タピオカ 店 恫喝 騒動。 木下優樹菜タピオカ店”恫喝DM”騒動 渦中の実姉が新証言

木下優樹菜(ユッキーナ)タピオカ恫喝事件まとめ!姉の店の場所はどこ?

タピオカ 店 恫喝 騒動

結婚前にデートを楽しんでいた2人。 タレント木下優樹菜が11月18日に、芸能活動の無期限活動自粛を発表した。 これにより、ようやくテレビやスポーツ紙が一斉に報道した。 それをオーナーサイドがSNSで暴露したため、木下は謝罪から謹慎状態に追い込まれたものだ。 当初はテレビやスポーツ紙などが一切この騒動を扱わないことにより、ネット上では所属事務所やマスコミの報道の在り方に対し物議を醸していた。 ワイドショー関係者が内情を明かす。 「11月18日に事務所サイドから連絡があり、木下が休業する旨が伝えられました。 「事務所サイドはレギュラーの収録済み番組が2本あったので、引き続き協議を重ねていた結果、発表がこの時期になったと言っていました。 「騒動が発覚したら即座に会見を開き、記者からの質疑応答がなくなるまで長時間でも対応するという真摯な態度が復帰への一番の近道だったでしょう。 また、テレビやスポーツ紙などがこのニュースを扱わなかったことも、ネット全盛の時代には逆効果になってしまった」(芸能リポーター) 今回の騒動では、人気ママタレの「ウラの顔」が公になってしまった。 復帰にはまだまだ時間がかかりそうだ。 撮影:桑田真.

次の

木下優樹菜のタピオカ店恫喝騒動。ブチギレDMと謝罪文の違いすぎる文章力

タピオカ 店 恫喝 騒動

訴訟された場合はどんな罪に問われるのか? 木下優樹菜さんが送ったメールの内容から、 もしタピオカ店が訴訟したら、どんな罪になるのか調べてみました。 専門家は、ダイレクトメッセージについて脅迫罪の可能性があり、2年以下の懲役または30万円以下の罰金の可能性があると指摘する。 それは 「事務所総出でやりますね」という威圧的な部分。 過去には天罰が下るぞという言葉も脅迫罪になったケースもある。 引用元:フラクタル法律事務所 まず、「 こっちも事務所総出でやりますね。 さらに、「事務所総出でやります。 また、DMがさらされる前に、木下さんが自身のインスタで、 「お店に行かなくても大丈夫」、 「姉の給料の未払いがあった」などの投稿もしており、 (タピオカ店は否定しています。 ) 一部のファンがタピオカ店関係者の写真を撮ったり、嫌がらせメールを送ったりも したそうです。 これによりタピオカ店も一時的に閉店をするなどの対応を取りました。 命令口調で業務に関するクレームをつけ続けることも、 威力業務妨害罪が成立します。 また、嘘に関する内容を含め送信する行為にも、別の 偽計業務妨害罪が成立します。 infoseek.

次の

木下優樹菜のタピオカ店恫喝騒動が訴訟に!?どんな罪に問われるの?

タピオカ 店 恫喝 騒動

木下優樹菜 人気タレントが一般人に送った恫喝まがいのメッセージがインターネット上で晒され、物議を醸している。 事の発端は、タレントの 木下優樹菜が、自身の姉が働く7月にオープンした タピオカドリンク店を、木下がInstagramで宣伝したことだった。 店の女性オーナーがこの木下の行動をよく思わなかった模様で、木下は今月6日、インスタに次のように投稿した。 「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー」 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、 焦ってるのばればれすぎだから、 今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、 筋道くらいとおしなよ」 「んで、給料明細出すの常識な。 色々頭悪すぎな」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、 そろそろちゃんとしないと 立場なくなるよー もーさ、やめなあ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」 これを受け木下は9日、インスタ上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と謝罪。 そのため、上記のDMが木下によるものである可能性が高いとみられている。 テレビ局関係者は語る。 それだけに、過激な恫喝メッセージを一般人に送っていたことが暴露され、イメージはガタ落ちです。 文面的にもシャレですまされるレベルではなく、テレビ局はどこも起用自粛の姿勢になるでしょう」 今回の木下の行動は、脅迫罪などに問われる可能性はないのだろうか。 は次のように解説する。

次の