ライン 公式 アカウント 使い方。 LINEクーポンの使い方!公式アカウントから配信されるクーポンを使用する!

LINE公式アカウントでの返信方法と応答モードの使い分け

ライン 公式 アカウント 使い方

LINE公式アカウントの作成後に 友だちを増やす方法や注意点なども この記事の後半部分で解説しています。 パソコンから公式LINEを作成する人向け【QRコードで認証する方法】 パソコンから公式LINEを作成する際 LINE認証する方法は複数ありますが QRコードで認証する方法がおすすめです。 をクリックし、必要事項を入力した後に 個人LINEの認証の手続きをする流れです。 ご存知の通り、LINEには 5つのメニューがあります。 「ホーム」• 「トーク」• 「タイムライン」• 「ニュース」• 「ウォレット」 この中の 「ホーム」 を選択してください。 ちなみにLINE公式アカウントは パソコンから無料作成できるだけでなく 無料で利用して活用する事もできます。

次の

最強の集客ツール?!LINE公式アカウント始め方!使い方!集客力の測り方

ライン 公式 アカウント 使い方

電話の取り逃しは機会損失や顧客満足度低下を招くリスクがありますが、LINEチャットを活用すれば、店舗が忙しいときでもトーク履歴が画面に残るため、手の空いている時間に確認、返信することができます。 また、少人数でオペレーションをしなくてはならない企業や店舗でも無理なく顧客対応ができるほか、ユーザーとしても好きなタイミングで連絡できるため、互いにストレスを感じることが少なくなります。 LINEチャットは外出中でも、スマホさえあれば手の空いている時間にユーザーからのメッセージを確認し、返信することができます。 対応の履歴は何らかの方法で一元管理する必要がありますが、記載を忘れたり、電話で受けた問い合わせ内容が間違っていたりと、人的ミスは常に起こり得ます。 また、クレームが発生した場合でも、その内容を共有する仕組みがなければ業務改善にはつながりません。 こうした対応履歴やクレーム対応についても、LINEチャットを使えば簡単に管理できます。 特別なツールの導入は不要で、費用もかかりません。 参照)、顧客管理にかかる手間とコストが大幅に削減可能です。 LINEチャットを利用すれば、普段のLINEと同じ方法で画像も送信できるため、テキストだけでは伝えることが難しいイメージなども事前に把握することができます。 LINEチャットでは、担当スタッフが対応できない時間帯を曜日別に設定することができるので、店休日などに問い合わせ対応に追われることはありません。 また、対応が難しい時間帯は「自動応答メッセージ」に切り替えれば、システムが自動的に応答してくれます。 自動応答メッセージは初期設定としてデフォルトのメッセージが設定されていますが、最大200個まで新たに登録できます。 また、ユーザーから送られるメッセージに含まれるキーワードに応じて、あらかじめ登録した指定メッセージを返信する機能「応答メッセージ」やAIがメッセージ内容を自動で判別して適切なメセージを返信する「AI応答メッセージ」を利用すれば、よりスムーズな自動対応ができるようになります。 企業や店舗側が送信する一斉メッセージ配信などとは異なり、ユーザー一人ひとりとコミュニケーションが可能なLINEチャットは、きめ細かなサービスを提供できる一方、不適切な対応があった場合はLINE公式アカウントをブロックされてしまうリスクがあります。 そうした事態を防ぐため、LINEチャット運用の注意点をいくつか紹介します。 問い合わせから返答までの時間や内容だけでなく、ユーザーから送られたメッセージが未読のまま放置されていないかなど、細かな運用ルールを策定することをおすすめします。 チャット履歴のダウンロードは未読のメッセージが対象外となるため、ダウンロードする前には必ず全てのメッセージを確認して、既読にしてください。 香川県内で4店舗の美容室を展開する「storia. f ストーリアエフ 」。 美容室の経営には「新規客の再来店」「再来店客の固定化」などの集客施策が重要なため、以前は新規客の再来店を促すためにスタッフが手書きのハガキを送ったり、既存のユーザーに電話やメールで連絡をするなどの方法で対応をしていました。 しかし、ハガキのコストは決して安くはなく、スタッフの負担も大きい反面、ユーザーからの反応が見えないため効果検証ができていませんでした。 そこで、LINE公式アカウントを導入し、予約をLINEチャット経由で受け付けるようにしました。 運用方法としては、初回来店時に友だち登録とメッセージを送ってもらい、当日中に店舗からお礼のメッセージを送信。 さらに、次回来店時に無料のトリートメント施術を提供することで、新規客の再来店率が60%にまでアップしました。 また、電話による予約はほとんどなくなり、施術中にスタッフが電話対応に時間を取られることもなくなりました。 LINEチャットの導入で、リピート率のアップと、スタッフの生産性向上を実現した事例です。 東京・西荻窪にある飲食店「鉄板バル bloom」。 営業中は店長を含めて2~3人という少人数でお店を回しています。 そのため、昼や夜のピーク時に問い合わせの電話が入ると、その対応でスタッフ1人の手がふさがってしまい、接客に影響が出てしまうという課題を抱えていました。 そこで、LINE公式アカウントを開設し、ユーザーからの予約や問い合わせの対応にLINEチャットの利用を始めました。 「LINEチャットは、お互い相手の状況を気にせずに送ることができますし、トーク履歴が残るので、後で確認すれば予約のミスなども防げます。 実際にお客さまからも『LINEでのやりとりのほうが楽だ』という声もあります」(店長) ユーザーはLINEの便利さを知っているため、次回の予約もLINEチャットを利用するようになりました。 結果、ユーザーの来店頻度が増え、客単価も向上して売り上げは30~40%アップしたといいます。 きもの販売を手がける「日本和装 COCON GINZA」では、ユーザーとのコミュニケーションにメルマガを利用していました。 しかし、メールでは画像が送りづらい、開封されたかわからないなど、さまざまな課題があったといいます。 コミュニケーションをより便利にするため、LINE公式アカウントを開設し、LINEチャットの利用を始めました。 女将の稲村さんは、「LINEチャットは既読の有無がわかりますし、お客さまからのレスポンスが早いのでとても助かっています」と語ります。 また、同店で企画・運営する「着付け教室」や「お茶席の体験」などのイベントの様子を撮影し、希望があればLINEチャットで参加したユーザーに写真を送っています。 ユーザーからの評判も良く、顧客満足度の向上につながっています。

次の

【LINE公式】LINEのタイムラインはこう使う!事例でわかるメッセージとの使い分け方|LINE for Business

ライン 公式 アカウント 使い方

タイムライン投稿は、メッセージといくつか異なる点があります。 ここではその中でも代表的な3つのポイントを紹介します。 ユーザーとのコミュニケーションが取りやすい タイムライン投稿は、それを見たユーザーが気軽に「いいね」したり、コメントしたりできます。 さらに企業側もそのコメントに対して返信ができることから、コミュニケーションが取りやすい場であるといえます。 企業アカウントであっても、ユーザー側からメッセージが送られてくればやり取りも可能ですが(利用している法人向けアカウントの種類による)、投稿への「いいね」ほど気軽なものではないでしょう。 必然的に、メッセージを一方的に配信するコミュニケーションになります。 アカウントと友だちになっていない人にもアプローチできる タイムライン投稿は、簡単に「シェア」できます。 企業のLINEアカウントと友だち登録しているユーザーがタイムライン投稿をシェアすると、その人の友だちにまで投稿が表示されます。 Twitterのリツイートのようなイメージです。 これによって自分と友だちになっていない人にもアプローチ可能となります。 メッセージより高い頻度で投稿しやすい ユーザー側の設定にもよりますが、メッセージは送るたびに通知がいくため、送る頻度によってはうっとうしく感じられてしまいます。 ブロックされるリスクも高まるでしょう。 しかしタイムライン投稿は通知がいかず、ユーザーのタイミングで閲覧できるため、高い頻度で投稿しても嫌われる心配が少ないです。 メッセージと異なり、無料で打ち放題 LINE公式アカウントのメッセージは、月額無料のフリープランで1,000通まで配信することができます。 1,000通を超えるメッセージの配信を行うには有料プランに切り替える必要があります。 一方、タイムラインは何回投稿しても従量課金の対象にならないため、投稿頻度をあげても予算に影響が出ません。

次の