天気 の 子 音楽。 天気の子の主題歌の曲名は?挿入歌や歌詞,発売日も調査

映画『天気の子』とRADWIMPSの音楽が“現代の大人たち”を解放する 劇中5曲の視点から紐解く

天気 の 子 音楽

以前にも新海誠監督の「 」という趣旨の投稿をしたのだが、今回は3年ぶりの新作となる『天気の子』の音楽を分析してみたいと思う。 この分析をお読みいただければ、新海誠監督とRADWIMPSのコラボレーションは前作以上に密なものとなっており、音楽が物語構造を支える重要な柱を担っていることがご理解いただけるはずだ。 1)既存の「劇中使用曲」を使う意味 まずは簡単に説明できる部分から始めよう。 『天気の子』は前作に引き続きRADWIMPSが音楽を担当しているのだが、既成曲もいくつか登場する。 その違いはどこにあるかといえば、劇中で登場人物も聴こえているであろう音楽(つまり「 画面内の音」!)には既存の音楽を使用し、RADWIMPSによる楽曲は登場人物には聴こえず、観客のみが聴いている(つまり「 画面外の音」!)のだ。 そして、映画そのものの構造に関わってくるのは基本的に後者についてとなる。 2)前作風の音楽によって何を伝えるか? 須賀さんのオフィスを訪れ、夏美が起きたあとに流れる「03. 』における「糸守高校」という楽曲にあえて似せてつくっている楽曲だからだ。 楽器や調 Key こそ違うが、冒頭の旋律の動きだけでなく、コード進行そのものが基本的に同じ枠をなぞっていっている。 こうすることで「 映画外からの意味」を持ち込むことが出来る。 『君の名は。 』を観た人がこの曲を聴けば、三葉(中身は瀧)が見ず知らずの糸守高校において、てっしー&さやちゃんとの交流を通して自分のポジションを確立していく、微笑ましい日常を思い出すことだろう。 他にも帆高が初めて陽菜の自宅を訪れる際に流れる「10. 御宅訪問」は、『君の名は。 』における「三葉のテーマ」との始まりの旋律とコードが共通している。 こうした手法は、いわば前作キャラクターが登場するのにも似ている。 単なるファンサービスというだけでなく、本作に瀧や三葉が登場するのは、現実を生きる我々が気づいていないだけで、こうした事件や軌跡のような出来事が知らず知らずのうちに沢山起こっているのだ……ということを伝えるうえで重要な要素となる。 映画の世界を繋げ、広げることは、新海作品の本質とも連なっているのだ。 3)「歌詞付きの歌」が登場するまでのプロセス 本作において、最も興味深いのはRADWIMPSによる主題歌の扱いだ。 『君の名は。 』では計4曲登場していたが、『天気の子』では5曲も登場。 とりわけ重要になるのは、「28. グランドエスケープ Movie edit feat. 三浦透子」と「 31. 愛にできることはまだあるかい」。 両者ともに、物語の終盤までヴォーカルの野田洋次郎によって歌われることはないのだが、それ以前に何段階にも分けて、旋律が予兆として少しずつ登場していったりする仕掛けがとられているのだ。 順番にあげてみよう。 例1)「28. グランドエスケープ Movie edit feat. 三浦透子」 第1段階:陽菜にハンバーガーをもらう「02. 優しさの味」で Aメロが初登場 第2段階:逃げ込んだ廃ビルで、帆高の前で晴れを祈る「08. 晴れゆく空」で Bメロが初登場 第3段階:フリマの初バイトで晴れ間が差してくる場面の「11. 一方、「 31. 愛にできることはまだあるかい」では少し違った演出方法がとられている。 例2)「 31. 愛にできることはまだあるかい」 第1段階:そもそもリズムがグランドエスケープのAメロと近似しているため、「02. 優しさの味」の時点で サビのリズムだけが先に登場しているともいえる。 第2段階:その上で「08. 晴れゆく空」において実際に晴れ間が差し込んできたところで サビの旋律が初登場 第3段階:3人でラブホテルに滞在したときに流れる「20. 家族の時間」が「愛にできることはまだあるかい」のインストバージョン(ピアノがメイン)なのだが、ここで Aメロが初登場 第4段階:夏美のバイクを降りて、ひとり走り続ける帆高のバックで流れる「26. 陽菜と、走る帆高」も「愛にできることはまだあるかい」のインストバージョンなのだが、今度はピアノだけではなく 次第にオーケストラへとサウンドを拡大。 少しずつ盛り上げていく。 第5段階:銃を再びかまえるシーンで流れる「27. 愛にできることはまだあるかい Movie edit 」で、初めてこの曲が歌詞付きで歌われる。 第6段階:救出して地上の世界に戻ってきたところで流れる「29. ふたたびの、雨」は、「 31. 愛にできることはまだあるかい」の後奏部分を抜き出したものなのだが、最後のリフレイン(映画の結論部分)だけは歌われない。 第7段階:スタッフロールで初めて、ラストまでフル尺で歌われ、最後のリフレインの歌詞がはじめて、疑問形の「愛にできることはまだ あるかい」ではなく、肯定形の「愛にできることはまだ あるよ」に転じて、映画を締めくくる。 こうした手法により「 映画内で意味を関連付ける」ことが出来る。 他にも、「01. 『天気の子』のテーマ」冒頭の旋律は、「11. 初の晴れ女バイト」で変奏されて登場したりと、映画全体にそういった関連性が張り巡らされている。 4)全体分析 以上を踏まえて、その他の楽曲も含めた音楽の構成について順番に追っていこう(🎼はサントラに収録されたRADWIMPSによる楽曲、🎵は劇中で登場するがサントラには収録されていない既存曲)。 こうした情報をもとにどう物語を読み解くかは、あなた自身次第。 是非、サントラを聴きながら下記の構成を理解した上で、映画をもう一度観てみよう。 また違った感動が味わえるはずだ。 *イントロダクション* 🎼 01. 最終的にはA majorへ。 🎼 02. 優しさの味 🔴前奏は「08. 晴れゆく空」冒頭に、ピアノの逆再生を付加 🔵前作と異なり、逆再生を違和感や問題が生じる際に使う傾向あり 🔵物語が本格的に動きだす「晴れゆく空」では別の展開に 🔴その後は「28. 「祝祭」Aメロのリズムも近似) 🎼 03. 風たちの声 Movie edit 🔴ストーリー上の立ち位置としては、前作の「前前前世」に相当するが、曲の存在感をやや弱めることで、MV風になりすぎないようにしている。 🔴歌詞の「神様早く次を僕にくれよ」は、ラブホテルでの一夜に対する前振りでもある。 この時点では、(苦労も含めて)もっと足してほしいという願望。 🔵例えばBメロは「愛にできることはまだあるかい」サビのリズムを強拍に前倒ししたものと捉えることも出来る。 気持ちが先走る感じを表現。 🎼 07. 陽菜、救出 🔴電子音のドローンを主とした音楽 🔵この方向性の楽曲が初登場することで話がシリアスな方向に転がりだす。 前作における「記憶を呼び起こす瀧」に似ている。 🔵「ソ」の保続音ではじまるが、これは他の楽曲でも音色をかえて登場。 この高音の「ソ」は、空の「そ」から文字ったものか? 🔴暴力的なシーンに転じると、逆再生の要素が挿入される。 🎼 08. 晴れゆく空 🔴前奏は「優しさの味」冒頭と共通だが、逆再生なし 🔵晴れ女シーンではないことと、この前奏のコードは、心(思い)が通じた瞬間を表現? 🔵深読みすれば『君の名は。 』との違いを示唆? 🔴中盤は「28. グランドエスケープ」のBメロ 🔵陽菜との関係を深めていくことで、新しい旋律が登場 🔴後半、晴れ間が差し込むとC majorからD majorに転調して「31. 愛にできることはまだあるかい」のサビが初登場 🎼 09. 空の海 🔴電子音のドローンを主にした音楽 🔵前作の「消えた町」「図書館」「旅館の夜」と同系統の音楽 🔵主人公が世界の異変を感じるシーンという共通点 🎵 ショパン:24の前奏曲 作品28 第15番 変ニ長調「雨だれ」 🔴ホテルのカフェ(?)のBGM 🔵主に中間部の短調のセクションを使用することで雨の憂鬱さと、須賀圭介の心象を重ね合わせている 🎼 10. 御宅訪問 🔴旋律が「ドレミ」、コードが「FM7」ではじまるのは前作「三葉のテーマ」と同じ。 🔴中間部はペンタトニック(五音音階)によって安心感と懐かしさを表現 🔴終わりの部分の半音階上行は、コメディ的な表現 🎼 11. 初の晴れ女バイト 🔴「01. 『天気の子』のテーマ」の旋律の変奏ではじまる。 🔵もともとこの旋律は過去(陽菜を取り戻した日)の回想として流れていたもの 🔴その後「28. グランドエスケープ」のサビ(合唱が重なる部分)が初登場 🎼 12. 祝祭 Movie edit feat. 三浦透子 🔴「06. 風たちの声 Movie edit 」における歌詞「神様早く次を僕にくれよ」を実現しつつあることを表現した音楽 🔴オペラにおけるアリア、ミュージカルにおけるナンバーのようにここまで積み上げてきたものを感情的に爆発させている。 🔵登場人物自身が歌わずとも(だからこそ歌詞は直接的ではなく比喩的な内容で歌われる)、ミュージカル映画のような音楽的な爆発力をもたせることに成功している。 🎼 13. 花火大会 🔴前奏は、電子音と弦楽器のピチカートの組み合わせにはじまる。 🔴その後は「10. 御宅訪問」の旋律というか、前作「三葉のテーマ」の変奏のようになっている。 *第2部* 🎵 ショパン:ノクターン 第2番 変ホ長調(Op. 9 No. 2) 🔴車移動中のBGM 🎼 14. 芝公園 🔴これまでとは逆で、すぐに晴れた場面になるため、明るい雰囲気からはじまり、 🎼 16. 二つの告白 🔴この曲がかかるシーンになると雨が降るのと、陽菜の悲しい運命が明らかになるため、暗く転じる 🔴前奏の後に登場する「ドレミファソファ~」ではじまる旋律は、「13. 花火大会」の変奏としても捉えられるかもしれない 🔴後半は「02. 優しさの味」の冒頭(「08. 晴れゆく空」冒頭に、ピアノの逆再生を付加したもの)が再登場 🔵より加工を強めることで、違和感を強めている 🎵 iPhone着信メロディ(マリンバ) 🎼 17. 首都危機 🔴電子音だが、明らかにそれまでと異なるサウンド(主に金属的な音色)を 用いることで天候の異常状態を際立たせている 🎼 18. 真夏の雪 🔴シンセサイザーのクワイアの音色で神秘性を表現 🔴空と陽菜が繋がっていることを帆高が実感するシーンでもある 🎼 19. 天気の力 🔴前作の「図書館」に近い雰囲気の楽曲 🔵信じたくなかった真実(なぜ晴れ女になり、それにより どんな代償を払うことになったのか?)を目の当たりにするから? 🔴「07. 陽菜、救出」と同じく「ソ」の保続音ではじまる 🔴後半では逆再生的なサウンドも挿入 🔴ただし、劇中での存在感は薄い 🎼 20. 家族の時間 🔴「31. 愛にできることはまだあるかい」のピアノ・ソロ+電子音の編曲 🔵本物の家族と離れ離れにある3名にとって、最高の幸せ 🔵何も足さず、何も引かないという趣旨の台詞の充足感を「31. 愛にできることはまだあるかい」の旋律で表現。 消えゆく陽菜 🔴「07. 陽菜、救出」「19. 天気の力」と同じく「ソ」の保続音ではじまる 🔴「30. 大丈夫 Movie edit 」のピアノ・ソロ編 🔵つまり「30. 永遠の雲の上 🔴不協和な電子音が孤独さ、寂しさを強調 🔴そこに乗るピアノによる途切れ途切れの旋律が存在が不確かになりつつある陽菜を表現 🎼 23. 晴天と喪失 🔴前半(晴天)は、突然の日差しの強さを表現 🔴後半(喪失)は、「16. 二つの告白」と「13. 花火大会」の旋律が再登場 🔵第1部の終わりと関連させることで、第2部の終わりであることを際立たせている。 *第3部* 🎼 24. 帆高、逃走~子供達の画策 🔴再びドラマが動き出す際に流れ出す 🔴「子供達の画策」の場面になると、リズムだけになる 🎼 25. バイクチェイス 🔴前作の「作戦会議」にあたる楽曲 🔴行き先がはっきりし、本格的なカーチェイス開始 🎼 26. 陽菜と、走る帆高 🔴「31. 愛にできることはまだあるかい」のオーケストラ編 🔵ただし、最初と最後以外は主旋律が不在。 サビが際立つ編曲に!その旋律不在の間に、陽菜との過去を回想。 🔵帆高が周囲の顔色をうかがうことなく、自分の思いを貫き通す場面を表現。 🎼 27. 愛にできることはまだあるかい Movie edit 🔴銃を再びかまえるシーンで流れる 🔵これまで何度も登場していた主題歌がはじめて歌詞付きで歌われる。 歌詞の内容は、帆高の気持ちの代弁であり、それが須賀にも伝わる。 🔵ただし、まだ1番だけなので結論が先延ばしにされている。 🎼 28. グランドエスケープ Movie edit feat. 愛にできることはまだあるかい」サビ冒頭からとられたもの 🔵つまり「愛」という歌詞を繰り返しているような意味になる? 🔵その他の反復音型も、他の楽曲からの引用の可能性があるが、まだ不明 🔴本格的に合唱が取り込まれることで、これまでの音楽になかったスケール感(オペラやミュージカルのような!)を発揮。 音楽上は最大のクライマックスとなる。 🎼 29. ふたたびの、雨 🔴「31. 愛にできることはまだあるかい」の後奏(Aメロ)を抜粋 🔵最後のリフレインをカットすることで、再び結論を先延ばししている。 🎵 仰げば尊し 🎼 30. 大丈夫 Movie edit 🔴サビの一部にカノン(輪唱)有り 🔵2人のイメージの表現か? 🎼 31. 愛にできることはまだあるかい 🔴「28. グランドエスケープ」の合唱を想起させるイントロ 🔴フルで歌われることで「29. ふたたびの、雨」での問い対して初めて 「愛にことはまだあるよ」とはっきり肯定して終わる。 5)終わりに さて、ここまで音楽に的を絞って、『天気の子』がどう(読み取れるように)作られているかという視点で、分析をすすめてきた。 あくまで私が提供できるのは、解釈のもととなる材料とモノの見方だけ。 それを理解し、その上でこの映画を、この物語をどう捉えるかは、観客ひとりひとりに委ねられているのです。 この分析をもとに、『天気の子』の見え方がどう変わったのか? 是非、SNSで投稿し、議論していただきたいなと思います。 よろしくお願いいたします。

次の

moraのご利用について

天気 の 子 音楽

2001年結成の4人組ロックバンドで略称は「ラッド」。 所属事務所は有限会社ボクチン(英称: voque ting、所属はRADWIMPSのみ) ボーカルの野田洋次郎さんは、RADWIMPSのほぼすべての楽曲の作詞・作曲を担当されているそうです。 新海誠監督の前作「君の名は。 」でも主題歌を担当したのはこのRADWIMPSだったので、今回も新海誠監督とRADWIMPSのコラボレーションが見られるということで期待が高まっているようです。 また、主題歌のみならず、映画のすべての音楽を担当するようです。 天気の子の主題歌の歌詞は? 主題歌はどんな歌詞があるのか、ここも気になるところですよね。 RADWIMPSの世界観には多くのファンが共感しているので、今回の映画「天気の子」での楽曲にも期待が寄せられます。 今のところ公開された1分ほどの予告動画の中では 『愛にできることはまだあるかい、僕にできることはまだあるかい』 という部分のみです。 野田洋次郎さんの優しくて澄んだ歌声がとても印象的ですよね。 早くこの続きを聴きたくなります。 全ての歌が公開される日が待ち遠しいです! 天気の子の主題歌の発売日は? RADWIMPSが歌う主題歌「愛にできることはまだあるかい」、発売日についても知りたくなってきますよね。 今のところはっきりとした発売日の情報は見つけることができませんでした。 そこで、前作の映画「君の名は。 」の公開時の時を参考に予想してみますと、2016年8月26日に公開され、主題歌を含む4曲が収録されたRADWIMPSのCDアルバム「君の名は。 」はその2日前の2016年8月24日に発売開始されました。 ということですので、今回もその流れから推測すると、映画「天気の子」の劇場公開は2019年7月19日なので、恐らく、CD発売日はその2日前の2019年7月17日頃になるのではないでしょうか?その付近になって、発売日の情報が公開されたら、また追記したいと思います。 天気の子の挿入歌は? 主題歌がRADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」という曲であるということは発表がありましたが、次に気になるのはどんな挿入歌が使われるのか?というところですよね。 調べたところ、今のところは正式な挿入歌の情報はありませんでした。 しかし、前作の映画「君の名は。 」の時同様にすべての音楽をRADWIMPSが担当することは発表があったので、映画「君の名は。 」の時を参考に今回の予想をしてみました。 映画「君の名は。 」で使われたのは主題歌を含めこの4曲でした。 「夢灯籠」「前前前世」「スパークル」「なんでもないや」 ということなので、今回の「天気の子」でも全ての音楽を担当しているRADWIMPSの曲を恐らく4曲(主題歌以外で3曲)は使われるのではないでしょうか。 調べてみると、気になる投稿を発見しました。 よーじろーがあげてた例の写真の中に書いてある「大丈夫」って天気の子の挿入歌とかかな???? それしか思いつかんわ — さくら🍰ヤバT気持ちよかった〜 sakuradwimps2 写真でひと言。 どうぞ。 もしかしたら、これが挿入歌かもしれません! 新海監督は主題歌「愛にできることはまだあるかい」を受け取ったことで「これは作るべき映画になる」と強く思えた、と語ったそうです。 元々RADWIMPSのファンだった新海誠監督なので、映画「君の名は。 」からに続く今回の映画でも音楽に関しては全幅の信頼を寄せているのが伺えますね。 ボーカルの野田洋次郎さんの世界観 RADWIMPSのほぼ全ての楽曲の作詞作曲を担当されている野田洋次郎さんの創り出す独特の世界観に惹きこまれているファンが多いそうです。 野田さんの歌詞に込められた想いを多くのファンの方々が大切に思っているのは、なんだか心が温まります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 いまや新海誠監督のアニメーション映画は全世界が期待を寄せている超大作映画となり、その映画を構成する大事な要素である音楽を全て一手に引き受けているRADWIMPSは、この映画「天気の子」の製作にはなくてはならない大事な存在となっています。 前作の大ヒット映画「君の名は。 」の輝かしい実績を糧に、今回の映画でもこの新海誠監督とRADWIMPSの最強コラボレーションが見られるのは、ファンならずとも待ち望ましい一大イベントですよね。 主題歌「愛にできることはまだあるかい」を全編聴ける日が今からとても楽しみです。 そして、公開される7月19日に早くなってほしいものです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

moraのご利用について

天気 の 子 音楽

RADWIMPS『天気の子』 6月27日から7月16日まで晴れが1日も無かった、東京の空。 そんな中、午前の雨が午後に晴れ渡った7月19日に公開を迎えたのが、新海誠監督最新作『天気の子』である。 雨が降り止まない東京で、家出少年・帆高と、祈るだけで、空を晴れに出来る力を持つ少女・陽菜が、自らの生き方を「選択」するストーリー。 リアルに描写された東京の街並みに、美しく描かれる雨、雲、風、光。 本編を見た人の中には、現実と物語がクロスした、奇跡のような光景に心を奪われた人も多いのではないだろうか。 前作『君の名は。 』から約3年。 今回もRADWIMPSが劇伴を担当し、30曲全てを制作した。 野田洋次郎は1年半毎日同じ時間に新海にメールをし、直前まで一緒に映像と音楽を直したという(参照:)。 映画『天気の子』スペシャル予報 新海は「洋次郎さんの方が、主人公の帆高や陽菜の気持ちを知っているな、と感じる曲をたくさん作ってくれた」と語り、曲を聴いてキャラクターの動きを決めることが前作以上に増えたという。 野田も、脚本があったことで「僕の中のどこかのスイッチが反応して曲が生まれた」といい、刺激し合って創造力を高めていったことがわかる。 この2人は生き様にも共感し合うことが多いようで、前作以上に絆を深め、本作のスケールを両輪でより大きなものにしていた(参照:)。 ところで、「大人になるってなんだろう」と考えたことはあるだろうか。 「大人」と「子供」、これが本作のテーマの一つに感じた。 劇中のボーカル曲5曲を、この視点から紐解いていこうと思う。 10代の頃、子供だからと行動を制限されることが嫌だった。 世間と自分が対立しているように感じる日々。 早く大人になって、自由になりたい。 劇中で描かれるそんな「子供」の時期を描いた楽曲が、以下の3曲だ。 「風たちの声」では、利き手と逆でも世界記録が出せそうな全能感、持て余した勇気・持て余した正義・こぼれそうな奇跡を使いたい渇望感が歌われる。 風に帆を上げ進むような、帆高の無敵感を感じる一曲だ。 「祝祭 feat. 三浦透子」は、〈君じゃないとないよ 意味は一つもないよ〉とまっすぐ愛を信じる若さが描かれる。 三浦の透明感のある歌声と爽やかなメロディが、心地よいワクワク感をもたらす。 そして、「グランドエスケープ feat. 三浦透子」が本当に素晴らしい。 この曲にむけて物語が走り抜けてきたといっても、過言ではないだろう。 野田と三浦の声が重なり合うシーンは特に圧巻で、曲を聴くだけで美しい映像がありありと蘇る。 実際、あの一瞬を劇場で体験してもらうだけでも映画をつくった意味があると、新海は語っている。 (『週刊少年マガジン』33号)『君の名は。 』の「夢灯籠」と同じく〈「せーの」〉で行く歌詞もたまらない。 〈怖くないわけない でも止まんない ピンチの先回りしたって 僕らじゃしょうがない〉〈「行け」と言う〉——子供時代の「僕ら」にとって、「僕ら」の幸せが、他の多数の幸せとぶつかっても、構わなかった。 そんな頃が私たち大人にもあった。 しかしいざ大人になると、多数が正しいとすることが、自分の本心と一致していく感覚になる。 その方が非難もされないし、生きやすいことを知る。 世界なんて自分が変えられるはずないと、諦観する。 〈諦めた者と 賢い者だけが 勝利の時代に どこで息を吸う〉〈勇気や希望や絆とかの魔法 使い道もなく オトナは眼を背ける〉——まさに現代の大人の生き方を指すような言葉が並ぶ、「愛にできることはまだあるかい」。 ここからの2曲に、『天気の子』の核が詰まっていると思う。 〈それでもあの日の 君が今もまだ 僕の全正義の ど真ん中にいる〉——世間に自分を合わせる大人に対し、この曲の主人公の中心にあるのは、世界ではなく、君である。 〈君がくれた勇気だから 君のために使〉うことの方を選び取り、狂った世界を受け入れて生きていく。 そんな社会のレールから外れていく主人公たちを、幼く愚かだと、大人は手放しで笑えるだろうか。 大人だって、世間ではなく自分のために、願ってもいい、声を発してもいいのではないか。 大人にも世界は変えられる、〈愛にできることはまだあるよ〉と、この歌が現代の大人たちを解放するかのように感じるのだ。

次の