プロテイン 粉 っ ぽい。 プロテインを錠剤・タブレットで摂取するのをおすすめしない理由|筋トレ女子みっくす

初めてでもよくわかる!プロテインの基礎知識と飲み方をやさしく解説

プロテイン 粉 っ ぽい

プロテインが溶けないと言う前に確認したい基本 まずは「これが普通だよ」というやり方を説明します。 もしこれで間違っている部分があれば、それを改善するだけでちゃんとプロテインドリンクができます。 プロテインシェイカーを使うのが前提 始めてプロテインを利用する方など、プロテインシェイカーを使っていない人がたまにいます。 コップに水とプロテインを入れて、スプーンでかき混ぜるやり方ですね。 これだとまぁ混ざらないでしょう。 そもそも粉はそれほど簡単にサーッと水に溶けるものでもありません。 溶けるとしたらホットココアなど作るときに「お湯」に溶かす場合ですね。 それと水に対して粉が少量な場合。 試してみればわかると思いますが、カフェオレやココアやお茶の粉を、水にドバっといれてスプーンでかき混ぜても溶け残るばずです。 水にそれなりの量の粉を混ぜるとなると、シェイカーを使うかブレンダーなどでブイーンとかくはんしなければ溶けません。 プロテインシェイカーを1つは持っておくことをおすすめします。 どうしてもコップとスプーンで混ぜたい場合は、「お湯で溶かしてから水で割る」みたいなやり方になります。 面倒くさそう。 水を入れてからプロテインの粉 たまに間違っている人います。 水が先。 そのあとに粉です。 先に粉を入れてから水をかけると、団子状に固まってしまうのでかなりのダマになりやすくなってしまいます。 かならず水を先にいれて、その中に粉をいれましょう。 水とプロテインパウダーの量を適切に 水とプロテインの量は適切でしょうか。 プロテインは製品によって1回分の粉の量が違います。 もちろん、粉に対して水の量が足りない場合は溶けにくくなりますよね。 プロテインによって、目安の水の量が書いてあると思うので、それを基準に溶かしてみてください。 その上で、溶けにくかったらちょっと水を増やしてみる。 あまり量を飲めなければ、逆に粉の量をちょっと減らすなどの調整をしてください。 水か?牛乳か? 水でも牛乳でも溶けやすさにさほど変わりはないと思います。 厳密に言えば、溶けやすさは変わるかもしれませんが、ちょっと水と粉の量を変化させたら結果が変わるくらいの違いなので無視します。 ちょっと溶け残っても、牛乳の方が舌触り的に気になりにくいみたいなことはあるかもしれませんね。 ダイエット・減量中でなければ牛乳で割っても大丈夫です。 好きな方でどうぞ。 ちなみに筋トレ後に糖分を取るためにオレンジュースなどに溶かす人もいます。 味的に問題なければジュースでも可。 これは栄養摂取や飲み方の話になるので、この記事では置いておきます。 とりあえず何に溶かしても大丈夫です。 プロテインが溶けにくい場合の対処方法 それでも溶けにくい!という人は以下を試してください。 常温の水で混ぜる 冷たい水で溶かしている人は、 常温の水で溶かしてみて下さい。 水の温度が変わるとだいぶ変わります。 お湯で溶かすまでは行かなくてもいいでしょう。 常温で十分。 ちなみに、冷たい方が好きな人は以下がおすすめ。 常温の水• プロテインパウダー• 氷 これを混ぜます。 常温で溶けやすく、シェイクしているうちに氷で冷やされてつめたくなります。 ついでに、氷がシェイカーの中でガチャガチャ動いてプロテインをかき混ぜてくれますよ。 このやり方おすすめ。 溶けやすいプロテインに変える たまたま使っているプロテインが非常に溶けにくいものである可能性もあります。 最近のプロテインで溶けにくいものはなかなか聞きませんが、無いとも言い切れません。 溶けやすく、かつプロテインの粉っぽさが無いものとしてビーレジェンドをおすすめします。 若干トロみのあるフルーツジュースみたいになります。 味が気になる人はもあります。 混ぜやすいプロテインシェイカーの選び方 一応、プロテインを混ぜやすくするために工夫されたプロテインシェイカーもあるので紹介。 シェイクに必要な容積があるものを選ぶ まず、プロテインの容量と形状。 プロテインの容積が十分なものを選んでください。 具体的にはサイズを大きくするか、蓋の部分に空間があるものですね。 容量小さめ(400ml)で、フタがフラットです。 これだと、容量一杯近くに水とプロテインを入れると、シェイクするときに中で動く空間が小さいです。 要は振っても動かない。 これだと混ざりにくいです。 ですので、もう少し大きめのものにするか、フタのところに空間があるタイプがおすすめ。 これ2つものほぼ同じ容量のシェイカーですが、右のものの方がフタのところに空間があるので混ざりやすいですよね。 メッシュつきシェイカー DNSというメーカーのプロテインシェイカーには、メッシュがついているものがあります。 フタの部分に取り外し可能なメッシュがあるので、シェイクしたときに溶けやすくなるもの。 無いよりあった方が溶けやすいですよね。

次の

プロテインは作り置きできるのか。効果的な飲み方と間違った摂取方法

プロテイン 粉 っ ぽい

糖質制限ブームなどにともない、たんぱく質が効率よく摂取できるプロテインが注目を集めています。 プロテインは筋肉ムキムキになるものというイメージをいまだに持たれている方も多いかもしれませんが、ダイエットや美容にも効果のあるサプリメント。 「プロテインを摂ってみたいけど選び方がわからない」「いつ、どのくらい飲んだらよいかわからない」といった疑問を持つ、まだプロテインを飲んだことのない方にプロテインの種類や飲み方など基本をお教えします。 プロテインを飲むべき理由とは? プロテインは運動する人が飲むものと思われているかもしれませんが、運動をしない人にも取り入れる価値は大いにあります。 そもそもプロテインとはたんぱく質のこと。 人間の身体を構成する筋肉や骨、歯、皮膚、血管、内蔵、髪の毛など多くの部分がたんぱく質でできており、毎日、代謝に使う新しい原料(たんぱく質)が必要です。 その量は、まったく運動していなくても1日ごとに、脂肪を除いた体重1kgあたり1g。 たとえば、除脂肪体重が60kgであれば1日60gとなり、このたんぱく質量を食事で摂る場合、1個約6. 5gのたんぱく質含有量があるといわれるゆで卵なら9〜10個、納豆なら7〜8パック(1パックあたり約8. 3g)を食べなければなりません。 除脂肪体重がわからない人は、厚生労働省「日本人の食事 摂取基準2015」で推奨されている1日あたりの平均必要量「成人男性50g、成人 女性40g」を目安に摂るようにしましょう。 食品に含まれるたんぱく質量をいくつか見てみると(上の表参照)、1日に必要なたんぱく質量も3食で分ければ簡単に摂れそうですが、栄養バランスを意識していない人やダイエットをしている人は不足しがち。 また逆に、食品によってはカロリーを採りすぎてしまうこともあるので、カロリーを抑えてたんぱく質を補えるプロテインは便利なのです。 たんぱく質が足りないと肌や髪の毛のハリ、ツヤがなくなるほか、筋肉量が減って基礎代謝量が落ち、太りやすくなったり、免疫力や集中力が低下してしまうといった不調を引き起こすおそれもあるので、プロテインを食事と併用して上手に栄養管理しましょう。 ゆで卵のカロリーは1個(60g)約90kcal。 1日に必要なたんぱく質60gをゆで卵で摂る場合9〜10個となるので、カロリーは810〜900kcalになります。 ほかの食品をあわせてたんぱく質量を計算しないと、カロリーオーバーする可能性もあるので注意しましょう。 なお、一般的なパウダータイプのプロテインの場合、同たんぱく質量を摂取してもカロリーは約330kcalで済みます なお、ランニングや筋トレなど運動をしている人は前述のたんぱく質量よりもさらに多く摂取するのが理想的。 まったく運動しない人の1日に摂取すべきたんぱく質量が除脂肪体重1kgあたり1gなのに対し、運動している人は1. 5〜2倍摂るといいといわれています。 「運動+プロテイン」=「ムキムキな体」をイメージされるかもしれませんが、適正カロリーを大きく超えるような食事を続けなければ簡単にはマッチョにはならないので安心してください。 運動したあとの筋肉は細かい傷が入ったような状態になり、その筋肉を回復させるためにたんぱく質は必須。 スレンダーでほどよく筋肉がついた代謝のいいボディを目指すなら、筋肉の原料となるたんぱく質が不足しないようにしましょう。 プロテインの種類を知ろう! プロテインを利用すればたんぱく質が効率よく摂取できることは理解できても、プロテインは「マズくて飲みにくい」という印象があり、懸念している人も多いのではないでしょうか。 しかし、それはもはや過去の話。 昔のプロテインは大豆を原料とした「ソイプロテイン」が大半で、水に溶けにくいため飲みにくく、味やニオイに強いクセがありました。 今でもソイプロテインはありますが、水溶け具合が格段によくなり、飲みやすさは劇的に改善されています。 ただ、近年はさらに水に溶けやすい「ホエイプロテイン」が主流。 牛乳に含まれる「乳清」を原料としたホエイプロテインは味が淡白で飲みやすく、水溶性ビタミンやアミノ酸なども豊富なため人気です。 左がホエイプロテインで、右がソイプロテイン。 粒子の大きさはほぼ変わらず、牛乳や大豆のニオイもしないので、見た目で違いはわからないかも ひと昔前のソイプロテインはシェイクしても粉が残りましたが、近年のものはきれいに溶けます ココアやバニラ、コンソメなどいろいろな味がラインアップされているほか、少量タイプも発売されているので、まずは少量タイプで試して自分にあうものを見つけるのもいい方法です ザバス「ホエイプロテイン100 ココア味」と「ソイプロテイン100 ココア味」で溶け具合や味を確かめてみました。 どちらも水でシェイクしたので薄めのココア味という感じでしたが、飲み終わったあとに若干粉っぽさが口に残ったのはソイプロテインのほう。 ただ、飲みにくいほどではありません。 いっぽう、ホエイプロテインは粉っぽさはないものの、試飲後、口に牛乳っぽいニオイが少し残りました プロテインは水だけでなく、牛乳や豆乳など、ほかの飲料と混ぜてもOK。 ただ、水よりもカロリーは高くなるので注意しましょう。 筆者は、ココア味のプロテインを水とコーヒーでシェイクするのがお気に入り!(カフェモカのような味で、けっこうイケます!) ただし、ホエイプロテインを選ぶ時には少し注意が必要。 製造方法が異なる「コンセントレートタイプ(WPC)」と「アイソレートタイプ(WPI)」という2種類があり、WPCのホエイプロテインには「乳糖」が含まれているのです。 この乳糖は、牛乳を飲んでお腹がグルグルする「乳糖不耐症」の方には適しません。 WPCタイプを選ぶと、牛乳を飲んだ時と同様の症状が出るおそれがあります。 そんな方には乳糖がほとんど含まれないWPIのホエイプロテインを選べばいいのですが、パッケージに製法は記載されていません。 たんぱく質量が75%前後のホエイプロテインはWPCタイプ、85%以上であればWPIタイプと判断してOKです。 なお、WPIタイプの中には「アイソレートタイプ」や「乳糖不使用」とパッケージに書いてあることが多いので、見極めが不安な方は参考にしてください。 ザバス「ホエイプロテイン100」のパッケージには製法のタイプは表記されていませんが、たんぱく質含有量が75%なのでコンセントレートタイプ(WPC)であることがわかります このほか、ホエイプロテインと同じく牛乳を原料とした「カゼインプロテイン」もありますが、乳清以外の成分で作られているので、乳糖でお腹がゆるくなる方には不向きかもしれません。 飲みやすさはホエイプロテインとほぼ同じです。 パウダータイプ以外のプロテインもあり! パウダータイプのプロテインが水に溶けやすくなったとはいえ、まだ抵抗がある方はタブレットやドリンク、ゼリータイプを選ぶのもいいでしょう。 シェイカーを用意したり、飲んだ後に洗う手間がないのが魅力です。 ただし、商品によってたんぱく質の含有量が大きく異なるため、ものによってはたくさんの量を一度に飲む必要があったり、ドリンクタイプの中には味にクセが強い商品があることも。 また、パウダータイプよりもコストが高めなので、日常的にプロテインを飲むならパウダータイプをメインにし、補助的にその他タイプのプロテインを摂るようにしたほうがいいかもしれません。 錠剤に抵抗がなければ、飲みやすさはタブレットタイプがダントツ! しかし、たんぱく質20gを摂るためには50粒以上必要なので、パウダータイプと同じペースで摂取すると割高になります たとえば1日30gのたんぱく質量を、Kentaiのタブレットタイプ「」(5,200円)とパウダータイプ「」(4,600円)で摂取した場合、パウダータイプは34日間で飲みきることとなりますが、タブレットタイプは30g=80粒となるため、11日で終了。 このことから、タブレットタイプは外出先で手軽に飲んだり、1度の摂取量を少量に留めるといった使い方がいいかもしれません いつ飲めば効果的? プロテインがもっとも吸収されやすいのは、運動後30分くらいといわれています。 とはいえ、プロテインは分解・吸収スピードが速いホエイプロテインでも吸収されるまで1〜2時間程度かかるため、体がたんぱく質をもっとも欲する状態となる運動後30分に吸収されるように調整するのはなかなか難しいもの。 本気で取り組んでいる人はトレーニング中にもプロテインを摂ってベストなタイミングを逃さないようにしていますが、一般の方であればそこまでシビアにならなくても大丈夫です。 たんぱく質が吸収されるタイミングが運動中にきても問題ないので(むしろイイ!)、ホエイプロテインなら運動を始める1〜2時間前に飲めばOK。 その他のソイプロテインやカゼインプロテインは吸収されるまでに5〜6時間かかるので、運動を終える時間から逆算して飲むタイミングを決定しましょう。 なお、このように吸収されるタイミングが計りやすいことも、近年、ホエイプロテインの人気が高い理由のひとつです。 運動の種類にあわせて調整したプロテインも発売されているので、用途が決まっている人はこのような商品を選ぶのもいいでしょう。 アミノ酸はプロテインを吸収しやすいように分解したものなので、運動で負荷がかかり傷ついた筋肉の回復に役立ちます。 ただ、アミノ酸はプロテインよりも割高なため、プロテインと同じ量のたんぱく質をアミノ酸で摂るのは現実的ではありません。 たとえば、味の素「アミノバイタル GOLD 30本入り」の価格は約4,000円(2018年1月26日時点の価格. com最安価格)。 ですが、1本に含まれるたんぱく質は4. 7gであるため、毎日20gほど摂取しようとすると1週間でなくなってしまいます。 たんぱく質は少量でも体の疲れを緩和する作用があるので、より早く筋肉に届くアミノ酸を摂取したあと、たんぱく質量を補うためにプロテインを飲むようにするのがいいでしょう。 アミノ酸補給が手軽にできるとして人気が高いのが、味の素「アミノバイタル」。 いくつかの種類がありますが、運動後の体のリカバリーには「アミノバイタル GOLD」が適するそうです では、運動しない人はいつ飲めばいいのでしょうか。 摂取する時間にキマリはありませんが、効率を考えるなら、朝がベスト。 栄養が不足したままで過ごすと筋肉や内蔵などが分解されるおそれもあるので、朝食を食べない、簡単なもので済ませているならプロテインをプラスしてみましょう。 さらに、就寝前にプロテインを飲むとよりよい効果が望めます。 寝ている間は成長ホルモンが分泌され、体が栄養を取り込みやすい状態になるので、たんぱく質を摂っておくと肌や髪、爪にも作用し、美容にも高価あり! もちろん、運動した夜の就寝前にもプロテインを飲むほうが、筋肉の回復に役立ちます。 なお、睡眠時間は長いのでホエイプロテインにくわえ、ゆっくり吸収されるソイプロテインやガゼインプロテインを飲むのもいい方法。 ように、吸収時間の異なる2種類のプロテインを混ぜたプロテインを選ぶのもありです。 プロテインに含まれるカロリーは少ないですが、運動をしないので少量のカロリーも気になるという人はダイエット用のプロテインを選ぶのもあり。 ソイプロテインのザバス「ウェイトダウン」は1食分(21g)でたんぱく質は16. 8g摂れるほか、11種類のビタミン、3種類のミネラルを配合しながら、カロリーは79kcalに抑えられています どのくらいの量を飲めばいい? たんぱく質は1度にたくさんの量を摂っても吸収されにくいので、1回10〜20gを目安にし、1日3回程度飲むのが理想的です。 また、プロテインを過度に摂り続けると肝臓に負担がかかるので、適正量を意識するようにしましょう。 パウダータイプで20gのたんぱく質量を摂る場合、液体とシェイクすると約200〜300mlになります(ザバスのプロテインで推奨されている量)。 意外と量があるので、なかには飲みきれない人もいるかもしれません 液体は量的に飲みきれないと心配なら、プロテインバーを食べるのも手です。 森永製菓「ウイダー in バー プロテイン」は1本で10g以上のたんぱく質を摂取可能。 カロリーは少々高め(100〜200kcal)ですが、時間がない時にも役立ちます.

次の

急死した美女...原因はあの食事|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ

プロテイン 粉 っ ぽい

プロテインの持ち運びって、どうしてます? まさかパッケージ丸ごと持って歩いてないですよねwww。 ジャマジャマ! 小っちゃいタッパーに入れてくって言う人もいるけど、できるだけスマートに、コンパクトに小分けにして持ち運びたいもんです。 一回分だけだったら蓋がしっかり絞まるシェイカーに入れて持ってけばいいけど、会社や出張、一日数回飲む予定、ベストタイミングでって時は、なんだかんだ言って結構あります。 こういう時は、プロテインを数回分持ち歩かなくちゃいけなくなりますよね。 細かいことを言えば、一回分とはいえシェイカーに入れた状態で持ち運ぶと、プロテインが入っているところにミネラルウォーターを入れるという順番になっちゃいます。 この順番だとシェイカーにプロテインがへばりついちゃって溶けにくくなっちゃうので私はイヤwww。 と、いうわけで、私は断然ジップロックタイプの小袋派です。 プロテイン一回分だったらシェイカーで充分 一回分だけジムの終わりで飲むために持っていくとか、会社で3時のおやつの時間に飲むとか、そういった使い方をする場合はプロテインを シェイカーに一回分だけ入れて持ち運ぶのが一番現実的だと思います。 まあ、私は好きくないけどwww。 ポイントなのは、水分厳禁ってことですかね。 暑い時なんかは水分を含んだ状態で放っておくと食中毒になるから気をつけてねwww。 あとはしっかり蓋が締まるプロテインシェイカーを使うこと。 蓋が開いちゃうと、カバンの中がプロテインの粉だらけになっちゃうぞwww。 パッキンが入ってても簡単にバキッと開くタイプや蓋に飲み口がついてる凝った作りのシェイカーなんかは、要注意。 飲み口がついてるタイプでは蓋は開いてないけど飲み口が開いてカバンの中にぶちまけるっていうのを私はすでに何回かやらかしてますので、気をつけてwww。 上でもちょっと書いてますが、溶かす順番が逆になるのでシェイカーにへばりつくのは覚悟のうえでお願いしますwww。 他のページでも言ってますが、自分が愛用しているので紹介しておくと、SAVASのシェイカーが持ち運びでも一番使いやすいと思ってます。 安いしドラッグストアでも売ってるので手に入りやすい。 意外と蓋がしっかりしてて外れにくく、しかもシンプル構造なので余計な問題もまず起きない。 あとは好みだと思うけど、細身で微妙にくびれてるので持ちやすく片手でもシェイクしやすい結構考えられた形が気に入ってます。 まあ、好みの問題なので、自分が使いやすくてプロテインをカバンの中にぶちまけない、安くてしっかりしたお気に入りを探してみてください。 持ち運びに粉ミルクストッカーを使わない理由 実は最初の頃、持ち運びに私は粉ミルクストッカーを使ってました。 人が使ってるのを見かけたし、すすめられたから使ってたんだけど、あまりに使いにくくて、ウガー!!って窓からぶん投げてしまいましたwww。 おかげでそれ以来まったく手に取ってません。 今回参考用に買おうかとも思ったんですが、けっこう値段もするし、多分ホントに使わないと思ったので買いませんでしたwww。 粉ミルクストッカーを絶賛する人も多いですが、粉ミルクストッカーはやっぱり粉ミルクのための物であって、プロテインの持ち運びにはあまりよろしくないんですよね。 まず、意外にかさばる。 持ち運んだ人であればだれでも感じると思うけど、3回分のストックで、シェイカー2つ持って歩いてる感じ。 次に、粉ミルクのサイズ感なので、一回分のストックがパンパンでも30gまでしか入んない。 ぶっちゃけ粉ミルクとプロテインでは、粉の容積が違うので、厳密には30g入らないです。 最後に粉ミルクストッカーは注ぎ口がついてるんですが、サラサラの粉ミルクを想定しているので、プロテインのようなちょっと水分を含んだような粉物は 詰まって全く出てこないです。 まあ、流用しようってんだから文句を言ってもしょうがないけど、使えないっスよ。 日本製じゃない 海外製だと70gまで入る容量が多いタイプもあります。 持ち歩くだけの容器にこの金は払いたくないっていう貧乏性センサーが働いちゃいます。 それに大容量ってことはかさばるってことだしね。 プロテインメーカーからも持ち運び容器が出てます。 ヨーロッパで超有名プロテインメーカーのマイプロテインから73g入りの容器が出てます。 こっちは比較的安めだけど、イギリスから直送なので時間はかかるッスね。 これだけ買うならアマゾンの方が便利っスww。 好みの問題なので、このタイプがいいって人は使ってみてください。 私はジッパー式小分け袋でプロテインを持ち歩き で、結局私がいきついたのはジップロックなどの 「ジッパー式小分け袋」です。 安い!どこにでも売ってる!いっぱい入ってる!繰り返し使える!と4拍子もそろってて超お得!! 使い捨てしても全然惜しくないのが特にいいっスね。 試しにホームセンターの台所用品、保存容器の売り場を探してみてください。 いろんなサイズがズラッと売られてると思います。 大体40枚入りぐらいで150円前後だと思いますよ。 まず一つ買っちゃえば、繰り返し使えるので1年ぐらいは余裕でもちます。 自分の使ってるプロテインをお試しで人にあげたりもらったりってのも簡単にできて、超いいっスよ。 プロテインの計量スプーンが入るサイズであれば、こぼさず正確な量が入れられます。 ただしこのサイズだと、アメリカンサイズのプロテインの計量スプーンは入らないんですが、この上のサイズだと140mmになってしまうので、ちょっと大きすぎるかもしれないです。 内容量的にはこのぐらいがいいでしょうね。 ちょっと長めの袋を選んでいる理由はこれ。 もちろんビタミン、クレアチン、BCAAなどを持っていくのにも重宝します。 一回分ずつに分けておけば、計量しなくてもいいし、最悪このサイズの袋であれば、計量スプーンも一緒に入れちゃってもOKです。 私が持ち歩くときのスタイル。 一回分ずつ分けた小袋をまとめてシェイカーの中に入れてしまいます。 結構入るッス。 プロテインだけだったら10回分ぐらい入るんじゃない? これだったら2重3重になっているので、絶対カバンの中にぶちまけることはないですし、シェイカー1つサイズなので全くかさばらない。 取り出して飲むのもササッとできて超便利。 おすすめっス!! プロテイン以外を持っていくという選択肢 絶妙のタイミングでプロテインを飲みたい! とはいっても、ジムや公共トレーニング場でプロテインをシャカシャカやってると、今でもチラチラ視線が痛かったり、ジジババが多い公共施設なんかではガン見されることもあって、チョ~ハズカシィ~~!ってこともありますww。 そういう時は、いっそプロテインをあきらめて、違うものを持ってってみるというのもありです。 私が良く持っていくのはプロテインバー。 プロテインゼリーや、たまには 「なとりのササミ缶」という変化球もありですwww。 プロテインバーなら、なんかもぐもぐやっててもまずガン見されることもないですし、プロテインゼリーならなおさらスルーです。 さらにササミ缶をパカって開けて3缶ぐらい食べてると、逆にだれも目を合わせようとしないですよwww。 これらであれば、水分補給のミネラルウォーターさえ忘れなければ、かさばらないし、こぼれないし、持っていきやすいですww。 プロテインよりはちょっとコスパは悪いですが、まあ、しょうがない。 ああ、ササミ缶は箸を忘れないようにねwww。 手掴みだと本格的に人が近寄ってこなくなりますwww。 自分だけのオリジナルのプロテイン代用品ってのも探しておくといいかもしれないです。 う~ん、ササミ肉にかぶりつくってのもワイルドでいいかもwww。 今回紹介したもの・おすすめ まとめ.

次の