プラレール 連結 部品。 【プラレール】連結器の交換の仕方について

【プラレール】先頭車・後尾車を連結改造!!安く簡単に

プラレール 連結 部品

こんにちは。 プラレールを使っている方、特に学生さんや小学生くらいの息子さんがいらっしゃるパパさんママさんなら一度は考える、 先頭車と後ろを連結したい!!!! 新幹線などの一部で製品化されているものの、そうでない車両も多く存在します。 行われる際には自己責任でお願いします。 【コンセプト】 ・なるべく安く、簡単に手に入れられるものだけで改造 ・ちょっとお子さんがやんちゃしても壊れにくい構造 ・メンテナンスを考え、付け外しがしやすい構造 ・後尾車にメス型連結器を付ける改造はどこでもあるので、先頭車にフック型連結器を付けたい 【つかったもの】 ・専用交換部品 連結部品 おもちゃ屋さんで一番簡単に手に入るもののみを使用していきます。 ・ねじとナット あえて書くならこれが一番入手面倒かも。 このメス型連結器がくっつくもの、ホームセンターで売っているねじで、サイズ合いそうだったら大丈夫です。 ・棒やすり 100均の工具コーナーでも手に入ります ・カッターorニッパー 上記の棒やすりだけでも改造は可能ですが、大体の形に切断してから加工すると楽ちんです。 【実際の改造】先頭車編 こちらが作例が乏しいので、全力で考えていきます。 まずは、中間車の高さに合わせて、削る範囲を選定します。 ポイントとしては、連結機の根本が少し太くなっているので、 細い部分の幅に合わせて車体を削り、太い部分が通り抜けない幅にすることです。 太い部分が通り抜ける幅だと、走行中に脱落のリスクが上がります。 シャーシ側は、連結機の根元が干渉してしまうので、構造に支障が出ない範囲でぶつかる箇所を切除しておきます。 あとは組み合わせれば完成! なのですが、 このままだとこいつを先頭で走らせたときに連結器がたれ下がってしまって脱線してしまいます 中間車として使うなら、この加工は不要ですが ので、 ・タミヤ 2mmプラ角棒 家電量販店のホビーコーナーとかにあります、近いサイズのプラスチック片で代用可能 ・ゴム系接着剤 瞬間接着剤だと微調整が出来ないのでおすすめできません。 こいつらで 連結機が垂れ下がらないよう、シャーシを伸ばしておきます。 組み合わせてたかさ調整したら乾燥させて 先頭車は完成!!!! 後尾車はネットでたくさん作例があるように 連結器のわっかをねじで止めるだけです。 シャーシを削って、ねじで留めるだけ!! せっかくなので、元のスカートの形状を生かすべく おおきな100均 作例はダイソー の1mmの穴をあけるドリルとやすりで拡大しています。 面倒なら、そのままカットで大丈夫です。

次の

プラレール 連結部品(ノーマルタイプ)

プラレール 連結 部品

そんなわけで、入手方法を調べてみました。 我が家のプラレール事情 相変わらずSiSO-Jr. 1、SiSO-Jr. 2はプラレール大好きですが、最近はプラレールアドバンスシリーズも増えてきました。 IRコントロールユニットを使って無線運転して喜んでいます。 そんなわけで、現在、8編成もあったりします。 ずらずら~っと、全部並べて上から見るとこんな感じです。 ちなみにプラレールの方は…たぶん30編成は超えていると思うのですが、破損してトイボックスの奥に眠っているものもあると思われるのでよくわかりません。 プラレールアドバンスが脱線しやすい理由の1つは連結器の変形 発売当初からよく「脱線しやすい」といわれているプラレールアドバンスですが、初期型はNゲージでも走行できるような車輪形状にしていたため、より脱線しやすかったそうです。 現在は改良されているとのことですが、去年もamazonで一部の車両が一時的に販売中止になったことがありました。 コメント内容から、工場での組み立て時にシャーシにゆがみが出ていて、脱線しやすい車両になってしまっていたのではないかと推測しています。 連結部品がゆがむとカーブで脱線しやすくなる シャーシが少しゆがむだけでも脱線しやすくなりますが、同様に、連結部品がゆがんでも脱線しやすくなります。 以前の記事でちょっと紹介しましたが、プラレールアドバンスは動力車両が中間にあるため、連結部品がゆがむと傾きを増長するように前の車両を押してしまうようで、カーブで脱線しやすくなります。 そのため、直しても直してもゆがんでしまいます。 これについては現在、教育中です。 ちなみに正常な状態はこんな風にまっすぐになっています。 プラレールアドバンスは、普通のプラレールと違って連結部品にオス/メスはありません。 片方の車両だけに連結部品が取り付けられるようになっており、本体内部にシャフト状になった結合部分があります。 連結部品、いつかは折れる… そして、この修正を繰り返しているとついにはポキっと…。 プラレールアドバンス用連結部品の購入方法 最初はいつものamazonで探してみたところ、マーケットプレイス出品で600円弱(送料込み)で売っているのを発見しました。 たぶん(想像ですが)、次に紹介する方法よりも早く入手できるかもしれないので急ぎの場合はありかと思います。 さてさて、当ブログ、「SiSO-LAB」と名乗っている以上、ちょっとはリサーチしなくちゃ、ということでさらに調査をしてみたところ、何のことはない、タカラトミーの通販サイトで売っていました。 しかも、送料は164円です。 クロネコヤマトはもうメール便をやっていないので、他のところかな? というわけでポチってみました!おお、「送料込みで434円!」になりました。 発送部門がゴールデンウィーク休みと言うことで発送は休み明けになるようですが、届いたら、今度は連結部品交換レポートをお届けする予定です。 今日の一言二言三言 保守部品 メーカーサイトを よく見ると ちゃんと売ってて よかったよかった amazonなんかでラインナップされているのは、それはそれで価値があると思います。 そんなわけでマーケットプレイスでの値段がどうのこうのと言う気はありませんが、保守部品などのちょっとお店では無さそうな商品、まずはメーカーのホームページで検索が吉ですね!.

次の

タカラトミー プラレール 連結部品(フック8個・リング4個セット) レールトイ

プラレール 連結 部品

こんにちは。 プラレールを使っている方、特に学生さんや小学生くらいの息子さんがいらっしゃるパパさんママさんなら一度は考える、 先頭車と後ろを連結したい!!!! 新幹線などの一部で製品化されているものの、そうでない車両も多く存在します。 行われる際には自己責任でお願いします。 【コンセプト】 ・なるべく安く、簡単に手に入れられるものだけで改造 ・ちょっとお子さんがやんちゃしても壊れにくい構造 ・メンテナンスを考え、付け外しがしやすい構造 ・後尾車にメス型連結器を付ける改造はどこでもあるので、先頭車にフック型連結器を付けたい 【つかったもの】 ・専用交換部品 連結部品 おもちゃ屋さんで一番簡単に手に入るもののみを使用していきます。 ・ねじとナット あえて書くならこれが一番入手面倒かも。 このメス型連結器がくっつくもの、ホームセンターで売っているねじで、サイズ合いそうだったら大丈夫です。 ・棒やすり 100均の工具コーナーでも手に入ります ・カッターorニッパー 上記の棒やすりだけでも改造は可能ですが、大体の形に切断してから加工すると楽ちんです。 【実際の改造】先頭車編 こちらが作例が乏しいので、全力で考えていきます。 まずは、中間車の高さに合わせて、削る範囲を選定します。 ポイントとしては、連結機の根本が少し太くなっているので、 細い部分の幅に合わせて車体を削り、太い部分が通り抜けない幅にすることです。 太い部分が通り抜ける幅だと、走行中に脱落のリスクが上がります。 シャーシ側は、連結機の根元が干渉してしまうので、構造に支障が出ない範囲でぶつかる箇所を切除しておきます。 あとは組み合わせれば完成! なのですが、 このままだとこいつを先頭で走らせたときに連結器がたれ下がってしまって脱線してしまいます 中間車として使うなら、この加工は不要ですが ので、 ・タミヤ 2mmプラ角棒 家電量販店のホビーコーナーとかにあります、近いサイズのプラスチック片で代用可能 ・ゴム系接着剤 瞬間接着剤だと微調整が出来ないのでおすすめできません。 こいつらで 連結機が垂れ下がらないよう、シャーシを伸ばしておきます。 組み合わせてたかさ調整したら乾燥させて 先頭車は完成!!!! 後尾車はネットでたくさん作例があるように 連結器のわっかをねじで止めるだけです。 シャーシを削って、ねじで留めるだけ!! せっかくなので、元のスカートの形状を生かすべく おおきな100均 作例はダイソー の1mmの穴をあけるドリルとやすりで拡大しています。 面倒なら、そのままカットで大丈夫です。

次の