ご 確認 の ほど よろしく お願い いたし ます。 「ご確認お願いします」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

敬語「ご確認」の使い方と例文|ご確認のほど・ご確認お願いします

ご 確認 の ほど よろしく お願い いたし ます

私達は、日常生活で、相手に何かを確認してもらいたい時や、チェックしてもらいたい時、「確認」という言葉をよく使います。 ビジネスの場でも、資料やデータのやり取りをする際などに、「ご確認」という言葉をよく使うと思います。 ビジネスシーンでは、敬語や丁寧語が基本とされている為、相手に確認を頼む際も、「ご確認下さい」など、丁寧な表現を使うことが一般的です。 しかし、「ご確認」のフレーズはたくさんあり、使い方も幅広くあります。 その為、誤った使い方で覚えてしまいがちな言葉でもあるのです。 以下で、「ご確認」の正しい使い方や例文をご紹介していくので、確認していきましょう。 「ご確認」は「ご」+「確認」の【丁寧語】 また、「ご確認のほど~」という言い回しも、よく見掛けるフレーズの1つです。 「ご確認」以外にも、敬語などでよく使われる「~のほど」というフレーズ。 この「ほど」という言葉には、断定や強制を避け、柔らかい雰囲気やニュアンスを演出する効果があると言われています。 上記でご紹介した「ご確認ください」は、確認することを相手に義務づけたり強制したりしているイメージが、少しありますね。 しかし、「ご確認のほど~」というように、「ほど」を付けることで、強制的な印象が弱まるのです。 では、「ご確認のほど~」の言い回しを、例文で確認していきましょう。 ・ご確認のほど、お願い申し上げます。 ・ご確認のほど、宜しくお願い致します。 「~のほど」は、今回のテーマである、「ご確認」の他には、「ご協力のほど~」「ご支援のほど~」といった使い方があります。 また、「ご確認の上~」という言い回しも、ビジネスメールではよく使われます。 上記でご紹介した「ご確認のほど~」などの言い回しは、「お願い致します」などの言葉が続くことが多く、相手に確認をお願いする場合に使われる言葉となっております。 ただ確認をお願いするだけでなく、確認した上で何か動作や反応をお願いする際に使われる表現なのです。 実際に、例文を通して、「ご確認の上~」という表現の使い方を学んでいきましょう。 ・数量をよくご確認の上、受領印を押してください。 ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の

「ご確認お願いします・ご確認の程宜しくお願い致します」は正しい?

ご 確認 の ほど よろしく お願い いたし ます

「ご確認のほど」の意味について正確に理解したいのであれば「ご確認のほど」を2つに分けて意味を考えることができます。 1つ目の部分は「ご確認のほど」の「確認」という言葉になります。 辞書などで調べてみると「確認」には「確かにそうだと認めること」もしくは「はっきり認めること」という意味が含められています。 そのため、まだはっきりと認められていないことを認めることができるように促したいのであれば「確認」という言葉が使われることになります。 「ほど」の意味 「ご確認のほど」の後半の部分の「ほど」という言葉には「断定を避けて、表現を和らげるのに役立つ」という意味が含まれています。 つまり「ほど」というフレーズに独特の意味が含められているわけではありませんが、強い言い方を避けたい時に「ほど」を使用できることがわかります。 例えば「ご確認お願いします」というフレーズと「ご確認のほどお願いします」では、表現している意味はほとんど同じになります。 しかし、大切な点として、相手に対して与える印象が異なることになります。 この2つのフレーズのどちらの方が、優しい響きがするでしょうか。 おそらく、ほとんど全ての人が、後半の「ご確認のほどお願いします」の方が、やさしくお願い事をされているイメージを受けるに違いありません。 そのため、相手に厳しいイメージを与えたくないのであれば「ほど」を使うことをお勧めいたします。 ご確認のほどよろしくお願いいたします 実際に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」というフレーズを職場の同僚との会話の中でも使用することが可能です。 このフレーズの中で使用されている、敬意の込められた表現に注目することができます。 例えば「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」では、謙譲語が使われていることになります。 なぜなら、語尾の部分に「いたします」という表現が使用されているからです。 この表現を使用すれば、かなり目上の人に対しても深い敬意を示すことが可能になります。 「いたします」という謙譲語で、自分の身分を下にみなして相手に対して深い敬意を示すことができているからです。 普段からかなり目上の人と会話する機会が多いのであれば「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現を習得する必要があります。 ご確認のほどいかがでしょうか 他にも「ご確認のほど、いかがでしょうか」という敬語の使用されている質問を会話の中に取り入れることができます。 この場合は「確認の結果はどうでしたか」という意味の質問をしていることになります。 まだ、職場の同僚が確認を終えていないのであれば「ご確認のほど、いかがでしょうか」というフレーズを使用することはできません。 相手も何を答えたら良いか分からないからです。 それでも、何かの書類を確認し終えた周りの人に「ご確認のほど、いかがでしょうか」と質問するのであれば、敬意を込めながら確認の結果を確かめることができます。 職場で周りの人と意思の疎通が多いのであれは、この質問を習得すると非常に実用的です。 お手数ですがご確認のほど 相手に対して確認を依頼することに非常に申し訳なさを感じているのであれば「お手数ですが、ご確認のほど」というフレーズを使用することができます。 「お手数ですが」というフレーズを使用することによって「面倒ですが」や「手間を取らせて恐縮ですが」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。 そのため、何かの確認を依頼することが、相手にとって迷惑なことであるのであれば「お手数ですが」という言葉を最初につけることによって、相手の人の怒りを買うのを避けることができるはずです。 目上の人を怒らせることや、人間関係のトラブルを避けるためにも「お手数ですが、ご確認のほど」というフレーズは非常に便利になります。 ビジネスメールでの「ご確認のほど」の使い方 「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という文章をビジネスメールの中でそのまま使用することができます。 しかし、使い方に注意する必要があります。 なぜなら「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」を文章の初めに使用してしまうと、意味が伝わりにくくなってしまうからです。 相手からしても「何をお願いされているのかなんだかわからない」という気持ちになってしまうはずです。 そのような混乱を防ぐためにも、お願い事をした後に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現を使用することができます。 相手の人にメールの返信を促すことは気の引けることですが、メールの最後の部分に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という文章を使えば、間接的に「確認をした後にメールの返信をしてください」という意味を伝えていることにもなります。 確認結果を返信してほしいときに使用できるフレーズです。 相手別「ご確認のほど」の使い方 「ご確認のほど」の含まれているフレーズを使うことのできる場面はたくさんあります。 それでも「ご確認のほど」は、会話をしている相手によって使い方を変えなければなりません。 そのため、これから「ご確認のほど」の具体的な使い方について紹介します。 上司 上司と会話をしているのであればある程度緊張するはずです。 しかも、あまり面識のない上司と会話をしている時には、相手を苛立たせることのないように注意する必要があります。 その時でも「お忙しいところ、大変お手数ではございますが、ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現を使用することができます。 単純に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現だけを上司に使うこともできます。 しかし、怒りやすい上司や、不機嫌になっている上司と会話しているのであれば、他の表現をプラスして、柔らかい表現をすることができるよう工夫しなければなりません。 その時に役立つのが、例文でも使用されている「お忙しいところ、大変お手数ではございますが」というフレーズになります。 相手が忙しいことを前提に、しかも、気遣いを示しながら会話をしているので、気難しい上司にも受け入れやすい表現です。 「ご確認のほど」の類語 「ご確認のほど」の含まれている例文を会話の中で積極的に使用することによって、目上の人とのスムーズなコミュニケーションを図ることが可能になります。 しかし「ご確認のほど」を不必要に会話の中で使ってしまうと、周りの人に違和感与えてしまう可能性もあります。 そのような事態を避けるためにも「ご確認のほど」の類語について詳しく紹介します。 見極める 「ご確認のほど」の類語の1つに「見極める」という言葉があります。 「見極める」には「徹底的によく見て知る」という意味が含まれています。 そのため、何かのことについて徹底的に調べて欲しいのであれは「見極める」という言葉を使用することが可能です。 「ご確認のほど」の代わりに「見極めてくださいませんか」と言うのであれば、調査が徹底的に行われます。 確証を得る 世の中には似ているフレーズがたくさんあります。 例えば「ご確認のほど」と「確認のほど」という2つのフレーズもほとんど同じ響きがあります。 しかし「ご確認のほど」と「確認のほど」という2つのフレーズの間に意味の違いはあるのでしょうか。 「ご」は「敬意の意」 「ご確認のほど」と「確認のほど」という2つのフレーズの違いは、たった1文字です。 「ご」がついているのか、ついていないのか、が唯一の違いになります。 そして「ご」には「敬意の意」という意味が含まれていることになります。 そのため、より深い敬意を示したいと感じているのであれば「ご確認のほど」という フレーズを選択するのが賢明であることがわかります。 敬語での「ご確認のほど」の使い方 目上の人と会話をしているのであれば「ご確認のほど」の敬語表現を使うのは当然のことです。 そして「ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます」という敬語表現を目上の人と会話しているときに使用することが可能です。 「申し上げます」は正しい敬語ですし「言う」が謙譲語である「申す」に言い換えられていることに注目できます。 そのため、社長など、かなり目上の人と会話をしている場合であったとしても「ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます」という敬語表現は使用することが可能です。 仲の良い人にこのフレーズを使うと、相手に違和感与えてしまう可能性もあります。 そのため、かなり目上の人に対してだけ、このフレーズを使用することをお勧めいたします。 「ご確認のほど」で優しく依頼する 何かの仕事を依頼されているのであれば、仕事の内容だけでなく、どのような言い方で仕事を依頼されているかを誰もが気にするはずです。 強い失礼な言い方で、仕事をお願いされたのであれば、誰もその仕事を受け入れたいと感じないはずです。 しかし、敬意を込めながら優しく仕事を依頼されているのであれは、難しい仕事でも受け入れたいと誰もが感じるはずです。 そのような、敬意のこもった優しい依頼を職場の人に対してしたいのであれば「ご確認のほど」というフレーズを使用する必要があります。 短いフレーズではあるものの「ご確認のほど」には、深い敬意が込められているからです。 しかも、お願いしている内容を和らげる役割も果たしてくれます。 「ご確認のほど」を会話の中で積極的に使って、職場の人とのより良い関係を構築していきましょう。

次の

「ご確認お願いします」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

ご 確認 の ほど よろしく お願い いたし ます

「ご確認のほど」の意味について正確に理解したいのであれば「ご確認のほど」を2つに分けて意味を考えることができます。 1つ目の部分は「ご確認のほど」の「確認」という言葉になります。 辞書などで調べてみると「確認」には「確かにそうだと認めること」もしくは「はっきり認めること」という意味が含められています。 そのため、まだはっきりと認められていないことを認めることができるように促したいのであれば「確認」という言葉が使われることになります。 「ほど」の意味 「ご確認のほど」の後半の部分の「ほど」という言葉には「断定を避けて、表現を和らげるのに役立つ」という意味が含まれています。 つまり「ほど」というフレーズに独特の意味が含められているわけではありませんが、強い言い方を避けたい時に「ほど」を使用できることがわかります。 例えば「ご確認お願いします」というフレーズと「ご確認のほどお願いします」では、表現している意味はほとんど同じになります。 しかし、大切な点として、相手に対して与える印象が異なることになります。 この2つのフレーズのどちらの方が、優しい響きがするでしょうか。 おそらく、ほとんど全ての人が、後半の「ご確認のほどお願いします」の方が、やさしくお願い事をされているイメージを受けるに違いありません。 そのため、相手に厳しいイメージを与えたくないのであれば「ほど」を使うことをお勧めいたします。 ご確認のほどよろしくお願いいたします 実際に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」というフレーズを職場の同僚との会話の中でも使用することが可能です。 このフレーズの中で使用されている、敬意の込められた表現に注目することができます。 例えば「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」では、謙譲語が使われていることになります。 なぜなら、語尾の部分に「いたします」という表現が使用されているからです。 この表現を使用すれば、かなり目上の人に対しても深い敬意を示すことが可能になります。 「いたします」という謙譲語で、自分の身分を下にみなして相手に対して深い敬意を示すことができているからです。 普段からかなり目上の人と会話する機会が多いのであれば「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現を習得する必要があります。 ご確認のほどいかがでしょうか 他にも「ご確認のほど、いかがでしょうか」という敬語の使用されている質問を会話の中に取り入れることができます。 この場合は「確認の結果はどうでしたか」という意味の質問をしていることになります。 まだ、職場の同僚が確認を終えていないのであれば「ご確認のほど、いかがでしょうか」というフレーズを使用することはできません。 相手も何を答えたら良いか分からないからです。 それでも、何かの書類を確認し終えた周りの人に「ご確認のほど、いかがでしょうか」と質問するのであれば、敬意を込めながら確認の結果を確かめることができます。 職場で周りの人と意思の疎通が多いのであれは、この質問を習得すると非常に実用的です。 お手数ですがご確認のほど 相手に対して確認を依頼することに非常に申し訳なさを感じているのであれば「お手数ですが、ご確認のほど」というフレーズを使用することができます。 「お手数ですが」というフレーズを使用することによって「面倒ですが」や「手間を取らせて恐縮ですが」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。 そのため、何かの確認を依頼することが、相手にとって迷惑なことであるのであれば「お手数ですが」という言葉を最初につけることによって、相手の人の怒りを買うのを避けることができるはずです。 目上の人を怒らせることや、人間関係のトラブルを避けるためにも「お手数ですが、ご確認のほど」というフレーズは非常に便利になります。 ビジネスメールでの「ご確認のほど」の使い方 「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という文章をビジネスメールの中でそのまま使用することができます。 しかし、使い方に注意する必要があります。 なぜなら「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」を文章の初めに使用してしまうと、意味が伝わりにくくなってしまうからです。 相手からしても「何をお願いされているのかなんだかわからない」という気持ちになってしまうはずです。 そのような混乱を防ぐためにも、お願い事をした後に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現を使用することができます。 相手の人にメールの返信を促すことは気の引けることですが、メールの最後の部分に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という文章を使えば、間接的に「確認をした後にメールの返信をしてください」という意味を伝えていることにもなります。 確認結果を返信してほしいときに使用できるフレーズです。 相手別「ご確認のほど」の使い方 「ご確認のほど」の含まれているフレーズを使うことのできる場面はたくさんあります。 それでも「ご確認のほど」は、会話をしている相手によって使い方を変えなければなりません。 そのため、これから「ご確認のほど」の具体的な使い方について紹介します。 上司 上司と会話をしているのであればある程度緊張するはずです。 しかも、あまり面識のない上司と会話をしている時には、相手を苛立たせることのないように注意する必要があります。 その時でも「お忙しいところ、大変お手数ではございますが、ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現を使用することができます。 単純に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現だけを上司に使うこともできます。 しかし、怒りやすい上司や、不機嫌になっている上司と会話しているのであれば、他の表現をプラスして、柔らかい表現をすることができるよう工夫しなければなりません。 その時に役立つのが、例文でも使用されている「お忙しいところ、大変お手数ではございますが」というフレーズになります。 相手が忙しいことを前提に、しかも、気遣いを示しながら会話をしているので、気難しい上司にも受け入れやすい表現です。 「ご確認のほど」の類語 「ご確認のほど」の含まれている例文を会話の中で積極的に使用することによって、目上の人とのスムーズなコミュニケーションを図ることが可能になります。 しかし「ご確認のほど」を不必要に会話の中で使ってしまうと、周りの人に違和感与えてしまう可能性もあります。 そのような事態を避けるためにも「ご確認のほど」の類語について詳しく紹介します。 見極める 「ご確認のほど」の類語の1つに「見極める」という言葉があります。 「見極める」には「徹底的によく見て知る」という意味が含まれています。 そのため、何かのことについて徹底的に調べて欲しいのであれは「見極める」という言葉を使用することが可能です。 「ご確認のほど」の代わりに「見極めてくださいませんか」と言うのであれば、調査が徹底的に行われます。 確証を得る 世の中には似ているフレーズがたくさんあります。 例えば「ご確認のほど」と「確認のほど」という2つのフレーズもほとんど同じ響きがあります。 しかし「ご確認のほど」と「確認のほど」という2つのフレーズの間に意味の違いはあるのでしょうか。 「ご」は「敬意の意」 「ご確認のほど」と「確認のほど」という2つのフレーズの違いは、たった1文字です。 「ご」がついているのか、ついていないのか、が唯一の違いになります。 そして「ご」には「敬意の意」という意味が含まれていることになります。 そのため、より深い敬意を示したいと感じているのであれば「ご確認のほど」という フレーズを選択するのが賢明であることがわかります。 敬語での「ご確認のほど」の使い方 目上の人と会話をしているのであれば「ご確認のほど」の敬語表現を使うのは当然のことです。 そして「ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます」という敬語表現を目上の人と会話しているときに使用することが可能です。 「申し上げます」は正しい敬語ですし「言う」が謙譲語である「申す」に言い換えられていることに注目できます。 そのため、社長など、かなり目上の人と会話をしている場合であったとしても「ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます」という敬語表現は使用することが可能です。 仲の良い人にこのフレーズを使うと、相手に違和感与えてしまう可能性もあります。 そのため、かなり目上の人に対してだけ、このフレーズを使用することをお勧めいたします。 「ご確認のほど」で優しく依頼する 何かの仕事を依頼されているのであれば、仕事の内容だけでなく、どのような言い方で仕事を依頼されているかを誰もが気にするはずです。 強い失礼な言い方で、仕事をお願いされたのであれば、誰もその仕事を受け入れたいと感じないはずです。 しかし、敬意を込めながら優しく仕事を依頼されているのであれは、難しい仕事でも受け入れたいと誰もが感じるはずです。 そのような、敬意のこもった優しい依頼を職場の人に対してしたいのであれば「ご確認のほど」というフレーズを使用する必要があります。 短いフレーズではあるものの「ご確認のほど」には、深い敬意が込められているからです。 しかも、お願いしている内容を和らげる役割も果たしてくれます。 「ご確認のほど」を会話の中で積極的に使って、職場の人とのより良い関係を構築していきましょう。

次の