ワイ モバイル から ソフトバンク に 乗り換え。 ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えがおすすめな理由

ソフトバンクからYモバイルへ乗り換えた感想 2社の違いを徹底比較

ワイ モバイル から ソフトバンク に 乗り換え

UQモバイル 一番おすすめするのはUQモバイルです。 ワイモバイルからUQモバイルへ乗り換える方は非常に多いです。 UQモバイルはワイモバイルと同じくらい 通信速度が速く、 料金プランも非常に似ている点がメリットです。 Ymobileと同等に速度が速い• 余ったデータは繰り越し可能• 店舗もそこそこある• WEB限定キャッシュバック中• 最大14GBまでのプランしかない• キャリアメール・留守電有料 UQモバイルは、ワイモバイルに並んで私が最もおすすめする格安SIMキャリアでもあります。 ワイモバイルと似た料金プラン UQモバイルは、ワイモバイルと同じくキャリアのサブブランドです。 これもあってか、 基本的にはワイモバイルと似たようなサービス内容になっています。 UQモバイルのメインプラン「スマホプラン」は、S・M・Lの3つの容量から選びます。 容量はワイモバイルと同じです。 10分かけ放題を付ける場合はワイモバイルのほうがお得ですが、不要な方はUQモバイルの方がお得になります。 余ったデータは繰り越し可能 ワイモバイルの最大のデメリットは、余ったデータの繰り越しができないことでした。 しかし、UQモバイルでは 「余ったデータの繰り越し機能」があります。 月ごとのデータ使用量の変動を吸収し、お得にデータを使うことができます。 通信速度は同等に速い UQモバイルは ワイモバイルと同じくらい通信速度が高速です。 格安SIMでは ワイモバイルとUQモバイルの通信速度は圧倒的で、あとから解説するBIGLOBEモバイルよりも速いです。 これまでワイモバイルを使っていた方も、UQモバイルの通信速度なら問題ないでしょう。 店舗はあるがまだ少ない ワイモバイルは全国に1,000店舗以上あるのが大きなメリットでした。 UQモバイルも 全国に店舗があるのがメリットです。 しかし、 店舗数はワイモバイルに比べてまだまだ少ないです。 ワイモバイルで店舗をよく利用されていた方は、ご自身の自宅や職場の近くにUQの店舗があるか確認しましょう。 ただし、キャリアメールは月額200円の有料オプションで、他社で購入したiPhoneでは使えません。 限定キャッシュバック中 では、UQモバイルに新規契約または他社からの乗り換えでSIMのみを契約した場合に、 キャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です。 このキャンペーンが適用されるのは 公式サイトのみで、店舗では実施していません。 必ず下記のバナーから申し込んでください。 カウントフリーオプションもないので、動画を沢山見る方などはデータ容量が足りないかもしれません。 使える端末が限られる UQモバイルを含めたau回線の格安SIMは、 使える端末が限られるのが少々難点です。 iPhoneはiPhone6S・iPhoneSE以降の機種なら問題ありません。 しかし、Android端末だと auのバンド(LTE:1・18または26)への対応可否を確認する必要があります。 さらに、 au VoLTEへの対応も必要です。 この点は少々ややこしいので、UQモバイルでワイモバイルやドコモ・ソフトバンクの端末、SIMフリー端末を使いたい場合は注意してください。 乗り換え時は必ず動作確認端末一覧を確認しましょう。 詳細: その他ワイモバイルとの違い ワイモバイルとUQモバイルは細かい点で違いがあります。 例えばワイモバイルにある 光回線とのセット割はUQモバイルにはありません。 また、 留守電も有料です。 ワイモバイルとUQモバイルの比較・違いは下記記事に詳しくまとめています。 BIGLOBEモバイルはドコモ回線・au回線が選べますが、KDDIの傘下に入ってから au回線の速度がかなり速くなりました。 料金プランもシンプルで安く、 キャンペーンが豪華なことが魅力です。 au回線は通信速度が快適• 最大30GBのプランが選べる• エンタメフリーも選べる• au回線は取り扱いが難しい• お昼は速度が落ちる au回線は通信速度が快適 ワイモバイル・UQモバイルほどではありませんが、BIGLOBEモバイルのau回線も 格安SIMの中では速度が快適です。 私の速度計測では、 通常時はワイモバイルと同等の速度が出ています。 お昼の混雑時の落ち込みはワイモバイルよりも大きいですが、それでも他の格安SIMよりは快適です。 これまでワイモバイルを使っていた方も違和感なく使えると思います。 また、しており、実際はさらに安く契約できます。 料金を1円でも安くしたい方はBIGLOBEモバイルにしましょう。 30GBまでのプランが選べる ワイモバイルやUQモバイルは最大14GBまでのプランしか選べませんが、 BIGLOBEモバイルは20GB・30GBのプランも選べます。 データを良く使う方や動画を見る方はBIGLOBEモバイルがおすすめです。 また、YoutubeやAbemaTVなどを見る方は次章のエンタメフリーで見放題にもできます。 エンタメフリーが人気 BIGLOBEモバイルでは、 「エンタメフリー」というオプションが非常に人気です。 このオプションをめあてに契約される方も多いです。 エンタメフリーは、Youtubeなどの動画・音楽ストリーミングが月額480円で見放題(カウントフリー)になるオプションです。 特にYoutubeをよく見る方は大変お得になるので、最近契約者数がかなり増えています。 詳細: お昼の通信速度は落ちる BIGLOBEモバイルは通常時の通信速度はワイモバイルやUQモバイルと同等です。 しかし、 お昼の通信速度はワイモバイル・UQモバイルよりも遅いです。 (1Mbps以下) 会社勤めをされている方で、12時~13時にスマホをよく使う方は注意が必要です。 ただし、この時間さえ我慢すればあとの時間は比較的快適です。 使える端末が限られる UQモバイルと同様、 BIGLOBEモバイルのau回線は対応バンド・周波数に注意が必要です。 対応していない端末も多いので、少々取り扱いが難しいです。 iPhoneはどれも問題ないですが、Android端末は非対応の場合があります。 BIGLOBEモバイルでSIMフリー端末を購入すれば問題ないですが、ワイモバイルの端末をそのまま使う場合は対応しているか確認が必要です。 ドコモ回線はおすすめしない BIGLOBEモバイルはドコモ回線・au回線が選べますが、 おすすめはau回線です。 ドコモ回線も遅くないのですが、au回線ほど速くないのでおすすめできません。 スマホプランを契約されている方は、 契約から24か月目~26か月目の3か月間が契約更新月です。 この3か月間なら、他社に乗り換えても違約金(契約解除料)はかかりません。 この3か月間を逃すと2年の契約が更新され、契約更新月が訪れるのが2年後になりますので注意してください。 スマホベーシックプランならいつでもOK 一方、2019年10月から開始したスマホベーシックプランは最低利用期間・違約金がないプランです。 そのため、いつ乗り換えても構いません。 逓減型解除料にも注意 さらに、ワイモバイルでスマホ端末をセールやアウトレットなどで購入した場合にはさらに注意が必要です。 スマホ端末をタイムセールやアウトレットなどで購入した方が契約更新月以外に解約・転出すると、 通常の契約解除料に加えて「逓減型解除料」がかかる場合があります。 逓減型解除料(ていげんがたかいじょりょう)とは、契約した月から月を経過するごとに違約金が減っていくタイプの契約解除料です。 <逓減型解除料の一例> セールやアウトレットで購入し「逓減型解除料」がかかっている場合は、必ず契約更新月に乗り換えましょう。 予約番号 発行方法 備考 店舗 受付は20時まで 電話 Ymobileのスマホから116 または0120-921-156 (9:00~20:00) 取得した予約番号には15日間の有効期限があり、15日以内に乗り換え手続きを完了させなければなりません。 また、乗り換え先の格安SIMごとに「〇日以上残っていないと受付できない」という制限があります。 取得後はすぐに乗り換え手続きをしましょう。 端末はSIMロック解除しよう 現在使用しているスマホ端末を乗り換え先で使う場合には、 事前にYmobileでSIMロック解除をしておきましょう。 SIMロック解除とは、スマホ端末を他のキャリアでも使えるようにする作業です。 SIMロック解除は店舗でも可能ですが、My ymobileで手続きすれば無料です。 詳細: ワイモバイルから他社への乗り換えはこちら 以上、ワイモバイルから乗り換える場合のおすすめキャリアの紹介でした。 UQモバイル・BIGLOBEモバイル(A)は格安SIMの中でも通信速度が快適です。 ただしキャリアによって特徴・メリット・デメリットがありますので、本文をよく読んで乗り換えてください。

次の

【最新】ソフトバンクからワイモバイル乗り換え向けキャンペーン

ワイ モバイル から ソフトバンク に 乗り換え

Contents• ワイモバイルからソフトバンクへの移行 ソフトバンクではワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラムが推進されています。 以前よりソフトバンクへのMNP移行を推し進めるために、度重なる特典の拡充を行ってきていました。 そして、2018年現在ではワイモバイルからソフトバンクへの 乗り換え特典が最大39,500円の割引還元にまで拡充されています。 これまででも十分安くて使いやすかったワイモバイルですが、現在はソフトバンクキャリアへの乗り換えで今まで以上にお得に使えるキャンペーンです。 今回の記事ではワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラムについて徹底紹介します。 の移動体通信サービスで Y! mobile( ワイモバイル)はYahoo! のブランドです。 ソフトバンクやYahoo! と連動したサービスや おうち割などの割引プランも利用できるなど、キャリアのようなサービスを行っています。 元々は一つのブランド名でしたが、度重なる合併を繰り返したのち、現在のワイモバイルとしてのサービスとして誕生しました。 現在Yahoo! はソフトバンクの子会社ですが、ワイモバイル自体は旧ウィルコムと旧イー・アクセスが吸収合併して誕生した会社です。 現在は独立した事業部門として運営されているため、ソフトバンクの子会社であるけど完全には子会社ではないという不思議な立ち位置にいます。 料金もMVNO並に安く、信頼性の高いブランド力と品質を提供している格安スマホとして人気の高いスマホです。 また、CMなどでおなじみのエキゾチックショートヘアの「 ふてにゃん」はソフトバンクのお父さんと並ぶ人気キャラクターとして親しまれています。 初めてスマホを持つ方やお子さんのスマホとして持たせる方も多く、それに合わせて タダ学割やおうち割などの割引を利用すれば更にお得です。 携帯電話と言うとビジネスマンの必須アイテム。 そんなイメージはとっくに薄れ、今や未成年の子供が持っていても珍しくないご時世です。 大事な子供たちの安全確認や気軽な連絡手段としても便利なスマホですが、月々の... 番号移行プログラムの特典 ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム 特典A 特典B 契約解除料( 9,500円) 無料 通信料金より 24ヶ月 割引 最大 24,000円 番号以降手数料( 3,000円) 新規契約手数料( 3,000円) 合計: 39,500円 「 ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えで最大39,500円割引」。 乗り換えだけでこれほどの金額が割引されるのは異例です。 もちろん、これは代理店などではなく、紛れもなく 公式特典です。 特典の内訳ですが、特典はAとBの2種類あってそのどちらも受け取ることが可能です。 内訳は簡単に説明すると特典AがMNP手続きの際に発生する料金が全て無料となり、特典Bがソフトバンクの月額料金を24ヶ月間1,000円割引されます。 この特典2つの合計39,500円が還元されるという仕組みです。 キャッシュバックは一斉ありませんが、 ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えるだけで約4万円が還元されるというのは決して損ではない特典です。 特典の適用条件 特典A ・ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行 ・ ワイモバイルを解約せずにソフトバンクへの番号移行手続きを行う ・プリペイド携帯電話(シンプルスタイル)は対象外 ・法人契約は対象外 特典B ・ 特典Aの適用条件を満たしたうえで 、4Gスマートフォン(USIM単体含む)であること ・おてがるプランの場合は特典は対象外 ワイモバイルからソフトバンクへの基本的な乗り換えであれば特に問題なく適用されますが、注意するとすれば 乗り換え前にワイモバイルを解約してはいけないことです。 ソフトバンクに番号移行(MNP)手続きを完了するまでは継続利用しておかなければいけません。 ソフトバンクに移行してからの特典Bの月額割引にも少し条件があり、ソフトバンク指定の機種に変更することとおてがるプラン以外の契約プランが必須です。 おてがるプランは乗り換え、または新規なら6歳以上18歳未満にしか申し込みが出来ない限定プランですが、割引適用対象外となっています。 自分のスタイルに合わせて毎月使える容量を選びます。 データ定額は利用料ごとに使える量が決まっているため、パケット通信が多くて... 番号移行プログラムの特典申し込み方法 申し込み方法は通常のMNPと同じ手続き手順となります。 まず最初にワイモバイルからMNP番号を予約し、その後にネットか店頭のショップから乗り換え申し込みを行います。 代理店から行う場合は案内に従ってその通りの手順で行えば確実に乗り換えが行えます。 予約番号の有効期限は発行日を含めた15日以内となり、期限を過ぎた場合は再予約が必要になります。 乗り換え窓口一覧 ケータイ 一般電話 ネット スマホ 116 0120-921-156 My Y! mobile 手続きが済んだらソフトバンクの機種をショップから購入します。 代理店の場合は、代理店指定の手続きで機種の受け渡しとなると予想されます。 ソフトバンクのキャンペーンと合わせればさらにお得 公式で約4万円の割引が行われるワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えですが、これだけで終わらないのがソフトバンクの凄いところです。 これだけでも十分満足できる内容なのですが、どうせならソフトバンクのキャンペーンを利用して更に欲張ってみましょう。 ソフトバンクはネットだけでなく、スマホのキャンペーンも充実した内容なのです。 下取りプログラム(のりかえ)との併用 実はワイモバイルは下取りプログラム(のりかえ)対象でもあるのを知らなかった方も多いのではないでしょうか。 ワイモバイルはソフトバンクグループのスマホ携帯ですが、ソフトバンクとは独立した会社として扱われているのです。 これが冒頭でも説明した不思議な関係の理由の一つでもあります。 下取りプログラム(のりかえ)特典 右記のいずれか 通信料金より割引 翌請求月より24回の分割割引 商品券・ポイント等 割引特典の総額相当 対象機種 みまもりケータイ、あんしんファミリーケータイ 以外 下取りに出したの機種の代金相当を上記のいずれかに還元させることができます。 下取りされる機種は割引額が下がりますが、 破損品にも対応しているので処分せずにショップに持ち込みましょう。 変更機種もキッズ用以外なら最新機種にも対応しているので、よりお得な乗り換えが可能です。 月月割で最新機種をすぐに使える ソフトバンクには新しく携帯電話を購入した方に月々の利用料金から一定額を割引する「 月月割」が用意されています。 購入プランの「新スーパーボーナス」契約を結ぶことで購入2ヶ月目から最大24ヶ月(12ヶ月~36ヶ月もあり)毎月利用料金から一定額が割引されるサービスです。 iPhone7 87,840円 24回払いの場合 3,660円/月 毎月3,210円割引 最大2年間総額 77,040円割引 毎月450円 実質負担額総額 10,800円 最新機種のiPhone7を本来の価格で購入すると24回払いで毎月3,210円の総額87,840円ですが、新スーパーボーナスで月月割を適用すると毎月の支払額が450円にまで軽減されて、最終的には 10,800円で買える計算となります。 番号移行プログラムと併用すれば、毎月の分割金も全く気にならずに最新機種を持ててしまうのです。 人気の最新機種は高いからと購入を控えている方にはむしろ積極的に利用した方が良い制度です。 ただし、新スーパーボーナス適用期間中の機種変更や解約には、 月月割の終了と分割金残債の一括請求が待っています。 実質2年契約、または3年契約にもなる制度なので契約期間を使いきるつもりで機種を購入しましょう。 ソフトバンクのスマホやモバイル端末を購入する時、月月割や新スーパーボーナスと言う言葉を聞いたことはないでしょうか?高額な商品を購入する際、負担にならないようにソフトバンクが用意した支払い方法の一つです... 一部併用不可能なキャンペーンあり 初めてのソフトバンクスマホを持つ方にお得な スマホデビュー割ですが、残念ながら 2018年6月28日をもって受付を終了してしまいました。 その代わりとして初めての方の代替プランとしてが登場しましたが、ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム特典Bの 対象外とされています。 また、 ワンキュッパ割も同じく受付を終了しているため併用は不可能です。 これはかなり痛い変更点なのですが、その代わりに乗り換えで39,500円分の割引に拡充されたと思われます。 その他にも、データ定額 50GBを家族1人につき最大5人までキャッシュバックされる みんな家族ご紹介キャンペーンは特典Aのみで、 特典Bの最大24,000円割引が併用不可となります。 割引を取るか最大5万円のキャッシュバックを取るかの選択の余地はあるのでこの点は要相談という形になります。 代理店から申し込めば高額キャッシュバックのチャンス ソフトバンクの代理店はネットとスマホどちらも高額キャッシュバックを用意していることでも有名です。 例えば、流れとしては• ソフトバンク代理店でワイモバイルからソフトバンクに乗り換える• 代理店特典と公式特典が貰える ・ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム ・代理店特典(キャッシュバックなど)• ショップで下取りプログラム(のりかえ)を使う 最初に代理店から申し込めば自動的に 番号移行プログラムも適用されるので、あとは代理店の案内に従って手続きを済ませるのみです。 利用していたスマホはショップ店頭まで足を運ぶ必要があるので、代理店から機種が送られてくるまでは大切に保管しておきましょう。 代理店申し込みの場合だと特典の条件に機種の指定が確実にあり、色や機種の希望ができないケースがあります。 申し込む代理店の条件をよく把握してから利用しましょう。 ソフトバンク光に申し込めばもっとお得 ソフトバンクとワイモバイルは「 おうち割」の対象サービスです。 他社のネットを利用中の方や新規申し込みの方は合わせてネットも申し込めばスマホ代を節約できるどころか、高額キャッシュバックを更に手にするチャンスです。 スマホの代理店同様に高額キャッシュバックを用意している代理店が多く、公式キャンペーンも併用できるのでおすすめです。 他社からの乗り換えであれば 最大10万円までの違約金と工事費用相当のキャッシュバックが支払われ、更に代理店からのキャッシュバックと合わせればプラスでしかない特典が充実しています。 公式からの新規申し込みや転用ではキャッシュバックはありませんが、 代理店からなら確実に現金が受け取れます。 代理店も数が多いので間違えると損をしてしまうケースがありますが、のような簡単手続きでオプション不要の申し込み窓口を選べば確実です。 スマホもネットも乗り換えは代理店から計画的に ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは決して難しいものではなく、誰でもお得に行える簡単な作業です。 ただの乗り換えでも十分お得ですが、どうせなら皆さんも代理店を活用して現金を手に入れてしまいましょう。 ソフトバンクはネットとスマホ、代理店を活用すれば、工夫次第でこれまでよりグッと得のできる選択肢が見つかります。

次の

ソフトバンクからワイモバイルへ!デメリットのまとめ

ワイ モバイル から ソフトバンク に 乗り換え

スマホ代高っ! 特にここ最近では「楽天モバイル」や「LINEモバイル」など格安スマホが当たり前になっているので、 通信費の節約を考える人は非常に多いです。 特に ソフトバンクユーザーであれば、ソフトバンクのグループ会社の『ワイモバイル』という名前は絶対に目にする事でしょう。 事実、 ワイモバイル利用者の半分近くが元ソフトバンクユーザーで、ワイモバイルがソフトバンクユーザーの乗り換え先格安SIMの代表格となっています。 ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたら料金はこうなる かく言う 自分も昔はソフトバンクを使っており、今はワイモバイルへ乗り換えて3年近く使っています。 プランは後から簡単に変更できるので、とりあえずプランMを選んで使ってみればいいと思います ちなみに自分は月4GBの「スマホプランS」を使っているので、ワンキュッパ割が切れた2年目以降で先程の画像の月額2千円前後の料金明細です。 ワイモバイルの2年縛りが完全撤廃!契約期間縛りも違約金もなくなった 2019年10月より電気事業法改正を受けて、ワイモバイルの2年縛りが完全撤廃されました。 への乗り換えで月額5千円近く安くなる 唯一のデメリット2年縛りが2019年10月から撤廃された 重要! ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた感想「乗り換えた感じがしない」 ただ乗り換える際に一番心配だったのが「 料金が安い分何か品質が落ちるんじゃないか?」という心配です。 が、乗り換えて数日使っての感想は「 これソフトバンクと変わらなくないか?」という事でした。 「格安SIMは通信速度が遅かったりでキャリアに戻る人も一定数いる」という話も聞いていたので、いい意味で拍子抜けでしたね。 ここ最近ではソフトバンクショップでもワイモバイルを取り扱っている店舗が増えてきたので尚更です。 格安SIMでここまでショップ 実店舗 がある会社はワイモバイルくらい むしろ乗り換え前のソフトバンクと差を感じられなかったので「今まで一体何にお金を払っていたんだ」と不思議な気分になりました。 例えば現在ソフトバンクで最新のiPhoneを24回分割で購入し、10回分を返済した状態でワイモバイルに乗り換えた場合を考えます。 スマホ本体のローンなのでソフトバンク解約しても当然返済が必要 この残ローンは分割でも一括でも返済可能ですが、意外と見落としがちなので注意点として解説しました。 しかしワイモバイルでソフトバンクで買ったスマホを使うためには、 ソフトバンクでスマホのSIMロックを解除する必要があります。 ワイモバイルでは「月額1,480円~」という表記がありますが、ワイモバイルがここまで安い料金で使えるのは最初の半年間のみです。 「おうち割 光セット A 」 ソフトバンク光に別で加入していると 毎月500円がワイモバイルの料金から割引になる 無期限 参考: 上記の「新規割」は最初の6か月間700円引きなので、7か月目から700円料金が上がります。 また最初の2年間は「データ増量オプション 月額500円 」が無料ですが、25か月目以降は有料になるので、オプションに加入し続けると月額料金が更に500円上がります。 また、上記はプラン料金の話なので、ワイモバイルでスマホをセット購入していれば、ここにスマホ代が加算されますし、オプションに加入していればオプション料金が、通話料金なども別途かかります。 とは言えソフトバンクよりは大幅に料金が安いので、乗り換えて2年間使ってみても後悔する事は無いのではないかと思います。 ワイモバイルとソフトバンクの違いは?2社を徹底比較 という事でここまでで、ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えた感じがなんとなく掴めたかと思います。 ここからはワイモバイルとソフトバンクの違いを様々な面から比較してみたいと思います。 通話:ワイモバイルは格安で完全かけ放題が出来るのが魅力 ソフトバンクはデータプランと通話プランを合算するのに対して、ワイモバイルはデータプランに標準で「10分かけ放題オプション」が付いているのが分かります。 また、ワイモバイルは格安スマホで唯一「スーパー誰とでも定額オプション」に加入する事で、ソフトバンクなどと同じく完全かけ放題にすることが出来るのが特徴です。 参考: 「大容量プラン」のソフトバンクと「格安」のワイモバイル そもそも料金が全然違う事は置いておいて、提供しているプランの容量が違うのも2社の違いだと言えます。 若者を中心に爆発的な人気のあるiPhoneですが、そもそも販売できるのはAppleの正規代理店に限られるので大手3キャリアと幾つかの格安スマホでしか販売されていません。 しかし代わりに端末代金は10万円を超える機種もあり、端末割引が無くなった現在かなりの負担になります。 対してワイモバイルは数年前に発売されたいわゆる型落ちiPhoneを販売しています。 型落ちな分端末代金は実質0円の機種もあるため、かなりリーズナブルです。 一見ソフトバンクとワイモバイルで一長一短に見えますが、ワイモバイルでもAppleで最新iPhoneを定価で買って持ち込む事で使えるので、総合的にはワイモバイルにした方が良いユーザーの方が遥かに多いと思います。

次の