一橋 大学 アウ ティング 事件。 「どんな形で終わっても、兄は戻ってきません」一橋大学アウティング事件裁判で問われる大学の責任

一橋大学で自殺された事件ですが、告白されたノーマルの人はどうす...

一橋 大学 アウ ティング 事件

ゲイであることを暴露(アウティング)された一橋大の法科大学院生(当時25歳)が、大学敷地内で転落死した「一橋大アウティング事件」。 遺族が一橋大学を相手取り、相談対応の不備など安全配慮義務違反などがあったとして、約8576万円の損害賠償請求をしていた裁判で、東京地裁(鈴木正紀裁判長)は2月27日、遺族の訴えを棄却した。 判決後の会見で、遺族代理人の一人である南和行弁護士は「アウティングの重大性に一切、触れていない残念な判決」と悔しさをにじませた。 遺族が控訴するかは現在、検討しているという。 その後、学生は体調を崩し、2015年8月24日に大学構内の建物から転落死した。 学生はアウティング後にハラスメント相談室やロースクールの教授に相談、また亡くなった当日も保健センターで話すなどしていた。 遺族側は、大学が学生に対する安全配慮義務や教育環境配慮義務に違反し、アウティングが同級生による加害行為であり、学内いじめであるという認識を欠き、救済の対応をしなかったなどと主張。 一方、大学側は十分な対応をとっており、転落死は予見できなかったとして全面的に争っていた。 これに対し、判決では、大学側の主張を認め、転落死の予見性もなかったとして、原告の主張をすべて棄却した。 判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで、遺族代理人の南弁護士と吉田昌史弁護士が会見。 南弁護士は、「今回の判決の最も残念なところは、アウティングが不法行為であるかどうかという判断すらしていない点です。 そもそもアウティングの本質的な問題は、個人のデリケートな問題である性的指向を暴露したことで、人間関係が壊れるということです。 その重大さに判決は一切、触れていません。 表面的な判断で、大学側の責任がなかったと言ってしまっている」と語った。 吉田弁護士も、「アウティングという行為の持つ危険性を裁判所に訴えてきたつもりでした。 加害行為が行われたということに対し、大学にどの程度の義務があるかどうか、判断していただきたかった。 その危険性を前提しない判断で、すごく残念な判決。 アウティングによって、一人の若者が命を無くしているという現実を裁判所に審議していただきたかった」と話した。 この日、会見に遺族は参加しなかったが、南弁護士が遺族による感謝のコメントを代読した。 「(提訴から)今日までの2年半にわたり、ずっと気にかけてくださり、応援してくださり、さらに社会の問題として情報を出してくださり、そして何よりも亡くなった本人のように、思いを寄せてもらい、ありがとうございました」 この事件以後、、筑波大や大阪大、龍谷大などではセクシャルマイノリティの学生への対応ガイドラインなどを策定。 一橋大がある国立市では全国初の「アウティング禁止」条例も施行されるなど、各地で取り組みが始まっている。 「今は言葉もありません」(母親)、「人が一人、亡くなった事実があったのに、今日の判決はうわべだけで判断しているように思う。 この訴訟があってから、大学がどんどん変わっている中で、他の大学から笑われるような内容じゃないか」(父親)、「アウティングのことも大学の対応も、まるで肯定されたような気持ちです。 また、被害者が出るだろうと思うと、日本の司法はそんなものなのかと残念です」(妹)などのコメントも発表された。 南弁護士自身も、生前に弁護士を目指していたという学生と交流があったといい、会見中は涙で声を詰まらせる場面もあった。 アウティングの再発防止について、南弁護士はこう語った。 「アウティングをされた人というのは、自分が作ってきた人間関係の中で、突然、スケスケ光線銃で裸にされるような感覚です。 『気にしてない』と言われても、それまで見せてきた自分とは違う自分を暴露されていることですので、その不安感ですし、それが孤立感につながる。 そういう時、アウティングに巻き込まれたみなさんは、なかったことにするのではなく、その孤独をわかった上で、新しい人間関係を作ることできればと思います。 「平成28年3月に大学その他一名を被告として提起された民事損害賠償訴訟について、この度裁判所から原告の主張をすべて棄却する旨の判決が言い渡されました。 改めて亡くなられた学生のご冥福をお祈りし、遺族の方々に弔意を表します。 本件につきましては、裁判において、事実に基づき、大学側の立場を明らかにして参りました。 本学と致しましては、引き続き、学内におけるマイノリティーの方々の権利についての啓発と保護に努めて参ります」 なお、遺族と暴露した同級生は、2018年1月15日付で和解している。 情報募集 弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。 働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、情報を求めています。 以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

次の

一橋大卒業生有志が学内にLGBTセンターを開設、アウティング事件をきっかけに

一橋 大学 アウ ティング 事件

ゲイであることを同級生から同意なく口外され、2015年8月に一橋大学の校舎から転落死(自殺)した、いわゆる「一橋大アウティング事件」で、同級生だった男性と転落死した大学院生の遺族が裁判で和解したことが分かりました。 ゲイなどの秘密を本人の同意なく、第三者が暴露することを アウティングと言いますが、一橋大のある国立市では、この事件を契機として、 全国で初めて「アウティング禁止」の条例が制定されたそうです。 この事件、同じ子供を持つ親として非常に痛ましい事件ではありますが、違和感がある部分もありますのでお話ししたいと思います。 事件の概要 wiki先生などより• 2015年4月に一橋大法科大学院の男子学生Aが同級生の男子学生BにLINEで「好きだ。 付き合いたい。 」と告白。 Bは「付き合うことができないが、これからも友達でいたい。 」と回答。 その後Bは、同級生 10名ほど の友人たちが属しているLINEグループに「お前がゲイであることを隠しておくのムリだ。 ごめんA。 」と投稿。 その後AはBと授業などで同席すると、パニック障害を起こすなど心身に変調をきたすようになり、不安神経症と診断される。 Aは大学のハラスメント相談室にも相談していた。 8月24日、Aはクラス全体のLINEグループに「いままでよくしてくれてありがとう」と投稿して、校舎から投身自殺した。 Aの両親はBと大学の責任を追及して300万円の損害賠償を求める民事裁判を起こした。 裁判では、Bは、交際を断った後もAから食事に誘われるなど精神的に追い込まれ、それを回避するには暴露しかなかったと主張。 大学側も責任はないと主張 Bも悪いが。。。 この事件、実際にBのアウティングによって、Aが亡くなっているわけなので、Bに、ある程度の結果責任があるのは理解できます。 また、LINEグループで暴露する方法も問題があったかもしれません。 ただ、ここで見逃してはいけないのは、 実際に裁判では考慮されたのかもしれませんが 、アウティングしたBも悪いが、告白したAについて、 その「告白」という行為がどうだったのかを考えなければいけません。 言うまでもありませんが、ほとんどの男性はゲイではありません。 日常生活でゲイと頻繁に接する人もそんなにいないと思います。 そんな人が、突然、同性から「好きだ。 付き合ってほしい。 」と言われたら、そりゃ 激しく動揺するし、驚愕するし、訳が分からなくなります。 僕ならどうしていいか分からなくなり、すぐ誰かに相談してしまうと思います。 それが普通です。 つまり、 LGBTのアウティング禁止が保護されるならば、LGBTに告白された人の人権も同じぐらい守られるべきです。 この事件、そこの重みが欠けていると感じます(繰り返しになりますが、裁判では考慮されたかもしれませんが)。 転落死という痛ましい結果がなければ、この事件は、AもBもどちらも同じぐらい悪い。 LGBTの中には、「好きな人に告白して何が悪いのよ!」と言う方もいそうですが、生物は後世に遺伝子を残さなければいけない事情から、 大多数の人は異性を好きになるという前提をまず考慮すべきです。 国立市も 「アウティング禁止」を条例化するなら、「LGBTによる一方的な告白禁止」も条例化すべき。 公表されていない別な事実がある場合はごめんなさいですが、僕はこの事件から以上のようなことを考えました。 皆さん、いかがでしょうか。 難しい問題ですが。。。 ではまた。

次の

一橋大学のゲイ暴露転落事件には、報道の偏りがある気がします

一橋 大学 アウ ティング 事件

~一橋アウティング事件で和解~ 2015年4月、一橋大学法科大学院で、友人関係にあったA男が、B男に対し、自分が同性愛者であることを告白し、その後、 B男が、「A男がゲイであること」を友人たちにLINEで暴露しました。 A男は、大学側にも相談していましたが、何らの対策もされず、 A男が高所から飛び降り自殺した事件です。 A男の両親が裁判を起こしていましたが、この度、和解が成立したと報じられました。 どのように和解となったかは報じらていませんが、A男の家族が裁判沙汰にすること自体が世の中おかしいって感じですね。 ~「自分がB男だったら?」と考えるべき~ 友達として付き合っていたA男とB男。 友達だと思っていたB男は、A男から同性愛者だと告げられ、「付き合って下さい」と告白されました。 考えてみて下さい。 男同士の付き合いで、友人だと思っていたA男から愛を告白されたんですよ。 B男が同性愛者じゃない限り、「付き合おう」とはならないでしょうし、私なら、 当然A男を避けるようになるでしょう。 A男は、自分がゲイであることを秘してB男に近づき、恋愛感情をもって友人関係を演じていたとも考えられます。 被害者はどちらかと言えばB男でしょう。 A男に、「自分は同性愛者だ。 付き合ってくれ。 」なんて言われたら、同性愛者ではないB男は、「勘弁してくれ、お前が同性愛者であることは気づいてたよ。 でも俺は同性愛者じゃないからごめん。 」となります。 そりゃそうでしょう。 だれでも気持ち悪いし、いやでしょう。 付き合うわけないでしょう。 同性愛者ならば、 相手が同性愛者かどうか分かるはずだし、A男がゲイであることはB男やその仲間たちにも以前から分かっていたようです。 ~A男はストーカー?~ B男は、A男の告白に対して、「友達でいよう」と返事を返したのですが、A男は、それでも、 大学内でB男に話しかけたり、食事に誘ったり、腕を触ってきたり、また、 B男が他の友人たちと食事や講義に行こうとする時、A男は誘われてもいないのに付いてきていたとB男は主張しています。 B男は、A男に対して「俺に近づくな」とか「俺に関わるな」と告げていませんから、法律上のストーカー行為には該当しませんが、B男は、告白された後は、本心は、近付いて欲しくなかったのです。 そうであれば、A男の行為は、 ストーカー行為に近いとも言えるでしょう。 ~A男の行為は自救行為!~ このような中、B男は、突然、A男にLineで、 「俺、もうお前がゲイであることを隠しておくのムリだごめん」と送信して、友人たちで作るlineグループに「A男がゲイであること」を暴露したのです。 これを アウティングと呼んでいるらしいのです。 このB男の行為が 「不法行為」であると、原告側が訴えているのです。 もし、 A男が女性だったらどうでしょうか?好きでもないA子から愛を告白されて、それを体よく断った。 それでもA子が近づいてくる。 我慢ならなかったB男は、誰かにA子の行動をとがめてもらおうと考え、友人グループにlineで告白されたことやその後も近づいてくることを暴露した。 これは不法行為でしょうか?B男にとっても何とか、A子から遠ざかりたいという思いからそのような行動に出たとしたら、 B男にとっての「自救行為」だったと言えます。 誰にもとがめられるものではないはずです。 ~LGBTを許容する社会が進歩した社会か?~ ただ、今回、告白したA男がゲイだったから社会的な反響も大きくなってしまったのでしょう。 この事件に関して、自らゲイであることを公言している 明治大学の鈴木賢教授は、「一橋大学の対応に問題がある。 大学に見識がなかった。 非常に 遅れた大学と言わざる得ない。 」などと発言しています。 LGBTを擁護する人たちは、LGBTが差別される社会を、「遅れている」と評価しているのです。 何から遅れているのでしょうか?LGBTが大手を振って告白できる社会が進歩した社会と言えるのでしょうか?LGBTが世の中に存在する以上、その方達を差別する気持ちはありませんが、 LGBTというマイノリティが市民権を得て、許容される社会が進歩した社会と考えるのは間違っている気がします。 鈴木賢教授 LGBTである人たちが権利を主張することは自由です。 しかし、LGBTではない人たちが、LGBTを保護してあげよう、応援してあげようするのは、 LGBTを特別な存在として認識しているからに他ならないのです。 特別扱いをすることこそが差別の第一歩なのですから、LGBTでない人たちがLGBTを差別するななどという運動や主張をすることは不自然な気がします。 A男は、B男に、自分がゲイであることを暴露されてしまい、それが嫌で自殺したと言うのならば、 自分がB男に告白したこと自体が間違っていた行動であると認識しなければならない訳で、A男の死後、A男の家族がB男を訴えたことは明らかな間違いであったと思います。 現代社会は、マイノリティを重視して、障がい者やLGBTに配慮し過ぎる風潮にあります。 マイノリティが悪いとは言いませんが、 マイノリティの方が普通の人間、マジョリティの権利を狭めているような気がします。

次の