業務 に 支障 を きたす。 「支障をきたす」の意味と使い方と例文|類語や敬語表現など

「支障をきたす」の意味は?例文10選!漢字や類語は?業務/仕事/不都合

業務 に 支障 を きたす

「支障をきたす」の意味は? 状況を妨げることで不都合な状態になったり悪影響が出ること 「支障をきたす」には、「物事や状況を妨げること」という意味があります。 ある動作を行うことで、自分やその周りに対して不都合な状況に陥らせる可能性がある場合に使います。 つまり、「状況が悪くなる可能性」を暗示します。 過去形の「支障をきたした」だと、既に状況が悪化してしまったことを意味します。 仕事や業務がスムーズに進まないなど悪い意味の言葉 「支障をきたす」は、悪い印象を持つ言葉です。 物事をスムーズに進められなくなることを意味するので、この言葉を使う場面では、悩みの種が目の前にある状況だということになります。 しかしそれは、悩みの原因が分かっている状況ともいえるので、解決策を考える時間が少なからずあるという意味にも捉えられます。 漢字では「支障を来す」と書く 「支障をきたす」は、漢字で書くと「支障を来す」となります。 「きたす」の部分が漢字になっただけですので、意味が伝わりにくいということはないと思います。 業務連絡の際には、「きたす」の部分を漢字にするかしないか、好きな方を使いましょう。 「支障」は似た意味の漢字が連なった単語 「支障」という漢字に含まれている「支」と「障」は、それぞれ似た意味を持つ漢字です。 「支」には、「差し支え」という意味を持ち、「障」には「差し障り」や「障害」といった意味を持ちます。 「きたす」の部分には「そのような結果になる」という意味があるので、繋げると「差し支える結果となる」という意味になります。 この例文は、一度きりではなく、持続して不都合な状況になってしまう場合に使われます。 例えば、毎日使う機械が壊れてしまった場合や、毎日休憩時間が取れないほど忙しい状況に陥り、業務時間や従業員の健康に影響が出る場合等です。 仕事の他、学校生活における部活動などで使う例文です。 ミスは仕方ないことですが、やはりミスが多く重なってしまうと、周りの人も呆れてしまいます。 周りの人のやる気に差し障りにならないようにしましょう。 夜更かしが体に悪いことは、様々なニュースや雑誌に取り上げられているので言わずもがなです。 夜更かしが原因の睡眠不足は、長期間にわたる程様々なダメージとして体に蓄積されていきます。 肌荒れや倦怠感、頭痛など、悪いことばかりです。 夜更かしをしてしまう人の心理状況の一つに、「その日一日満足できていない」ということが挙げられます。 1日が楽しくないと、楽しい気持ちになりたいが故に、夜になって友人と遊んだり、ネットサーフィンをするのだそうです。 寝る前にスマホを見たくなるのはとてもわかりますが、長時間の使用は避けましょう。 工業系の会社に勤めている方は、使うことがあるかもしれない例文です。 機械が上手く動いてくれず、今日作る予定だった製品が業務時間内に間に合わない場合などは、残業という形になってしまうこともあります。 福利厚生というのは、年間休日数や給料など、仕事に関わってくる環境や待遇を表すものですが、これが満足のいくものでないと、従業員の生活の質(QOL)に支障をきたすことに繋がります。 インターネットでのゲームやネットサーフィンは、その情報量の多さから、中々止めるタイミングが掴めません。 「キリがいいところまでやろう」と考えたら最後、いつの間にか深夜になってしまい、睡眠時間の減少に繋がります。 ビジネスシーンや学校、組織など幅広く使われる可能性のある例文です。 会議の開始時間や内容などの情報が、参加者の隅々にまで行き渡らないのは困りますよね。 電車の遅延によりダイヤが乱れた場合に使われ、通勤通学者側ではなく、駅員側やニュースキャスター等が使う例文です。 公共交通機関の時間の遅れは、ほんの少しの遅れでも多くの人に迷惑がかかってしまうので、話題となりやすいです。 長時間の遅れはニュースに取り上げられることもあります。 その際に、「支障をきたした」というフレーズを聞く機会が多くなります。 社会人ともなると飲み付き合いも増えますし、お金も多く手に入るので学生時代に比べできることが格段に増えます。 口に出して言うことはない例文ですが、社会人の心得として頭の隅に置いておき、仕事に影響がない程度に遊びましょう。 とはいえ、遊びにばかりお金を費やすこともできないのが現実です。 派手に遊んだ時は、どこかで節約しないといけません。 合わせて知っておきたい情報として、「お金を使わない生活とは?休日の遊びやデートは工夫次第で盛り上がる」という記事を以下に載せていますので、是非参考にしてみてください。 「支障」と「妨害」は関係のある単語です。 「支障をきたす」とは、ある動作を行うことで自分に不都合なことが起きたり、悪影響を及ぼすことを表しますが、これは「正常な状態を妨害されている」という捉え方ができます。 「支障」の「障」の部分を表す言葉であることから、「支障」は「障害」と似た意味を持つといえます。 「支障をきたす」という単語は、そのまま「障害となる」に置き換えることができます。 「差し支えがある」は、「支障」の「支」の部分を表す言葉で、何か動作を行うことでそれがマイナスの要因として働くことを意味します。 これは、「支障をきたす」と同様の意味となりますので、類語であると言えます。 「支障が出る」とは、「支障をきたす」より直接的に表した言葉で、意味は全く同じです。 多少言いやすくなるため、ビジネスシーンでは「業務に支障が出る」といった言い方でよく使われています。 「支障をきたす」を正しく使いましょう 「支障をきたす」は、ネガティブな言葉として広く知られているので、できれば使う場面が少ないほうがいい言葉です。 使うことがある場合は、正しい使い方で正しい場面で使いましょう。 仕事において「支障が出る」であろう場面に直面した時は、問題点を事前に知ることができたということで、チャンスだと考えましょう。

次の

「業務に支障をきたす」と言うのは

業務 に 支障 を きたす

単純に、「業務に支障をきたす」なら、例示の状態で、ちゃんと業務に支障をきたしているでしょう。 混乱した時点で、なにがしかの損害が出てますし、周りの社員が走り回った人件費も損害ですし。 その一人の社員が混乱させなければ、もっと作れたかもしれない製品も損害ですしね。 まぁ、その意味では、会社に損害を「与えずに」現場を混乱させるなんて不可能です。 程度を考えないなら、その人のわがままのおかげで、周りで働く人が不愉快になったとかでも、「業務に支障をきたして」います。 ただ、この言葉、前後の文脈があるはずです。 この前後の文脈で、許容される程度が決まるものです。 例えば、「業務に支障をきたすことが有ったので、あなたを本日付で懲戒解雇処分にします」という文脈にするのであれば、相当規模の混乱と損害か、それ相応の回数が必要でしょう。 この懲戒解雇処分のところが、「口頭注意とします」なら、もっと小規模で済むでしょう。 その社員の上司に対して、「あの人のわがままで業務に支障をきたしました。 ちゃんと指導してください。 」なら、それこそ、「おかげで、わたしが10分余計に仕事する羽目になりました。 」や「みんなが不愉快な思いをしました」で充分でしょう。 また、「業務に支障をきたすので、あなたの申請した有給休暇の申請は日時を変更することを命じます」とするのであれば、相当厳しい条件をクリアしないといけません。 ありとあらゆる文脈で使われますので、実際、どの程度なら「支障をきたした」のかという質問は、正確には、使い方によりますとしか答えようが無いですね。 1人の社員の、我儘で現場が、混乱しても、周りの社員でその混乱を抑えて、会社に損害を与えなければ、 それは、「業務に支障をきたす」とは、言えないのですか。? 従い、業務に支障を来す、担当者配置替え及び、待遇面給与査定等の、マイナス評価をされて、教育指導を徹底させます、最悪懲戒解雇のケースも、往々にして有り得ます。 従い、有形とは商品売買上の回収条件等を取決めてから、事業遂行する。 ・・・所属社員の不手際なのか、事業根幹を熟知していないかの、どちらかです。

次の

「支障をきたす」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

業務 に 支障 を きたす

「支障をきたす」の意味とは? 「支障をきたす」の類語• 「支障をきたす」の言葉の使い方• 「支障をきたす」を使った例文・短文 解釈• 「支障をきたす」の英語• 「支障をきたす」のきたすの漢字• 「支障をきたす」を使った言葉と具体例を紹介• 「支障をきたす」の対義語 「支障をきたす」の意味とは? 「支障をきたす」という言葉は、 「仕事に支障をきたす」、 「身体に支障をきたす」と言ったように何かに支障がある場合によく使われる言葉です。 特にビジネスの中では、社内だけではなく、取引先とのトラブルや商品やサービスに不具合があった場合に使われることがあります。 「支障をきたす」の 「支障」には 「差しさわり」という意味があり、 「きたす」には 「ものごとにある状態をもたらす」や 「結果としてそうなる」、 「来るようになる」という意味があります。 このことから 「支障をきたす」は 「邪魔になる」や 「ものごとや状況の妨げになる」、 「差しさわりがある」といったような意味で解釈することができます。 「支障」と言うと、何らかの妨げが降りかかってくることや突然やってくるというイメージを覚えるかもしれませんが、実際にはこの言葉のニュアンスからは 「上手くいかない」であったり、 「失敗する」といったどちらかというと、ネガティブなイメージの強調されてくる印象があります。

次の