リンク タイズ 株式 会社。 リンクタイズ / コンテンツ,メディア,採用・転職,ファッション

リンクタイズ 株式会社の採用/求人

リンク タイズ 株式 会社

企業紹介 世界40ヶ国で展開するグローバルビジネス誌「フォーブス」の日本版「フォーブスジャパン」等のメディア事業を展開するスタートアップ。 同社は「フォーブスジャパン」を通じて100年の歴史を持つ「フォーブス」の歴史と信頼、影響力を持つパワフルな人々のネットワークなどの資産を元に、雑誌・Web・イベントなどのプラットフォームを通して、世界最先端の情報を様々なカタチで発信している。 月刊の紙媒体メディアに加え、よりグローバルからローカルまでを網羅したコンテンツ毎日配信しているWebメディア、さらに雑誌やWebで取り上げてきたビジネスリーダーたちを繋ぐプラットフォームを提供し、 Webとは異なるリアルな場での学び舎ネットワークを届けている。 2020年6月にはForbes JAPAN Web編集長が林亜季氏に変わり、谷本有香氏が就任した。 サービス 1987年大和証券入社後、大和総研へ出向し一貫して調査畑を歩む。 1991年より米国にてノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏とともに資産運用モデルの開発に従事。 1997年にゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントへ移り、投資顧問部門マーケティングヘッド、執行役員企画調査室長を経て2001年にピムコジャパンリミテッド入社。 取締役社長を約13年務める。 2014年に金融から出版に転じ、株式会社アトミックスメディア(現リンクタイズ株式会社)代表取締役CEO兼Forbes JAPAN編集長に就任し、2019年よりリンクタイズ株式会社代表取締役会長兼Forbes JAPAN発行人。 2016年よりD4V Design for Ventures, IDEOとの合弁VC のFounder兼CEOを兼務。 その他、GHV Accelerator、エンデバー・ジャパン、日本ベンチャーキャピタル協会、学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン、アジア・パシフィック・イニシアティブ、ヒューマン・ライツ・ウォッチでもボードメンバーとして携わる。 日本経済新聞の連載に寄稿するなど、資本市場全般に関する論文・著書多数。 1992年度証券アナリストジャーナル賞受賞。 早稲田大学理学学士号、工学修士号、同大大学院理工学研究科博士前期課程修了。

次の

新しいメディアのグループ統合に関するお知らせ|リンクタイズ株式会社のプレスリリース

リンク タイズ 株式 会社

企業紹介 世界40ヶ国で展開するグローバルビジネス誌「フォーブス」の日本版「フォーブスジャパン」等のメディア事業を展開するスタートアップ。 同社は「フォーブスジャパン」を通じて100年の歴史を持つ「フォーブス」の歴史と信頼、影響力を持つパワフルな人々のネットワークなどの資産を元に、雑誌・Web・イベントなどのプラットフォームを通して、世界最先端の情報を様々なカタチで発信している。 月刊の紙媒体メディアに加え、よりグローバルからローカルまでを網羅したコンテンツ毎日配信しているWebメディア、さらに雑誌やWebで取り上げてきたビジネスリーダーたちを繋ぐプラットフォームを提供し、 Webとは異なるリアルな場での学び舎ネットワークを届けている。 2020年6月にはForbes JAPAN Web編集長が林亜季氏に変わり、谷本有香氏が就任した。 サービス 1987年大和証券入社後、大和総研へ出向し一貫して調査畑を歩む。 1991年より米国にてノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏とともに資産運用モデルの開発に従事。 1997年にゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントへ移り、投資顧問部門マーケティングヘッド、執行役員企画調査室長を経て2001年にピムコジャパンリミテッド入社。 取締役社長を約13年務める。 2014年に金融から出版に転じ、株式会社アトミックスメディア(現リンクタイズ株式会社)代表取締役CEO兼Forbes JAPAN編集長に就任し、2019年よりリンクタイズ株式会社代表取締役会長兼Forbes JAPAN発行人。 2016年よりD4V Design for Ventures, IDEOとの合弁VC のFounder兼CEOを兼務。 その他、GHV Accelerator、エンデバー・ジャパン、日本ベンチャーキャピタル協会、学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン、アジア・パシフィック・イニシアティブ、ヒューマン・ライツ・ウォッチでもボードメンバーとして携わる。 日本経済新聞の連載に寄稿するなど、資本市場全般に関する論文・著書多数。 1992年度証券アナリストジャーナル賞受賞。 早稲田大学理学学士号、工学修士号、同大大学院理工学研究科博士前期課程修了。

次の

リンクタイズ / コンテンツ,メディア,採用・転職,ファッション

リンク タイズ 株式 会社

企業紹介 世界40ヶ国で展開するグローバルビジネス誌「フォーブス」の日本版「フォーブスジャパン」等のメディア事業を展開するスタートアップ。 同社は「フォーブスジャパン」を通じて100年の歴史を持つ「フォーブス」の歴史と信頼、影響力を持つパワフルな人々のネットワークなどの資産を元に、雑誌・Web・イベントなどのプラットフォームを通して、世界最先端の情報を様々なカタチで発信している。 月刊の紙媒体メディアに加え、よりグローバルからローカルまでを網羅したコンテンツ毎日配信しているWebメディア、さらに雑誌やWebで取り上げてきたビジネスリーダーたちを繋ぐプラットフォームを提供し、 Webとは異なるリアルな場での学び舎ネットワークを届けている。 2020年6月にはForbes JAPAN Web編集長が林亜季氏に変わり、谷本有香氏が就任した。 サービス 1987年大和証券入社後、大和総研へ出向し一貫して調査畑を歩む。 1991年より米国にてノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏とともに資産運用モデルの開発に従事。 1997年にゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントへ移り、投資顧問部門マーケティングヘッド、執行役員企画調査室長を経て2001年にピムコジャパンリミテッド入社。 取締役社長を約13年務める。 2014年に金融から出版に転じ、株式会社アトミックスメディア(現リンクタイズ株式会社)代表取締役CEO兼Forbes JAPAN編集長に就任し、2019年よりリンクタイズ株式会社代表取締役会長兼Forbes JAPAN発行人。 2016年よりD4V Design for Ventures, IDEOとの合弁VC のFounder兼CEOを兼務。 その他、GHV Accelerator、エンデバー・ジャパン、日本ベンチャーキャピタル協会、学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン、アジア・パシフィック・イニシアティブ、ヒューマン・ライツ・ウォッチでもボードメンバーとして携わる。 日本経済新聞の連載に寄稿するなど、資本市場全般に関する論文・著書多数。 1992年度証券アナリストジャーナル賞受賞。 早稲田大学理学学士号、工学修士号、同大大学院理工学研究科博士前期課程修了。

次の