西安 天気。 西安天気・気温・服装・観光ベストシーズンーAraChina中国旅行

西安天気・気温・服装・観光ベストシーズンーAraChina中国旅行

西安 天気

西安市では、空を覆う雲量の平均割合は、1 年を通して 大きな季節変動があります。 1 年を通した西安市における 晴の部分は、 10月15日から始まり、 2月7日まで 3. 7 か月続きます。 1 年のうち より曇天が多い季節は 2月7日頃始まり、 10月15日頃に終わるまで 8. 3 か月続きます。 降水日とは、少なくとも 1 ミリメートルの降雨または水換算で降水があった日のことです。 西安市における降水日の確率は、1 年を通して大きく変化します。 より降水が多い季節は、 4月14日から 10月26日まで 6. より乾燥する季節は、 10月26日から 4月14日まで 5. 6 か月続きます。 降水日のうち、 雨のみ、 雪のみまたはそれら 2 つの 混在かが区別されます。 少量の降水を除く、各種の降水があった日の割合: 雨のみ、雪のみ、混在(同一日に降雨と降雪の両方) 降雨 月合計だけでなく、月内の変化も表示するため、各日付を中心とした 31 日間のスライド累積降雨量を示します。 西安市では、月間降雨量に 極めて大きい季節変動があります。 1 年のうち、 雨季は、 3月4日から 11月19日までの 8. 5 か月続き、スライド 31 日間の降雨量は少なくとも 13 ミリメートルになります。 最も多い降雨量は、 7月11日を中心とする 31 日間であり、平均合計累積降雨量は 103 ミリメートルになります。 1 年間の 最も降雨量が少ない期間は、 11月19日から 3月4日までの 3. 5 か月です。 最も降雨量が少ないのは 1月13日を中心とする期間で、平均合計累積降雨量は 1 ミリメートルになります。 湿度快適性は、露点に基づいています。 なぜなら、露点は汗が皮膚から蒸発し、身体を冷却するかどうかを決定するからです。 露点が低ければ乾燥していると感じられ、高ければより湿気を感じます。 昼間と夜間で大きく変化する気温と異なり、露点の変化はより緩慢なので、気温が夜に下がっても、湿度の高い日は湿度の高い夜に続くことがよくあります。 西安市における体感湿度には 極めて大きい季節変動があります。 1 年間で 最も湿度の高い期間は、 6月12日から 9月13日の 3. 1 年間で 最も蒸さない日は 11月28日で、基本的に蒸したことがありません。 このセクションは、地上 10 メートルにおける時間ごとの広域平均風ベクトル(風速および風向き)を説明しています。 特定の場所で発生する風はその地域の地形やその他の要素に大きく左右され、瞬間の風速や風向きは時間平均より大きく変化します。 西安市では、風速は、1 年を通して 少しの季節変動があります。 1 年で 最も風が強い期間は、 2月24日から 6月17日の 3. 8 か月で、平均風速は 時速 8. 6 キロメートルを超えます。 1 年間で 最も風が強い日は 4月24日で、平均風速は 時速 10. 2 キロメートルです。 1 年間のうち より穏やかな期間は、 6月17日から 2月24日の 8. 2 か月です。 1 年間のうち 最も穏やかな日は 1月10日で、平均風速は 時速 7. 0 キロメートルです。 西安市における支配的な時間当たりの平均風向きは、1 年を通して変化します。 1月5日から 3月17日まで、 2. 4 か月; 8月9日から 10月19日まで、 2. 3月17日から 8月9日まで、 4. 7 か月; 10月19日から 10月22日まで、 3. 10月22日から 1月5日まで、 2. 方法論 分析期間(1980年~2016年)中、毎日 8:00~ 21:00の毎時間、体感気温、雲量、合計降水量について独立した点数が計算されます。 これらの点数は、時間ごとに単一の総合点に組み合わされ、その後、日ごとに集計され、分析期間の年ごとに平均化されます。 雲量点は、晴天の場合 10、ほぼ晴天は 9、全天曇天の場合は 1 と直線的に下がります。 対象時間を中心とする 3 時間の降水量に基づく 降水点は、降水がない場合に 10、わずかな降水量の場合 9、 1 ミリメートル以上の降水量は 0 と直線的に下がります。 成長季 本セクションでは、1 日の長さの季節変動、太陽の地平線上の高さ、雲による吸収その他の大気条件を全面的に考慮した、広範囲における地表へ到達する 1 日の合計入射短波太陽エネルギーについて考察します。 短波日射には、可視光および紫外線が含まれます。 1 年間を通して、1 日当たりの平均入射短波太陽エネルギーには、 大きい季節変動があります。 1 年間の より明るい期間は、 4月14日から 8月20日の 4. 2 か月続き、1 日の平方メートル当たりの平均入射短波エネルギーは 5. 7 kWhを上回ります。 1 年のうち 最も明るい日は 6月10日で、平均 6. 4 kWh となります。 1 年間のうち より暗い期間は 10月29日から 2月8日の 3. 3 か月で、1 日の平方メートル当たり平均入射短波エネルギーは 3. 5 kWh を下回ります。 1 年のうち 最も暗い日は 12月23日で、平均 2. 8 kWh となります。 このレポートのため、西安市の地理座標は緯度 34. 258 度、経度 108. 929 度、標高 409 mです。 西安市から 3 キロメートル以内の地形の標高差は、 僅かで、最大標高差は 43 メートル、平均標高は海抜 408 メートルです。 16 キロメートル以内の標高差( 374 メートル)は、 僅かです。 80 キロメートル以内の標高差( 2,669 メートル)は、 非常に顕著です。 データソース このレポートは、西安市における 1980年1月1日~2016年12月31日の時間当たりの気候レポート履歴の統計分析およびモデル再構築に基づく代表的な気候を示しています。 気温および露点 西安市の気温および露点レコード履歴の近似として使用することが適切なネットワーク内の唯一の測候所は、です。 基準である 150 キロメートルより近い西安市から 27 キロメートルの距離にあるこの測候所は、気温と露点レコードの主要情報源として信頼できる十分な近さにあるとみなされています。 測候所のレコードは、測候所と西安市間の標高差についておよびにおいて 2 か所間に存在する相対的な差異に従い補正されます。 測候所のレコード自身が他の近傍の測候所または MERRA-2 再解析を使用して構築されている可能性があることに注意してください。 その他のデータ 太陽の位置(日の出や日の入りなど)に関するすべてのデータは、ジャン・メーウスの著作、の天文計算式を使用して計算されています。 雲量、降水量、風速および風向き、大要束などのその他すべての気候データは、NASA の からのものです。 この再解析は、最先端の全地球気候モデルにおける広範にわたる各種測定値を組み合わせ、全世界を 50 キロメートルのグリッドに区分した 1 時間当たりの気候履歴を再構築したものです。 土地の使用データは、国際連合食糧農業機関が公開したに基づいています。 標高データは、NASA のジェット推進研究所が公開しているに基づいています。 場所および空港の名前、位置、タイムゾーンは、からのものです。 空港と測候所のタイムゾーンは に基づいています。 免責条項 このサイトの情報は、正確性または特定の目的への適合性への保証なしにもそのままの形で提供されます。 気候データには誤り、不備、その他の瑕疵が発生しがちです。 本サイトで提供された内容に基づくいかなる決定についても責任を負いません。 多くの重要なデータ系列による、MERRA-2 モデルに基づく再現性への依存については、特に細かい注意を払っています。 これらの再現モデルには時間的および空間的な完全性による大きな利点がある一方、(1)モデル由来のエラーの可能性が避けられないコンピュータモデルに基づいている、(2)50 kmごとのグリッドでの密度の粗いサンプリングのため、多くの微小区域における気候変動を再現できない、(3)特に小さな島などの沿岸地域における気候については困難が伴うという特徴があります。 また、当社の点数は、それが基づくデータの質に依存しており、特定の場所および時点の天候には予測不能で変動的な面があること、点数の定義には、特定の読者が同意しないかも知れない特定のプリファレンスを反映していることに十分注意する必要があります。

次の

西安の天気、気候、気温、降雨量、西安観光旅行服装のご注意<中国西安金橋国際旅行社>

西安 天気

西安市では、空を覆う雲量の平均割合は、1 年を通して 大きな季節変動があります。 1 年を通した西安市における 晴の部分は、 10月15日から始まり、 2月7日まで 3. 7 か月続きます。 1 年のうち より曇天が多い季節は 2月7日頃始まり、 10月15日頃に終わるまで 8. 3 か月続きます。 降水日とは、少なくとも 1 ミリメートルの降雨または水換算で降水があった日のことです。 西安市における降水日の確率は、1 年を通して大きく変化します。 より降水が多い季節は、 4月14日から 10月26日まで 6. より乾燥する季節は、 10月26日から 4月14日まで 5. 6 か月続きます。 降水日のうち、 雨のみ、 雪のみまたはそれら 2 つの 混在かが区別されます。 少量の降水を除く、各種の降水があった日の割合: 雨のみ、雪のみ、混在(同一日に降雨と降雪の両方) 降雨 月合計だけでなく、月内の変化も表示するため、各日付を中心とした 31 日間のスライド累積降雨量を示します。 西安市では、月間降雨量に 極めて大きい季節変動があります。 1 年のうち、 雨季は、 3月4日から 11月19日までの 8. 5 か月続き、スライド 31 日間の降雨量は少なくとも 13 ミリメートルになります。 最も多い降雨量は、 7月11日を中心とする 31 日間であり、平均合計累積降雨量は 103 ミリメートルになります。 1 年間の 最も降雨量が少ない期間は、 11月19日から 3月4日までの 3. 5 か月です。 最も降雨量が少ないのは 1月13日を中心とする期間で、平均合計累積降雨量は 1 ミリメートルになります。 湿度快適性は、露点に基づいています。 なぜなら、露点は汗が皮膚から蒸発し、身体を冷却するかどうかを決定するからです。 露点が低ければ乾燥していると感じられ、高ければより湿気を感じます。 昼間と夜間で大きく変化する気温と異なり、露点の変化はより緩慢なので、気温が夜に下がっても、湿度の高い日は湿度の高い夜に続くことがよくあります。 西安市における体感湿度には 極めて大きい季節変動があります。 1 年間で 最も湿度の高い期間は、 6月12日から 9月13日の 3. 1 年間で 最も蒸さない日は 11月28日で、基本的に蒸したことがありません。 このセクションは、地上 10 メートルにおける時間ごとの広域平均風ベクトル(風速および風向き)を説明しています。 特定の場所で発生する風はその地域の地形やその他の要素に大きく左右され、瞬間の風速や風向きは時間平均より大きく変化します。 西安市では、風速は、1 年を通して 少しの季節変動があります。 1 年で 最も風が強い期間は、 2月24日から 6月17日の 3. 8 か月で、平均風速は 時速 8. 6 キロメートルを超えます。 1 年間で 最も風が強い日は 4月24日で、平均風速は 時速 10. 2 キロメートルです。 1 年間のうち より穏やかな期間は、 6月17日から 2月24日の 8. 2 か月です。 1 年間のうち 最も穏やかな日は 1月10日で、平均風速は 時速 7. 0 キロメートルです。 西安市における支配的な時間当たりの平均風向きは、1 年を通して変化します。 1月5日から 3月17日まで、 2. 4 か月; 8月9日から 10月19日まで、 2. 3月17日から 8月9日まで、 4. 7 か月; 10月19日から 10月22日まで、 3. 10月22日から 1月5日まで、 2. 方法論 分析期間(1980年~2016年)中、毎日 8:00~ 21:00の毎時間、体感気温、雲量、合計降水量について独立した点数が計算されます。 これらの点数は、時間ごとに単一の総合点に組み合わされ、その後、日ごとに集計され、分析期間の年ごとに平均化されます。 雲量点は、晴天の場合 10、ほぼ晴天は 9、全天曇天の場合は 1 と直線的に下がります。 対象時間を中心とする 3 時間の降水量に基づく 降水点は、降水がない場合に 10、わずかな降水量の場合 9、 1 ミリメートル以上の降水量は 0 と直線的に下がります。 成長季 本セクションでは、1 日の長さの季節変動、太陽の地平線上の高さ、雲による吸収その他の大気条件を全面的に考慮した、広範囲における地表へ到達する 1 日の合計入射短波太陽エネルギーについて考察します。 短波日射には、可視光および紫外線が含まれます。 1 年間を通して、1 日当たりの平均入射短波太陽エネルギーには、 大きい季節変動があります。 1 年間の より明るい期間は、 4月14日から 8月20日の 4. 2 か月続き、1 日の平方メートル当たりの平均入射短波エネルギーは 5. 7 kWhを上回ります。 1 年のうち 最も明るい日は 6月10日で、平均 6. 4 kWh となります。 1 年間のうち より暗い期間は 10月29日から 2月8日の 3. 3 か月で、1 日の平方メートル当たり平均入射短波エネルギーは 3. 5 kWh を下回ります。 1 年のうち 最も暗い日は 12月23日で、平均 2. 8 kWh となります。 このレポートのため、西安市の地理座標は緯度 34. 258 度、経度 108. 929 度、標高 409 mです。 西安市から 3 キロメートル以内の地形の標高差は、 僅かで、最大標高差は 43 メートル、平均標高は海抜 408 メートルです。 16 キロメートル以内の標高差( 374 メートル)は、 僅かです。 80 キロメートル以内の標高差( 2,669 メートル)は、 非常に顕著です。 データソース このレポートは、西安市における 1980年1月1日~2016年12月31日の時間当たりの気候レポート履歴の統計分析およびモデル再構築に基づく代表的な気候を示しています。 気温および露点 西安市の気温および露点レコード履歴の近似として使用することが適切なネットワーク内の唯一の測候所は、です。 基準である 150 キロメートルより近い西安市から 27 キロメートルの距離にあるこの測候所は、気温と露点レコードの主要情報源として信頼できる十分な近さにあるとみなされています。 測候所のレコードは、測候所と西安市間の標高差についておよびにおいて 2 か所間に存在する相対的な差異に従い補正されます。 測候所のレコード自身が他の近傍の測候所または MERRA-2 再解析を使用して構築されている可能性があることに注意してください。 その他のデータ 太陽の位置(日の出や日の入りなど)に関するすべてのデータは、ジャン・メーウスの著作、の天文計算式を使用して計算されています。 雲量、降水量、風速および風向き、大要束などのその他すべての気候データは、NASA の からのものです。 この再解析は、最先端の全地球気候モデルにおける広範にわたる各種測定値を組み合わせ、全世界を 50 キロメートルのグリッドに区分した 1 時間当たりの気候履歴を再構築したものです。 土地の使用データは、国際連合食糧農業機関が公開したに基づいています。 標高データは、NASA のジェット推進研究所が公開しているに基づいています。 場所および空港の名前、位置、タイムゾーンは、からのものです。 空港と測候所のタイムゾーンは に基づいています。 免責条項 このサイトの情報は、正確性または特定の目的への適合性への保証なしにもそのままの形で提供されます。 気候データには誤り、不備、その他の瑕疵が発生しがちです。 本サイトで提供された内容に基づくいかなる決定についても責任を負いません。 多くの重要なデータ系列による、MERRA-2 モデルに基づく再現性への依存については、特に細かい注意を払っています。 これらの再現モデルには時間的および空間的な完全性による大きな利点がある一方、(1)モデル由来のエラーの可能性が避けられないコンピュータモデルに基づいている、(2)50 kmごとのグリッドでの密度の粗いサンプリングのため、多くの微小区域における気候変動を再現できない、(3)特に小さな島などの沿岸地域における気候については困難が伴うという特徴があります。 また、当社の点数は、それが基づくデータの質に依存しており、特定の場所および時点の天候には予測不能で変動的な面があること、点数の定義には、特定の読者が同意しないかも知れない特定のプリファレンスを反映していることに十分注意する必要があります。

次の

西安市の天気予報

西安 天気

出典:タダピク 西安旅行を計画中ですか?やっぱり海外旅行なので、 ベストシーズンに行きたいですよね。 なにも調べずに行って、なんか違った、、、となったらちょっと残念です。 そこで 西安在住の管理人が、西安のベストシーズンをご紹介します。 んーしかし、これは難しいワードですよね。 そもそも「ベストシーズン」ってなに!? 何をもって「ベスト」っていうの?っていうね そんなの人それぞれ感じ方って違うし、 空気が汚いのが嫌だ!と思う人もいれば、 一度でいいからこの100メートル先が見えないっていうスモッグを生で見たかったんだよね~!ウキウキ! なんていうもの好きな方もいると思います。 それで、この難しい概念を私なりに独断と偏見を交えて、目的別で紹介したいと思います。 中国の北方にはマンションにセントラルヒーティングの設備がついています。 それは、沸かした熱いお湯をそのマンション中に巡らせるという方法。 それを中国語で暖气「ぬあんちー」と呼びます。 だから部屋にはお湯が通って熱くなる管のようなものがせっちされているのですが、、、 その大量のお湯を沸かすために、こちらでは石炭を使うというんです。 そりゃあ、石炭で黙々と大量のお湯を沸かすわけですから、ものすごい汚い煙が大量に出ますよね。 このぬあんちーが西安では毎年11月15日~3月15日までの4か月間続きます。 というわけで、スモッグをその目でぜひ見たい!という方は、12-3月の間にPM2.5マスクをご持参のうえ、西安に遊びに来てください。 内陸なので仕方がないですよね。 でも一年の中でも比較的雨の多い季節が、この夏が終わった8月末から9月にかけてです。 こっちの梅雨のような感じです。 一気にドバっとは降りませんが、しとしとと緩い雨が降ったりやんだりしますね。 そんな雨の日にお勧めなのが、西安の城壁です。 スカッと晴れた日よりも情緒があって、この西安の長い歴史を感じることができて好きですね。 ぜひ、歴史好きな方ならわかっていただけると思います。 ぜひ、 雨の滴る城壁を9月にどうぞ。 「西安 ベストシーズン」とかYAHOOなどで調べるとこの季節が出てきますね。 日本の友達にはあんまり信じてもらえないのですが、中国でもスカッと晴れた気持ちの良い青い空を見ることができるんです。 気持ちのよい風にあたりながら公園や遺跡でお散歩なんていいですよね。 ここは日本から真言宗の開祖・空海がきたという石碑もあり、日本になじみの深い場所でもあります。 ここの桜は圧巻です。 日本の「ソメイヨシノ」とは違い、花びらにボリュームのある 八重桜です。 桜の時期になると、多くの中国人も詰め掛けますが、わたしたちもお弁当をもって花見をしに行きます。 でも敷物を敷いて桜を見ながらお弁当を食べる習慣は中国人にはないらしく、わたしたちがそうやっていしていると、珍しそうにじろじろ見られますね。 そんな圧巻の桜を見たいあなたは、4月に西安にどうぞお越しください。 とにかく熱い。 公表はあまりされないのですが、7月の最高気温は40度を超える日が半分以上あることがあります。 今年 2017年 の夏は40度以上が3週間も続きました。 もう干物状態でしたね。 乾燥しているので、砂っぽい空気で鼻は黒くなるし。 もう最悪でした。 我慢大会とかが好きな変人さんなら、、あえて7月に来るのもありかもしれません。 個人的にお勧めはしませんが。 笑 まとめ というわけで西安の「ベストシーズン」はいつか?という難しい質問を考えてみました。 結局、いろんな人がいますから、皆さんそれぞれのベストシーズンを個人的に見つけていただけたら嬉しく思います。 西安は一年中、24時間、皆さんをお待ちしています。 ではでは。

次の