モンスター エナジー 500ml。 日本のモンスターエナジーの2倍! 『メガモンスターエナジー(MEGA Monster Energy)』がカンボジアで売ってたから買ってきた

【本日発売】モンスターエナジー500ml大容量ボトル

モンスター エナジー 500ml

モンスターエナジーアサルトのレビュー・感想 コップの注ぐと、 黒い!コーラっぽい色だけど、コーラより赤が強い黒って感じです。 缶のフチに残った液体は、ちょっとダークな感じがしました。 コーラの味なのかな?って思いながら香りをかぐと、 コーラじゃなく、ブラックチェリーの香りが襲いかかってきました。 ブラックチェリーって懐かしい感じがしました、 飲んでみると、口の中でブラックチェリーの香りが増幅されてフワ~っと口から鼻に抜けて行きました。 ブラックチェリーの風味も襲いかかってきました! 結構強くて、アメリカのジュースって感じのインパクトがある風味です。 アメリカ製のガムでありそうな感じです。 炭酸は、控えめで微炭酸ですね。 この赤黒い色は、ブラックチェリーの色だったんですね。 なるほどです。 モンスターエナジーっぽい風味は全然感じませんね、ブラックチェリーのドリンクという感じです。 エナジードリンクが苦手な人でも美味しく飲める味です。 以前飲んだという、罰ゲームとかで使われるノニを使ったスローエナジードリンクに味が似ていました。 栄養&エナジー成分表示 一缶500mlあたりの カフェイン量は160㎎、カロリー量は228. 5kcal 原材料名 詳細など.

次の

どれでも1本980円モンスターエナジー 500ml (エナジードリンク)

モンスター エナジー 500ml

もくじ• ZONeの概要 その衝撃的な出来事というのが、ドリンクコーナーでのZONeとの出会いです。 大きな缶にカッコいいラベルのソレは明らかにエナジードリンクのオーラを放っています このZONeというエナジードリンクですが、Ver1. 0となっています。 バージョンアップしていくのでしょうか?と思い、少し調べてみました。 ZONeのバージョンについて ZONeのVer1. 0が気になったので少し調べてみたところ どうやら、AmazonでVer. 5という物が先行で出ていたみたいです。 5というバージョンにしていたそうです。 もしかしたら、今後Ver1. 1なんかにバージョンアップしたりするかもしれませんね。 美味しくて量も多くて安いのはかなり高評価に値します。 もう一つのZONe こちらがもう一つのエナジードリンク FIREWALLです。 こちらもカフェイン75mgですね アルギニンは500mgで通常のものよりもやや優しめ 味も僕が飲んだ印象では通常のものよりもやや薄めで、僕は通常の ZONe Ver. 0 こちらがオススメです。 という事で、今回の記事は以上とさせて頂きます。

次の

「モンスターエナジー ボトル缶500ml」日本限定発売、コアなファンに向けた大容量|食品産業新聞社ニュースWEB

モンスター エナジー 500ml

さまざまなメーカーから発売されているエナジードリンク。 筆者のお気に入りは『モンスターエナジー(Monster Energy)』で、仕事のときはもちろん、眠すぎてたまらないときや ドラクエの復活の呪文を解析しているときにも愛飲している。 そんなモンスターがカンボジアでも売っていた。 ただのモンスターではない。 売っていたのは 日本の2倍のサイズの『メガモンスターエナジー(MEGA Monster Energy)』。 モンスター級のモンスターだったのだ! ・シェムリアップで発見 メガモンスターエナジーが売られていたのはカンボジアのシェムリアップ。 世界遺産のアンコールワットがある街だ。 世界中から観光客が集まるとあって、スーパーやデパートには世界各国からの輸入品が並んでいた。 そこで売っていたメガモンスターエナジー。 容量は710mlと日本で販売されているモンスター(355ml)の2倍だ。 カフェインの量は240mgで日本版モンスターの144mgと比べても メガっぷりがハンパない。 さすが本場のブツは違う…。 カンボジア版ではないのが残念だったが、この地で出会ったのも運命。 7USドル(約530円)もする高額商品を購入することにした。 ちなみにカンボジアではUSドルが流通しているので現地通貨の「リエル」に両替する必要はない。 USドルで払うと細かいお釣りはリエルで来るシステムなので、自然とリエルの小額紙幣はコレクションできる。 ・でかすぎて飲む気が失せる ホテルで飲もうとしたのだが、 でかすぎて飲みきる自信がなくなりお土産にすることにした。 以前「エナジードリンクの飲みすぎで死亡」というニュースを見たが、この量なら納得できる。 わざわざカンボジアから持って帰ってきたのだが、調べたら日本でもネット通販などで比較的容易に手に入れられるので、モンスター中毒者にオススメしたい一品である。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の