったときにこの方法で手水をつかってみてください。 引用元-.

次の

お参り・お詣り・参拝・参詣|正しく使い分けましょう

お参り とお 詣り

Contents• 男女とも数え年で13歳を迎えた少年、少女のために、 これまで健やかに成長できたことへの感謝とともに、これから益々 知恵と福徳を授かる為に、広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩さまである 虚空蔵菩薩に参拝する行事、子供の多福と開運を祈るお祝いの儀式になります。 現在、京都嵐山の法輪寺では 、新暦4月13日を中日とした3月13日~5月13日と10月~11月にかけて 十三参りの行事日程にあてています。 そもそもは、虚空蔵菩薩と縁が深い旧暦の3月13日、新暦の4月13日にお参りする年中行事となっていました。 しかし、現在は、4月13日の前後一カ月の間、 新暦でいうと 3月13日から5月13日の間「十三まいり」は、 法輪寺では行われていますし、数え年の13歳の間に行われるといったことにもなっているようです。 そのように、「十三まいり」は、 京都嵯峨の法輪寺がのはじまりといわれるように関西が中心で行われていました。 しかし、 難波より 十三まゐり 十三里 もらひにのほる 智恵もさまざま この歌のように難波よりとなっているように江戸時代の中頃から京都・大阪の関西のみならず関東の方にもひろがっていった儀礼です。 「十三参り」の由来は、 平安時代のはじめ、幼くして帝位についた清和天皇が 数え年で13歳になった際に 成人の証として法輪寺で勅願法要を催したことがはじまり とされています。 法輪寺のご本尊である虚空蔵菩薩は、十三番目に誕生した智恵と福徳を司る菩薩とされています。 それれらのことから、成人になる儀礼として 法輪寺の虚空蔵菩薩に詣でる「十三参り(十三詣り)」が行われるようになったということです。 そんな、理由により、今でも京都嵯峨の虚空蔵法輪寺における「十三参り」一番有名なのですね。 また、 「十三参り(十三詣り)」は、 別名、「知恵詣り」、「智恵もらい」とも言われます。 そのように「知恵」といった言葉がでてくるのは、弘法大師(空海)が室戸岬の洞窟 御厨人窟 に籠もって 虚空蔵求聞持法を修したことによって飛躍的に記憶力が増したことから由来するそうです。 ですが、 大人の寸法ですので肩上げを必ずすることになります。 そして その晴着の着物をおりあるごとに着せることによって、 着物になじませ自然な大人の立居振舞を身につけさせるといったことの意味もあります。 大切な漢字一字 お写経を奉納するのがもっとも丁重な参拝方法ですが、「十三参り」は、半紙に 自分が大切にしている漢字一文字を毛筆でしたため供え、ご祈祷を受けます。 その後、 最後にお守りとお供物を頂いて帰り親に感謝を述べるのです。 その お守りはできるだけ身につけるようにします。 十三まいり参詣の帰路は振り返らない理由 参詣の帰路、 本堂を出たあとは、決して振り返ってはいけません。 法輪寺では、 桂川にかかる渡月橋という長い橋を渡り終えるまでは振り返らないとされています。 狭い長い石段を降リ切った鳥居をくぐるまで または、 渡月橋を渡り終わるまでは周囲の誘いにも動じず後ろを振り向かないで貫き通すといった精神力が必要です。 振り返ってはいけない理由は、後ろを振り返ると せっかく授かった智恵を返さなければならないという 伝承があるからです。 十三参りで有名な京都の法輪寺では、 桂川にかかる渡月橋という長い橋を渡り終えるまでは振り返らないこととされています。 そんな習俗があることをお参りの前にしっかりとお子様に教えおかなくてはいけません。 十三参りの参拝時期と年齢 スポンサードリンク そのような由来や歴史のある十三まいりですが、現在の参拝時期や年齢を正確に確認していきたいと思います。 年齢は、昔とおりの 数えの13歳のときです。 時期は、もともと新暦でいうと3月13日から5月13日でありすので 今で、12歳あたりですね。 3月後半の生まれの人で11歳の人もあるかと思いますが・・・。 ですのでちょうど 小学校を卒業して中学校に入学する時期にあたります。 ですので、 その期間に寺社に詣でる形式が一般的になっています。 年齢も時期も男の子、女の子一緒です。 時期は、3月13日から5月13日だけでなく、 1年中行っていただける神社や秋にも十三参りの期間がある神社もあります。 法輪寺であれが、「秋の十三まいり」として10月1日から11月30日まで行っておられますし、個別の祈祷の受付は年中されています。 このような 13歳というのは、現在も人生の大きな節目になっています。 昔も、男の子であれば、数えの12歳から16歳のあたりにされる 子供の髪型から大人の髪型を結い、冠親により冠をつけたり、 幼名から元服名にかえるなどする儀式「元服」の時期にもあたります。 女の子では、平安時代などに公家の女子が成人したしるしに初めて 裳をつける儀式である 着裳 ちゃくも 式や かぶろにしていた髪を束ねて後ろに垂らす 髪上げも結婚前の12歳から13歳頃の吉日を選んで行われることが多かったのです。 なので、 振袖の着物を肩上げして参拝し、 帰宅後にその肩上げの糸を外すといったことで大人の仲間入りといった意味もあるようです。 振袖でなく、 訪問着でも正装でありますので大丈夫です。 洋服はどうなのかというともちろん 軽装であるのはいけませんが、 中学校の制服もしくは 清楚なワンピースなど正装としてふさわしい洋服であればいいかと思います。 しかし現在は、しまっておくところも手入れも大変といったことで、 レンタルで済まされる方も多いです。 法輪寺のまわりにはレンタルの着物と着付け、アルバムなどにするための写真の撮影をパックでされている写真館なども数多くあります。 他のところで「十三参り」をする場合でもそういった着物をレンタルするところもあると思いますのでレンタル着物十分いいと思います。 しかし、本来のとおり十三参りで新調した 振袖などや訪問着などをを成人式やその後にも使うといったことで だんだん自分の着慣れた着物にしていくといったことでしたら、この機会に晴れ着を用意してみてもいいかと思います。 その際の着物は、 一生付き合う高価なものになりますので「十三参り」をするべき年齢ぎりぎりにあせることなく 1年くらい前から様々なものの中から子供さんにあったものを選んでおきたいですね。 しかし、男の子の場合は、 「羽織袴」を新調する方はすくないですね。 レンタルでももちろん大丈夫です。 スーツや 中学校の制服といったものでも 現代の正装にあたりますのでいいかとは思います。 でも「羽織袴」をせっかくなので着ておきたい方は、白い足袋と雪駄などの履物でお参りしてみてはいかがでしょうか。 ま と め 十三参りとは?や由来と参拝時期や年齢と服装は着物かやと男の子の服装は?などをお伝えしました。 十三参りは、子供から大人になっていく際に、 智恵を授けていただき、立派な大人になること、そして幸福な人生を送ることができるよう祈願する重要な通過儀礼だといったことがわかりました。 京都嵐山の法輪寺は、そもそもの「十三まいり」の由来のもとになり、 お写経を奉納するのがもっとも丁重な参拝方法だったのですね。 関西では、「十三参り」は大阪の太平寺、奈良の弘仁寺も有名です。 関東では 村松山虚空蔵堂がある茨城県那珂郡東海村を含む茨城県北部地域でも以前より盛んなようですよ。 最近では他の地域でも徐々に盛んになりつつあります。 浅草寺でも3~5月にかけて十三参りが行われているそうです。 子供さんにとって区切りになるいい儀式だと思いますので、是非、由来など話しながら子供の成長を感じたいですね。 関連記事: 投稿者 投稿日: カテゴリー ,.

次の

「十三参り」2020年の時期はいつ?男の子・女の子・母親の服装は?

お参り とお 詣り

お参りに「良い日」や「時間帯」「マナー」はあるの??神社を参拝するとき! おすすめの日は お祭りをしている時期、毎月一日(月旦祭)と十五日(月次祭)、六月三十一日、十二月三十一日の大祓の神事、ほかの神事をしている日はとくに神気もよろしく、おすすめしたい日です。 基本的によい時間帯、よくない時間帯というものはありません。 実際、伊勢神宮でも、いちばん重要な神事は夜遅くに行われています。 それはほかの神社でもおなじです。 二年参りでは夜中に参拝される方が多くおられます。 ですが、どの神社でも安全であるとはいえなくなりました。 常識的にみて、初詣、二年参り以外での夜の参拝は避けたほうがよいでしょう。 祈願をされるために参拝されるのでしたら、陽の時間帯。 朝、六時半から11時半までが最良とされ、11時半から三時半までは良とされています。 参拝のマナー 神社の祭神や神霊は、古い時代の祖先神です。 つまり昔気質の存在ですから、参拝も古式にのっとっておこなったほうがよろしいようです。 神社にいっても姿がみえるわけではありませんが、貴人に会うつもりで参拝したほうがよいのです。 本来であれば、服装も地味に、スーツなどを着て参拝するほうがよいでしょう。 女性の方はパンツスーツやワンピースなどがおすすめです。 とくに大事な参拝のときは、前日から酒や肉を絶ち、タバコなどもひかえるべきです。 古来は一週間くらい心身を清めてから参拝していました。 参拝するときはまずは身も心も正して参拝したほうがよいでしょう。 黒色の服装は好ましくありません。 白を基調にしたものがよいのです。 白無垢でおこなう神前結婚は、神にすべてをゆだねますという意思表示の衣装なのです。 その姿での参拝は無理ですから、ワンポイントで白をつかうだけでもよいでしょう。 引用元- ある程度きちんとした服装の方がよさそうですね。 あまりにもカジュアルすぎたり、奇抜な格好での参拝は避けた方が良いようです。 願いをかなえてほしいと思う神様に対し、失礼のないようにふるまうことが大切なのだと思います。 大切な方への訪問を意識してみましょう。 毎月1日が良い日って知ってた?神社の参拝に向いている日について! お朔日参りとは 今回は、「お朔日参り(おついたちまいり)」についてです。 「お朔日参り」とは、古くから伝わる、毎月1日(朔日)に神社に参拝する風習のことです。 「朔日」とは新月のことで、月の運行を基準とした太陰暦では、1日は新月で、15日は満月になります。 現在は、太陽暦を使用していますので、必ずしも1日が新月ではありませんが、毎月1日には、いつもより早く起き、自分の住む土地の氏神様・鎮守様をお参りし、無事に過ごせた1か月への感謝と、新しい月の無事(無病息災、家内安全)、生業繁栄などを祈念する風習として残っています。 本来の趣旨 江戸時代は、新月、満月には神様の力が強まり、願望が成就しやすいということで、1日と15日に参拝したという説もありますが、「お朔日参り」の本来の目的は、「願望成就」や「幸運を引き寄せる」ことではありません。 月に1度でも、神社に参拝することで、神聖な氣に触れ、日々の日常生活の中でついた心の垢や穢れを洗い流し、目に見えない加護や導きを思い出し、それに感謝し、神様の視点で物事を見たり、受け取れるよう、自分自身をリセットするためです。 「お朔日参り」はいつはじめても良いですし、月に1、2度は神社を訪れ、身を清めて、自らをリセットしましょうというのが趣旨なので、絶対1日でなくてはいけないということはありません。 引用元- 原点に戻る日とも言えそうです。 「一日だから参拝しよう」ではなく、月に一度でもいいから神社の参拝をして心を清めようというのがその趣旨です。 自分の現状を鑑みて、都合の良い日を作り、お参りすることを習慣としていきましょう。 大安や仏滅など「 六曜の意味」や「神社との関係」を教えて!参拝に良い日なの? 大安は良い日? 結婚式や地鎮祭、そもそも神社のお参りもやっぱり「大安」がいい!と考える方は多いようです。 逆にせっかくのお宮参りだから「仏滅」はやめよう、お葬式の日取りは「友引」は避けて・・・とも思います。 「大安だから」、「仏滅だから」ということで神社にご相談される方は大勢いらっしゃいます。 皆さんも一度は悩んだ経験があるのではないでしょうか? 今回はこの「大安」「仏滅」などの「六曜」について解説します! よくわかる六曜講座 六曜とは何なのか? 六曜(ろくよう)とは「先勝」、「友引」、「先負」、「仏滅」、「大安」、「赤口」の6種のことです。 (後に個別に解説します) そもそも六曜は中国で生まれた思想だと言われていますが、正確なことは定かではありません。 日本に伝来したのは鎌倉時代から室町時代にかけてと考えられおり、江戸末期には庶民の暦に記載されはじめました。 明治時代には吉凶付きの暦注は迷信であると禁止されますが、第二次世界大戦以降国民の間に広く普及しました。 各六曜ごとに吉凶、運勢が定められています。 賭け事など勝負に関する内容が多くなっています。 一般的なカレンダーではよく見かけますが、行政・公共機関が発行するカレンダーには六曜は記載されていないようです。 六陽と神社・寺の関係 最初に述べたように、神社の祭事を六曜の良し悪しで決める方がいらっしゃいます。 もちろん考えはそれぞれですので否定はしませんが、一般的に神社(参拝および祭事など)と六曜は何ら関係ありません。 仏滅だからお参りに向かない、お祭りを控えるというのは必要ありません。 また「仏滅」「友引」という六曜から寺・仏教と関係があると思われている方がいらっしゃいますが、これも関係ないようです。 お釈迦様は占いを禁じていらっしゃいますし、浄土真宗では日の吉凶を選ぶことを否定的に捉えているようです。 引用元- 大安と仏事が関係ないとは知りませんでした。 「仏滅は仏様が死んだ日だから不吉な日だよ」と聞いたことがあるのですが、実は六曜と仏教とは関係のないものだったのですね。 仏事はもちろん、神事も六曜をもとに決めることではないようです。 【注意】 お願いごとに行く場所ではない!?神社は何をするところ?? お願い事がかなわなかった?! パワースポットブームの昨今。 素敵な恋を手に入れたい女性なら、縁結びや恋愛成就に強いと噂の神社に足を運んだことがあるのでは? でも、お参りしたのにちっとも効果なし。 縁結びのお守りも買ったのに…という人は少なくないはず。 ほかにも、島根の出雲大社や八重垣神社、京都の貴船神社に行ったという話も良く聞きます。 でも…、中にはモテ期が来た!という人もいますが、効果がないと言っている人が多いんです。 なぜ、効かなかったのでしょうか? 「 本来は、神社はお願い事をしに行く場所ではありません。 行けば必ず願いがかなうというわけでもないのです。 棚ボタ的なラッキーをイメージすると、期待はずれ……ということになりがちです」 本来神社とは… ええ?!そうなんですか?では、神社とはどういうところ? 「神社は神様がいらっしゃる場所。 神様を敬い、日頃の感謝を伝え、祈りをささげる場所であると同時に、人が神様とつながりを持てる所でもあります。 そして、神様はそれぞれ個性や受け持つ分野が違います。 では、どういう心構えで行ったらいいのでしょうか? 「神社には、 神様のエネルギーを感じ、ご神気をいただく、という気持ちで行くのがいいですね。 高いエネルギーに自分を浸すことで、自分自身のエネルギーレベルも高まります」 引用元- 縁結び神社に参拝するだけではだめということですね。 「片思いの彼と両想いになりますように」等という願いをかなえてもらうために縁結び神社にせっせと通っている女子も多いことでしょうが、それは間違っていたのですね。 その時だけすがって願うような信仰ではいけないということでしょうね。 この水だけで以下のステップすべてを行います。 2. 左手にかけて洗います。 4. 再度ひしゃくを右に持ち替えて、左手に水を受けて口をすすぎます。 6. 最後にひしゃくを立て、自分が触れた柄の部分に水をかけて清めます。 7. ひしゃくを伏せて置きます。 手水の本来の意味は、世俗のけがれを水で落として神前に出るということです。 そのため、昔の参拝者たちは川や池、海や滝などで体を洗ってから神前に出向いていたそうです。 しかし、現代でそこまで大掛かりにすることは難しいため、簡略化した形で手水があるのです。 その意味で、手水をした後にタオルなどで拭いてしまってはせっかく水で清めた意味がありません。 手水をした後の手は、自然に乾燥させましょう。 さいごに 初詣以外でも、お宮詣りや七五三、お祓いなどで神社に行ったときにこの方法で手水をつかってみてください。 引用元-.

次の