生理 周期 ダイエット。 生理中のダイエット、どうする?過ごし方のポイントや止まらない様にするための健康管理など

ダイエットは2週間が勝負?!生理周期と痩せやすい時期の関係

生理 周期 ダイエット

生理前は太りがちですが、女性はホルモン周期によってやせやすい時期もあると言われています。 その理由は、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が増えることにあります。 エストロゲンは排卵と妊娠の準備を促すべく、心身共に整えるという役割をもっています。 また「美人ホルモン」とも呼ばれており、肌や髪に潤いをもたらし、より美しく女性らしい体づくりに重要なホルモンです。 この効果は排卵前まで続くと考えられており、生理後から排卵前までがダイエットの「チャンス期」であると言われています。 月経まで続いたむくみやイライラが解消されて、気持ちが前向きになることも多く、体も軽く感じられるため、心身共にダイエットに向かいやすくなります。 そのため、エクササイズや食事制限など、集中して頑張るには絶好の時期だと考えられます。 普段より1駅多く歩いてみるなど、目標を決めて行うといいでしょう。 また、せっかく運動をして脂肪燃焼効果を高めても、カロリーを多く摂取してしまったら台無しです。 間食はできるだけ控えるように心がけて、どうしても我慢できない場合はヘルシーで不足しがちな栄養素を補給できる食材を選ぶようにしましょう。 しかし、実はこの時期の方が体温が上がり、基礎代謝が活発になると考えられています。 このため、この時期にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れると代謝が促され、体脂肪をより落とすような効果が期待できます。 生理中のダイエット方法次第で大きく差がつくかもしれませんね。 しかし、この時期はストレスが溜まりややすく情緒不安定な時期でもあります。 食欲がわいて困ったときは、食から意識をそらしてみてください。 例えばペパーミントやグレープフルーツの香りには食欲を抑える効果が期待できるので、アロマを利用してみるのもおススメです。 どうしても食欲に勝てないときは、思い切って食べてみるのもいいでしょう。 おすすめは、豆乳です。 豆乳に含まれるイソフラボンはホルモンバランスを整えて食欲を抑えてくれたり、イライラを緩和させてくれる効果があると言われています。 そんな時は、気晴らしに少し遠くのカフェに歩いていたり、いつもの買い物を散歩がてら少し多めに歩いていくといった簡単な運動でリフレッシュしてみるのはいかがでしょうか。 また、糖分が含まれない甘い香りのフレーバーティーを飲むなど、ストレスを溜めないように気持ちを落ち着かせる方法を探してみましょう。

次の

生理周期のダイエット

生理 周期 ダイエット

岡田明子 [管理栄養士] 同志社女子大学管理栄養士専攻卒業後、高齢者施設に勤務し、利用者の食事管理を行う。 その後ダイエットサプリメント会社の立ち上げに関わり、自身の13kgのダイエット成功経験をいかして「食べてキレイに痩せる」ダイエットメソッドを確立。 その後、独立しヘルスケア関連を中心にレシピ監修や商品開発、講演や執筆活動、テレビなどのメディア出演などを精力的に務めるほか、個人への食事サポートも行い、ダイエットなどに悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。 食事アドバイスサポート実績は延べ1万人に及ぶ。 2014年(栄養サポート研究所)を設立し、栄養士、管理栄養士をサービスパートナーとして、健康事業のサポートとヘルスケア分野で活躍できる人材育成を行っている。 著書に(池田書店)がある。 ストレスフリーな食事健康術 岡田明子 健康になるためには食事が大切。 でも、健康的な食事=おいしくない、量が少ない、味が薄い…。 そう思い込んでストレスになっている人も少なくないはず。 この連載では、そんなイメージを脱するような健康になれるのに我慢しなくていい、ストレスフリーな食事術を紹介。 1万通り以上の食事パターンを分析し、何千人もの方のダイエットサポート実績がある管理栄養士の岡田明子さんがお教えします! 女性は、毎月の生理(月経)周期にともなって食欲が増したり、減ったりします。 特に生理前は食欲が増しやすいため、ダイエットがなかなかうまくいかないという方が少なくありません。 しかし、この生理周期を上手に活用すれば、女性でもストレスなくダイエットに成功することができます。 そこで今回は、女性が生理周期を上手に活用して、健康的にダイエットする方法を紹介します。 生理前の2週間は痩せにくい期間! むくみや便秘を和らげる、おすすめ食材は? 生理開始日のおよそ2週間前に訪れると言われている「排卵日」から「生理開始」までは、女性ホルモンの1つである「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が増えて、血行が悪くなったり、むくみやすくなったりする「痩せにくい期間」です。 そんな「生理前」の時期には、疲れやすい、食欲が増す、便秘になるなどの症状が現れやすくなります。 また、体の症状以外にも、イライラする、気力が出ない、憂鬱などの心の変化も起こりやすい時期です。 こうした時期は、無理をしてダイエットに取り組んでもうまくいきません。 みなさんは、生理前に甘い物が欲しくなったり、食欲が湧いたりして、以下のような食生活を送っていませんか? 朝食…食べない 昼食…卵のサンドイッチ、カフェラテ 間食…チョコレート、クッキー 夕食…ビーフシチュー、野菜サラダ、ポテトフライ、赤ワイン 生理前の時期は、「甘いものが無性に食べたくなる!」という人も多いかと思います。 甘い物は血糖値を急激に上げて太りやすくするだけではなく、その後、甘い物が消化されると、上がった血糖値が急激に下がるため、疲労感や憂鬱な気分を招きやすくなります。 また朝食を食べないと、昼食や夕食後の血糖値が上昇しやすくなるという研究結果もあり、朝食抜きは血糖値の乱高下につながりやすいと考えられます。

次の

生理中のダイエット、どうする?過ごし方のポイントや止まらない様にするための健康管理など

生理 周期 ダイエット

ダイエットをしているなかで、毎月調子を狂わしてくる生理期間。 せっかく調子よくボディメイクできていると思っても、生理が来るとなんだか上手くいかなくなったり…!? そこでモチベーションが下がって、ダイエットが続かない人も多いのでは? 今回は生理周期に合わせたダイエットについて、産婦人科医の髙橋怜奈医師にお話を伺いました。 生理周期で痩せやすい・太りやすいと言われる原因は? 実はホルモンバランスによる、痩せやすい・太りやすい時期というのはありません。 太りやすいと感じてしまう原因は、体内に貯留している水分量。 女性は生理周期による女性ホルモンの変化の影響で、生理前は水分を貯留しやすくなります。 つまり、 生理の影響で増えたり減ったりしている体重は、水分量が変化しているだけなのです。 「生理後は痩せやすい」というのは? 上記でご説明している通り、生理による体重の変動は体内の水分量の影響です。 排卵期へ向けて妊娠しやすい体を整えるため、生理前は水分を溜め込みやすく、むくみやすい時期です。 「生理後は痩せやすい」という感覚は、水分の排出がスムーズになり、むくみがとれているだけ。 痩せるというより水分が排出され、体重が減っているだけですね。 「生理中は太りやすい」というのも関係ない? 関係ありません。 生理前のむくみやすい体質が続き、太りやすいと感じてしまうのでしょう。 生理周期に合わせたオススメのダイエット方法はありますか? 生理周期によって、ダイエット方法を大きく変える必要はありません。 ただ、 生理周期によって体内の水分量が変化し、それにより体重の変化があることを知っておくと、ストレスも少なく続けられると思いますよ。 ホルモンの変化を理解し体重の変動に一喜一憂せず、無理なくダイエットを続けていくことが成功のコツですね。 もし塩分を取り過ぎた場合は、むくみの原因であるナトリウムの排出に効果的な、カリウムの摂取を意識しましょう。 カリウムを多く含む食べ物は、バナナやアボカドなどがあります。 さらに生理前は、インスリンの働きが弱まり血糖値が急上昇しやすいので、 間食は血糖値の上昇率が低い食べ物を選びましょう。 理想的なおやつは、サツマイモやヨーグルトなど。 スナックやチョコなどに比べて、血糖値の上昇が緩やかで満足感が高いおやつを選ぶようにするだけで、痩せやすい体に近づけますよ。 また、 「生理前に豆乳を飲むとダイエット効果がある」という都市伝説を聞きますが、これはまったく関係がないですね。 ただ、食事の前に飲むと、お腹がふくれ食欲を抑える効果はあるかもしれません。 豆乳である必要はないでしょう。 PMS(月経前症候群)の時のダイエットは? PMSの時期は気分も落ち込みがち。 普段の生活意欲も落ちてしまうのに、ダイエットを継続するなんて、もっと難しいですよね。 基本的なことですが、モチベーションを保つために、スタイルアップ後の自分をイメージするなど、目標をしっかり持つと、やる気もキープできますよ。 ただし、 無理な運動や食事制限をして追い込んではダメ。 ダイエットが原因でPMSが悪化するようなら、やめたほうがいいでしょう。 おすすめの運動は? 脂肪の燃焼を目指すなら、運動も大切。 ジョギングやウォーキングなど有酸素運動を日常的に取り入れることも重要です。 生理中は運動を避けている人が多いですが、激しい運動でなければ血流もよくなるので、生理中も行っていいと思います。 体調をみながら、無理のない程度に日々続けてください。 ダイエットは継続することが成功のカギです。 今回お話を伺ったのは….

次の