軍鶏 漫画 ネタバレ。 【鬼門街】漫画

「軍鶏」34巻最終回・結末のネタバレと感想と無料試し読み紹介

軍鶏 漫画 ネタバレ

軍鶏のネタバレあらすじ 16歳の夏のことでした。 成嶋亮は少年院に送られます。 罪名「殺人」殺したのは美人で名高い母とエリート銀行マンの父でした。 二人の重すぎる愛情に耐えかねたゆえに起こしてしまった事件です。 そして送られた少年院では、まずは髪を剃られ、個室に入れられます。 その後ヒロミという少年に「パーティー」という集まりによばれた亮。 無理やり連れていかれます。 するとそこでみたのは、亮と同じ日に少年院にはいった望月の変わり果てた様子でした。 これは新人に与えられるパーティーという名の制裁です… 軍鶏のネタバレあらすじその後 亮は少年院の中でリーダー格のマサに気に入られてしまい男同士なのにレイプされます。 そのとき亮が悟ったのは人間の性は「悪」だということでした。 そして闇に堕ちていくことになります。 その後もマサのいいなりになるしかなかった亮、しかしとうとう耐えきれず反撃し、マサだけではなく、マサ以外の者たちからも目を付けられます。 しかしそのとき亮が出会ったのが体育の授業でやる空手でした。 その後亮は自分を守るため空手の腕をどんどんあげていきます。 そしてとうとうヤラレッぱなしだった亮も、反撃にでます。 軍鶏のネタバレあらすじ感想 なんだかリアルでありそうなストーリーです。 優等生の子供がキレて親を殺害、見た目はとてもそんな風に見えないということもあり世間からは恰好の的という…。 そして少年院の中でも見た目からしてひ弱そうな亮は当初、なかなかのいじめにあいます。 しかも教官たちは亮の味方ではなく、いじめっこの味方で現実の学校ともちょっと似ています。 まず親殺しというだけで差別対象になってしまったようです。 もちろん殺しはよくないけど、引き込まれる話です。 (サイト内の検索で「軍鶏」と入力して検索!).

次の

軍鶏のネタバレとあらすじ!映画の原作を読む!

軍鶏 漫画 ネタバレ

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 作品的に、なぜ犯罪に走ってしまったのか、など、社会意識の強い作品となってもおかしくないのですが そういったことは一切ありません。 貧弱な少年が院で空手と出会い。 その拳に何を求めるのか。 という アウトローな作品です 人の性は"悪"である。 という言葉が作品の基盤を担っていた節があり、表社会で生きることのできなくなった亮が拳一つで どこまで成り上がるのか、いや、どこへ堕ちていくのか、というところに注目させられることになり バーの用心棒。 表のスター空手家。 強い奴を求めては次々になぎ倒していきますが、相手を戦う気に させるために恋人を犯し、また肉体を手に入れるためにステロイドに手を出しと、やっていることは 完全に悪役でしかなく、しかしその徹底したヒールっぷりこそが本作の魅力だといえます しかしそれを楽しめたのは菅原戦まで。 高原東馬編になるときにはもうダメでした。 いっつもおもうことなのだけど、こんな単純な漫画なのに高尚ぶるのはやめましょうよ。 というのも 作者さんが疲れてしまうのか迷走してしまうのかチャレンジしたくなってしまうのか、劣化してしまう 作品の多いこと多いこと。。。 不思議なことに格闘技漫画に多いんですよね 連載中にあちら側で揉め事があったみたいなので、その影響もあったのかもなぁ。 とおもい調べてみると 原作者さんの手を離れて一人で書くようになった時期は上記の時期と符号していて。。。 つまりそういう ことなのでしょう 格闘技漫画なんだから、おとなしく格闘技だけやっててほしいわー。 評価はとても悪いよりの【悪い】です 【良い点】 トーマ編に入るまではそこそこ良かった 人間の闇な部分をうまく書いていると思う 絵も丁寧で細かい描写がとても良い 【悪い点】 少年院編がピークだと思う ピーク以降は蛇足に蛇足を加え崩壊した感じ リーサルファイト編以降は主人公は決して救われないというパターンの繰り返しである 中国編であっさりヒロインを殺したにも関わらずどぶ組編ではトーキチがあれだけの傷を負って死なないという弱腰 リーサルファイト編で作った伏線は最後まで回収されずスガワラとの決着はつかず 最終章で唐突に出てくるという底の浅さ トーマ編以降は中身がさらにスカスカになってしまう オチとして最終章で主人公を殺すしか無かったのだろうが妹を回復させたりヒロインを作ったりと希望めいた展開にしておいて意味不明なもののけ姫エンドはやめて欲しかった 【総合評価】 少年院編は非常に良く出来ている あれだけのためでも読む価値があると思う 原作者ともめたあたりから明らかに設定が疎かになっているのが残念だ 親殺しの少年リョウが刑務所にぶち込まれ、そこで様々な仕打ちに遭う中で、更に心の中の闇を膨らませ、そして空手の達人とはいえ、政治家を殺したことで終身刑となっていた黒川に空手を仕込まれ、その修行の末に格闘家となっていくけれど、親殺しと刑務所での戦いの中で人間の本質は悪という事を認識したせいか、リョウは屈折どころではない外道な性格に身を堕としていき、格闘技界のスター菅原の姿に歪んだライバル心を抱いて挑戦していくシーンは見どころがあるが、一言で言うと、このシーン以降は特筆すべきものが無い作品かもしれない。 格闘漫画というジャンルでは、大抵は主人公は建全な体育会系熱血青年や、辛い過去や影を持ちつつも、弱きを助け、強きを挫く好漢である場合は多いのだけど、本作のリョウはその中では珍しい悪の主人公であり、菅原の恋人の女性タレントを犯したり、勝つためには手段を選ばずに相手の弱みを掴む情報収集を怠らず、それを用いた卑怯な戦法を用いて勝とうとする貪欲さは見ものだった。 徹底的に悪に徹した姿のリョウは、闇の格闘青年という部分を上手く表現していたし、徹底的な外道狂犬である事で、そういった従来の格闘主人公へのアンチテーゼとなっていたし、リョウの周りに集う連中もまた、極悪人や表世界では生きられないならず者やダーティーな者達が多かったのもミソである。 しかし、菅原戦以降、中国での戦いや、トーマとの・・・という部分で本作の面白さは薄れてしまう。 悪の道を邁進しながらも、破滅に向かうリョウを描き切れなかったし、ヘンに登場人物を殺し過ぎているところがあるし、自分の強さと引き換えに妹を廃人にしてしまうリョウが少ない良心の呵責を持たせて、歪さが売りのこの作品を、ヘンな意味で歪な方向に向かわせた事も否めない。 中国で発剄を得るために師匠家族と兄弟子となった相手まで全員死なせてしまう事や、トーマがこんなリョウの何処に興味を持ったのか? というのもあまり必要あったような気がするし、このダラダラ感が物語の味を奪ってしまったところは大きなマイナスだろうし、リョウをオカルトじみたキャラにして脅威をもたらす様にするのもどうかとは思う。 中国編はともかく、タイトルの『軍鶏』に相応しいシーンがあまり多くなかったような気がするし、地下プロレスや闇の格闘団体の中や外での戦いというものにした方が良かったのではないか? と今では思えるが、最初が凄過ぎて、後半に失速してしまった作品の一つだったのかもしれない。 【良い点】 〜中国編まで 【悪い点】 トーマ編〜 【総合評価】 この作品を最初に目にしたのは、喫茶店で週刊誌に掲載されていたのをリアルタイムで。 リーサルファイトが終わり、リョウとナツミが再会した回です。 それまでの関わりは、全く分かりませんでしたが、両者の「どうにもならない」雰囲気がよく出ていて、一発で気に入りました。 名シーンでした。 さて、イチから読むと、少年院編で主人公が「男性陰茎を噛み切る」シーンは衝撃的とゆうか「トラウマ」です。 だって「怖い」から。 成年男性が心の底で恐れていることをバッチリ描写。 私は噛み切られたくないです。 そう言えば、「ジーザス」のサブストーリで、このシーンの「モロパクリ」有り。 これを見たら萎えました。 読んでいくと「主人公のライバルが消えると大変」が、ヒシヒシ感じます。 「ジョーと力石」「ケンシロウとラオウ」と同様、リョウのライバル「スガワラ」が消えてから この作品の場合、ライバル存続に保険をかけていますが のストーリの迷走ぶりは「中国編」は許せても、「トーマ編」からの「安っぽい格闘漫画」には辟易。 結論は「良い」です。 スガワラとの決闘までなら「最高! 」にしたいかな? 悪意に満ちた格闘漫画。 故に他に無い魅力があり、なぜか昔読み続けた作品。 続きはどうなってるんでしょうか? リョウもいいが、なぎなたのばあさんなんかもう、悪魔ですよ。 いいです。 アパートに押しかけてきた二人組みの殺人者、怖い! いいです。 とにかくオリジナリティ、リアルさ抜群です。 汚さを、嫌うより誇らしげに 描き、その中にきらりと光る綺麗なものなどありもせず、ただうごめくように 強くなろう、あろうとする主人公はなぜか魅力的です。 芯がしっかりしているからです。 ブレがない、矛盾が無い と思う。 読み返してないが からです。 殺人者ですが。 汚いもの、汚い事に嫌悪を覚える人は読まないでください。 悪い評価しかつきませんので 笑 だいぶ新刊出てませんけど、どうなってんですかね? 評価はとても良い。 勉強ばかりしていたモヤシっ子が空手を通じて自分を変えていく…、などという 導入をきけばどこにでもありそうな漫画という感じになりますが、 むしろ「ストレスのあまり両親を殺害」という前科による反社会的レッテルを負わせる部分がメインとも言えます。 また主人公が「生まれついての悪」 byスピード・ワゴン だと解釈すれば 冒頭のオドオドしたリョウはまさに、その天性を両親に飼い殺しにされていた状態であり 現在のギラギラしたリョウに不思議な魅力があるのは、その天性を全開にしているからと納得できます。 この辺りは同じ読み手を選ぶ性格の悪い主人公でも本作は「F」等とは対極にあるかもしれません。 実際、軍馬とリョウは誰から見ても卑怯な手を平然と使えるかという部分で決定的に違います。 しかし、ドン引き描写が多いのも事実で自分は「良い」どまり。 特に少年院時代のアレはね…。 ありえない美男子のBLモノを読みふけってる女性にちょっと見せてやりたいかも 笑。 まず初めに、軍鶏に対してギミギミズさんの1件しか評価がなかった事にビックリしました。 主人公リョウの最悪っぷり 笑 も全てひっくるめて面白い漫画と思います。 酷い描写も多々あるので、まず女性ファンはつかないだろうと思いますが・・・。 色んな格闘漫画見てきましたが、その中でも群を抜いているというか、 別物としてみています。 単にどんどん敵が強くなっていくというわけでもなく、 安易な格闘物のようなパワーインフレもないのが好きです。 未成年に見せてはいけない様な描写も、逆にリアリティがあるように感じます。 いや、どこもこんな世界だらけというわけではないのですが 苦笑 やけにリアルに「死」を感じさせるこの作品。 もしかしたら最終回はものすごい事になってしまうのではないかという不安もあります・・。 格闘技が好きな方は是非一度見てみてはどうでしょうか? いや〜軍鶏面白すぎます。 まず、主人公が完全に悪なところと、救いがたいシーンが何度も出てくるトコがいいです。 さすがにマズすぎだろ・・・って部分はありますが 読んだ人なら分かるでしょ? こういう場では言えないヤツ 、 中途半端に悪を気取る正義の味方を見るより、ずっと気分イイです。 ストーリーも自分の中では、完璧。 面白すぎる。 そして、バトルシーンもいい。 とってもいい。 やっぱし山場はVS菅原ですね。 それまでの流れで、「軍鶏は絶対に主人公が勝つっていう安易なマンガじゃない」って分かるので、 どっちが勝つか分からず、ドキドキしました。 菅原の圧倒的な強さを闘うまでに見せていたので、どーやってリョウが挑むのか。 そればっかり考えながら読んでたし。 そして、序盤に次々とアクロバティックな技を披露するリョウ。 この技は、ホントに運動神経がイイ人間ならできそうな技。 だからこそカッコ良く感じます。 そして、後半。 長すぎる菅原の猛攻に対して、リョウも少しずつ反撃開始。 読んでるコッチも燃えてきました。 そして、あの幕切れ。 ホント壮絶な戦いで、かつてない程、興奮しました。 雰囲気や途中で入れる挿絵や、絵柄などから、「バガボンド」に似てる気がします。 「バガボンド」の進行スピードの速いヤツってカンジかな。 好き嫌いは大きく分かれると思います。 リョウが嫌いな人もけっこういると思いますし。 でも、読んでみるのをオススメします。 刑務所、リーサルファイト、寺での闘い、中国での戦い、そしてグランドクロス。 全部面白く、失速とは無縁に感じます。 自分も最初そうだったんですが、一巻を読むと面白いンですが、正直ヒキます。 かなり。 でも、そこでやめたらもったいないです。 絶対読み続けるのをオススメします!! 長ったらしく、失礼しました。 作品DB内ブログ記事 1. by 伏魔の剣... まばゆい光はどうした? お花畑はどうした? 親殺しの「少年A」こと成嶋亮が闘いに救いを求める物語…なんだけど抱えてる闇が深過ぎて周囲も不幸になっていく異色の格闘ものでしたね。 幸せになる様子が全然想像出来なかったので、ある意味予定調和。 寧ろ 締め方... by ゴーグル侍... 6号 いぬやしき 奥浩哉 : 軍鶏のアレな最終回の後に最近この漫画を読み始めました。 私自身奥先生の代表作であるGANTZは読んだ事はほぼありません GANTZ休載中に集中連載されため〜てるの気持ちは何故か読んでいました 苦笑 が、読まなくても話の理解が出来て面白そうでしたのでこの漫画をレビューします。 まだ読ん... by ゆかり御飯... させられるパーティをと考えて構築しはじめたパーティが完成しそう。 あとはデスカーンが入ればいい感じなんだけど、BWの乱数のやり方忘れちまった。 マタドガスでもいいんだけど、それだとランクルスやローブシンが辛い。 いや多分ローブシンは流せるけどこっちからの有効打がない。 しかし何よりも問題なのは既に加速 軍鶏がパーティを脱退してしまっていることだな... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

軍鶏(漫画)の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

軍鶏 漫画 ネタバレ

Contents• 今回、取り上げたのは 漫画アクションなどで連載されていた 「軍鶏」 です。 この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて ネタバレありで話しています。 もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」 という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので こっちを見てください。 「軍鶏」を無料で読むには 「軍鶏」をすぐ読みたい方は 「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。 (iOS・Android双方で使えるアプリになっています) マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。 もちろん「軍鶏」も無料で見られますよ。 1.最終回までの流れ 最終回までの詳細なあらすじは 別途ブログ記事に書いていますので そちらを見たい方は以下をクリックしてください。 主人公の成嶋リョウはエリート家庭に生まれ 東大入学確実と言われる学力を持っている子供でしたが 親の締め付けに苦しみ、16歳の時に 両親を刺殺してしまいました。 (主人公の 成嶋 リョウ) その罪により、少年院へ送致されます。 少年院では様々な犯罪を犯した子供がいますが その中でも両親を殺した成嶋リョウは異例中の異例で その罪の内容から執拗なイジメを受けますが、 そんなリョウの前に空手の達人黒川健児が現れ リョウは黒川から真剣に空手を学び、強くなっていきます。 少年院を出たリョウですが、 「男婦」や「チンピラまがいの悪事」を働き 真っ当な生活を送ることは出来ません。 自分に絡む者は手あたり次第傷つけていくリョウですが 一人のプロデューサーの目に止まり、空手の大会に出場することになります。 そして、空手界のスターである菅原を倒すべく、 様々な手を使い対戦まで持っていきます。 激戦をフルラウンド戦い抜いた二人ですが、 最終ラウンド残り5秒で菅原に軍配が上がりました。 リョウは中国へと渡り、斉天大聖と呼ばれる戦士と戦います。 一度は斉天大聖の前に完敗したリョウですが 斉天大聖の師匠である劉の元、修行に励み、斉天大聖と再戦。 終始、圧されていたリョウですが、最後に逆転して勝ちを拾います。 日本で行われた成嶋リョウと菅原の試合をテレビで見た トーマ(高原東馬)という人物はリョウの表情に魅かれ リョウと戦うべく、空手を始めます。 高い吸収力、成長力を見せるトーマは 異母兄弟であるジンの協力を経てリョウとの対決を実現させます。 天候が悪くなり、会場が停電する中、二人は激闘を繰り広げます。 そして、最後はトーマの放った一撃がリョウを捉えノックアウトします。 (公式には停電中の出来事という事でノーカウント扱い) その後、リョウはある一人の女性(サキコ)と出会います。 サキコの父親はリョウからサキコを取り戻す為、 闇サイトに記載のあったどぶ組にリョウを殺すよう依頼をします。 二人の殺し屋で形成されるどぶ組はリョウを執拗に追い対決をします。 武器を持っての戦いが激がする中 どぶ組の一人が建物の爆破を始めリョウもどぶ組も瀕死の重症を負います。 妹やサキコの待つ場所へ必死に戻ろうとするリョウですが、 激しい怪我から瀕死の状態となってしまいます。 そして、物語は最終回へと移ります。 2.最終回のストーリー 瀕死の重症を追って倒れるリョウ。 そして、そのリョウを見つめる一匹の鹿のような生き物。 リョウは鹿を精霊のようなものだと受け止め、 心の中で「黙ってないで、なんとか言え!」と鹿に語りかけます。 しかし、鹿は去ってしまいます。 リョウは 「行かないでくれ!オレを一人にするな!」 「オレを一人にしないでくれ」 と心の中で叫び続けますが、その声は届きません。 そしてリョウの命が尽きます。 その頃、リョウの妹である夏美の家に住んでいる犬のペロが咆哮を始めます。 リョウは走馬灯のように過去を思い出す訳でもなく、 まばゆい光を浴びる事もなく、お花畑を見ることもなく、 死亡してしまいます。 そして、春夏秋冬が過ぎる情景が何ページにも渡り描かれた後、 リョウが死亡した場所から植物が芽吹いてくるところを描いて 漫画「軍鶏」は終了となりました。 ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。 「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや 「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど 様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。 「軍鶏」最終回の感想 「軍鶏」の最終回はただただリョウが死んでいく様を描いて終わるのですが 軍鶏の持ち味である「背景や風景で物事を語る」手法を ふんだんに取り入れています。 個人的には「最後の敵がどぶ組かよ」と思っちゃいました。 ライバルの背景から丁寧に描いていったトーマが 最後の相手だったら、もっと厚みが出たと思うんですよね~ また、宿命のライバルと言われた菅原が 植物状態から見事な復活を遂げて、リョウと戦い引導を渡す。 というような形でも良かったと思いますし ストーリーはもう少し練って欲しかったなぁと思います。 とはいえ、映画化された人気漫画 格闘漫画好きの方は一度読んでみてほしいですね。 マンガを無料で読めるアプリをまとめました。 「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から 白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで 紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

次の