福島 市 コロナ。 新型コロナ 新たに8人感染 計60人 いわきの工場関係者ら : ニュース : 福島 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン

新型コロナウイルスに関わる緊急支援

福島 市 コロナ

電話予約者の申請を受け付けている福島市役所本庁1階ロビー。 市民が密集しないよう時間と間隔を区切っている=2日午前 新型コロナウイルスの緊急経済対策として国民一人当たり十万円を配る「特別定額給付金」の支給開始時期について、県内五十九市町村のうち、五十六市町村は早ければ五月中に各世帯への口座振り込みを始める見通しとなった。 給付金が経済対策や消費喚起に有効と考えているのは全体の約七割に当たる四十一市町村だった。 福島民報社が各市町村の担当者から聞き取るなどして二日までにまとめた。 支給開始時期や対象世帯数は【表】の通り。 支給開始が最も早いのは相馬、南相馬両市で七日を予定している。 県内最多の約十四万七千世帯が居住する、いわき市は「申請書類の作成などに時間を要する」とし、五月中の支給開始を目指している。 浪江町は五月下旬とした。 町内の登録世帯は六千八百三十五世帯だが東京電力福島第一原発事故により分散し、実際は約八千五百世帯となっている。 町は分散した全ての世帯に申請書類を送付するかどうか国に確認中で「すぐに給付はできない」としている。 下郷、猪苗代、矢吹の三町はデータ整理や申請書類作成などに時間を要するとして、支給開始は六月になるとみている。 政府は緊急事態宣言の対象地域を全都道府県に拡大したのに伴い、経済対策として一律十万円の支給を決めた。 給付金が経済対策、消費喚起に「有効」と回答した市町村のうち、白河市は「生活に困窮している世帯の救済に寄与し、広く消費の喚起に効果が見込める」とした。 「どちらとも言えない」と答えたのは十七市町村あった。 このうち、三春町は「家計への支援という意味合いもあり、消費喚起・拡大までつながるかは不透明」と理由を記した。 「有効ではない」とした市町村はゼロだった。 このうち、福島市は生活困窮者にいち早く支給するため、一日に電話予約と窓口申請を開始した。 市民からの電話予約は一日に五百五十件、二日に百七十七件に上った。 二日は予約した百三十二人が窓口での申請を済ませた。 十一日以降、随時口座に振り込む。 市は市役所本庁一階ロビーに六つの窓口を設けて申請受け付けを始めたが、希望者が多いため二日に三つ増やした。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため窓口の受け付け時間をずらし、仕切りを設けるなどの対応を講じている。 生活困窮者向けの電話予約の受け付けは四日まで、申請受け付けは八日まで。 問い合わせは市生活福祉課生活支援係 電話024(525)3725へ。 その他のニュース•

次の

福島県内56市町村、月内にも 新型コロナ10万円支給 民報社調査(福島民報)

福島 市 コロナ

東京滞在中に熱っぽさを感じる…相馬市で初の新型コロナ感染者• 新たに感染が確認されたのは相馬市に住む60代の建設業の男性• 東京に滞在していた先月20日に熱っぽさを感じ始め、26日に車で相馬市の自宅に戻った後も発熱が続くなどした• 29日に一度、新型コロナウイルスの検査を受けたが、そのときの結果は陰性• しかし、30日に肺炎の所見が見られたため医療機関に入院、あらためて検査を受けたところ2日に陽性と判明• 男性の状態は中等症• 保健所が男性の行動歴や濃厚接触者など詳しい状況を調べている• 相馬市で感染者が出るのは初めて• 福島県内で感染が確認されたのはこれで75人• このうち2日までに30人が退院し、7人はホテルに移って療養 ネットの反応 相馬市の建設業なんと数が少ないから犯人探しが過剰しないと良いですね。

次の

【新型コロナウイルス感染症関連】中小企業の皆様へ

福島 市 コロナ

新型コロナウイルスの緊急経済対策として国民一人当たり十万円を配る「特別定額給付金」の支給開始時期について、県内五十九市町村のうち、五十六市町村は早ければ五月中に各世帯への口座振り込みを始める見通しとなった。 給付金が経済対策や消費喚起に有効と考えているのは全体の約七割に当たる四十一市町村だった。 福島民報社が各市町村の担当者から聞き取るなどして二日までにまとめた。 支給開始時期や対象世帯数は【表】の通り。 支給開始が最も早いのは相馬、南相馬両市で七日を予定している。 県内最多の約十四万七千世帯が居住する、いわき市は「申請書類の作成などに時間を要する」とし、五月中の支給開始を目指している。 浪江町は五月下旬とした。 町内の登録世帯は六千八百三十五世帯だが東京電力福島第一原発事故により分散し、実際は約八千五百世帯となっている。 町は分散した全ての世帯に申請書類を送付するかどうか国に確認中で「すぐに給付はできない」としている。 下郷、猪苗代、矢吹の三町はデータ整理や申請書類作成などに時間を要するとして、支給開始は六月になるとみている。 政府は緊急事態宣言の対象地域を全都道府県に拡大したのに伴い、経済対策として一律十万円の支給を決めた。 給付金が経済対策、消費喚起に「有効」と回答した市町村のうち、白河市は「生活に困窮している世帯の救済に寄与し、広く消費の喚起に効果が見込める」とした。 「どちらとも言えない」と答えたのは十七市町村あった。 このうち、三春町は「家計への支援という意味合いもあり、消費喚起・拡大までつながるかは不透明」と理由を記した。 「有効ではない」とした市町村はゼロだった。 このうち、福島市は生活困窮者にいち早く支給するため、一日に電話予約と窓口申請を開始した。 市民からの電話予約は一日に五百五十件、二日に百七十七件に上った。 二日は予約した百三十二人が窓口での申請を済ませた。 十一日以降、随時口座に振り込む。

次の